「ベンチャー投資」とは?

関連ニュース

クラウドキャピタル、1億円超を調達 - 07月26日(水)05:00 

 フィンテックベンチャーの日本クラウドキャピタル(東京都品川区)は、西武しんきんキャピタル(同中野区)のベンチャー投資ファンド(基金)などを引き受け先とする第三者割当増資により、総額1億1580万100円の資金調達を実施した。日本クラウドキャピタルは、国内初の株式投資型クラウドファンディングサービス「ファンディーノ」を今年4月に開始。株式投資型は未公開企業の株主になれるのが特徴。
カテゴリー:

IT企業トップ5の時価総額合計はいよいよ3兆ドル - 07月21日(金)10:21 

(編集部)この記事の寄稿者はAlex Wilhelm Alex WilhelmはCrunchbase Newsの編集長、TechCrunchのベンチャーキャピタル・ニュース専門のポッドキャストEquityの共同ホスト。 これまでの投稿: Salesforce marches steadily toward $10B run rate goal Equity podcast: Uber’s losses, Cloudera’s IPO and the biggest e-commerce acquisition ever Google Financeのデータによれば、今日(米国時間7/20)、テクノロジー企業のトップ5の時価総額の合計が3兆ドル〔336兆円〕を超えた。市場のテクノロジー・ブームは新たな段階に入ったと言えそうだ。 2000年のドットコム・バブルを象徴したのがNasdaq指数が5000を記録したことだった。New York Timesによれば、テクノロジー企業のビッグ5の時価総額が今や3兆ドルに達したことは、この分野が湧きたち、あらゆる面で新記録が生まれていることの表れだという。 現在の株式市場はテクノロジー市場といってもいい。まずはいくつかの数字を確認し、ここまで来た経緯を振り返ってみよう。 3兆ドルを超えて上昇中 ...more
カテゴリー:

トヨタ、AI強化に113億円 米子会社通じベンチャー投資 - 07月13日(木)06:08 

 トヨタ自動車やホンダなど国内大手自動車が人工知能(AI)の開発強化に向けた投資戦略を矢継ぎ早に打ち出している。自動運転やロボットなどの成長分野で優位性を保つには、性能を左右するAIの技術基盤を早期に確立することが欠かせないとの判断からだ。
カテゴリー:

独走セブンイレブンを倒せ。もしも中島聡がコンビニ経営者だったら - 07月12日(水)04:30 

Windows95の設計に携わり、「右クリック」「ダブルクリック」「ドラッグ&ドロップ」などを開発したことでも知られる世界的プログラマーの中島聡さん。自身のメルマガ『週刊 Life is beautiful』に、読者から「もしも中島さんがセブンに対抗するコンビニの社長だったら何をするか?」という質問が寄せられました。自身も米シアトルで起業した中島さんは、どのような構想やアイデアを明かしたのでしょうか? もしも中島聡氏が日本のコンビニ経営者になったら 今週は、こんな質問がありました。 コンビニ業界ではセブンイレブンが圧倒的な存在感を示しており、業績も他社の追随を許していません。私も同じ距離に看板の違うコンビニがあったら、よっぽどのことがない限り基本的にはセブンイレブンに行きます。 圧倒的に商品力があるし、基本的に、いつお店に行っても品揃えが充実していて、その安心感からか、自然と足を運んでしまいます。ただし、セブンイレブンは鈴木さんが引退したこともあるし、他社にとってはチャンスかなとも思います。 もしも、ローソンやファミリーマートの社長になることになった場合、どんなことをされますか?どんな改革を実行しますか? 中島さんの回答 とても面白い質問です。私がローソンやファミリーマートの経営者であれば、まず最初に考えるのは、アマゾンとの提携だと思います。米国では、アマゾンの成長により小売業が...more
カテゴリー:

Y Combinatorが10億ドルのファンドを調達している - 07月22日(土)09:38 

Axiosの今朝の記事(米国時間7/21)によると、シリコンバレーのスタートアップアクセラレーターY Combinatorが最大10億ドル規模のVCファンドを調達している。同社は2年足らず前にも、最初の大規模ファンドとして、Y Combinator Continuityファンドと名付けたグロウスファンド(成長段階向けファンド)7億ドルを調達し、その担当者としてAli Rowghaniを迎えた。 RowghaniはそれまでTwitterのCOOで、さらにその前はPixarのCFOだった。 今YCに確認を求めているところだが、最近の同社の投資のペースや、一般的にベンチャー投資家のファンド形成サイクルが短期化している傾向から見ると、同社の動きは意外ではない。 Axiosが着目するのは: YCはもはや、成長段階の投資を特別扱いして別立てにすることを、やめるつもりだ。今回の新たなファンドは、サイズや段階を問わずあらゆるスタートアップへの投資に充てられる、という。また、YCが後期段階の企業に投資するときは、対象をもはや、前のようにYC出身企業に限定しない。 Axiosの言う第三の変化は: YCの投資委員会の規模を、これまでの数年間に比べてやや小さくする。YCの社長Sam Altman, Rowghani, そしてContinuity FundのパートナーAnu Hariharan, そしてその...more
カテゴリー:

ソルトレークシティのベンチャー投資会社は、ローカルビジネス向けの新しいコミュニティベース通貨「Gx Coins」を導入する - 07月18日(火)21:54 

パリとソルトレークシティを拠点とする資産管理とベンチャーキャピタル投資を専門とする会社は、イノベーションの伝統を継承し、中小企業やそのコミュニティ向けに新しい「暗号通貨」を導入している。
カテゴリー:

Official: 米Toyota Research Institute, Inc.、ベンチャー投資を行うベンチャーキャピタルファンドを設立 - 07月12日(水)11:00 

Filed under: トヨタ, テクノロジー  米国で人工知能等の研究開発を行っているトヨタ自動車の子会社 Toyota Research Institute, Inc.は、1億ドルを投じ、ベンチャー企業への投資を目的としたベンチャーキャピタルファンドを設立すると公表した。  TRIのCEOであるギル・プラットは、「トヨタの歴史は、1930年代には織機から自動車事業に進出し、90年代には初代プリウスにより世界初の量産ハイブリッド乗用車を実現したほか、今後も自動運転・モビリティやパートナーロボットを実用化していくなど、その時代の常識を覆す技術革新の連続だといえる。TRIの研究が拡大していく中で、今こそ、世界トップの起業家精神にあふれた優秀な人材との連携を拡大することが極めて重要だと認識している。『人々の暮らしを豊かにしたい』。TRIは、トヨタと目標を共にするベンチャー起業家のこうした志を実現すべく尽力しており、今回のファンドの設立は、その重要な一歩である」と述べた。 ベンチャーキャピタルファンドは、TRIが設立する新会社「Toyota AI Ventures」が運営し、人工知能、ロボティクス、自動運転・モビリティサービスおよびデータ・クラウド技術の4分野で、設立から間もない有望ベンチャー企業への投資を行う。米国カリフォルニア州のTRI本社で助言やサポートを提供することを通じ、選り...more
カテゴリー:

「ベンチャー投資」の画像

もっと見る

「ベンチャー投資」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる