「ヘヴィメタル」とは?

関連ニュース

【Judas Priest】ジューダス・プリーストのロブ、レミー・アワードを受賞 - 07月21日(金)10:45 

ハード・ロック/ヘヴィ・メタル系の音楽サイトLoudwire.comが主催する<Loudwire Music Awards>が、2015年末に亡くなったモーターヘッドのレミーに敬意を...
カテゴリー:

老舗ヘヴィメタルバンド『ANTHEM』に学ぶ 「メンバーの個性」の活かし方 - 07月14日(金)17:30 

©Yoshika Horita日本ヘヴィ・メタル界の重鎮、ANTHEMが約3年ぶりのニューアルバム『ENGRAVED』をリリースした。前作『ABSOLUTE WORLD』からボーカルの森川之雄が復帰。サポートメンバーだった田丸勇が正式メンバーになった。新体制のもと、2015年の結成30周年記念イヤーを駆け抜けてきた。昨年は、ニューアルバムのレコーディング延期を決断。ライブ活動に没頭してきた。 待望の新作は、ジューダス・プリーストを始め、数々のメタル界の名盤を手がけてきたクリス・タンガリーデスを久々にミックスに起用。さらには、ギタリスト清水昭男がアルバムの約半分の楽曲を提供。外部の作詞家として、遠藤フビト氏を起用。これまで、リーダーであり、ベーシストの柴田直人による楽曲がほとんどを占めてきたので、これは異例である。私は14歳の頃から同バンドのファンである。1992年に一度解散してからも、その後、復活してからもずっと聴き続けてきた。彼らの音楽を愛しているだけでなく、そのストイックな姿勢にいちいち刺激を受けている。リーダーでベーシストの柴田直人にインタビューする機会を得た。音楽誌では読めない、ド直球ファン視点で引き出した生の声をお楽しみ頂きたい。■メンバーの個性が光る「面白い」アルバム©sirabee.com常見陽平(以下、常見):新アルバム「ENGRAVED」、音源が届いてか...more
カテゴリー:

【ゲーム】音楽ファンも必聴!『SHOW BY ROCK!!』オススメ楽曲10選【アニメ】 - 07月18日(火)17:10 

『SHOW BY ROCK!!』は、サンリオが展開しているキャラクタープロジェクトの一つ。ゲームアプリを中心として、アニメやコミックといった様々なメディアで、その世界観を広げ続けており、サンリオのキャラクター人気投票企画「サンリオキャラクター大賞」でも上位入賞を果たすなど、高い人気と知名度を誇っています。 【あんスタ!】あの「ユニットソング」はこうして生まれた! 中の人に聞く“キャラクターに曲を書く極意” 獣人や妖精のようなビジュアルを持つ"ミューモン"と呼ばれるキャラクターが、『SHOW BY ROCK!!』の主役であり、ミューモンが結成したバンドによる個性豊かな楽曲の数々が、本プロジェクトの最大の魅力です。実在する有名バンドとのコラボ曲もあり、音楽ファンからの注目も集める本作。 今回は、『SHOW BY ROCK!!』の楽曲から、筆者がオススメする10曲をご紹介(実在バンドとのコラボ曲は除く)。アニメ版でも流れたファンにはお馴染みの曲から、ゲーム版のみの曲まで、そのジャンルと共に幅広く選曲をしています。 プラズマジカ『青春はNon-Stop!』 大定番の曲ではあるけれど、やはり、これは絶対に外せないだろうということで、最初にご紹介したいのが「プラズマジカ」の『青春はNon-Stop!』です。 プラズマジカは、『SHOW BY ROCK!!』のメインキャラクター的なガ...more
カテゴリー:

「ヘヴィメタル」の画像

もっと見る

「ヘヴィメタル」の動画

Wikipedia

が重要なアルバムをリリースし、後でいうストーナーロックシーンをつくりあげることに寄与している。

こうして1990年代は、新しい時代にふさわしい姿に成長したバンド、消えていった旧世代のバンド、時代に応じて現れた若手のバンドと、世代交代が急速に進んでいった時代であったといえる。

2000年代以降のヘヴィメタル

1990年代後半のヨーロッパでは、デスメタルに叙情的なメロディを取り入れたメロディックデスメタルゴシック・ロックのサウンドやゴスファッションを取り入れたゴシックメタル、ヘヴィメタル的な要素を守りつつもニュースクール・ハードコアに接近したメタルコア、など、新たな動きが生み出されていった。
また、ヘヴィメタルと電子音楽との融合は90年代初頭の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる