「ベトナム」とは?

関連ニュース

配給時代の「ビアホイグラス」、40年間の歴史 - 09月24日(日)04:58 

 数十年前から、ハノイ市の人々はよく青いガラス製の500mlのグラスでビールを飲む。ドイモイ(刷新)前、1976年から1986年ごろのベトナムは配給時代...
カテゴリー:

薬剤耐性マラリアがベトナムにも拡大、インドやアフリカに広がる恐れも - 09月23日(土)08:38 

【9月23日 AFP】10年前に見つかった薬剤耐性マラリアが初めてベトナムに広がったと指摘する論文が21日、医学誌「ランセット感染症ジャーナル」に発表された。≫続きを読む
カテゴリー:

上場トラック販売会社、市場飽和でQ1業績不振―米トレーラーけん引車でTCHが大幅増益 - 09月23日(土)05:00 

<small>(本記事は、2017年6月13日付け「<a href="http://www.viet-kabu.com/" target="_blank">ベトナム株・経済情報</a>」で<a href="http://www.viet-kabu.com/mem...
カテゴリー:

朝鮮戦争再開したら北は地下トンネルや中国領内に隠れて戦い 露は無限の補給継続 ベトナム戦争の再現になる - 09月22日(金)17:22  news

ロシアから燃料密輸? 北朝鮮船、行き先変更など「疑惑の航路」 2017年9月22日(金)16時09分 今年ロシアから燃料を積んで出港した北朝鮮籍の船舶のうち少なくとも8隻が、 違う行き先を申告しながら北朝鮮に航行していた。 これは国連制裁逃れとして頻繁に使われている手口だと、米政府関係者は指摘する。 8隻の動きを記録したロイターの船舶追跡データによって明らかになった。 ただ、出港後の行き先変更は禁止されておらず、これらの船舶による違反行為の確証は得られていない。 また、これらの船が燃料を北朝鮮で荷下ろ...
»続きを読む
カテゴリー:

8月の対日貿易収支は403億7800万円の黒字、前年同月比▲24.4%減 - 09月22日(金)14:58 

 日本の財務省が発表した2017年8月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比で▲24.4%減となる403億7800万円の黒字だった。...
カテゴリー:

独、ベトナム人外交官を追放 亡命申請の男性拉致事件 - 09月23日(土)20:31 

 ドイツに亡命を申請していたベトナム人男性が7月に拉致され、ベトナムに連れ戻される事件があり、独越関係に亀裂が走っている。独外務省は、ベトナム政府が事件に関与したとみて22日、「両国が2011年に結ん…
カテゴリー:

本場の「バインミー」に出合えた~! 完全再現のキモは… - 09月23日(土)07:00 

フードライター・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回は『EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)』のバインミーです。 『エビスバインミーベーカリー』のバインミーサンドイッチにかぶりついた時「このパン……ものすごく現地の感じ……!」と衝撃を受けた。外がサクッと身は軽やかで、大量の具材を抱き込んだまま一体感をもって崩れる感覚。これこそフランスにも日本にもないベトナムバゲットの醍醐味。バインミーの本質的な美味しさが見事に表現された一口だと思った。日本でもここ数年バインミーの専門店が増え、美味しさの精度もグンと上がっているように思う。でもどうしても残念だったのはパン。日本のリッチで小麦の香りがしっかり漂う密度の高いバゲットでは、どうしても本場のバインミーの味わいに近づけなかった。 その課題を前にして「僕たちがやらなくて誰がやる?」と奮い立ったのが、エビスバインミーベーカリーのご店主・片岡亨さん。片岡さんは本場の味を学ぶべく、ベトナムの老舗ベーカリーで住み込み研修を敢行。現地のパン職人と寝食を共にしながら、技術はもちろん、ベトナムの食文化、人々の生活様式、気候風土などあらゆるベトナムらしさにどっぷりと身を染めて帰国。ベトナムへの愛とリスペクトに満ちた厨房で焼かれるベトナムバゲットにたっぷりの具材を挟んだバインミーはなんとも真実の味...more
カテゴリー:

IBEX、9/27にCRJ200退役記念フライト--CRJ700へ機種統一 - 09月22日(金)19:34 

アイベックスエアラインズ(IBEX)は、9月をもってCRJ200を定期路線から退役させる。予定では、9月27日の仙台=広島線(IBEX35 便・36便)を退役記念フライトとして搭乗者へのプレゼントなどを予定している。 CRJ200は、カナダのボンバルディア社がビジネスジェット「チャレンジャー」をベースに開発された50人乗りのリージョナルジェット機。IBEXでは、2002年・2003年にそれぞれ1機導入し、地方路線の維持・拡充とともに当社の成長期を担ってきた。 現在は1機(機体番号: JA03RJ)を所有している。定期便運航の最終便は、9月27日の仙台=広島線(IBEX35 便・36便)を計画している。同便では、これまでの安全運航とCRJ200を利用者への感謝の気持ちを込め、退役記念フライトとして搭乗者を迎え、出発地の仙台空港にて記念品をプレゼントする。なお、使用機材および最終便は、運航状況等やむを得ない事由により、変更となる場合がある。 IBEXではCRJ200の退役により、CRJ700への更新および機種統一を完了させる。CRJ700を9機体制にて運航し、提供座席数の増加により、ビジネス・観光双方の需要に応え、地域振興と利便性の向上を図る。 【関連記事】 ・日本エアコミューター、ATR42-600初号機の運航開始 ・MRJの8月進捗--国交省パイロットが計4回の慣熟飛行を実...more
カテゴリー:

ベトナム航空、ハノイ〜トゥイホア線を再就航へ - 09月22日(金)15:57 

 <a href="http://www.viet-kabu.com/upcom/HVN.html" target="_blank">ベトナム航空[HVN]</a>(Vietnam Airlines)は10月1日、ハノイ市と南中部沿岸地方フーイエン省トゥイホア市を結ぶ路...
カテゴリー:

【第9回】レッツ・ベトナム生活deダイエット。【VIETJO LIFEコラム:ハタメグミの越南ラプソディ】 - 09月22日(金)14:30 

<small>(本記事は、2017年9月22日付け「<a href="http://life.viet-jo.com/" target="_blank">VIETJO LIFE</a>」で配信されたものです。)</small><br /><b...
カテゴリー:

もっと見る

「ベトナム」の画像

もっと見る

「ベトナム」の動画

Wikipedia

ベトナム戦争における] ジョージ・W・ブッシュ大統領と] 第二次世界大戦中は、アメリカ合衆国と現政権のルーツにあたるベトミンとの関係は盟友であった。日本軍優勢の頃にインドシナに不時着したり、パラシュートで降下したアメリカ軍航空隊の兵士たちは、フランス植民地政府に見つかれば日本軍に引き渡されていたが、彼らのうち何人かはベトミンの手により救出されて事なきを得ている。また、アメリカ軍がベトナムに潜入し、タイグエンの日本軍飛行場を奪取した際には、ベトミンの戦闘部隊と作戦の協力を行っている小山内宏著「ヴェトナム戦争 このおそるべき真実」(ミリオンブックス)57頁。1940年代後半のベトナム独立時に制定された憲法は、旧宗主国フランスのみならず...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる