「ヘヴィメタル」とは?

関連ニュース

【音楽】<米国入国拒否のLOUDNESS>USツアー延期を発表! - 04月21日(金)12:37 

ヘヴィメタルバンド・LOUDNESSが、ツアーのため訪れた米国で入国を拒否されたと報道された問題で21日、 バンドが公式サイトで米ツアーの延期を発表した。 サイトでは「諸事情によりアメリカで予定していたスケジュールを急遽延期せざるをえなくなりましたことをお詫び申し上げます」と報告。 「今回の経験を生かし、体制を整え直した上で、近い将来必ずやUSツアーを実現させたいとも思っておりますので、 そのお知らせができる時までしばしお待ち下さいませ」とつづった。 バンドの公式ツイッターでも「みなさま、このたびは御心...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

トランプ政策影響か?ヘヴィメタ「ラウドネス」を米が入国拒否、今後日本人への影響も懸念 - 04月21日(金)07:30 

日本を代表するヘヴィメタルバンド「ラウドネス」が、米ロサンゼルスの空港で米国への入国を拒否され、米ツアーをキャンセルしたことが19日、明らかになった。ボーカルの…
in English
カテゴリー:

日本のヘヴィメタルバンド「ラウドネス」 米への入国拒否される - 04月20日(木)11:14 

日本のヘヴィメタルバンド「ラウドネス」がアメリカツアーのために向かったロサンゼルスの空港で入国を拒否されました。 「ラウドネス」は19日から始まる全米ツアーのため、イリノイ州シカゴに向かいましたが、ロサンゼルスの空港で入国を拒否され、そのまま帰国しました。 シカゴ公演の主催元はトランプ政権の「外国人に対する入国審査が厳しくなったことが理由」だと主張しています。 また、「彼らが入国拒否されるのは2度目」としていますが、メンバーの1人は「過去に入国拒否されたことは一度もない」としています。 日...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

日本のヘヴィメタバンド、米で入国拒否される - 04月20日(木)07:36 

 日本のヘヴィメタルバンド「ラウドネス」がアメリカツアーのために向かったロサンゼルスの空港で入国を拒否されました。
in English
カテゴリー:

ロック・トリオの最高峰、ベック・ボガート&アピスの唯一のスタジオ録音盤『ベック・ボガート&アピス』 - 04月14日(金)18:00 

世にスーパーギタリストと呼ばれるプレーヤーはたくさんいるが、1973年の時点で世界最高峰のロックギタリストは間違いなくジェフ・ベックであった。ただ残念なことには、70年にはもっとも必要とされたスーパーギタリストも、73年には必要でなくなっていたのもまた事実なのである。この頃と言えば、あのエリック・クラプトンもアメリカへ渡り、歌を中心としたアメリカンテイストのサウンドを追求していたし、時代はイーグルスやドゥービーブラザーズに代表されるさわやかなロックへと移り変わっていた。そんな中で、ジェフ・ベックは熱いロックを続け、ベック・ボガート&アピスを結成、60年代のロックスタイルを引きずりながらも最高のテクニックとロックスピリットを持った文句なしのアルバムを完成させた。それが今回紹介する『ベック・ボガート&アピス』である。【その他の画像】Jeff Beck■クラプトン、ベック、ペイジが在籍したヤードバーズ前回紹介したスリー・ドッグ・ナイトを書いている時に、ふと思い出したのがベック・ボガート&アピス(以下BB&A)で、なぜかと言うとスリー・ドッグ・ナイトのメンバーふたりが本作『BB&A』に参加していたからだ。スリー・ドッグ・ナイトのメンバーとジェフ・ベックの関係は残念ながら分からない(たまたまスタジオに遊びに来たとか、その程度の気がする…)が、このアルバムは僕がリリース当時に大きな衝撃を受けた...more
in English
カテゴリー:

米国入国拒否のLOUDNESS、USツアー延期を発表 - 04月21日(金)10:46 

 ヘヴィメタルバンド・LOUDNESSが、ツアーのため訪れた米国で入国を拒否されたと報道された問題で21日、バンドが公式サイトで米ツアーの延期を発表した。 LOUDNESSのプロフィール  英文で記された声明では「大変残念ではありますが、諸般の理由により、予定されていた米国でのツアーは延期となりました」と報告。「近い将来、再び米国でのツアーを実施することを約束します」とつづっている。  バンドがツアー公演を行う予定だったシカゴの会場は日本時間19日、公式サイトで「LOUDNESSは米国政府による外国人の入国審査が厳格化されたため、入国できず帰国した」と発表していた。  LOUDNESSは1981年にデビューし、84年からは米国やヨーロッパでもツアーを開始。その後全米デビューも果たすなど30年以上にわたって世界的に活躍している。 【関連記事】 B’z稲葉、“憧れ”のLOUDNESS二井原と初対談「追っかけだった」 (14年06月23日) LOUDNESS・樋口宗孝さん、“最後の誕生日”の葬儀に1300人参列(08年12月24日) LOUDNESSの樋口宗孝さん悲報に、かつての“盟友”影山ヒロノブが哀悼(08年12月02日) 肝がん療養中だったLOUDNESS・樋口宗孝さんが死去(08年12月01日) ドラマー樋口宗孝が肝臓に異常、LOUDNESSが一時活動を休止(08年0...more
in English
カテゴリー:

ラウドネス、入国拒否で米ツアー中止 なぜ日本のバンドが対象に? - 04月20日(木)19:55 

日本のヘヴィメタルバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」が、全米ツアーで向かった米シカゴの空港で入国を拒否されていたことが分かった。トランプ政権の影響がうわさされているが、真相は何だったのか。
in English
カテゴリー:

【音楽】日本のヘヴィメタバンド「ラウドネス」、米への入国拒否される - 04月20日(木)09:17 

日本のヘヴィメタルバンド「ラウドネス」がアメリカツアーのために向かったロサンゼルスの空港で入国を拒否されました。 「ラウドネス」は19日から始まる全米ツアーのため、イリノイ州シカゴに向かいましたが、ロサンゼルスの空港で入国を拒否され、そのまま帰国しました。シカゴ公演の主催元はトランプ政権の「外国人に対する入国審査が厳しくなったことが理由」だと主張しています。 また、「彼らが入国拒否されるのは2度目」としていますが、メンバーの1人は「過去に入国拒否されたことは一度もない」としています。 日本の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

DERLANGERの起点であり、バンドのスタイルが分かりやすく提示された初期作『LA VIE EN ROSE』 - 04月19日(水)18:00 

4月22日に再結成10周年を記念した『REUNION 10th ANNIVERSARY-薔薇色の激情-』の開催、さらに新曲「バライロノセカイ-Le monde de la rose-」の配信リリース。そして、5月3日リリースでニューアルバム『J'aime La Vie』がスタンバイと、さすがに再結成10周年の節目の年だけあって、盛り上がりを見せているD'ERLANGER。途中、解散からのインターバルがあったものの、結成から数えて30年を優に越えるベテラン・バンドである。各メンバーの活動も含めて現在の音楽シーンに大きな影響を与えたことは間違いない彼ら。その出発点とも言えるアルバムを取り上げてみたい。【その他の画像】D'ERLANGER■活動期間1年半の伝説的バンド再結成からすでに10年間を経ているわけで、今やD'ERLANGERがロックシーンで活動していることに何の感慨を持たない人も多いのだろうが、80年代をリアルタイムで見て来た者のひとりとしては、正直言って隔世の感を禁じ得ない。D'ERLANGERは一時期、“伝説的”と呼ぶに相応しいバンドであった。何しろ活動期間が短かった。結成は1983年だが、幾度かのメンバーチェンジ後、kyo(Vo)、CIPHER(Gu)、SEELA(Ba)、Tetsu(Dr)の現メンバーとなったのが1988年。1stアルバム『LA VIE EN ROSE』の...more
in English
カテゴリー:

公開10日で7万回再生突破!日本初ヘビメタ地方PR動画「SADO METAL」 - 04月13日(木)15:00 

[一般社団法人 佐渡観光協会] ■ヘッドフォンで爆音視聴したくなる動画「SADO METAL」とは?                  「SADO METAL」は、佐渡市への観光PRの一環として、ヘヴィメタルバンド「THE冠(ざ・かんむり)」の冠徹弥氏を...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ヘヴィメタル」の画像

もっと見る

「ヘヴィメタル」の動画

Wikipedia

が重要なアルバムをリリースし、後でいうストーナーロックシーンをつくりあげることに寄与している。

こうして1990年代は、新しい時代にふさわしい姿に成長したバンド、消えていった旧世代のバンド、時代に応じて現れた若手のバンドと、世代交代が急速に進んでいった時代であったといえる。

2000年代以降のヘヴィメタル

1990年代後半のヨーロッパでは、デスメタルに叙情的なメロディを取り入れたメロディックデスメタルゴシック・ロックのサウンドやゴスファッションを取り入れたゴシックメタル、ヘヴィメタル的な要素を守りつつもニュースクール・ハードコアに接近したメタルコア、など、新たな動きが生み出されていった。
また、ヘヴィメタルと電子音楽との融合は90年代初頭の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる