「ペプチド」とは?

関連ニュース

やっぱり豆乳パワー!美容効果が倍増××が飲みやすく続けるコツ - 03月22日(水)10:00 

豆乳が美容に良いワケ 大豆は畑の肉と言われるほど栄養価が高いのですが、実は消化が良い食べ物ではないのです。しかし、豆乳にすることで栄養分が約90%以上消化吸収できるようになります。 豆乳の種類は3種類で、「無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料」があります。最も効果を実感できるのは無調整豆乳ですが、独特の風味があるので飲みにくいと感じる方は「調整豆乳か豆乳飲料」を試してみてください。この2種類の方が飲みやすいですよ! 次に豆乳の美容効果です。 【美肌】 豆乳に豊富な、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE・大豆イソフラボンは美肌に効果的です。特に注目したいのは大豆イソフラボン。これは女性ホルモンのエストロゲンに似たような働きをしてくれるので、お肌をみずみずしく保ち、ハリをアップさせたり、コラーゲン生成を促します。 また、女性ホルモンの不足で体毛が増えたり濃くなったりするので、大豆イソフラボンをきちんと補うことで体毛が薄くなることも期待できますよ。 【ダイエット】 豆乳に含まれる以下の2つの成分がダイエットの味方です。 1.大豆サポニン:コレステロール・脂肪の吸収を防ぎます。 2.大豆ペプチド:代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすくさせます。 また、豆乳には天然のオリゴ糖が含まれており、腸の善玉菌のエサとなるので腸内環境が整います。したがって便秘解消も期待できるのです。 ...more
in English
カテゴリー:

【科学】アルツハイマー進行抑制に成功=免疫細胞回復、マウス実験で-名古屋大 - 03月21日(火)06:53 

アルツハイマー病患者の脳内に蓄積するペプチドを分解する免疫細胞の能力を回復させ、 症状の進行を遅らせる実験にマウスで成功したと名古屋大大学院医学系研究科の門松健治教授と内村健治特任准教授らのグループが20日、発表した。 研究成果は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。 アルツハイマー病は、加齢と共に脳内でペプチドが凝集して毒性を持ち「老人斑」という構造体を作ることで、神経細胞をつなぐシナプスが脱落して発症する。 ペプチドは脳内の免疫細胞が分解処理することで除去されるが、症状が進行する...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

NARS、コンシーラーに新ラインナップ - 03月17日(金)10:50 

 コスメブランド・NARS JAPANのコンシーラーカテゴリに、新たに「ソフトマットコンプリートコンシーラー」がラインナップ。さらに従来からある「ラディアントクリーミーコンシーラー」と「コンシーラースティック」にも3色を追加。いずれも17日より発売する。 【写真】新たに登場する「ソフトマットコンプリートコンシーラー」  新商品の「ソフトマットコンプリートコンシーラー」(全8色/税抜3400円)は、オイルフリーのクリームタイプ。なじみがよく、肌に均一にフィットし、ソフトフォーカス効果で気になるところをぼかしてカバー。コラーゲンペプチドが表面をなめらかに整え、素肌のような仕上がりに。  リキッドタイプの「ラディアントクリーミーコンシーラー」(同3400円)とスティックタイプの「コンシーラースティック」(同2900円)には、それぞれピンクトーンとピーチトーンの明るい肌色向けと、ピーチベースでミディアムトーンの肌色向けのカラーが追加された。自分に合うタイプを探してみては? 【関連記事】 NARS、”WILDFIRE”をテーマにした春メイクコレクション イヴ・サンローラン・ボーテ「アンクル ド ポー」新ファンデ ディオール、2017年春は「グラデーションメイク」 ランコム“生クッションファンデ”が進化して登場 輝きが増した石原さとみ、メイクの変化を探る
in English
カテゴリー:

こんにゃく飛粉から調製される発酵生産に有効な培地成分 - 03月14日(火)08:00 

群栄化学工業(群馬県高崎市)と雪国アグリ株式会社(群馬県沼田市)は、群馬工業高等専門学校(群馬県前橋市)との共同研究により、こんにゃく飛粉から調製した糖化液が、培地成分として有効であることを確認しました。これらの結果を平成29年3月19日に日本農芸化学会大会(京都女子大学,3/18~20)で発表致します。飛粉を酵素処理して糖化液を調製する処方を確立し,この糖化液を各種微生物の培養に添加したところ,乳酸菌の培養やペプチド系抗生物質であるダプトマイシンの生産培養で,生産性向上に顕著な効果が認められました。こんにゃく飛粉はこんにゃくの製造過程で生じ,これまでほとんど用途がなかったものですが、飛粉糖化液には各種糖質のほか特徴的なアミノ酸,ミネラルが含まれており,従来の培地原料にないタイプの培地成分として,活用が期待されます。なお、この内容はすでに特許出願済みです。
in English
カテゴリー:

半分脂肪なのに体にたまらないチーズ 認知症や高血圧の予防に期待 - 03月21日(火)18:00 

【世界一受けたい授業】(日本テレビ系)2017年3月4日放送 「お役立ちミステリー チーズの科学」チーズフォンデュやピザ、スイーツなど、様々な料理に使え、好きだという人も多い「チーズ」。実はただおいしいだけでなく、健康な体づくりにも役立ちそうな食材だ。 番組では、チーズの色々な効果を、東北大学大学院農学研究科の齋藤忠夫教授が解説した。 脳内に老廃物を沈着させない 2015年、カマンベールチーズは認知症予防に効果があるとの研究結果が発表された。 年齢を重ねると、脳内に「アミロイドβ」という老廃物がたまる。これが沈着すると、脳の働きをつかさどる神経細胞「ニューロン」の情報伝達が正しく行われず、記憶や認知機能が維持できなくなる。 マウスにカマンベールチーズを食べさせる実験で、アミロイドβの沈着を抑える効果が認められた。 WHO(世界保健機関)は、チーズは虫歯予防に期待できると発表している。 チーズに含まれるリン酸カルシウムが、虫歯でできた歯の小さな穴を補修するためだ。 最もカルシウムを含むチーズは... チーズには、血圧を下げる「ペプチド」という成分が豊富に含まれる。さらにカルシウムやカリウムが、高血圧の原因の一つであるナトリウムを体外に排出する作用があり、高血圧予防が期待できる。 熟成タイプのゴーダチーズやチェダーチーズが特に効果的で、カリウムが含まれる枝豆、アボカドと一緒に食べるとさ...more
in English
カテゴリー:

アルツハイマー進行抑制に成功=免疫細胞回復、マウス実験で-名古屋大 - 03月21日(火)06:39 

 アルツハイマー病患者の脳内に蓄積するペプチドを分解する免疫細胞の能力を回復させ、症状の進行を遅らせる実験にマウスで成功したと名古屋大大学院医学系研究科の門松健治教授と内村健治特任准教授らのグループが20日、発表した。研究成果は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。 アルツハイマー病は、加齢と共に脳内でペプチドが凝集して毒性を持ち「老人斑」という構造体を作ることで、神経細胞をつなぐシナプスが脱落して発症する。ペプチドは脳内の免疫細胞が分解処理することで除去されるが、症状が進行すると免疫細胞の表面に糖鎖が発生し分解能力を低下させる。 研究グループのマウスを使った実験で、免疫細胞に発生する糖鎖は「シアル酸修飾ケラタン硫酸糖鎖」であることが判明。この糖鎖が、免疫機能を調整する酵素によって合成されることも確認した。マウスからこの酵素を取り除くと糖鎖が消失し、免疫細胞のペプチド分解能力が回復した。 アルツハイマー病患者の脳でも免疫細胞表面の糖鎖と、糖鎖を合成する酵素の増殖が確認された。研究グループは今回の発見で、アルツハイマー病の治療法の確立や新薬開発が期待できるとしている。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

エレクトロポレーション用美容液に配合されている成分 - 03月16日(木)08:15 

エレクトロポレーションでは、目的に合わせた美容液を肌に塗り、電気の力を使ってその美容成分を肌の奥に浸透させていきます。ここでは、エレクトロポレーションに利用される美容液の成分や、その効果について解説します。エレクトロポレーションとはエレクトロポレーションとは、特殊な電気パルスを肌に与えることで、細胞同士に一時的なすき間をつくり、そこから美容成分を肌の奥に浸透させていく美容法です。似たような美容法に、イオン導入がありますが、イオン導入ではイオン化できて分子の小さな成分しか浸透されないのに対し、エレクトロポレーションではイオン化できないものや分子が大きな成分も浸透させられるのが魅力です。詳しくは、『エレクトロポレーション(電気穿孔法)とは』をご覧ください。エレクトロポレーション用の美容液に配合されている成分エレクトロポレーションでは、洗顔を済ませた肌へ目的に合わせた美容液を塗り、その上から特殊な機械で電気を与えて、美容成分を肌に浸透させていきます。エレクトロポレーション用の美容液に配合されている代表的な成分には、次のようなものがあります。幹細胞成長因子幹細胞成長因子は、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する線維芽細胞をはじめ、あらゆる細胞の増殖をコントロールするタンパク質の一種です。これを肌に導入することで、細胞を活性化させて増殖させたりするなど、肌にハリを与えたり、たるみに悩む方や気にな...more
in English
カテゴリー:

いい「セックス」をした翌日はいい「仕事」ができる、が証明された - 03月13日(月)17:16 

オレゴン州立大学の研究者らが、セックスに関する興味深い調査結果が発表。なんでも、プライベートにおける積極的なセックスライフが、仕事に対するモチベーションや満足度を上げ、さらにはオフィス全体も活性化するんだとか。従業員のセックスライフが企業にメリットをもたらす?指揮をとったキース・リービット准教授は、組織行動論と経営学のエキスパートだ。ある企業に属する159人の既婚従業員を対象に、2週間にわたって、毎日2回のヒアリング調査を実施。その結果がこれだ。前夜にパートナーとセックスをした従業員の方が、職場においてポジティブな態度を示し、一貫して仕事への積極性や貢献度も高かった、という。「性生活が充実しているパートナーとの関係性は、働くことへのモチベーションを高めるだけでなく、積極的に仕事へと向かわせる強い動機になり得ることが分かりました。単に従業員をハッピーにするだけでなく、企業にとっても大きな利点をもたらすはず」。もっとセックスに関心を払うべき、こうリービッド氏が強調する理由がここにある。セックス後の高揚感は、24時間以上持続していたセックスは、脳の「報酬中枢」と呼ばれる部分に関係する神経伝達物質ドーパミンと、社会性や愛情に関係するオキシトシンという神経ペプチドの分泌を促すらしい。セックスで自然に気持ちが高まっていくのも、こうした脳内物質による恩恵だとか。これが翌日までしっかり持続し、出社...more
in English
カテゴリー:

「ペプチド」の画像

もっと見る

「ペプチド」の動画

Wikipedia

ペプチド(、:ペプタイド, ギリシャ語の (消化できる)に由来する)は、決まった順番で様々なアミノ酸がつながってできた分子の系統群である。1つのアミノ酸残基と次のそれの間の繋がりはアミド結合またはペプチド結合と呼ばれる。アミド結合は典型的な炭素窒素単結合よりもいくらか短い、そして部分的に二重結合の性質をもつ。なぜならその炭素原子は酸素原子と二重結合し、窒素は一つの非共有電子対を結合へ利用できるからである。

生体内で産生されるペプチドはリボソームペプチド、非リボソームペプチド、消化ペプチドの3つに大別される。

テトラペプチド

リボソームペプチド

リボソームペプチドはmRNAの翻訳により合成され、(しばしば)成熟型を形成するためにタンパク質分解を受ける。これらの機能は、典型的に高等生物においてはホルモンとシ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる