「ヘッドフ」とは?

関連ニュース

IKEAの製品をASMRで紹介。25分間の動画で脳がとろける癒しをどうぞ - 08月19日(土)22:00 

Image: Chendongshan/Shutterstock 脳が気持ちよくなるCMです。 耳元で囁くような声や布が擦れる音、ほかにも硬質なものが静かにぶつかりあう音などで脳がとろけるような快感を得る「ASMR」という現象をご存知でしょうか? これは「Autonomous sensory meridian response(自律感覚子午線応答)」の略で、破擦音のような音などで脳の奥がジュワ~っと心地よく感じる不思議な感覚なんです。 北欧家具メーカーとして日本にも定着したIKEAが、ASMRを利用した斬新なプロモーション動画を公開しました。ヘッドフォンを装着後、25分間のリラクゼーション・タイムをどうぞ。 Video: IKEA USA/YouTube こちらは学生寮に最適な部屋作りを紹介する動画。ベッド周りの紹介では肌触りや弾力を強調し、値段やカラーバリエーションなど必要以上に製品情報を優しく囁いてくれます。学生が勉強で疲れた身体を休めるにはバッチリなベッドですが、この動画を再生して目を閉じればすぐにグッスリ眠りにつけそうですね。 クローゼット内の整理整頓や、勉強机、収納棚についても同様。ハンガーが風鈴のような音を奏でたり、あちこちを撫でたりこすったりして音を出しています。 この動画はかなりユニークですが、IKEAの家具の新しい楽しみ方を学んだ気がします。...more
カテゴリー:

LINEの「ブラウン」がプリントされたBeats by Dr. Dreヘッドフォン - ASCII新着ニュース - 08月18日(金)18:00 

LINEとBeats by Dr. Dreのコラボレーションにより、LINE公式キャラクター「ブラウン」がアレンジされた「Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン」が発売となる。
カテゴリー:

エル・ファニングが宇宙人に!?『ヘドウィグ〜』監督最新作の予告編解禁 - 08月18日(金)12:08 

Yahoo!映画のレヴューでも5点満点で4.22という高得点をつける名作『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』(01年)のジョン・キャメロン・ミッチェル監督待望の最新作『How to Talk to Girls at Parties(原題)』の邦題が『パーティで女の子に話しかけるには』に決定し、ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。 本作は、パンクなのに内気な少年エンが、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会うところから幕開け。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、彼女は遠い惑星へと帰らなければならないため、2人に許された自由時間は48時間。そして大人たちが決めたルールに反発した2人は、危険で大胆な逃避行に出るというストーリー。 解禁された予告編は、何者かになりたくて、それが何なのかわからず、音楽だけを救いにさえない毎日を送っていた内気な少年エンが、「ダサい坊やは失せな」とパンク女子にバカにされながらも、偶然もぐりこんだパーティで美しい少女ザンと出会うところから展開。「この惑星の人?」と彼女に聴かれた後、「恋に落ちたのは 遠い惑星の女の子だった」というテロップが流れ、2人が48時間という許された自由時間の中で、疾走していく様子が映されていく。 また、同時に解禁となったポスターには...more
カテゴリー:

エル・ファニング主演、『パーティで女の子に話しかけるには』日本先行で世界初公開 - 08月18日(金)12:00 

 『マレフィセント』『ネオン・デーモン』の実力派若手女優エル・ファニングが主演を務める映画『パーティで女の子に話しかけるには』が、製作されたイギリスとアメリカに先駆け、12月1日より日本で世界初公開されることがわかった。併せてポスタービジュアルと予告編が到着した。【関連】『パーティで女の子に話しかけるには』フォトギャラリー 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の監督として知られるジョン・キャメロン・ミッチェルがメガホンを取った本作は、パンクなのに内気な少年エン(アレックス・シャープ)が、偶然もぐり込んだパーティで出会った、反抗的な瞳が美しい少女ザン(エル・ファニング)と織りなすロマンスを描く。 解禁された予告編では、1977年のロンドン郊外を舞台に、何者かになりたくてもそれが何なのか分からず、音楽だけを救いにさえない毎日を送っていた内気な少年エンが、偶然もぐり込んだパーティで、美しい少女ザンと出会うところから始まる。大好きなパンク音楽やファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋に落ちるエンだが、二人に許された自由時間は48時間だけ。ザンは遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発した二人は、一緒にいるために奮闘するのだが…。 やっと出会えた運命の相手と別れなくてはならない、切ないラブストーリーに思わずグっとくる感動的な予告編は必見。一方のポスター...more
カテゴリー:

「歩きスマホ禁止条例」日本で採用されるか 現状では取り締まれない?←是非やってくれ - 08月17日(木)17:31  news

日本でどうなる?歩きスマホ禁止条例 最初「ハワイで歩きスマホ禁止」のニュースを聞いたとき、トランプ大統領の大好きなフェイクニュースだと思っていたのですが、 どうやら本当らしいです。今年の10月からハワイ・ホノルルの交差点を中心とした通行人の多い場所で歩きスマホをしている人に対し、 最高1万円程度の罰金を科すというものです。 小型ヘッドフォンをつけていると、車のクラクションなどが聞こえないから、トラブルの元だと再三言われ続けて来ました。 映画『プレデター』では、間抜けなソルジャーがヘッドフォンス...
»続きを読む
カテゴリー:

Monsterが音楽専用の音声アシスタントをヘッドフォーンの新製品に搭載、Siriの音楽無能が契機 - 08月19日(土)18:17 

Monsterは必ずしも革新的なテクノロジー企業ではないけど、でも同社製のヘッドフォーンにMelodyと呼ばれるヘルパーアプリを載せることによって、今大流行の音声アシスタントの世界へ足を踏み入れた。 MonsterのElementsヘッドフォーンに搭載されているMelody音声アシスタントを作っているSpeak Musicは、基本的にその機能を、Siriが音楽サービスをApple Musicしかサポートしていない、という音楽的欠点を補うために設計した。Siriは、そのApple Musicのサポートすら、そもそも十分ではない。Speak Musicの財務のトップは、Monsterのプロダクト担当VPだった人だから、その御縁で二社はパートナーしたのかもしれない。 Melodyは、ヘッドフォーンに限らず、スタンドアローンのオーディオ製品に組み込むのに適している。いきなりAmazonのAlexaやMicrosoftのCortanaなどに飛びつくと、今の音声アシスタント製品にはびこる数々の愚かさから、逃げれなくなってしまう。少なくとも理論的には、ユーザーはオーディオ製品に音楽の機能だけを期待するだろうから、ほかの低能な音声アシスタント機能で彼らをがっかりさせるおそれはなくなる。Bluetoothスピーカーならまだしも、ヘッドフォーンが、Siriなどスマートフォンのアプリに依存していたら、相...more
カテゴリー:

LINE FRIENDS、Beats by Dr.Dreとコラボレーション ブラウンだらけのヘッドフォンをLINE FRIENDS STORE店頭で販売開始 - 08月18日(金)15:10 

[LINE株式会社] LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、LINE公式キャラクター「LINE FRIENDS(ラインフレンズ)」において、オーディオブランド「Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ 以下...
カテゴリー:

ジョン・キャメロン・ミッチェル最新作「パーティで女の子に話しかけるには」予告編&ポスター完成 - 08月18日(金)12:00 

 ジョン・キャメロン・ミッチェル監督の最新作「ハウ・トゥ・トーク・トゥ・ガールズ・アット・パーティーズ(原題)」の邦題が「パーティで女の子に話しかけるには」に決定し、予告編とポスターが完成した。 ・【動画】「パーティで女の子に話しかけるには」予告編  今なお名作と名高い「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のキャメロン・ミッチェル監督が、「ラビット・ホール」以来7年ぶりに手がけた長編監督作となる今作は、1977年のロンドン郊外を舞台に、音楽だけを救いに冴えない日々を送っていた内気な少年の運命的な恋を、当時の音楽やファッションで彩りながら描いたラブストーリー。  パンク音楽が好きだが内向的な少年エンは、偶然潜りこんだパーティで反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きな「セックス・ピストルズ」やパンクファッションの話に共感してくれるザンに、たちまち恋に落ちるエンだったが、2人に許された自由時間は48時間のみ。大人のルールに反発した2人は一緒にいるために奮闘し、危険で大胆な行動に出る。  「マレフィセント」「20センチュリー・ウーマン」など話題作への出演が続くエル・ファニングが美少女ザン、2015年のトニー賞で主演男優賞を受賞した若手実力派のアレックス・シャープがエンを演じているほか、オスカー女優のニコール・キッドマンが、若きパンクロッカーたちを仕切るボス的存在の女性に扮し、...more
カテゴリー:

老舗ヘッドフォンブランドGRADO、メープルとメタルのフラッグシップモデル - ASCII新着ニュース - 08月18日(金)12:00 

アメリカの老舗ヘッドフォンブランドGRADOが新フラッグシップモデルを発表。メープルとメタルのハイブリッドハウジングを採用した。
カテゴリー:

日本でどうなる?歩きスマホ禁止条例【コラムニスト木村和久】 - 08月17日(木)15:55 

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その173 ―  最初「ハワイで歩きスマホ禁止」のニュースを聞いたとき、トランプ大統領の大好きなフェイクニュースだと思っていたのですが、どうやら本当らしいです。今年の10月からハワイ・ホノルルの交差点を中心とした通行人の多い場所で歩きスマホをしている人に対し、最高1万円程度の罰金を科すというものです。  具体的には取り締まる人も相当数必要ですから、有名な交差点など数箇所に絞られると思いますが、よくまあ、大胆な条例を作ったものですよね。  アメリカは自由な国というイメージの反面、極端に走る傾向があります。今から100年ぐらい前は禁酒法なんてのも施行され、密造アルコールがギャングの資金源となり、ますます治安が悪化し、逆効果となりました。だいたい銃を持っていいけど、酒を飲んじゃダメっておかしいですよね。  ハワイのスマホ禁止条例も、どこまで浸透するのか見守っていきたいです。  一方、日本ではどうなのでしょうか。実は歩きスマホ問題が持ち上がる前に、似たような問題が過去に起きています。それは一斉を風靡したウォークマンから生まれた歩きイヤホン、ヘッドホン装着問題です。  小型ヘッドフォンをつけていると、車のクラクションなどが聞こえないから、トラブルの元だと再三言われ続けて来ました。映画『プレデター』では、間抜けなソルジャーがヘッドフォンステレオで音楽...more
カテゴリー:

もっと見る

「ヘッドフ」の画像

もっと見る

「ヘッドフ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる