「ベーキングパウダー」とは?

関連ニュース

ワインのおつまみに、フライパンで「しょっぱいクッキー」を作ろう。 - 02月17日(土)15:00 

みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったらこんなおやつはいかが?料理家の若山曜子さんによる『フライパンで作れる クッキーとタルトとケーキ』(ワニブックス)に紹介されているブルーチーズとはちみつのクッキーは、ワインによく合うしょっぱいクッキー。甘さが控えめなので、甘いものがあまり得意ではない人でも食べられそう。切らずに、丸いままホームパーティーに持って行ってみて。ブルーチーズとはちみつのクッキーPhoto by 福尾美雪〈材料:底の直径約16cmのフライパン1台分〉松の実:大さじ1〜2バター:30gはちみつ:大さじ1卵液:1/2個分薄力粉:90gベーキングパウダー:小さじ1/2(2g)塩:少々ブルーチーズ:30gはちみつ(仕上げ用) :適量〈作り方〉1.松の実はから煎りする。2.フライパンにバターを入れ、中火にかける。溶けはじめたら早めに火を止め、余熱で全体を溶かす。3.バターが人肌まで冷めたら、はちみつを加え、均一になるようにゴムべらで混ぜる。卵液を加えてさらに混ぜる。4.薄力粉、ベーキングパウダー、塩をざるなどでふるい入れ、さっくりと混ぜる。5.全体がなじんだら、指で平らにのばし、中央はやや薄くする。1を散らし、ふたをしてごく弱火で10分ほど焼く。6.ふたをとってフォークで数カ所穴を開け、ブルーチーズをちぎって散らし、ふたをせずに10分ほど焼く。7.その...more
カテゴリー:

本気の勝負チョコに!パティシエ監修「味噌と柚子のフォンダンショコラ」のレシピ - 02月09日(金)12:00 

2月14日のバレンタインデーに告白を兼ねた本気の勝負チョコを渡そうと考えている人もいるのでは。勝負をかけたチョコ、ここは手作りで攻めたい。だがしかし、どんなチョコレートを作ればいいか、悩んでいる人もいるのでは。そこで今回は、発酵デリカテッセンカフェテリア Kouji&ko 新宿高島屋のパティシエ 高野さんに、本気の勝負チョコにふさわしい「味噌と柚子のフォンダンショコラ」のレシピを考案いただいた。教えて!gooウォッチのためだけに考案されたオリジナルレシピで、いざ、勝負! ■本気の勝負チョコとしておススメ「味噌と柚子のフォンダンショコラ」 今回のレシピでは、白砂糖やバター、生クリームを使用せず、甘酒で甘みを補い、さらに栄養価を上げ、ハイカカオチョコレートのより健康的なレシピになる工夫がなされている。健康志向の彼や年配の男性にも最適なレシピとなっている。 ただし白砂糖については、一般的に市販のチョコレートにはすでに添加されている。使用するチョコレートによって添付されているもの、されている量が変わってくるため、そこだけ作る際に注意しておきたい。 それではまず材料から。フォンダンショコラの中身となるとろけるガナッシュは、ハイカカオチョコレート30g、味噌10g、甘酒40g、柚子の皮のおろし0.5gで作る。生地は、ハイカカオチョコレート50g、オリーブ油40g、甘酒40g、卵黄2個分...more
カテゴリー:

「ベーキングパウダー」の画像

もっと見る

「ベーキングパウダー」の動画

Wikipedia

ベーキングパウダーは、パンや焼き菓子に使われる膨張剤の一種で、膨らし粉とも呼ばれる。炭酸ガスを発生する重曹が基剤(ガス発生剤)「重曹」と「ベーキングパウダー」の違い、東京ガス 食の生活110番Q&Aとなり、酒石酸水素カリウム、リン酸二水素カルシウム (別名第一リン酸カルシウム)、酒石酸、焼ミョウバンフマル酸、リン酸ナトリウム等のような酸性剤が重曹の分解を助ける助剤となる。これに両者が保存中に反応しないように隔てておく遮断剤としてデンプンが配合される。

水分が加えられる事で重曹と酸性剤が反応して重曹の分解が開始され、加熱によって分解は加速される。分解によって炭酸ナトリウム、炭酸ガス、が生成するが、生地を膨らませる元になるのは炭酸ガスである。炭酸ナトリウムはアルカリ性で刺激ある苦味を示すが、酸性剤(助剤)等で中和され無味となる。多く...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる