「ペンドルトン」とは?

関連ニュース

Airbusの自動操縦エアータクシーVahana、その初飛行のビデオが公開 - 02月23日(金)19:16 

Airbusは最近、その自動操縦航空機Vahanaの、まったく初めての飛行に成功し、このほど、この航空機の開発におけるきわめて重要な瞬間をとらえたビデオを公開した。飛行は1月末にオレゴン州ペンドルトンで行われ、この乗客を乗せるドローンは離陸後地上16フィートでホバリングした。すべて、自らの操縦で。 Vahanaの次のステップは、方向認識を持ち、A地点からB地点へ飛ぶことだ。これも自動飛行自動操縦の実用化に向けて、絶対に必要な能力だ。 Vahanaは全電動の航空機で、回転翼は6つあり、垂直に離陸して、その後は翼の角度を調節して特定の方向へ飛ぶ。これがねらっているユースケースは、都市内における近距離移動だろう。“エアータクシー”と呼ばれるのも、そのためだ。 パーソナルな自動操縦航空機はまだまだ先の話だが、でもAirbusのような企業はそのポテンシャルに投資しているし、またSebastian Thrunのようなテクノロジストは、開発のペースと実用化の両面で自動運転車を追い抜く、とまで言っている。注目を維持しよう。 [原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)
カテゴリー:

【空飛ぶタクシー🚁】エアバスの「ヴァーハナ」初飛行に成功! 自動操縦の1人乗り機体 - 02月06日(火)00:30  newsplus

エアバスの空飛ぶタクシー「ヴァーハナ」初飛行に成功 自動操縦の1人乗り機体 2018/02/05 http://sorae.info/030201/2018_02_05_vahana.html エアバスは現在空飛ぶタクシー計画「ヴァーハナ(Vahana)」を進めていますが、2018年1月31日にオレゴン州ペンドルトンにてそのプロトタイプ機「Alpha One」が53秒の初飛行に成功しました。   発表によれば、31日の午前中にAlpha Oneは高度5メートルまでの浮上と、着陸に成功。これらはすべて自動操縦にて実施されました。 機体は電動マルチローターを搭載したVTOL機となっており、離...
»続きを読む
カテゴリー:

エイ・キューブド、自動操縦の垂直離着陸機の初飛行に成功 - 02月14日(水)20:42 

A³ by Airbus(エイ・キューブド)が開発を勧めている自動操縦の垂直離着陸機「Vahana(バハナ)」が、現地時間1月31日、アメリカ・オレゴン州のペンドルトンにあるペンドルトンUAS試験場で初飛行に成功した。 実物大の機体が完全自動操縦で高さ約5メートルまで上昇し、53秒間飛行した。翌2月1日にも飛行し、成功した。 プロジェクト・エグゼクティブのザック・ラバリング氏は、「本日、私たちは航空宇宙のイノベーションにおいて偉業を達成しました。ナプキンに描いたコンセプトスケッチから2年足らずで、バハナは実物大の自動操縦航空機へと進化し、初飛行を成功させました。私たちのチームはA³とエアバスのファミリー企業、MTSIやペンドルトンUAS試験場などのパートナーから受けたサポートに、心から感謝しています。」とコメントした。 エイ・キューブドは2015年5月に設立した、エアバスのプロジェクト組織でアメリカのシリコンバレーに拠点を置いている。スピード、透明性、献身という3つの特質を中心にプロジェクトに取り組み、製品化が可能なデモンストレーション機や説得力のあるサイズのデモンストレーション機の制作を行っている。
カテゴリー:

「ペンドルトン」の画像

もっと見る

「ペンドルトン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる