「ペルセウス座流星群」とは?

関連ニュース

【空を見よう】天体ショー ふたご座流星群、13日夜10時以降見ごろ 1時間に40個以上の予想 - 12月12日(火)10:50  newsplus

たご座流星群のイメージ ?1 「3大流星群」の一つの「ふたご座流星群」が、13日夜から14日にかけて見ごろを迎える。今年は月明かりの影響がほとんどないため夜空が暗く、観察には好条件だという。  国立天文台によると、出現のピークは14日午後4時ごろで、その前後の12~14日の夜には、晴れていれば空の暗い場所なら最も多いときで1時間に40個以上の流れ星が見られると予想される。  ふたご座流星群は、3大流星群の他の二つのしぶんぎ座流星群(1月)、ペルセウス座流星群(8月)と異なり、午後8時ごろの早い...
»続きを読む
カテゴリー:

「晴れるのを祈るのみ!」2017年最後の『流星群』がもうすぐ! - 12月08日(金)17:46 

2017年に見られる最後の流星群『ふたご座流星群』が、12月14日に極大日(流星のピーク)を迎えます。 ふたご座流星群は、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並び、『三大流星群』と呼ばれるほど大きな流星群です。 暗い場 […]
カテゴリー:

「ペルセウス座流星群」の画像

もっと見る

「ペルセウス座流星群」の動画

Wikipedia

ペルセウス座流星群学名 ''Perseids'')はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。

母天体

母天体は周期133スイフト・タットル彗星である。この彗星は1862年にスイフトとタットルによって発見され、イタリア天文学者ジョヴァンニ・スキアパレッリによってペルセウス座流星群の母天体ではな...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる