「ペルセウス座流星群」とは?

関連ニュース

10月21日はハレー彗星の置き土産、オリオン座流星群を眺めよう - 10月16日(月)18:30 

10月21日に極大を迎えるオリオン座流星群。多いときには5分で1個程度の流星が見られるそうなので、お天気を期待したいところですね。今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では著者の須田將昭さんが、そのオリオン座流星群を見るためのポイントを紹介しています。 オリオン座流星群に備えよう ちょっと気がはやいのですが、今月21日に活動が極大を迎えるオリオン座流星群についてご紹介しましょう。 流星は、宇宙空間に漂う「チリ」が地球の引力に引かれ、大気中で燃え上がることで見える現象です。その「チリ」のたくさんある場所というのがあって、そのあたりに地球が近づくと、一定の方向からたくさん流星が見えるようになります。それぞれその方向に見える星座の名前をつけて「○○座流星群」と呼んでいます。毎年、夏のペルセウス座流星群、冬のふたご座流星群はテレビのニュースでも話題になりますね。 今回ご紹介するのはオリオン座流星群です。ペルセウス座…と言われて、すぐにどんな星の並びか思い浮かべられる人はそんなに多くないかもしれません。でも、オリオン座は、おそらくほとんどの人が知っているはず。明るい星がわかりやすい形を作っていますから,すぐに見つけられるはずです。そういう意味で見やすい流星群と言えます。 この流星群は、あのハレー彗星を母天体としています。つまりハレー彗星が置いていったチリがもとだということです。 ...more
カテゴリー:

「ペルセウス座流星群」の画像

もっと見る

「ペルセウス座流星群」の動画

Wikipedia

ペルセウス座流星群学名 ''Perseids'')はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。

母天体

母天体は周期133スイフト・タットル彗星である。この彗星は1862年にスイフトとタットルによって発見され、イタリア天文学者ジョヴァンニ・スキアパレッリによってペルセウス座流星群の母天体ではな...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる