「ベートーベン」とは?

関連ニュース

【舞台】小栗旬、父・哲家さんと初“共演”  哲家さんは「気恥ずかしくて、は、は、は」 - 10月19日(木)05:59  mnewsplus

2017年10月18日 / 11:39 小栗旬、父・哲家さんと初“共演”  哲家さんは「気恥ずかしくて、は、は、は」  師走の風物詩、ベートーベンの「交響曲第9番」、通称「第九」を1万人が合唱するコンサート「サントリー1万人の第九」。1983年に始まり35回目を迎える今年、朗読ゲストとして俳優の小栗旬が出演することが、18日分かった。  「サントリー1万人の第九」は、小栗の父で舞台監督の小栗哲家(てつや)さんが演出を務める。哲家さんは、99年(第17回)から「サントリー1万人の第九」の演出を担当。ともに活躍中...
»続きを読む
カテゴリー:

【閲覧注意】実は根拠が…学校内にある「怖い場所」の秘密 - 10月16日(月)19:15 

誰もが学生時代に“学校の七不思議”について聞いたことがあるかと思います。音楽室のベートーベンの目が光る、理科室の標本が動き出す……など、色々とありますが、なかには根拠のないものも。でも、火のないところに煙は立ちません。実は、本当にヤバイ怖い場所もあるのです。そこで今回は、占い師の脇田尚揮さんに、これまで触れられてこなかった“学校の怖い秘密”をご紹介いただきます。文・脇田尚揮女子トイレ…奥から2番目の謎とは よく怪談話で、女子トイレの“奥から2番目”が挙げられることが多いのですが、これはあながち間違っていないのです。 心理学的に一番奥のトイレを使う人は、精神的に追い詰められている場合が多く、「どこかに逃げてしまいたい」という思いを抱きやすいのです。 そのため、その横の“奥から2番目のトイレ”には念がこもりやすく、怪奇現象が起こりやすいというわけです。 体育館…昼には隠れている夜の表情 体育館は、昼間は学生たちが身体を動かし汗を流す場所ですよね。でも、部活が終わると途端に静まり返り、誰も知らない“夜の顔”を見せるように。 スポーツはある意味、勝負事。一生懸命努力しても、必ず勝者と敗者が現れます。 そんな敗者のネガティブな感情が、暗がりに積もり積もっていてもおかしくありません。光の裏には必ず闇があるのです。夜、ひとりで体育館に足を踏み入れると、悪寒がするのはそのためなのかも。 理科室...more
カテゴリー:

「ベートーベン」の画像

もっと見る

「ベートーベン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる