「ペプチド」とは?

関連ニュース

血圧が高めの方に!特定保健用食品(トクホ)「ペプチドライフ」 5月1日新発売 - 04月26日(水)14:00 

[キューサイ株式会社] キューサイは、人々の健康と幸せを想い、今年で創業52年を迎えます。昨年には「100歳まで楽しく歩こうプロジェクト」を発足し、「健康寿命の延伸」に寄与するための様々な活動もおこなっています。そして、この度...
in English
カテゴリー:

カエルの粘液、インフルエンザの特効薬に? 米研究 - 04月20日(木)11:26 

インドに生息するカエルの粘液に、一部のインフルエンザウイルスを退治する作用があることが、免疫学者らの研究で20日までに明らかになった。新薬の開発につながる可能性があるという。 米エモリー大学医学部のジョシー・ジェイコブ准教授が率いる研究チームが、18日発行の免疫学専門誌に発表した。 一部のカエルが分泌する粘液には、免疫機能を持つアミノ酸の結合体「抗菌ペプチド」が含まれることが知られている。 ジ...
in English
カテゴリー:

ノーベル賞を受賞!EGFの効果とは? - 04月18日(火)08:15 

ノーベル生理学・医学賞を受賞したEGFの効果EGF(上皮成長因子、Epidermal Growth Factor)は、アメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士が1962年に発見したタンパク質です。もともと生物に備わっている53個のアミノ酸から形成されるタンパク質で、細胞の成長促進や機能を整える役割があります。コーエン博士は研究によりマウスの顎下腺抽出物から新しいタンパク質を単独で分離することに成功し、そのタンパク質(mEGF,Mouse Epidermal Growth Factor)が新生マウスの眼を開かせたり、歯の成長を促進する効果があることを発見しました。これにより、人が本来持っているタンパク質のなかに細胞、皮膚、骨、筋肉などの成長や代謝、機能を調整する「成長因子(Growth Factor)」があることを発見したのです。人の成長因子は、正式には「hEGF:Human Epidermal Growth Factor」と言い、唾液や母乳などにも多く含まれています。EGFは医療分野で火傷や傷などを負った肌の再生、皮膚移植、角膜切開による傷の回復促進として臨床使用されていました。それにより、お肌の上皮(皮膚・粘膜など)の細胞にある上皮成長因子受容体(EGFR)と結合して受容体(チロシンキナーゼ)を活性化、新しい細胞をつくったり増やしたり、また正常に働くために調節する作用があること...more
in English
カテゴリー:

誰にも聞けない…!バストトップのケア方法教えます - 04月17日(月)08:15 

フェイシャルに始まって手や脚、デリケートゾーンなど、体の様々な部位でのスキンケアが存在しますが、バストトップのケアをしている方は、どれ程いるのでしょう?デリケートゾーンと同じくらい、「バストトップの黒ずみが気になる」「乳首が陥没している」「乳首の周りに毛が生える」といった悩みを抱えている女性は多いようです。しかしながら、中々人に相談できず、「特に何もしていない」という方も多いのでは?胸が大きいとか小さいくらいは、女友達同士なら何となくわかるし話すことがあっても、乳首の色や形、サイズにまで踏み込むことはそうないですよね。こちらでは、バストトップに関する悩みの中でも「乳首周りのムダ毛」と、「陥没乳首」に対するケアを、最後に「手軽に取り入れられるデイリーケア」をご紹介したいと思います。バストトップのケアその 〜乳首周りのムダ毛を処理〜「乳首周りのムダ毛が生えている」という悩みを持っている女性は、決して少なくありません。毛の量や質には個人差がありますが、女性でも乳首周りに濃いしっかりとした毛が生えているなんてことも普通にあります。ただ、バストトップは他の部位に比べ、敏感な箇所です。単なるムダ毛処理と安易に考えず、丁寧にケアしましょう。まず、セルフケアする場合の手段として「カミソリ」「電気シェーバー」「除毛クリーム」「毛抜き」などが挙げられます。この中で、「毛抜き」は、毛穴を傷めて赤くなった...more
in English
カテゴリー:

前日に動いた銘柄 part1:東芝、ホンダ、ペプチドリームなど - 04月14日(金)07:15 

銘柄名<コード>⇒13日終値⇒前日比 サイバーステップ<3810> 1903 +400 後場急動意、引き続き上方修正を材料視。
in English
カテゴリー:

特定の食べ物で起こる胃腸管アレルギーとは? - 04月23日(日)08:58 

子どもに多い胃腸管アレルギーは、特定の食べ物で胃や腸の消化器管に起こります。乳幼児にも増加中で、近年ではミルクや母乳が原因になることが分かっています。胃腸管アレルギーの治療を行うには、どの食べ物でアレルギー症状が出るのか特定する必要があります。原因となる食べ物が分かればその食材が含まれる料理にも気をつけなくてはなりません。今回は、胃腸管アレルギーについて解説します。 胃腸管アレルギー(消化管アレルギー)とは 胃腸管アレルギーとは、胃や腸などの消化器官に発症する食物アレルギーのことで、特定の食べ物を摂取した時に起こります。胃腸管アレルギーを起こすと、消化器系に様々な症状が現れます。口の中や唇に腫れや痒みなどの異常や、喘息発作が出ることもあります。早ければ数分で、吐き気や嘔吐、腹痛や下痢を起こします。特定の食べ物にアレルギーがあると気づかず長期間食べ続けた場合、慢性化し成長障害や体重の減少、貧血などを併発する事もあります。症状が悪化すると食物過敏性大腸炎になり、血便や下血する事もあります。 麦に含まれるグルテンタンパク質に反応するアレルギー「セリアック病」も、消化管アレルギーの一種です。セリアック病には慢性下痢や脂肪便、腹部膨満、体重減少、貧血などの症状が現れます。 また、近年乳児に増加している食物アレルギーでミルクや母乳が原因で起こる「新生児・乳児消化管アレルギー」もあります。 ...more
in English
カテゴリー:

【米研究】カエルの粘液でインフルエンザ予防の可能性 - 04月19日(水)10:28 

【4月19日 AFP】インド南部に生息するカエルの皮膚から分泌される粘液が、人間が特定の種類のインフルエンザウイルスと闘う助けになる可能性があるとの研究論文が18日、発表された。 米医学誌イミュニティー(Immunity)に掲載された論文によると、このカエルはアカガエル科の「Hydrophylax bahuvistara」。色鮮やかな体色で、大きさはテニスボールほどだ。 論文の共同執筆者で、米エモリー大学(Emory University)のインフルエンザ専門家のジョシー・ジェイコブ(Joshy Jacob)氏は 「カエルは生息地によって異なるアミノ酸化合物...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

前日に動いた銘柄 part1:任天堂、三井不、ペプチドリームなど - 04月18日(火)07:15 

銘柄名<コード>⇒17日終値⇒前日比 アンジェスMG<4563> 247 +13 遺伝子治療薬の5例目の被験者の投与開始。
in English
カテゴリー:

肌と髪に欲しいのは自然なツヤ!外側からのケアで美しさを底上げ - 04月16日(日)10:00 

【松浦美穂さんとは】 サロンワークのみならず、ヘアスタイリストとして雑誌や広告などで幅広く活躍する傍ら、天然成分から作られたオリジナルのヘアケア製品を開発するなど、長年オーガニックの可能性を追究し続けている。 メイクも肌にストレスフリーなナチュラル&オーガニックを ーー前編ではインナーケアを中心にお話を伺いましたが、後編では表面のケアについて。普段愛用されているコスメを教えてください。 「若い頃のようにイメージで飛びつくことはなくなりましたが(笑)、コスメも大好きですよ。身体の中に摂り入れたものを目に見える形で上手に表現するためにも、スキンケアやメイクは欠かせないツールだと思っています。 メイクブランドでの最近のヒットは『rms beauty』。特に顔のどのパーツにも使えるハイライター『ルミナイザー』が大好きで、メイクの仕上げにほほ骨に少し伸ばして使っています。いわば見せかけのツヤですが(笑)、テンションもあがりますし笑顔も増えますよね。ツヤ感が出るメイクの力って偉大だなって思います。 私の場合、外側からのケアではツヤを導くものがポイントになっていますね」(松浦さん) オーガニックは一つの目安で選ぶ基準は自分の中にある ーーお仕事柄、さまざまな最新情報をキャッチされていると思いますが、スキンケアはどのように選ばれているのでしょうか? 「正直、【オーガニック】とい...more
in English
カテゴリー:

【食】日本人の「鶏もも肉好き」、国産鶏肉の値段が下がらない原因に…世界的に見ればむね肉のほうが人気★3 - 04月04日(火)07:54 

日本にも大量に輸入されているブラジル産の食肉で不正問題が起きた。 ブラジルの大手食肉加工業者が検査官らに賄賂をおくり、本来なら廃棄処分となるはずの肉を国内外に販売していたのだ。 日本は大量の鶏肉をブラジルから安価に輸入している。 その理由は「ブラジルには鳥インフルエンザがなく、安全性が高い」からだ。 また、抗生物質を含んだ飼料に対する規制が日本より厳しいEUにも輸出されていたことから 「ブラジルの鶏肉はきちんと管理されている」と思われてきた。 農林水産省の品目別貿易実績によると、2015年に輸入さ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ペプチド」の画像

もっと見る

「ペプチド」の動画

Wikipedia

ペプチド(、:ペプタイド, ギリシャ語の (消化できる)に由来する)は、決まった順番で様々なアミノ酸がつながってできた分子の系統群である。1つのアミノ酸残基と次のそれの間の繋がりはアミド結合またはペプチド結合と呼ばれる。アミド結合は典型的な炭素窒素単結合よりもいくらか短い、そして部分的に二重結合の性質をもつ。なぜならその炭素原子は酸素原子と二重結合し、窒素は一つの非共有電子対を結合へ利用できるからである。

生体内で産生されるペプチドはリボソームペプチド、非リボソームペプチド、消化ペプチドの3つに大別される。

テトラペプチド

リボソームペプチド

リボソームペプチドはmRNAの翻訳により合成され、(しばしば)成熟型を形成するためにタンパク質分解を受ける。これらの機能は、典型的に高等生物においてはホルモンとシ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる