「プロボクシング」とは?

関連ニュース

【ボクシング】井上尚弥、3階級制覇を“手土産”に賞金総額53億円大会に挑む!WBSS(最強決定トーナメント)からオファー届く - 04月25日(水)07:07  mnewsplus

4/25(水) 7:00配信  プロボクシングの前WBO世界Sフライ級王者の井上尚弥(25)=大橋=が24日、横浜市内の所属ジムで練習を公開。賞金総額53億円の「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」から出場のオファーが届いたことを明らかにした。井上は出場に前向きな姿勢をみせ、3階級制覇を“手土産”にボクシング界最高額のイベントに参戦する。  3階級制覇を狙う“モンスター”に最高の招待状が届いた。昨秋からスタートとしたボクシング界で最高額とされるトーナメント。「オファーは来ているけど、次に勝...
»続きを読む
カテゴリー:

高山「今できることをやる」=アマ登録求め調停申し立て-ボクシング - 04月19日(木)19:53 

 2020年東京五輪出場を目指して昨年4月にアマチュア転向を表明したプロボクシング世界主要4団体ミニマム級元王者の高山勝成(34)が19日、大阪市内で記者会見し、日本スポーツ仲裁機構に対して、日本ボクシング連盟と日本オリンピック委員会(JOC)を相手に調停を申し立てたことを明かした。 高山によると、日本連盟側に昨年来、アマ選手登録を認めるよう働き掛けてきたが、申請書類の他、支援団体による約2万5000人分の署名受け取りを拒まれた。高山は「(東京五輪まで)あと2年と少し。今できることをしっかりやりたいという思いで、今回の手続きに至った」と説明した。 申し立てでは、日本連盟に対し、高山が登録選手の権利を有することの確認を求め、JOCには、加盟団体が選手登録を不当に拒否しないよう、指導や助言を要求している。 名古屋産大に在学中の高山は「トレーニングに精進するだけ。年内にアマ登録をして、国内で戦っていって五輪代表の座を奪っていきたい」と語った。 日本連盟の山根明会長は同日、「静観する。これまでの姿勢に変わりない」と述べた。 [時事通信社]
カテゴリー:

ボクシング:元王者の高山、アマ登録認めて 仲裁申し立て - 04月19日(木)16:37 

 プロボクシングの世界4団体ミニマム級元王者で2020年東京五輪出場を目指している高山勝成(34)が19日、大阪市内で記者会見を行い、自身のアマチュア選手登録を認めるよう日本ボクシング連盟(日連)と日本オリンピック委員会(JOC)を相手に日本スポーツ仲裁機構に調停の申し立てを行ったことを明らかにした
カテゴリー:

高山が調停申し立てへ=ボクシング - 04月19日(木)11:41 

2020年東京五輪出場を目指し、アマチュア転向を表明したプロボクシングの世界主要4団体ミニマム級元王者、高山勝成が日本ボクシング連盟などを相手にスポーツ調停の申し立てを行うことが19日、分かった。
カテゴリー:

長谷川穂積氏がジム開設=ボクシング元世界3階級王者 - 04月16日(月)17:51 

 プロボクシングで世界3階級制覇を成し遂げた後の2016年12月に引退した長谷川穂積氏が16日、神戸市内にジムを開設した。ボクシングとフィットネスの専用施設。引退後も朝のロードワークなどを続ける長谷川氏は「僕は今でもボクサー。もちろん教えることが目的だが、一緒に練習したい」と語った。 長谷川氏は16年9月、35歳9カ月で世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級王座を奪取して3階級制覇を達成。その3カ月後に王者のまま引退した。ジム開設日(4月16日)は、初めてWBCバンタム級王者になった2005年の同じ月日にこだわった。 長谷川氏は「ボクシングの底辺を拡大できたらいい」と抱負を述べた。 [時事通信社]
カテゴリー:

ボクシング:京口、対戦相手はパラス「王者らしく勝つ」 - 04月23日(月)19:18 

 プロボクシングのワタナベジムは23日、国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級王者の京口紘人(ワタナベ)の2度目の防衛戦(5月20日、東京・大田区総合体育館)の対戦相手が、1階級上のライトフライ級でIBF15位のビンス・パラス(フィリピン)に決まったと発表した。
カテゴリー:

アマ転向「もう時間ない」ボクシング高山が調停申し立て - 04月19日(木)19:34 

 プロボクシングの元世界王者の高山勝成(34)=名古屋産大=が19日、自身のアマチュア登録が不当に拒否されているとして、日本ボクシング連盟と日本オリンピック委員会を相手取り、日本スポーツ仲裁機構に調停…
カテゴリー:

ボクシング:尾川、資格停止6カ月 ドーピング陽性反応 - 04月19日(木)15:45 

 プロボクシングの帝拳ジムは19日、昨年12月に米国で行われた国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフェザー級王座決定戦で王者となった尾川堅一(30)が、ドーピング検査で陽性反応を示したことにより6カ月の資格停止処分を受けたと発表した。試合も無効試合となった。
カテゴリー:

高山が調停申し立てへ=アマ登録めぐり-ボクシング - 04月19日(木)10:22 

 2020年東京五輪出場を目指し、昨年4月にアマチュア転向を表明したプロボクシングの世界主要4団体ミニマム級元王者、高山勝成(34)が日本スポーツ仲裁機構に対し、日本ボクシング連盟などを相手にスポーツ調停の申し立てを行うことが19日、分かった。同日午後、大阪市内で記者会見する。 日本連盟がプロ経験者のアマ選手登録を認めていないため、高山は支援団体の協力で規則変更などを求める約2万5000人分の署名を集めて同連盟へ働き掛けてきた。関係者によると、連盟側との面会にも至らないことから、スポーツ調停申し立てに踏み切った。 [時事通信社]
カテゴリー:

膵臓に腫瘍が見つかった翁長知事、久々に仕事する - 04月16日(月)11:52  news

膵臓(すいぞう)に腫瘍が見つかり、休養していた沖縄県の翁長雄志知事は16日午前9時45分、12日ぶりに県庁に出勤した。午前10時から政策会議に出席している。 県庁1階ロビーで待ち受けた記者団に対し、翁長知事は「先日、記者会見した時から何も変わっていない。今、チェック、チェックでね、しっかり元気に頑張っています。よろしくお願いします」と語った。手術や入院の日程について「先生(医師)と病院側とで打ち合わせ中ですので」と述べるにとどめた。 15日の試合でTKO負けしたプロボクシングの前世界ボクシ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「プロボクシング」の画像

もっと見る

「プロボクシング」の動画

Wikipedia

  • REDIRECTボクシング...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる