「プロ棋士」とは?

関連ニュース

『3月のライオン 映画とアニメの展覧会』開催決定 3月大阪で - 02月25日(土)17:00 

 昨年10月からNHK総合で放送されているアニメはクライマックスにさしかかり、3月・4月には実写映画2部作の連続公開が控える羽海野チカ氏原作の『3月のライオン』。このたび、映画の衣装やアニメの設定資料などを一堂に集めた『3月のライオン 映画とアニメの展覧会』の開催が決定した。3月16日~28日、大阪・あべのハルカス近鉄本店 ウイング館4階・第2催会場でオープン。 神木隆之介主演『3月のライオン』キャスト総出演の予告編  『ヤングアニマル』(白泉社)での連載は10年にさしかかり、17歳のプロ棋士・桐山零と彼をめぐる人々の物語は、男女・年代を問わず幅広い読者層の心をつかみ、動かしてきた。そんな原作者・羽海野氏の描く世界を映画、アニメそれぞれの監督と、そこに集ったスタッフ・キャストたちは、何を感じ、どんな思いを注いだのか。異なる表現方法で原作にアプローチした実写映画とテレビアニメを、並べて俯瞰できるまたとない機会となる。  会場には、アニメの原画・設定資料、映画に登場する零や川本3姉妹、棋士たちの衣装や小道具、そのほか貴重なアイテムも展示され、映像や音楽とともに、細部まで愛情に満ちた『3月のライオン』の2つの世界を体感できる。  実写映画は、「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督のもと、『君の名は。』の神木隆之介を主演に迎え、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、...more
in English
カテゴリー:

「3月のライオン」第19話先行!崖っぷちの対局 - 02月25日(土)10:00 

NHK総合で放送中のアニメ「3月のライオン」の第19話より、先行カットとあらすじを紹介する。 【写真を見る】第19話では、苦難を乗り越え将棋を続けてきた島田が、宗谷との縮まらない差を見つめながら、努力をやめなかった。零はそんな島田と共に、獅子王戦第四局の場・京都へ/(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会 本作は、孤高の高校生プロ棋士の主人公と、彼を取り巻く人々とが、失った何かを取り戻していく再生の物語。17歳のプロ将棋棋士・桐山零(CV.河西健吾)は、幼い頃に事故で家族を失い、引き取られた家にも学校にもなじめずにいた。だが、あかり(CV.茅野愛衣)、ひなた(CV.花澤香菜)、モモ(CV.久野美咲)の3姉妹との出会いをきっかけに、一人暮らしの零の日常が、変わり始めていく。 【第19話】 山形の雪深い村で育った島田は、地元のお年寄りたちに将棋を教わり、中学生になると月2回の奨励会へ通うためアルバイトに励み、勝ち進めない時期も胃の痛みと戦いながら将棋を続けてきた。同い年の宗谷が奨励会を駆け抜け、順位戦を駆け上っていくのを見ながら、縮まらない差を見つめながら、それでも努力することをやめるわけにはいかなかった。零はそんな島田と共に、獅子王戦第四局の場・京都へと向かう。 なお、第19話はNHK総合で2月25日(土)夜11時10分から通常より10分押しでの放送となっているの...more
in English
カテゴリー:

神木隆之介、即席で15分間の名司会ぶり発揮 「こんなにしゃべる主演は初めて」と驚きの場回し - 02月22日(水)21:40 

 映画『3月のライオン』完成披露試写会が22日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、前田吟、中村倫也、奥野瑛太、新津ちせ、豊川悦司と大友啓史監督が出席した。 羽海野チカ氏による同名ベストセラーコミックを実写映画化したこの作品は、17歳の将棋のプロ棋士・桐山零(神木)と彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語を描く。客席中通路から登場したキャスト陣は桜色のランウェーを歩き、タイトルにちなんで3月の季節をイメージした桜(ピンク)と雪(白)の吹雪が舞い散るステージに登壇した。 神木は「皆さんにこの作品を見ていただけるのは今日が初めて。ずっと前からすごく緊張していました。皆さんに自信を持ってお届けできる作品になっています」とあいさつし、前田は「実は昨日73歳になりました。ハタチから映画に出ているんだけど、『3月のライオン』前編で102本目、後編が103本目。冥土のいい土産になりました」と明かして神木をはじめとする会場から割れんばかりの祝福を受けた。 撮影は昨年3月から6月に全国各地で行われたといい、そのエピソードをクロストークでざっくばらんに披露することに。神木が「絡んできてくださいね、お願いしますよ」と即席で司会者を買って出ると、「撮影期間も長かったですし、今まで長期で作品を撮ることがなかったのでその分プレッシャーもありました。でも現場...more
in English
カテゴリー:

有村架純、神木隆之介の現場での奇行を目撃!?「枕の下に何か忍ばせていた」 - 02月22日(水)20:18 

 羽海野チカ氏の人気漫画を実写映画化した「3月のライオン 前編」の完成披露試写会が2月22日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、主演の神木隆之介をはじめ共演の有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、中村倫也、奥野瑛太、子役の新津ちせちゃん、大友啓史監督が舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  「ハチミツとクローバー」などで知られる羽海野氏の同名コミックを原作に、「るろうに剣心」の大友監督のメガホン、「君の名は。」の神木主演で映画化。幼いころに家族を亡くした高校生プロ棋士・零(神木)が、東京の下町に住む川本3姉妹(倉科&清原&ちせちゃん)、ライバル棋士らと心を通わせ、切磋琢磨し合うなかで成長する姿を描いた。  登場直後のクロストークは、神木の独壇場に。自ら進行役を買って出ると、一同に「どうですか、みなさん。楽しかったエピソードとかありますか、みなさん。しゃべりたい人いませんか」などと軽い口調で話を振る。約15分間にわたってトークを仕切り続ける様子に、中村が「こんなにしゃべる主演っているんですねえ」と素朴な感想をぶつけると、神木は「誰もしゃべってくれないから!」と声を張り上げていた。  さらに神木が「川本3姉妹は撮影前、実際に(劇中の)あの家に泊まっていたんですよね?」と語りかけると、長女役の倉科は「スーパー...more
in English
カテゴリー:

有村架純が神木隆之介のお茶目な一面を暴露!「枕の下に何か忍ばせてた」 - 02月22日(水)20:00 

羽海野チカの人気コミックを神木隆之介主演で実写映画化した『3月のライオン 前編』(3月18日公開)の完成披露試写会が2月22日に東京国際フォーラムで開催され、神木をはじめ、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、中村倫也、奥野瑛太、新津ちせ、大友啓史監督が登壇。有村が、神木の“お茶目な一面”を暴露した。 【写真を見る】倉科カナ、ピンクのドレスがセクシー!新津ちせちゃんもキュートなコメントで盛り上げた 本作は、17歳のプロ棋士・零が近隣の町に住む3姉妹や数々の対局を通して成長していく姿を描く物語。この日は、キャスト陣が春をイメージした桜色のランウェイを歩きながら登場。約4000人のファンから大歓声を浴びた。 主人公の零を演じた神木は「この作品を観ていただけるのは今日が初めて。ずっと前から緊張していた」とこの日を緊張とともに迎えたことを告白。「みなさんに自信を持ってお届けできる作品になっている」と胸を張った。 幸田香子役の有村は「原作ファンの方は、私が香子を演じることにすごく驚かれたと思う」と切り出し、「みなさんのもとに届くまではすごく不安でいっぱいです」とコメント。「でも、本当に素晴らしい作品。不安もあるんですが、早く観ていただきたい思いでいっぱい」と心境を明かした。 クロストークで現場のエピソードを語ることになると、主演として率先して仕切り出した神木...more
in English
カテゴリー:

人間 vs 将棋ソフトの頂上決戦、「電王戦」は今年で見納め - 02月25日(土)12:05 

寂しい気もするし、納得の気も…。 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが対局する、電王戦。2012年に、米長邦雄永世棋聖と将棋ソフト「ボンクラーズ」の対局としてスタートしました。 NHK News Webによると、今年コンピューターと相まみえるのは、去年あの羽生名人を破って名人となった、オシャレ棋士としても名高い佐藤天彦名人。現役のタイトルホルダーとしては初めての挑戦となります。 佐藤名人が対戦する将棋ソフトは去年同様PONANZAで、第1局は4月に日光東照宮、2局は5月に姫路城で行なわれるとのこと。 もちろん電王戦は楽しみなのですが、残念なのは、開催は今回で最後と発表されたこと。朝日新聞 Digitalによれば、主催するドワンゴの川上会長は、「人間とコンピューターの関係を示すイベントと思ってやってきた。役割は終わったと考えた」と話したとのことで、今回を最後の頂上決戦と位置づけているようです。 終わってしまうのは残念ですが、これまでの電王戦の結果はコンピューターが12勝5敗1分けと大きく勝ち越し。2015年、第4回の団体戦五番勝負以外は、すべてコンピューターが勝利を収めています。 Googleの囲碁ソフトAlphaGoが、世界のトップ棋士に勝ったのは記憶に新しいですが、AIの進化の速さを考えると、人間とコンピューターを将棋で戦わせるのはもう意味がないと川上会長は考えてい...more
in English
カテゴリー:

神木流のMC術で豪華キャスト陣がリラックストーク! - 02月23日(木)06:10 

3月18日(土)に前編、4月22日(土)に後編が連続公開される映画「3月のライオン」前編の完成披露試写会が行われ、主演の神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、中村倫也、奥野瑛太、新津ちせ、大友啓史監督が桜色のランウェーを歩いてステージに登場した。 【写真を見る】ピンクのランウェーに豪華キャストが集結!/(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会 同作は、漫画家・羽海野チカによる同名人気コミックを、大友啓史監督が実写映画化した話題作。中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、東京の下町に1人で暮らす17歳の棋士・桐山零(神木)が、同じ下町に住む3姉妹やさまざまな人生を背負ったプロ棋士と出会った事から棋士として人として成長していく姿を描く。 神木は「棋士として生きている時の雰囲気も楽しかったし、3姉妹といる時の現場も楽しかった」と撮影を振り返り、「監督が1回の本番で15分くらいの長回しをするので、対局中は正座をしていて足がしびれて大変。いつも『イテテテ…』となった」と舞台裏を明かす。 通常はここからMCがイベントの進行をするのだが「クロストークで」と言われた神木は、キャスト陣に「皆さんどうですか? 何かエピソードとかありますか?」と率先してMCを担当。神木に指名された共演者がエピソードを語るという構成になった。 対局トークに...more
in English
カテゴリー:

神木隆之介、『3月のライオン』対局中にチョコ忍ばす 共演者にバラされ照れる - 02月22日(水)20:34 

 俳優の神木隆之介が22日、映画『3月のライオン 前編』の完成披露試写会に登場。ステージ上で司会さながらのトーク回しを行なった一方、有村架純や奥野瑛太ら共演者から甘物エピソードを暴露され、照れ笑いを見せた。【関連】『3月のライオン 前編』完成披露試写会フォトギャラリー 本作は、青年コミック誌「ヤングアニマル」(白泉社)で連載中の同名漫画(著者・羽海野チカ)を原作とする青春ドラマ。17歳のプロ棋士・桐山零と彼をめぐる人々の生き様を、前後編の2部作で描く。本試写会には神木や有村をはじめ、倉科カナ、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、染谷将太、中村倫也、前田吟、新津ちせ、奥野、大友啓史監督が出席した。 神木は今回、中学生でプロ棋士になった天才少年・桐山の役に挑戦。「作品を長期で撮ることが今までなかった。その分プレッシャーもあったけど現場も楽しかった」と言いつつも、対局シーンに言及して「正座をずっとしているわけですよ。1回の本番で10分とか15分、長く集中力切らさずに待っていたんですけど…足がしびれてしびれて」と苦労を吐露。島田開役の佐々木が「対局の後、立ち上がれなかった。本当に足腰が痛くなった」と同調した。 幸田香子を演じる有村は撮影が「ほとんど神木くんと同じシーン」と回想。「撮影の間、枕の下に“何か忍ばせているな…”と思ってパッと見たらチョコレートが隠されてた。(神木が)『食べていいよー...more
in English
カテゴリー:

神木隆之介「正座しているの大変」プロ棋士役で苦戦 - 02月22日(水)20:09 

 神木隆之介(23)が22日、東京国際フォーラムで行われた主演映画「3月のライオン」(大友啓史監督、3月18日前編公開)の完成披露試写会に出席した。  17歳のプロ棋士を演じた神木は「正座をずっとしているのが大変で。長回しするので、1回…
in English
カテゴリー:

将棋「電王戦」 現役のタイトル保持者と初対局へ - 02月22日(水)19:55 

プロ棋士と人工知能が対局する将棋の「電王戦」で、ことしは、初めて、現役のタイトル保持者との対戦が実現することになり、出場する佐藤天彦名人は記者会見で、「苦しい戦いになると思うが、精いっぱい頑張りたい」と意気込みを述べました。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「プロ棋士」の画像

もっと見る

「プロ棋士」の動画

Wikipedia

  • 転送 棋士...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる