「ベンチャー投資」とは?

関連ニュース

90秒で相手に興味を持たせるピッチとは―、投資家からCEOへのアドバイス - 03月25日(土)08:00 

【編集部注】Vitaly M. Golombは、HPのベンチャー投資部門HP Tech Venturesで、世界各地の企業に対して投資を行っている。以下は、企業を成長させる上での彼のアドバイスをまとめた本『Accelerated Startup』から、Golombが大好きなピッチに関する箇所を抜粋したもの。 私がイベントで話す姿を見たことがある人は、恐らく私のピッチに対する興奮や情熱についてご存知だろう。素晴らしいピッチはビジネスのさまざまな場面で役立つと私は信じていて、それこそが私のピッチに対する熱い思いの理由なのだ。企業のCEOであるあなたは、日夜ピッチし続けることになる。90秒間の短いエレベーターピッチ。デモデイやコンテストでの3〜6分間のピッチ。さらには至高の目標である、VCのオフィスで30〜60分間に渡って自分たちが関わってくるであろう未来について説明するためのピッチ。素晴らしいプレゼンターになるためには、それなりの鍛錬が必要になってくるし、私もピッチの練習には十分な時間をかけるよう勧めている。だからといって、練習不足が完全なる失敗に終わったピッチの言い訳になるわけではない。 まず、ピッチとは何なのかについて考えてみよう。個人的には、ピッチとは人に具体的なアクションを起こさせるための話だと私は考えている。聞き手から何かを引き出したいからピッチをするのだ。求めているものは...more
in English
カテゴリー:

大学系VCに存在感―、2016年のファンド総額は2763億円で2008年以来最高を更新 - 03月21日(火)12:20 

JVR(ジャパンベンチャーリサーチ)がまとめたレポートによれば、2016年に設立されたVCのファンド総額が2763億円と2008年以来の最高額を更新した。以下のグラフのとおり、2009年に185億円で底を打ったファンド総額は2013年以降に2000億円前後で推移。2015年、2016年と2362億円、2763億円と最高額を2年連続で更新した形だ。日本のベンチャー投資の主体であるVCの設立、ファンド組成は、引き続き総じて活況といえそうだ。 大学系ファンド設立が一巡して存在感 2016年に設立されたファンドの本数は53本と2015年の58本よりも微減している。総額が増えた背景にはジャフコ、グロービス・キャピタル・パートナーズ、グローバル・ブレインといったVCが大型の新ファンドを組成したことがある。大型ファンドの組成があったため、ファンド1本あたりの平均値は74.4億円、中央値は45億円と大きめになっている。 注目すべきは大学系ファンドの存在感だ。 2016年に設立された大学系ファンドは計6本、560億円。このうち東京大学が250億円、京都大学が160億円と7割以上を占めている。残り3割は東工大、慶應、名古屋大など。2015年に組成された大阪大学、東北大学のファンドと合わせて大学系ファンドは出揃った形だ。2008年からレポートをまとめているJVRの北村彰氏(代表取締役会長)はTechC...more
in English
カテゴリー:

「ベンチャー投資」の画像

もっと見る

「ベンチャー投資」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる