「ペプチド」とは?

関連ニュース

AGAの原因や治療薬、なりやすい人の特徴を医師に聞く - 12月12日(火)10:37 

●AGAの症状や主な脱毛パターン あれ、髪の毛少なくなってない……? 自身の毛髪に悩みを抱いている中高年は少なくない。とりわけその中でも多いトラブルといえば「薄毛問題」だろう。若かりし頃はフサフサで、おしゃれに見えるようにさまざまなアレンジができていた髪が、徐々に少なくなっていくのを目の当たりにするのはつらいことだ。 近年は、男性に特有の脱毛症・AGAという言葉の認知度も徐々に高まりつつあるが、その詳細まできちんと把握している人は少ないはずだ。そこで今回、美容皮膚科・美容外科・形成外科のやながわ厚子医師に「AGA」についてうかがった。今は何の問題もない20~30代の男性も、将来薄毛で悩まないでいいよう、参考にしてみてほしい。 ○20歳代後半から30歳代半ばでAGAを発症 ――AGAの具体的な症状と発症の原因を教えてください。 AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略語で、日本では「男性型脱毛症」と言われています。頭髪がだんだんと薄くなるという進行型の脱毛症で、平均的には20代後半から30代半ば以降に発症します。年齢が高くなるにつれて多くなってきますが、20代前半から発症するケースもあります。 「男性型」というだけあって、男性ホルモンの影響により起こると言われています。髪の毛の根本にある毛乳頭細胞にある「アンドロゲン受容体」に、男性ホルモンが結合するこ...more
カテゴリー:

「ペプチド」の画像

もっと見る

「ペプチド」の動画

Wikipedia

ペプチド(、:ペプタイド, ギリシャ語の (消化できる)に由来する)は、決まった順番で様々なアミノ酸がつながってできた分子の系統群である。1つのアミノ酸残基と次のそれの間の繋がりはアミド結合またはペプチド結合と呼ばれる。アミド結合は典型的な炭素窒素単結合よりもいくらか短い、そして部分的に二重結合の性質をもつ。なぜならその炭素原子は酸素原子と二重結合し、窒素は一つの非共有電子対を結合へ利用できるからである。

生体内で産生されるペプチドはリボソームペプチド、非リボソームペプチド、消化ペプチドの3つに大別される。

テトラペプチド

リボソームペプチド

リボソームペプチドはmRNAの翻訳により合成され、(しばしば)成熟型を形成するためにタンパク質分解を受ける。これらの機能は、典型的に高等生物においてはホルモンとシ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる