「ホワイトカラー」とは?

関連ニュース

デジタルロボットで企業の定型業務を自動化するクラウド型RPA「BizteX cobit」のβ版リリースとジェネシア・ベンチャーズに対する第三者割当増資の実施 - 07月20日(木)09:00 

専門知識は不要。ヒューマンエラーが起こりやすいエクセル・システムへの入力作業や顧客サイト・SNSのチェック作業をロボット化し、ホワイトカラーの生産性を向上して企業の競争力を強化するシステムです。
カテゴリー:

残業代ゼロ法案を秋の臨時国会で強行採決へ!これで日本企業復活きたああ!!! - 07月11日(火)11:11 

政府は労働時間でなく成果に基づき賃金を払う「脱時間給」制度(ホワイトカラー・エグゼンプション)について、 連合の提案をもとに現行案を修正する。年104日以上の休日確保を企業に義務付け、 労働時間の上限設定や連続休暇の取得を労使で決める仕組みとする。現行案は休日確保 が不十分とされ、国会の審議が膠着。政府は秋の臨時国会で残業時間の上限規制などを含む 働き方改革関連法案を審議する予定で http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18701850R10C17A7MM8000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【IT】グーグルがOffice 365に挑戦状、働き方改革へG Suite強化 - 07月05日(水)17:01 

グーグルが日本でクラウド型グループウエア「G Suite」の巻き返しに動き出した。切り札は人工知能(AI)技術と検索技術だ。業務支援機能を強化し、ホワイトカラーの定型作業を効率化する。働き方改革の機運が高まる日本で、「Office 365」を擁しシェア首位の日本マイクロソフト(MS)に挑む。  「退屈な作業をAIで置き換え、効率よく働けるようにする」。2017年6月14日、米ヴイエムウェアの元CEO(最高経営責任者)である米グーグルのダイアン・グリーン シニアバイスプレジデントは、都内の講演でG Suiteの強みを語った。 グーグル...
»続きを読む
カテゴリー:

6月転職求人倍率は2.43倍、前月比0.03ポイント減 - 07月13日(木)05:00 

パーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」はこのほど、2017年6月の転職求人倍率を発表した。6月の転職求人倍率は前月比0.03ポイント減の2.43倍となった。求人数は前月比1.9%増、前年同月比21.0%増、転職希望者数は前月比3.5%増、前年同月比33.4%増だった。求人数は2008年1月の調査開始以来、31ヶ月連続で過去最高を更新した。業種別では、「IT/通信」(5.70倍)の求人倍率が最も高く、次いで「サービス」(2.84倍)、「メディア」(2.64倍)と続いた。職種別では、「技術系(IT/通信)」(7.04倍)の求人倍率が最も高く、次いで「専門職」(5.90倍)、「「技術系(電気/機械)」(4.21倍)となった。転職求人倍率は、ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、DODA転職支援サービス登録者(転職希望者)1人に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値。
カテゴリー:

【PC】クリエイティブ、LEDで光るサウンドカード「Sound BlasterX AE-5」を7月下旬発売 384kHz/32bit対応 - 07月06日(木)00:27 

クリエイティブ、384kHz/32bit対応のゲーミングサウンドカード「Sound BlasterX AE-5」 - PHILE WEB http://www.phileweb.com/news/mobile_pc/201707/05/821.html クリエイティブメディアは、同社が展開するSound BlasterXブランドより、最大384kHz/32bitのハイレゾ再生にも対応したゲーミング・サウンドカード「Sound BlasterX AE-5」を、7月下旬より発売する。価格はオープンだが、公式オンラインストア価格は15,800円(税抜)となる。 全世界で4億人以上のユーザーを持つというSound Blasterブランドから、よりゲーミングに特化...
»続きを読む
カテゴリー:

「ホワイトカラー」の画像

もっと見る

「ホワイトカラー」の動画

Wikipedia

ホワイトカラー(''White-collar''、白いのこと。色彩を意味する''color''ではない)とは、一般に、頭を使う仕事をする人、もしくは背広ネクタイ姿で仕事をする人(総合職)のことを言う。定義は国、地域、人により様々なので一概に「これがホワイトカラーである」とは言えない。大人同士で業務内容について話すときに用いられることが多い。話し手、状況、使われ方によっても指し示すものが違うことがある。対義語にはブルーカラーが挙げられ、関連語にはサラリーマンが挙げられる。

概要

一般に、頭を使う仕事をする人は、背広を着て仕事をし(を基調とした)ワイシャツを着用する事が多かったことからこのように呼ぶことが多い。一方、現場で自分の肉体を使って作業する人(現業職)はブルーカラーと呼ばれることが多い。厳密にどの職種がホワイトカラーに相当するかは国、地域、人、話し手、状況、使われ方により異なる。

国、地域、人、話し手、状況、使われ方による差異の例

一般的にブルーカラーとされる溶接工も、工業高校卒業後、見習い時代を終えれば、溶接工の指導、育成に当たるようになり、単純な現場作業でなくなる。独立して社長になればスーツになる。アメリカのホワイトカラーの定義には管理者も...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる