「ヘッドハンター」とは?

関連ニュース

人材不足に苦しむ経営者必見。失敗しない中途採用の3つのポイント - 01月16日(火)08:45 

 これまで、ヘッドハンターとして7000人を超える人材支援に取り組んできた高本尊通です。  ヘッドハンターとしての仕事の中で、私はキャリアカウンセリングにも取り組んできましたが、近年は圧倒的な売り手市場であり、過去の就職 […]
カテゴリー:

カリスマヘッドハンターが教える「社員がすぐ辞める会社に共通する特徴」 - 01月08日(月)15:55 

 ヘッドハンターとして、これまで7000人以上のキャリア支援に携わってきた高本尊通です。  現在は、どこも採用難だと言われていますから、社員が辞めてしまうことは、経営にとって大きな痛手となるでしょう。今回は、私が関わって […]
カテゴリー:

オカダ・カズチカのパートナー、外道の流転人生。遂には猪木も認めた固たるビジネス哲学 - 01月11日(木)09:45 

「新日本プロレス」が、プロレス界の盟主である。誰に聞いたとしても否定しようのない事実。長い間、日本のマット界には「2大メジャー団体」が存在したが、今、全日本プロレスの方はメジャーと呼ぶに憚られる現状がある。一方の新日は、業界で一人勝ち状態。……なのだが、同団体にも暗黒期はあった。しかし、選手の徹底した新陳代謝を図り、ターゲットとして見定めるファン層から「昭和」をバッサリと排除。棚橋弘至が道場からアントニオ猪木のパネルを外したことからも、決意のもとに“脱却”を試みたことが窺える。昭和の時代からウォッチし、現在は新日から若干の距離を置く筆者のようなファンからすると、あくまでそういう印象になる。テリー・ファンクとビートたけしにハマった少年時代の外道現在の新日本プロレスでは、あの邪道外道が確固たる発言力を持っている。この事実からして、隔世の感。かつてを振り返ると、あり得なかったことだ。それほど「TPG出身」という経歴は、業界において足かせだった。昭和者からすると、KING OF SPORTSを標榜する新日本プロレスとは相容れない存在のはずだ。とは言え、邪外のプロレスの技術が天下一品であることは百も承知。特に、外道のスキルは別格だろう。そんな彼が、自らのレスラー人生を振り返る半生記『To Be The 外道 “レヴェルが違う!”生き残り術』を発表している。この一冊、本当に半生記なのだ。何しろ...more
カテゴリー:

「ヘッドハンター」の画像

もっと見る

「ヘッドハンター」の動画

Wikipedia

ヘッドハンター(Headhunter, Head hunter)は英語首狩りヘッドハンティング)をする者首狩り族のこと。転じて、既に所定の職業についている人材の引き抜きをする者:職業紹介事業者、スカウターを示すことがある。また、野球において頭部を狙ってビーンボールを投げる投手もこの名称で呼ばれる。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる