「ベンゼン」とは?

関連ニュース

クッキーにシンナーが入り込んだ 放置しただけで「毒物化」あり得るか - 03月24日(金)18:00 

出しっぱなしにしていたクッキーをかじったら、口の中がしびれるような刺激が走った――。模型製作が趣味だという人物のツイートによると、模型製作や塗装に使う部屋に2日間置いていたチョコクッキーを食べたところ、こんな事態になったそうだ。まるで毒物混入を思わせる恐ろしさだが、真相はいかに。 クッキーやチップスには「細かい穴」がある この人物の2017年3月22日付のツイートによると、チョコクッキーにはテカリがあり、捨てようと思いつつ口にしてしまったという。その後臭いを嗅いでみると「ラッカー溶剤ボトルを直接嗅いでるような、それより酷い臭いがした」。その後もしばらく鼻の奥や舌に違和感があったようだ。 本人は原因について、「2日ほど置いていただけでクッキーの細かい穴が活性炭の様な役割をしたらしく、空気中のシンナーを吸収してシンナークッキーになっていた」と考えている。塗装をしているすぐそばにクッキーを置いており、そもそもシンナーの近くにあったようだ。ただ、クッキー以外にも様々なものがあったはずだ。クッキーだけが活性炭のようにシンナーを吸着することはあり得るのか。 匿名でJ-CASTヘルスケアの取材に応じた食品メーカーの担当者は「そうした事態が発生する環境は特殊だが、十分あり得る」と話す。 「活性炭と食品はまったくの別物なので、活性炭と同等の吸着能(気体や液体の中に含まれる物質を吸い寄せる能力)はあり...more
in English
カテゴリー:

【小池知事】豊洲は安全だが安心ではない?移転はどのようになるのか - 03月22日(水)19:41 

http://toyokeizai.net/articles/-/163867 築地市場の豊洲への移転問題が紛糾している。小池百合子東京都知事は 「豊洲は安全だが、安心ではない」という論拠で、移転を棚上げにしているが、 なぜ「安全」は「安心」に勝てないのか。まるで「安心」を“人質”にとって移転へのコマを1歩も進ませまい、 としているかのような小池知事。その根底にある「確信」とは何なのだろうか。 盛り土問題に端を発し安全性に疑問符が付けられてきた豊洲市場。3月18日には、地下水モニタリングの再調査で、 環境基準の最大100倍のベンゼンが検出...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【証人喚問】石原氏「築地は危険 アスベスト使用、地下は米軍洗濯工場、水爆実験の汚染マグロが埋蔵」施設として最も不適切★4 - 03月22日(水)17:08 

-11日の百条委員会で、大矢実元市場長が、石原都知事が知事選に最初に当選した99年9月1日に築地市場を視察されたと語った。当時の印象は? 石原氏  市場として非常に不適格で、働いている人にとっても、危険な職場だという認識を持った。 建物にアスベスト(石綿)が、たくさん使われているのは周知のこと。場合によっては飛散し、呼吸しますと肺気腫を起こしますし、 肺がんにもつながりかねない。しかも地下には、かつての米軍の洗濯工場の施設があった。かつ、皆さんお忘れかも知れないけれど、 かつてのビキニ環礁で...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【豊洲】「科学的には安全」…都の専門家会議が評価★6 - 03月22日(水)09:59 

豊洲「科学的には安全」…都の専門家会議が評価  東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。  最終9回目の調査と同水準の結果で、同会議の平田健正たてまさ座長(放送大学和歌山学習センター所長)は「科学的、法的には安全」と評価した。調査結果を受け、小池百合子知事は移転の可否を決定する。  再調査は、地下水モニタリング(継続監視)の9回目...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【証人喚問】石原氏「築地は危険、アスベスト使用、地下は米軍洗濯工場、水爆実験の汚染マグロが埋蔵」施設として最も不適切★3 - 03月22日(水)06:06 

-11日の百条委員会で、大矢実元市場長が、石原都知事が知事選に最初に当選した99年9月1日に築地市場を視察されたと語った。当時の印象は? 石原氏  市場として非常に不適格で、働いている人にとっても、危険な職場だという認識を持った。 建物にアスベスト(石綿)が、たくさん使われているのは周知のこと。場合によっては飛散し、呼吸しますと肺気腫を起こしますし、 肺がんにもつながりかねない。しかも地下には、かつての米軍の洗濯工場の施設があった。かつ、皆さんお忘れかも知れないけれど、 かつてのビキニ環礁で...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【豊洲】「科学的には安全」…都の専門家会議が評価★7 - 03月23日(木)20:10 

豊洲「科学的には安全」…都の専門家会議が評価  東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。  最終9回目の調査と同水準の結果で、同会議の平田健正たてまさ座長(放送大学和歌山学習センター所長)は「科学的、法的には安全」と評価した。調査結果を受け、小池百合子知事は移転の可否を決定する。  再調査は、地下水モニタリング(継続監視)の9回目...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【証人喚問】石原氏「築地は危険、アスベスト使用、地下は米軍洗濯工場、水爆実験の汚染マグロが埋蔵」施設として最も不適切★4 - 03月22日(水)17:18 

-11日の百条委員会で、大矢実元市場長が、石原都知事が知事選に最初に当選した99年9月1日に築地市場を視察されたと語った。当時の印象は? 石原氏  市場として非常に不適格で、働いている人にとっても、危険な職場だという認識を持った。 建物にアスベスト(石綿)が、たくさん使われているのは周知のこと。場合によっては飛散し、呼吸しますと肺気腫を起こしますし、 肺がんにもつながりかねない。しかも地下には、かつての米軍の洗濯工場の施設があった。かつ、皆さんお忘れかも知れないけれど、 かつてのビキニ環礁で...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

小池知事にも厄介な「ベンゼン100倍」のハードル - 03月22日(水)16:59 

 “百”という数字が都政を揺さぶっている。とはいえ、百条委員会の話ではない。  豊洲市場の地下水から、基準値の100倍を超えるベンゼンが検出されたのだ。  都政担当記者の話。 「調査を担当した専門家会議の座長は、この結果を踏まえた上でもなお“豊洲市場の安全は確保されている”と宣言したのです」  あくまで地下水が汚染されているだけで、地上部分の観測値に変化はなかったというのが理由なのだが、 「座長はさらに、移転の是非について“あとは政治的課題”と、小池さんに投げ返したんです。これまで、『専門家の調査結果を待って判断する』としていた小池さんも、これでもう逃げ場がなくなった」(同)  しかし、小池知事にはさっさと決断できない事情がある。 「100倍だから危険、もしくは、値は低いから安全、と言ってもらえれば決断できたのに……」  とは、小池氏に近い関係者。 「築地市場を再整備するという判断を下した場合、豊洲市場建設にかかった費用約6000億円を巡って、住民から訴訟を起こされるリスクが生じる。さらに、『安全なのになぜ移転しないのか』という批判にも答える材料がないんです」(同)  豊洲移転にゴーサインを出したとしても、 「一貫して豊洲移転を主張してきた政敵・都議会自民党に乗っかることになります。豊洲問題を争点にしたい7月の都議選を前にして白旗を上げるも同然ですから、今すぐ豊洲移転を口に出すこ...more
in English
カテゴリー:

【証人喚問】石原氏「安全と安心がこんがらがっている」「速やかに移転を決断すべきだ」と小池都知事を批判★12 - 03月22日(水)06:10 

東京都の豊洲市場(江東区)をめぐる問題で、都議会の調査特別委員会(百条委員会)は20日、石原慎太郎元知事(84)を証人喚問した。 石原氏は豊洲への移転決定について「決裁した責任は認める」と述べたものの、浜渦武生元副知事と東京ガスとの用地取得交渉の内容に関し 「彼に一任したことなので、いちいち詳細に報告は受けていない」などと従来の主張を繰り返した。  石原氏は、土地売買契約に東京ガスが土壌汚染対策費の追加負担をしない「瑕疵(かし)担保責任の放棄」が盛り込まれたことについて 「担当から報告を受け...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【豊洲】「科学的には安全」…都の専門家会議が評価★5 - 03月21日(火)23:20 

豊洲「科学的には安全」…都の専門家会議が評価  東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。  最終9回目の調査と同水準の結果で、同会議の平田健正たてまさ座長(放送大学和歌山学習センター所長)は「科学的、法的には安全」と評価した。調査結果を受け、小池百合子知事は移転の可否を決定する。  再調査は、地下水モニタリング(継続監視)の9回目...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ベンゼン」の画像

もっと見る

「ベンゼン」の動画

Wikipedia

ベンゼン (benzene) は分子式 C6H6、分子量 78.11 の最も単純な芳香族炭化水素である。原油に含まれており、石油化学における基礎的化合物の一つである。分野によっては慣用としてドイツ語 (Benzol:ベンツォール) 風にベンゾールと呼ぶことがある。ベンジン(benzine)とはまったく別の物質であるが、英語では同音異綴語である。

化学的性質

無色で、甘い芳香を持つ引火性の高い液体である。

構造および性質が類似する4物質、ベンゼン (Benzene)、トルエン (Toluene)、エチルベンゼン (Ethylbenzene)、キシレン (Xylene) の頭文字をとってBTEXと称されることがある。

ベンゼン環

ベンゼン環の模式図 6個の炭素原子が平面上に亀の甲(六角形)状に配置し、各炭素はsp2混成軌道をとっている。炭素原子間の結合距離は1.397 Åであり、C−C間の1.534 &...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる