「ホワイトリスト」とは?

関連ニュース

ホワイトリスト指数は前日の12時比で6.51%安【アルトコイン評価ニュース】 - 01月16日(火)12:25 

フィスコが算出するホワイトリスト指数は、前日の12時比で6.51%安の334.56ptになっている。
カテゴリー:

ホワイトリスト指数は前日の12時比で4.82%安【アルトコイン評価ニュース】 - 01月15日(月)12:45 

フィスコが算出するホワイトリスト指数は、前日の12時比で4.82%安の357.86ptになっている。
カテゴリー:

LiveEduプリセールで100万ドルのソフトキャップ達成。公開セールは月曜日午後5時 (UTC)より開始 - 01月14日(日)02:21 

[LiveEdu, Inc.] [画像1: https://prtimes.jp/i/31093/1/resize/d31093-1-137138-0.jpg ] LiveEduの公開セールが月曜日午後5時(UTC)より開始されます。初日に投資することで20%のボーナスが得られます。ホワイトリストに登録し...
カテゴリー:

「ホワイトリスト」の直近騰落状況【アルトコイン評価ニュース】 - 01月12日(金)12:17 

------------ 1.リップル(XRP):675% 時価総額:76,711,800,000ドル 2.カウンターパーティー(XCP):278% 時価総額:234,232,000ドル 3.カイカコイン(CICC):208% 時価総額:149,433,453ドル 4.ビットクリスタル(BCY):196% 時価総額:29,480,700ドル 5.キャッシュ(QASH):190% 時価総額:652,871,000ドル 6.NEM(XEM):167% 時価総額:13,043,500,000ドル 7.イーサリアム(ETH):124% 時価総額:122,879,000,000ドル 8.CMS:ETH(CMS_ETH):121% 時価総額:-ドル 9.フィスココイン(FSCC):111% 時価総額:39,428,957ドル 10.CMS:XEM(CMS_XEM):87% 時価総額:-ドル 11.ビットコインキャッシュ(BCH):73% 時価総額:48,880,800,000ドル 12.ザイフ(ZAIF):35% 時価総額:125,287,770ドル 13.イーサリアムクラシック(ETC):19% 時価総額:3,654,630,000ドル 14.ネクスコイン(NCXC):8% 時価総額:30,935,252ドル 15.ライトコイン(LTC):7% 時価総額:13,...more
カテゴリー:

ホワイトリスト指数は前日の12時比で0.41%高【アルトコイン評価ニュース】 - 01月11日(木)19:08 

フィスコが算出するホワイトリスト指数は、前日の12時比で0.41%高の370.74ptになっている。
カテゴリー:

「ホワイトリスト」の直近騰落状況【アルトコイン評価ニュース】 - 01月16日(火)12:13 

------------ 1.ビットクリスタル(BCY):240% 時価総額:34,972,100ドル 2.キャッシュ(QASH):220% 時価総額:845,746,000ドル 3.NEM(XEM):135% 時価総額:12,488,300,000ドル 4.リップル(XRP):122% 時価総額:71,909,400,000ドル 5.カウンターパーティー(XCP):111% 時価総額:169,527,000ドル 6.イーサリアム(ETH):89% 時価総額:132,404,000,000ドル 7.フィスココイン(FSCC):64% 時価総額:41,027,953ドル 8.ビットコインキャッシュ(BCH):32% 時価総額:42,983,500,000ドル 9.イーサリアムクラシック(ETC):26% 時価総額:4,230,510,000ドル 10.ネクスコイン(NCXC):10% 時価総額:34,384,130ドル 11.ペペキャッシュ(PEPECASH):-4% 時価総額:70,476,700ドル 12.ザイフ(ZAIF):-12% 時価総額:132,281,335ドル 13.カイカコイン(CICC):-15% 時価総額:156,357,078ドル 14.ビットコイン(BTC):-22% 時価総額:231,334,000,000ドル 15.ライトコ...more
カテゴリー:

「ホワイトリスト」の直近騰落状況、フィスココインが足元で急伸【アルトコイン評価ニュース】 - 01月15日(月)11:50 

------------ 1.キャッシュ(QASH):226% 時価総額:859,974,000ドル 2.ビットクリスタル(BCY):224% 時価総額:36,942,200ドル 3.NEM(XEM):128% 時価総額:13,590,300,000ドル 4.カウンターパーティー(XCP):125% 時価総額:185,498,000ドル 5.リップル(XRP):115% 時価総額:78,195,800,000ドル 6.イーサリアム(ETH):96% 時価総額:135,503,000,000ドル 7.フィスココイン(FSCC):45% 時価総額:39,069,557ドル 8.イーサリアムクラシック(ETC):34% 時価総額:4,250,660,000ドル 9.ビットコインキャッシュ(BCH):30% 時価総額:45,439,500,000ドル 10.ザイフ(ZAIF):16% 時価総額:138,951,219ドル 11.ネクスコイン(NCXC):14% 時価総額:36,946,703ドル 12.ペペキャッシュ(PEPECASH):2% 時価総額:74,397,500ドル 13.カイカコイン(CICC):-13% 時価総額:162,330,352ドル 14.ライトコイン(LTC):-15% 時価総額:14,265,000,000ドル 15.ビットコイン(...more
カテゴリー:

ホワイトリスト指数は前日の12時比で6.55%安【アルトコイン評価ニュース】 - 01月12日(金)14:52 

フィスコが算出するホワイトリスト指数は、前日の12時比で6.55%安の346.47ptになっている。
カテゴリー:

【仮想通貨】仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス--10人が不正出金される - 01月11日(木)21:54  bizplus

 仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロは1月10日、1月6~7日にかけて発生した不正取引・不正出金と、1月9日に報告された不正アクセス・不正出金について、現段階で判明している状況を公表した。 これは、1月6日夕方から1月7日未明にかけて、APIキーを利用した不正取引および不正出金が発生したというもの。不正出金については、10名分のアカウントで合計37件の出金が実行されたほか、不正取引では、15名分のアカウントで合計137件の注文が実行されたことを確認したという。  この不正取引では、合計102個のAPIキーが使...
»続きを読む
カテゴリー:

「ホワイトリスト」の直近騰落状況【アルトコイン評価ニュース】 - 01月11日(木)11:43 

------------ 1.リップル(XRP):730% 時価総額:82,511,000,000ドル 2.カウンターパーティー(XCP):325% 時価総額:166,125,000ドル 3.NEM(XEM):268% 時価総額:13,913,900,000ドル 4.ビットクリスタル(BCY):249% 時価総額:30,149,800ドル 5.カイカコイン(CICC):240% 時価総額:161,310,323ドル 6.イーサリアム(ETH):184% 時価総額:125,976,000,000ドル 7.フィスココイン(FSCC):173% 時価総額:47,576,302ドル 8.キャッシュ(QASH):168% 時価総額:643,361,000ドル 9.CMS:ETH(CMS_ETH):159% 時価総額:-ドル 10.CMS:XEM(CMS_XEM):124% 時価総額:-ドル 11.ビットコインキャッシュ(BCH):119% 時価総額:40,398,000,000ドル 12.ザイフ(ZAIF):71% 時価総額:138,078,097ドル 13.ライトコイン(LTC):69% 時価総額:13,566,300,000ドル 14.イーサリアムクラシック(ETC):39% 時価総額:3,774,740,000ドル 15.ネクスコイン(NCXC):33% ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ホワイトリスト」の画像

もっと見る

「ホワイトリスト」の動画

Wikipedia

ホワイトリスト()とは、警戒する必要のない対象の一覧表のこと。対義語はブラックリスト

概要 インターネット

例えば、青少年にインターネットを扱わせる場合、青少年に見せても安全なページだけを登録しておき、それ以外のページにはアクセスできないようにすると安全である。このとき、青少年に見せても安全なページのリストアップが「ホワイトリスト」にあたり、青少年に見せても安全なページ(ホワイトリスト)にしかアクセスできないようにする方法は「ホワイトリスト方式」と呼ばれる。

日本の携帯電話においては、電気通信事業者が認めた公式ウェブサイトであり、かつ限定したカテゴリーに属するウェブサイトのみアクセスできる方式を「ホワイトリスト方式」としている。したがって、非公式サイトはホワイトリストからは排除されている。なお、総務省の「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」中間とりまとめでは「13 歳未満の小学生が利用する携帯電話のフィルタリングサービスとして推奨することは可能だが、18歳未満の青少年一般に推奨するには不適当であろう。」と結論付けており、その性格を明らかにするため「携帯事業者提供リスト方式」と呼ぶことがふさわしいとしている「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」中間とりまとめ(総務省)。

メール・電話

電話や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる