「ヘイケボタル」とは?

関連ニュース

散歩がてら、生態知ろう 川辺・岩屋公園「ホタルweek!」 - 05月17日(木)22:00 

 南九州市川辺の岩屋公園キャンプ場でゲンジボタルやヘイケボタルが舞い始めた。「ホタルweek!」と銘打ったイベントが23日まで開かれている。職員がホタルの生態などを説明。「カジカカエルやフクロウの鳴き声も楽しみに散歩がてら見に来て」と呼び掛けている。
カテゴリー:

神奈川随一のホタル出現地・小網代の森、5/24-6/3夜間開放 - 05月10日(木)16:00 

 神奈川県三浦市にある小網代の森では、2018年5月24日から6月3日まで、ホタル観察のための「夜間開放」を実施する。ゲンジボタルとヘイケボタルの両方を見ることができる県有緑地で、その出現規模は神奈川随一だという。開放時間は午後6時から午後9時まで。 小網代の森は、三浦半島の先端にある相模湾に面した約70ヘクタールの森。関東・東海地方で唯一、1つの集水域・森林・河川・干潟から海に至るまでが連続して残されており、「奇跡の森」とも言われている。森、川、海のつながりが必要なアカテガニをはじめとした希少種を含む多くの生き物たちが多様な生態系を形成し、関東有数のホタル出現地でもある。 「ホタル夜間開放」は、2018年5月24日から6月3日までの期間に実施。通常、4月から9月の開場時間は午前7時から午後6時までのところ、期間中は午後6時から午後9時までの夜間開放を行う。開放区間は引橋入口から宮ノ前峠入口まで。北尾根入口からの入場および退場はできない。 なお、団体で小網代の森を利用する場合は、事前に小網代野外活動調整会議および横須賀三浦地域県政総合センター環境部みどり課まで連絡すること。神奈川県Webサイトには、小網代の森の開場時間やアクセスなどとともに、利用に関する注意事項(必読)を掲載している。 神奈川県は小網代の森を多くの人に利用してもらうため、トイレを新たに設置するなど施設整備も進めてい...more
カテゴリー:

「ヘイケボタル」の画像

もっと見る

「ヘイケボタル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる