「プロ棋士」とは?

関連ニュース

[3月のライオン]河西健吾、岡本信彦 アニメ第2期を語る 「人間ドラマが素晴らしい」 - 10月14日(土)10:00 

 羽海野(うみの)チカさんの人気将棋マンガが原作のテレビアニメ「3月のライオン」の第2シリーズ(以下、第2期)が14日、NHK総合でスタート、毎週土曜午後11時に放送される。高校生のプロ棋士・桐山零と川本家の3姉妹の触れ合いや、プロ棋士たちの戦い……
カテゴリー:

ジャポニカ学習帳、日本の伝統文化シリーズ第5弾は「将棋」 - 10月13日(金)14:15 

 ショウワノートはジャポニカ学習帳「日本の伝統文化シリーズ」の第5弾となる「将棋」を10月中旬より順次販売開始する。価格は300円(税別)。駒の名称から動かし方などのルール、将棋ブームの火付け役となった話題の棋士などを紹介している。 「日本の伝統文化シリーズ」は、グローバル化の中でも日本文化を後世に受け継いでほしいという思いから2015年9月に販売を開始したシリーズ。37年ぶりに昆虫や植物以外のテーマを採用したノートで、これまで第1弾「歌舞伎」、第2弾「相撲」、第3弾「歌舞伎・追加柄」、第4弾「相撲 特別版・稀勢の里」を発売している。 第5弾のテーマは、中学生プロ棋士の藤井聡太が29連勝を飾ったことでブームが再燃した「将棋」。表紙のイラストは「将棋」に相応しい将棋盤と駒を描き起こしで表現。将棋盤をイメージした表面処理(UV疑似エンボス)で木目を表現し、木の雰囲気を醸し出している。裏表紙には、将棋人気の火付け役となった棋士の記録「中学生でプロ棋士になった人」をプロフィールとともに掲載。将棋界の第一人者である羽生善治や、「ひふみん」の愛称で親しまれ現役を引退した加藤一二三、デビュー戦から負けなしの29連勝という大記録を作った藤井聡太など5人を紹介している。 最初・中綴じ・最後の3か所には日本将棋連盟の全面協力のもと、将棋の成り立ちやルーツの解説、駒の名称と動かし方や成った時の名称解説、...more
カテゴリー:

囲碁で1000面打ち対局=神奈川県平塚市〔地域〕 - 10月12日(木)10:00 

 神奈川県平塚市で、全国最大級の囲碁イベント「湘南ひらつか囲碁まつり」が開催された。市内の自宅に囲碁道場を開き、多くのプロ棋士を育てた故・木谷實(きたに・みのる)九段の功績をたたえ、囲碁文化の普及、振興を目的としている。市を中心とした実行委員会が主催し、今年が22回目。 「1000面打ち大会」では、全国から集まった囲碁ファン約1000人が二十四世本因坊秀芳、大竹英雄名誉碁聖らの木谷門下生のプロ棋士77人と対局。市内商店街の約180メートルの通りに500面の碁盤を並べ、参加者が入れ替わり、2度に分けて行われた。 2年前に脳梗塞を患い、現在リハビリ中で静岡県から家族と来たという男性(68)は「主治医から右脳を活性化するので、リハビリにいいと言われ始めた。きょうはすごく気分がいい」と満足の様子。また囲碁教室にも通っているという鎌倉市から来た小学生は「将来は自分もプロになりたいと思った」と話していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

新聞の将棋欄活用で上達を 島九段、講座で伝授 - 10月08日(日)12:46 

 秋田魁新報社の新聞活用講座が7日、秋田市中通の秋田将棋道場で開かれ、プロ棋士の島朗九段が将棋における新聞の活用法などを語った。将棋好きの親子連れ約30人が参加し、熱心に耳を傾けた。 島九段は、将棋の…
カテゴリー:

ひふみん、ゾウとの自撮り2ショットに四苦八苦 - 人生初のスマホに挑戦 - 10月05日(木)16:00 

"ひふみん"こと元プロ棋士の加藤一二三が、きょう5日に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス』(毎週木曜23:00~23:40)で、人生初のスマホ&自撮りに挑む。
カテゴリー:

[注目アニメ紹介]「3月のライオン」第2シリーズ 濃密な人間ドラマが展開 - 10月13日(金)17:30 

 羽海野(うみの)チカさんの人気マンガが原作のテレビアニメ「3月のライオン」の第2シリーズが14日、スタートする。孤独だった高校生のプロ棋士が周囲との交流の中で成長していく姿が描かれる。  主人公の桐山零は幼いころに交通事故で家族を失い、父 ……
カテゴリー:

勝負時に食べたい!熱々豚キムチうどん - 10月13日(金)12:10 

10月12日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、東京五輪ゆかりの地の「ダガヤサンドウ」を散歩した中で、「みろく庵」(東京都渋谷区)が紹介された。 JR中央本線(東京-塩尻)・千駄ヶ谷駅から徒歩4分のこちらのお店は、最年少プロ棋士が連勝中に出前を頼んだことで有名だ。連日の報道で全国から将棋ファンが訪れるのだとか。 さらに神宮球場が近いため、本拠地としている野球チームの選手達や日本代表選手達も訪れるのだそうだ。 運ばれてきた「豚キムチうどん」(950円)が湯気も立つ状態なのを見た金子貴俊さんは、「うわ、すごーい!これ出前ってすごいですね!」とコメント。 この「豚キムチうどん」は、最年少棋士の将棋めしとして話題となった一品だ。 金子さんは、熱々の鍋の中に入っていた半熟玉子を崩して一口食べると、「うん、おいしいです!」と笑顔になった。「うどんがもっちりしてるんですね。ふっくらもっちり!」と頷いた。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:みろく庵(ぐるなび)のお店紹介・周辺のお店を見る:千駄ヶ谷のお店紹介・同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介・ぐるなび検索:千駄ヶ谷×和食のお店一覧・濃厚ムラサキウニのトロ~リ天ぷら
カテゴリー:

神木隆之介、『3月のライオン』キャスト発表時を振り返る「みなさんの声が励みに」 - 10月11日(水)10:30 

 しばしば賛否両論が巻き起こるコミック原作ものにおいて、原作ファンからも、キャスティングに太鼓判を押された映画『3月のライオン』。[後編]ブルーレイ&DVDの発売にあわせて、主演の神木隆之介に単独インタビューを実施。“完璧なキャスティング”とまで言われたプレッシャーのなかで、17歳のプロ棋士・桐山零を演じきった神木に本作への思いを改めて語ってもらった。【関連】映画『3月のライオン』主演の神木隆之介 インタビュー写真 「映画化の話が出るずっと前から、友だちに『零に似てるね!』と言われていたんです」と少し照れながら話し始めた神木。「それで、友だちに(零のトレードマークの)長いダッフルコートを着させられて、メガネをかけて、写真を撮ったりしていました。まさか、本当に零として着られるなんて、あの時は思っていませんでした」。 自身も原作の大ファンだった神木にとって、オファーは嬉しいものだった。キャスティングが世の中に発表された時の“歓迎の声”も、プレッシャーではなく純粋にパワーになったと言う。「コミック原作の実写化で“合っている”と言ってもらえることって、そうそうないので、本当にありがたかったです。発表になったときは撮影中だったのですが、みなさんの声はやっぱり大事です。僕もコミックやアニメが好きで、実写化される時に原作ファンとして、声を出す側になったりもするので(笑)。両方の気持ちが分かります...more
カテゴリー:

賛否両論!「にゃんこスター」はいったい何が面白いのか? - 10月08日(日)12:00 

10月1日放送の「キングオブコント2017」で、お笑い界に衝撃が走りました。優勝したのは、結成14年目のコンビ「かまいたち」でしたが、準優勝した異色の男女コンビ「にゃんこスター」が、話題を総ざらいしたのです。 コントバトルにおいて優勝を逃したコンビがブレークするというのはよくある話ですが、にゃんこスターはその芸風が異色すぎて賛否が分かれています。 採点をした審査員たちからは全員高評価だったのに対し、一般的人視聴者からは「笑えない」「面白さが理解できない」といった批判的な意見も多く集まっています。ちなみにお笑いにはそこまで精通しているわけではない筆者ですが、やっぱり彼らの面白さは皆目わかりません。むしろアンゴラ村長からほんのり漂う“ぶりっこ臭”に、苛立ちを覚えるほどでした。 そんな個人的な感情は置いておいてもう少し冷静に彼らのブレークの兆しを紐解いていくと、お笑い以外でも今求められる「時代のニーズ」が見えてきます。 ■ネタが時代にマッチしすぎている にゃんこスターのコントを見ていない人のために展開を紹介すると、今回番組で披露されたコントは、ツッコミ役のスーパー3助(34)が「なわとび大好き少年」に扮して登場し、たまたま開催される「リズムなわとび発表会」を観覧。するとアンゴラ村長(23)が現れ、リズムなわとびを披露します。 しかしサビになると、アンゴ...more
カテゴリー:

技術者が足らない…『日本ディープラーニング協会』設立で育成目指す - 10月05日(木)09:00 

(日本ディープラーニング協会 理事会)4日、千葉・幕張で開催されている「CEATEC JAPAN 2017」内において、「一般社団法人 日本ディープラーニング協会 設立発表シンポジウム」が開かれた。会場には技術関係者やメディアが多く集まり、用意された席は満席。各所からの注目が高いことが伺える。■協会設立の背景とは(日本ディープラーニング協会 理事長 松尾豊氏)理事長の松尾豊氏から、日本ディープラーニング協会設立の背景について説明。ちなみに、ディープラーニングとは、コンピュータが大量のデータを学習して、自動的に理解する機械学習方式のことを指す。松尾氏は、ディープラーニングが使われている技術について、世界最強の棋士に完勝した囲碁AI(人工知能)「アルファ碁」を例に挙げた。「AI同士の棋譜が公開されると、プロが打っているのと全く違う、打っちゃいけないと言われる打ち方もしているのに強い。人間が何千年も探索してきた囲碁の領域は、ごく一部でしかなかったことがわかってきた」と紹介する。■日本の産業競争力向上を目指すまた、松尾氏は「画像や映像の認識能力はコンピュータが非常に苦手だったが、ディープラーニングによって誤答率が徐々に低くなり、2015年に人間の精度を超えた」と話す。さらに、画像認識の能力の向上はコンピュータに「眼の誕生」を意味するとして、「今まで人の眼を頼っていた仕事が、どんどん機械で自...more
カテゴリー:

もっと見る

「プロ棋士」の画像

もっと見る

「プロ棋士」の動画

Wikipedia

  • 転送 棋士...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる