「ペットボトル飲料」とは?

関連ニュース

大学生のコンビニ利用の実態! どんな目的で利用する? 頻度は? - 01月19日(金)13:16 

コンビニは、身近にあり食べ物など日常生活に必要なものはなんでも揃う便利さが魅力です。最近では予約や支払いなどさまざまなサービスも提供しさらに便利となっています。よく利用しているという大学生も多いのではないでしょうか? 構内にコンビニがある大学も増えていますよね。今回は、大学生のコンビニ利用の実態について調査してみました。どのくらいの頻度で利用するのか、よく購入するものや、どんなサービスをよく利用しているのか迫ってみたいと思います。 大学生のコンビニ利用頻度 Q.コンビニをどれぐらいの頻度で利用していますか? 1位 2~3日に1回 317人(31.6%)2位 1週間に1回 154人(15.4%)3位 毎日(1日に1回) 123人(12.3%)4位 2~3週間に1回 103人(10.3%)5位 4~6日に1回 99人(9.9%) コンビニの利用頻度は2~3日に1回という人が最多で、3割に達しています。次いで2位は、1週間に1回です。そして毎日利用しているという人は3位と、意外に多くありませんでした。とはいえ、1週間に1回以上利用している人は全体の7割を超えており、大学生にとってコンビニはかなり身近な存在であることがわかります。 気軽に行けることが利用のきっかけに ランキングでは2~3日に1回という人が最多でしたが、その理由は「食事をちょくちょくコンビニで買う(女性/20歳/大学2年...more
カテゴリー:

ユーグレナから乳酸菌ペット飲料 - 01月16日(火)05:55 

 藻類の一種「ミドリムシ」を使った健康食品などを手がけるユーグレナは15日、ペットボトル飲料の新商品「おいしいミドリムシ乳酸菌」を発表した。280グラム入りで184円。16日から関東・甲信越の「ローソン」で先行販売し、来月5日から全国の量販店などへ広げる。
カテゴリー:

栄養バランス&カラダメンテナンス! 1月16日(火)、ペットボトル飲料『おいしいミドリムシ乳酸菌』新発売 - 01月15日(月)14:00 

[株式会社ユーグレナ] [画像: https://prtimes.jp/i/24233/27/resize/d24233-27-245416-0.jpg ]  私たちのからだは、1日に野菜350g以上を摂取するのが望ましい*とされていますが、会議や外出、出張など忙しい日々が続くと健康的な食...
カテゴリー:

名前は寒そうだがすっきり飲みやすい『氷水出し 抹茶入り お~いお茶』。旬の味わいを、いざ! - 01月19日(金)09:00 

  いつの頃からか、コンビニなどで抹茶入りのお茶を見かけることが珍しくなくなった。抹茶独特の渋みや旨味があるので、記者もたびたび飲んでいたのだが、このたび『氷水出し 抹茶入り お~いお茶』を発見。気になるのは「氷水出し」の部分だが、はたして、ただの抹茶入りや通常のお茶とは違った味わいなのだろうか? 実際に飲んでみることに。 ■日本人ならずとも、知って楽しみたい抹茶の旬 ペットボトルのお茶といえば、『お~いお茶』の伊藤園。『氷水出し 抹茶入り お~いお茶』(600ml・希望小売価格 税抜140円・2017年11月27日発売)がそのラインナップに加わった。藍色の渋いパッケージからは、漂う高級感が気になる。   さて、一般的に新茶の季節といえば、春の訪れを感じる4~5月となっている。対して抹茶が美味しい季節は、新芽を乾燥させ寝かしたあとの11月だ。したがってその抹茶が市場に出回る12月がこうした抹茶製品の旬ということ。伊藤園茶師による実演販売「大茶会」が全国で行われるのも12月だそう。抹茶の旬は年末からだと覚えておこう。 パッケージにも書かれている「口切り抹茶」とは、新茶を寝かした茶壺の封を開けることから名づけられている。その年の最初の抹茶を頂くことを「口切りの茶事(くりきりのさじ)」といい、千利休らが作り上げた茶道の中でも、重要視されている行事だ。もちろん、...more
カテゴリー:

ユーグレナ、「おいしいミドリムシ乳酸菌」発表 安田美沙子さんPRに一役「くせなくおいしい」 - 01月15日(月)19:14 

 藻類の一種「ミドリムシ」を使った健康食品などを手がけるユーグレナは15日、ペットボトル飲料の新商品「おいしいミドリムシ乳酸菌」を発表した。
カテゴリー:

コンビニでも日本は周回遅れに。中国の最新「無人コンビニ」レポ - 01月09日(火)04:45 

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんが詳細にレポートする当シリーズ。前回の「最新技術を活用した新たな取り組み」に続いて、今回ご紹介するのは中国全土で増えているという「無人コンビニ」の現地レポート。人手不足の問題を抜本的に解決する手段として注目を集めている無人コンビニですが、実際にはまだまだ問題点が多いものの、そこには明るい未来が開けていると日比谷さんは語ります。 中国全土に増殖する無人コンビニ コンビニ経営の大きなリスクの一つである「人手不足」と「人件費高騰」。これらの問題を解消すべく、前回の記事でも取り上げたローソンの「レジロボ」や「深夜時間帯の無人化」など、各社様々な取り組みを行っています。 そんな日本のコンビニがチャレンジしている「無人化・省力化」ですが、その先端は中国に存在しており、すでに「無人コンビニ」が稼働しています。今回は実際に訪れたという方に、その時のお話を聞くことができました。 その方が訪れたのは、上海にあるという無人コンビニの実店舗『Auchan欧尚 minute』。コンテナBOXを改良した、約6坪程度の狭い店舗です。当チェーンではこのような無人コンビニを、2017年中に750店舗を目標に建てているとのことでした。 実際に利用して分かった問題点とは 入店する前には、専用の会員アプリを手持ちのスマホにダウンロードする必要があります。...more
カテゴリー:

「ペットボトル飲料」の画像

もっと見る

「ペットボトル飲料」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT ペットボトル...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる