「プロボクシング」とは?

関連ニュース

村田諒太、王座初挑戦 B級マッチのA級ファイトマネー - 04月26日(水)05:57 

 日本のボクシング界はいま、全盛期を迎えているという。何しろ世界チャンピオンが10人も国内にいるだけでなく、来るWBA王座決定戦で村田諒太(31)が勝てば、22年ぶりのミドル級チャンピオンの誕生となる。が、そんな「世紀の一戦」の舞台裏はというと。  ***  ロンドン五輪の金メダリストでもある村田がチャンピオンベルトに挑戦することを明らかにしたのは、4月3日のことである。 「試合は5月20日に行われ、相手はWBAミドル級1位のアッサン・エンダムです。村田は同級2位で、規定によって、どちらかが勝てば世界チャンピオンになれるわけです」(スポーツ紙記者)  日本人の世界チャンピオンといえば、先頃、12度目の防衛を果たした山中慎介(バンタム級)に代表されるように軽量のクラスがほとんど。重さで上から5番目のミドル級チャンピオンは1995年の竹原慎二以来というから、期待が集まるのもうなずける。  さらに、興行サイドの事情もある。 「村田はロンドン五輪のあと、引退を表明していましたが、ボクシングで視聴率を稼ぎたいフジテレビが口説き落してプロに転向した経緯があります。それだけに、試合を生中継する同局にとっても、そして所属する帝拳ジムにとっても、これまでの“投資”を回収したい一戦なのです」(同)  帝拳ジムの本田明彦会長は、5億円の興行規模になると明らかにしているが、竹原を育てた沖ジム元会長の宮下政...more
in English
カテゴリー:

【ボクシング】WBA世界フライ級王者・井岡一翔がノックノイ・シッチパラサートに大差の判定勝利で5度目の防衛に成功 - 04月23日(日)21:13 

◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦  王者・井岡一翔―同級2位・ノクノイ・シットプラサート WBA世界フライ級王者・井岡一翔(28)が、同級2位のノクノイ・シットプラサート(30)=タイ=を下し、 5度目の防衛に成功した。 元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高氏(61)=白井・具志堅スポーツジム会長=の 国内世界戦最多勝利数14に並んだ。 井岡は61連勝中とキャリアを積んで世界初挑戦の相手に粘られながらも、着実にポイントを重ね、 判定勝利となった。 戦績は井岡が22勝(13KO...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ボクシング:井岡、5度目防衛へ 23日ダブル世界戦 - 04月21日(金)22:06 

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチが23日、エディオンアリーナ大阪で行われる。世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者で5度目の防衛を目指す井岡一翔(井岡)は、同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)と対戦。勝てば、具志堅用高の国内男子世界戦最多勝利数14に並ぶ。世界ボクシング機構(WBO)バンタム級6位で世界初挑戦の大森将平(ウォズ)は、同級王者のマーロン・タパレス(フィリピン)に挑む。
in English
カテゴリー:

井岡、4連続KOなるか=大森はタパレスと再戦-ボクシング - 04月19日(水)17:10 

 プロボクシングの世界戦2試合が23日、エディオンアリーナ大阪で行われる。世界ボクシング協会(WBA)フライ級チャンピオンの井岡一翔(井岡)は5度目の防衛を目指し、ノクノイ・シットプラサート(タイ)と対戦。世界ボクシング機構(WBO)バンタム級タイトルマッチでは、世界初挑戦の大森将平(ウォズ)が、王者のマーロン・タパレス(フィリピン)に挑む。 【井岡-ノクノイ】井岡は4戦連続KO防衛を狙う。前戦は7回TKO勝ちしたもののダウンを喫する場面があった。これを教訓に、ディフェンス面を見詰め直し、相手にパンチを当てさせないボクシングを改めて目指す。勝てば世界戦14勝目となり、WBAライトフライ級元王者の具志堅用高氏が持つ日本最多記録に並ぶ。年内に他団体との王座統一戦を実現させるためにも、内容が伴う戦いが求められる。 右構えのノクノイは世界タイトル挑戦も、タイ国外での試合も初めて。61連勝中の戦績は軽視できないが、井岡の方が経験も実力も上だろう。 【タパレス-大森】大森は昨年12月に決まっていた国際ボクシング連盟(IBF)のタイトルマッチが相手のけがで中止となり、仕切り直しの世界初挑戦となる。サウスポーの両者は、2015年12月に対戦しており、タパレスが2回TKO勝ち。大森はプロで唯一の黒星を喫した相手の嫌なイメージを拭えるか。タパレスの映像をほとんど見ずに臨んだ前回の反省から、今回はこれま...more
in English
カテゴリー:

【ボクシング】久保隼が世界王座を獲得!デビューから12連勝「勝って終わってよかった」 - 04月09日(日)18:04 

 ◆プロボクシング▽WBA世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇久保隼(TKO 11回5秒)ネオマール・セルメニョ●(9日、エディオンアリーナ大阪)  元世界3階級王者・長谷川穂積氏(36)の後輩が世界王者に輝いた! WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチは、同級8位で世界初挑戦の 久保隼(27)=真正=が、王者のネオマール・セルメニョ(37)=ベネズエラ=に11回5秒でTKO勝ちし、デビューから12連勝で世界王座を獲得した。 久保の戦績は12勝(9KO)、セル...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ボクシング:井岡判定で5度目防衛 大森はTKO負け - 04月23日(日)21:41 

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチ各12回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われた。世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(28)=井岡=は世界初挑戦の同級2位、ノクノイ・シットプラサート(30)を3-0の判定で退け、5度目の防衛に成功。世界戦通算勝利数をWBAライトフライ級元王者の具志堅用高に並ぶ国内男子歴代最多の14に伸ばした。世界ボクシング機構(WBO)バンタム級6位の大森将平(24)=ウォズ=は同級前王者(前日計量で体重超過により王座剥奪)のマーロン・タパレス(25)=フィリピン=に十一回16秒TKOで敗れ、世界初挑戦での王座獲得はならなかった。同級王座は空位のまま。戦績は井岡が22勝(13KO)1敗、大森は18勝(13KO)2敗。国内の現役男子世界王者は10人のまま。
in English
カテゴリー:

ボクシング:王者のタパレス、減量失敗で失格 - 04月23日(日)01:06 

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチ(23日、エディオンアリーナ大阪)の前日計量が22日、大阪市内のホテルであり、世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王者のマーロン・タパレス(フィリピン)がリミットより900グラム重い54.4キロで失格となり、王座を剥奪された。同級6位の大森将平(ウォズ)は同じく200グラム軽い53.3キロ。試合は行われ、大森が勝てば王座獲得、引き分けか負けの場合には王座は空位のままとなる。
in English
カテゴリー:

井岡一翔、日本タイ記録へ挑戦 23日にWBA防衛戦 - 04月21日(金)19:01 

 プロボクシングの世界戦2試合が23日、エディオンアリーナ大阪である。世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(かずと)(28)=井岡=が勝てば5度目の防衛で世界戦通算14勝目となり、具志堅…
in English
カテゴリー:

荻堂、東洋太平洋王座へ 「絶対に勝たないと」 ライトフライ級 来月21日、県内でタイトル戦 - 04月13日(木)06:30 

 プロボクシングOPBF東洋太平洋ライトフライ級3位の荻堂盛太(平仲ボクシングスクールジム)が5月21日、琉球大学第一体育館で同級2位のエドワルド・ヘノ(フィリピン)と同級王座決定12回戦を行う。「MUGEN 挑vol・5」のメインイベントとして組まれた。同級チャンピオンがタイトルを返上し、王座...
in English
カテゴリー:

【芸能】森脇健児、「赤坂マラソン」で悲願の初優勝もVインタの島崎和歌子が嫌な顔 - 04月09日(日)08:55 

◆TBS系オールスター感謝祭 赤坂5丁目ミニマラソン(8日、東京・赤坂) タレントの森脇健児(50)が8日に生放送されたTBS系「オールスター感謝祭」(後6時30分)の名物コーナー「赤坂5丁目ミニマラソン」で念願の初優勝を果たした。 2位のお笑いコンビ「タイムマシーン3号」の山本浩司(37)と2秒差の勝利だった。 森脇は最終周回でトップのプロボクシングの元世界王者・内藤大助(42)を抜いた。ゴール直後は倒れ込み、酸素ボンベで吸入しながら床に転がった。 このコーナーでとにかく優勝したかったとい...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「プロボクシング」の画像

もっと見る

「プロボクシング」の動画

Wikipedia

  • REDIRECTボクシング...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる