「ホラー」とは?

関連ニュース

葵わかな、朝ドラ前に映画で初ヒロイン 実写『逆光の頃』 - 03月30日(木)09:00 

 平成29度後期のNHK連続テレビ小説第97作目『わろてんか』でヒロインに抜てきされた女優・葵わかな(18)が、タナカカツキ氏の漫画を実写化する映画『逆光の頃』(初夏公開)に出演することが29日、わかった。高杉真宙(20)演じる主人公が恋心を抱く幼なじみ役で、初のヒロイン役に挑んでいる。 【場面写真】初共演する高杉真宙&葵わかな  原作は、1988~89年に『コミックモーニング』と『モーニングOPEN』にて連載された作品。京都を舞台に、高校2年生の主人公が、思春期ならではの同級生たちとのケンカや、幼なじみへの恋を経験する。映画では、『ももいろそらを』(2013年)の小林啓一氏が監督・脚本を務め、全12編のなかから「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナル部分を映像化する。  葵は「初めてうかがった時はヒロインという役に驚きましたが、台本と原作を読むと世界観がしっかりしている作品だったので、撮影前はその作品の雰囲気をうまく出せるか、役になじめるか、とばかり考えていました」と回顧。現場に入ってからは小林監督や高杉、方言指導者たちとリハーサルなどを重ねて撮影に臨んだといい、「一緒に作品を作らせてもらえているように日々感じられて、とても楽しかったです」と充実ぶりをにじませた。  主演の高杉は、初共演の葵について「一緒に演技をしていて落ち着く方でした」と明かし...more
in English
カテゴリー:

恐怖のピエロ”ペニーワイズ”が帰ってきた!リメイク版「IT」の特報が公開 - 03月30日(木)07:04 

スティーヴン・キングのホラー小説を原作にしたホラー映画のリメイク スティーヴン・キングのホラー小説を原作にしたホラー映画「IT」のリメイクが9月に海外で公開。
in English
カテゴリー:

『ターミネーター2』ロバート・パトリック、新ホラードラマに出演 - 03月29日(水)18:45 

 映画『ターミネーター2』や海外ドラマ『X‐ファイル』などの俳優ロバート・パトリックが、人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』の製作総指揮ゲイル・アン・ハードの手がける新ホラードラマ『Lore(原題)』に出演するという。【関連】『SCORPION/スコーピオン』フォトギャラリー 『Lore(原題)』はAmazonのもとで制作され、2015年3月に始まったポッドキャストの内容をベースにしているとのこと。毎月320万人のリスナーが聴き入る人気ポッドキャストでは、本当にあった怪奇現象、ヴァンパイアやゾンビの起源、ホラージャンル全般などを話題にしているそうだ。ポッドキャストのクリエイターであるアーロン・マーンケは製作総指揮に名を連ねる。 Deadlineによると、ドラマ版はアンソロジーシリーズとなり、シーズン1は1時間枠の10話構成になる予定。ロバートは最初に明らかになったキャストだが、役柄について詳細は不明だという。Deadlineが得た情報では、見応えのある役になるらしい。ロバートはシーズン4の制作が決まった米CBS局の人気海外ドラマ『SCORPION/スコーピオン』にレギュラー出演しているため、同ドラマの撮影が休みに入っている間に『Lore(原題)』の撮影に参加すると見られている。 配信予定日は未定だが、今年後半から2018年初めのリリースが見込まれている。 ■関連記事「ロバート...more
in English
カテゴリー:

監視カメラ大国イギリス、警察が「ドローンカメラ部隊」導入を検討中 - 03月29日(水)12:21 

視線を感じて振り返れば…ドローンカメラ! なんてね。 イギリスは監視カメラ社会が非常にすすんでいます。カメラの存在については良いところ、悪いところ、賛否両論あるでしょうが、そんななか検討されているのが、空飛ぶ監視カメラ。ドローンカメラの導入です。 The Telegraphによると、イングランド南西部のデヴォン&コーンウォール警察が導入を検討しているというのが、ドローンカメラを使った空飛ぶ分隊です。現在、プログラムを指揮するマネージャーを探しているところだとか。警備隊の1チームとして正式導入するかどうかは、6ヶ月のテストを経て決定する予定です。 そしてドローンカメラ分隊のアイデアが浮上した昨年、検査官であるAndy Hamilton氏は、導入することの有益性ついて以下のように述べました。 行方不明者の捜索、野生生物犯罪取締り、また火災発生時など、崖や森林地帯などアクセスしにくいエリアで、ドローンを使って画像や動画を撮影することで、生死に関わる情報を迅速かつ安全に入手できれば、より効率的に対処にあたることができる。 デヴォン&コーンウォール警察の担当地域は、イングランドの他のエリアに比べると地形的に人が入り込みにくい場所が多いのが実情。また、ドローン分隊が請け負うことになるであろう任務は、従来ヘリコプターが行なっていた仕事。そう考えれば、ドローン分隊は理にかなったアイデ...more
in English
カテゴリー:

「愛の50%はセックスが占める」。『モン・ロワ』監督が大人の愛を語る - 03月29日(水)09:02 

 ヴァンサン・カッセルがダメ男を演じる『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』が公開中です。  付いたり離れたりを繰り返すあるカップルの10年を見つめた同作は、カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞。女優としても監督としても活躍しているマイウェン監督がメガホンを取り、男女の愛憎を映し出しました。15歳のときにリュック・ベッソン監督と恋に落ち、その後結婚、出産。ミラ・ジョヴォヴィッチの出現により離婚し、その後も別の男性と結婚し出産するも再度離婚に至るなど、自身も波乱に満ちた人生を送ってきたマイウェン監督に話を聞きました。 ◆主演女優の抜擢理由は「光り輝いていないから」 ――監督と同様、女優兼監督として活動するエマニュエル・ベルコ(カンヌ国際映画祭女優賞受賞)をヒロインのトニー役に抜擢した理由を教えてください。 マイウェン:最初にジョルジオを演じるヴァンサン・カッセルが浮かんだの。彼はイケメンだし、有名だし、存在そのものが光り輝いている。だからあえて、あまり光り輝いていない、どちらかと内気なところがあって、グラマラスでセクシーで見た目がステキだとは思わせないような女性がいいと思った。だけど、すごくハッピーなときはステキな女性に見えて、ヴァンサンにはない成熟した魅力のある人。それでエマニュエルを選んだのよ。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachmen...more
in English
カテゴリー:

とある掲示板に見つけた「ホラーのような落書き」。読み進めていくと…そっちか(笑)!! - 03月30日(木)08:13 

スナイパー (@5d7e751eaf6b4f7)さんが、とある掲示板に偶然見つけた落書き。 「ブクブクと太った貴婦人が…」という一文から始まる小話は、予想外の結末を迎えます! 3度見したwww pic.twitter.com/jCVKLW1B51— スナイパー (@5d7e751eaf6b4f7) 2017年3月24日 そっちか!!( ;∀;) オチはもちろんこと、オドロオドロしい書体といい、ブルース・リーと思しき人物の表情といい、なんだか引き込まれる作品ですね…! Twitterの反応 @5d7e751eaf6b4f7 ブルース・リーの絵も含めて、4度見してしまいました— hiroaki0280 (@hiroaki0280) 2017年3月25日 @5d7e751eaf6b4f7 書き方がホラーw— 葎花 、 (@ZwVL1laOGYLKpKo) 2017年3月25日 電車なのにブフゥなったわ https://t.co/OySglXcRmN— Shino Takemura (@OneNote_Tune) 2017年3月26日 めっちゃ笑ったwww https://t.co/JlhyvFwWXC— ももたろう (@tomootarosu) 2017年3月25日 ブルース・リーが良い仕事してて...more
in English
カテゴリー:

i☆Risさきさまオススメの一冊は思わず共感のあのマンガ - 03月30日(木)06:00 

声優とアイドルのハイブリッドユニット・i☆Risによる週刊リレーコラム「i☆Risのあいりすぺくたくる!」。ひとつのテーマについて、メンバー6人がそれぞれの想いを文章とイラストに写真を添えてコラムを綴ります。 描き下ろしイラストは、まるっとかわいいi☆Risメンバー。まるでブドウみたいです(編集部) 今週からテーマも新たに「新シーズンにおすすめしたい本」に。暖かくなってきて心も沸き立つこのシーズンにピッタリの本を最初に紹介してくれるのは、“さきさま”こと山北早紀さんです。 ▼▼▼▼▼ おつかれさきさま! さきさまです(^_^) ☆今回のテーマ☆ 「新シーズンにおすすめしたい本」! それはずばり…!!! あー、えー、あー… その、普段あまり本を読まないというか… まぁ読むっちゃ読むんですけども、 メンタル系の本とか、ホラーとか、精神えぐられる系を読んでしまうので 新学期ってよりかは、どちらかというと10月とか、 これから寒くなるわ…という時期に読みたくなっちゃいますね。 ちなみに好きな作家さんは真梨幸子さんです。 イヤミスの女王と呼ばれています。 イヤミスというのは読んだあと嫌な気分になる 後味の悪いミステリーのこと。らしいです! そういうものってなんか中毒性があるの。 現実では絶対起こらないような、起こったら困るんだけど、 でも妙にありえそうで、すごく引き込まれるのです...more
in English
カテゴリー:

韓国産学園ホラーゲームの実力やいかに。「White Day:学校という名の迷宮」のインプレッションを掲載 - 03月29日(水)15:12 

 2017年3月13日,つまりホワイトデーの前日に,ある1本のスマホ向けアプリがリリースされた。ホワイトデーの甘ったるい雰囲気を容赦なくぶち壊すホラー作品「ホワイトデイ:学校という名の迷宮」だ。日本市場向けにローカライズ&リメイクされた本作のインプレッションをお届けしよう。
in English
カテゴリー:

【オススメSteam】人狼ゲーム要素を取り入れたホラーFPS『Deceit』【DayDreamSteamer】 - 03月29日(水)12:15 

PCゲームのダウンロード販売サイト“Steam”で配信されているタイトルの中から、メジャー・インディー問わず毎週1本のオススメSteamタイトルを編集者が独断と偏見で選び、プレイリポートをお届けするこのコーナー。今回は、人狼ゲーム要素を取り入れたホラーFPS『Deceit』を紹介する。
in English
カテゴリー:

小峠英二&大石絵理、MC抜てきに「ロンハーのドッキリ!?」 - 03月28日(火)20:36 

4月11日(火)スタートの新番組「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」(夜11:15-0:15ほかテレビ朝日系)の制作発表記者会見が行われ、バイきんぐ・小峠英二、大石絵理、U字工事、オオカミ少年・片岡正徳、サンシャイン池崎、バッドナイス常田が登壇。U字工事らガチンコ大冒険に挑むメンバーは、先日行われた第1弾ロケの秘話を披露した。 【写真を見る】生放送を仕切る小峠英二は「俺がMCなんてあり得ないし!」 同番組は、アマゾン、怪魚、豪華客船、絶景、ミステリースポットの全5ルートを冒険家でさえ行ったことのない、ガチンコ取材でテレビ初公開オンパーレドの世界一周の旅を繰り広げるバラエティー。毎回生放送で、現地からの生中継も交えながら伝えていく。 “メイン地球コメンテーター”の小峠は「これ、ドッキリですよね? このメンバーで番組やると思う? テレ朝でしょ!? “ロンハー”だよ!」とMC起用を怪しむ。自身のMCとしての肩書をあらためて確認した小峠は「もう、ドッキリだよ。そんなふざけた肩書を付けるわけないじゃん!」とあきれ顔に。 司会から「小峠さんには地球規模のコメントを期待している」と言われると、小峠は「なんすか、地球規模って聞いたことないわ!」と苦笑した。 また、“アシスタント地球コメンテーター”の大石も「いまだに実感がなくて、実際にまだ打ち合わせもないので、リアル感がない」と明かすと、小峠...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ホラー」の画像

もっと見る

「ホラー」の動画

Wikipedia

ホラー (horror, holler)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる