「ペロッ」とは?

関連ニュース

「ブラックリベンジ」木村多江の激情に震え、佐藤二朗に飄々とおちょくられ、自分勝手な妹にムカつく6話 - 11月16日(木)09:45 

私は今、「渡る世間は鬼ばかり」と口にしたい心境だ。『ブラックリベンジ』(日本テレビ系)を観ていると、そういう心境になってしまう。疑心暗鬼になってくる。信用していた知人が、陰で自分を裏切るような行いをしていたら……。通常ならば、それらの行動はよほどのことがない限り明るみには出ない。しかし、週刊誌が暴きにかかった場合はどうしようもない。紙面を通じて真相を知り、泣くのか、怒るのか、狂うのか……。佐藤二朗、木村多江をおちょくる主人公・今宮沙織(木村多江)と「週刊星流」デスク・天満龍二(平山浩行)は、編集長・福島勲(佐藤二朗)の捏造を糾弾する記事の掲載を画策。しかし、福島は寸でのところで記事の差し替えに成功する。新たな記事の内容は「寺田圭吾にもう一人の愛人 相手はなんと妻の妹」というものであった。沙織にとっては衝撃的過ぎるスクープだが、世間的にそれほどの激震でないことは周囲のリアクションを見れば明らかだ。何しろ、星流の編集部員が「なんでこのネタ載っけたんですかね?」「こんな古いネタに差し替えるくらいだったら……」とボヤくくらいなのだから。要するに、福島は沙織とその周辺を攻撃する目的でこの記事を引っ張り出してきた。それにしても、佐藤二朗の芝居が凄い。自分の寝首をかこうと企む沙織と天満を前にした時の態度が、憎らし過ぎるのだ。天満に対し、お茶目なノリで「俺さぁ~、お前の考えてること、手に取るように...more
カテゴリー:

超激辛!お店以上の辛さを家庭で味わえる『ストレート赤から鍋スープ 15番』辛党はぜひチャレンジを! - 11月07日(火)18:03 

辛党必見! 辛さの限界に挑戦した『ストレート赤から鍋スープ 15番』が期間限定で新発売。外食店「赤から」が監修したこのスープ。お店でも味わえない「15番」の激辛さを、家庭で楽しめるという。   ■お店の味『赤から鍋』を家庭でも。 イチビキ株式会社(本社:愛知県名古屋市)より、大人気の「赤から」シリーズから『ストレート赤から鍋スープ15番』(500円(税別)・750g)が2017年10月31日より期間限定で発売中。外食店「赤から」を全国に250店舗展開する甲羅グループと、イチビキのコラボ商品である。「赤から」の看板メニュー“赤から鍋”の辛さを極めたやみつきの旨さを家庭で味わえるのがこのスープだ。“赤から鍋”は通常、0番から10番までの辛さ設定なのだが、今回はそれを超える赤から15番に相当する辛さとなっている。   ■お店でも味わえない!?超、超、超激辛の15番! お店では辛さ10番までだが、それを越える「15番」!! 辛くて旨い鍋の代表格「赤から鍋スープ」。シリーズとしては、辛いもの好きのための「3番」、マイルドな辛さの「1番」、赤から通のための「5番」、辛さが自由に調節できる「鍋スティック」に続き、5品目となる。やみつきのおいしさはそのままに、もっと辛い商品をという熱い思いから登場したのが今回の「15番」。 複数の唐辛子、激辛唐辛子エキス、豆板醤とコチュジ...more
カテゴリー:

僕の唇も舐めてくれ…!男に「色気のある女」認定する行動とは♡ - 11月15日(水)19:30 

こんにちは。恋愛心理パティシエのともです。 顔はいたって普通なのに“色気ムンムンの女”。 そんな女性の方が美人よりもモテてしまう場合もあるのです。 そこで「なんで私よりあの子の方がモテるんだ」と、美人にとっては納得がいかない、顔は普通なのに色気がある女認定される行動をリサーチしてみました。 ●(1)唇をよく舐める 『顔はそこそこなんだけど、唇が分厚い同僚。 また会話している時も癖なのかわざとなのか、よく舌をだして舐めるような仕草をする。 ダメだとわかっていても、どうしても唇ばかり目がいく』(31歳/メーカー) 唇から連想させられのは、ヌルッとしたあの感じ。 キスももちろんのこと、いろんなことを男性側に妄想させてくれます。 時に舌をペロッとかわいく出したり、時に舌で舐めるような仕草をしたりすると色気は倍増 。 唇は厚いだけでなく、唾液でプルプルと潤っていればさらに色気は引き立つのです。 またメイクで演出するならマット系のリップも今っぽいですが、やはり男性はつやっぽいリップの方が好きなよう。 ●(2)メイクは濃い目 『メイクはナチュラルより濃いめぐらいの方が“THE女”として、性別を分けて見てしまう』(25歳/会社員) 濃いめのメイクの女性の方がセクシー、と感覚が教えてくれるのは、アニメでもセクシーキャラはいつもアイメイクばっちり、赤リップ…と、メイクは女の象徴であ...more
カテゴリー:

うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。 - 11月05日(日)20:58 

ここは、大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケがあります。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼がある」というウワサを聞きつけたから。うす暗い通路の先には「お好み焼、焼そば、モダン焼」の文字がおどる提灯。店の名前は「お好み焼 だん」。じつはここに来るまで、ずっと気になっていたことがあります。関東に住む人間にとって、大阪=お好み焼のイメージがあるのは言わずもがなですが、おいしいお好み焼とそうじゃないお好み焼の見極めポイントが、いまいち分からなかったんです。どうしても事前に把握しておきたかったので、知り合いの大阪のおっちゃんに聞いたところ、こんなヒントをもらいました。「ひっくり返したとき、ドスンってなったら、ちょっとブルーになんねん」……意外でした。もちろん生地の方向性、具材、焼き加減、ソース、などいろいろな判断基準があるのでしょうが、まずは目の前の店の暖簾をくぐってみたいと思います。「豚玉、ひとつ」スタンダードに攻めたかったので、注文したのは「豚玉」、780円。40年以上このお店の味を守り続けている寡黙な店主、山本さんが手際よく焼き始めてくれます。ひっくり返したときの音に耳をすますと、軽い…!「お酒と一緒に食べはる人も多いので、重いよりは軽めのほうが合いますからね。飲んだ帰り...more
カテゴリー:

「ペロッ」の画像

もっと見る

「ペロッ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる