「プロデューサー」とは?

関連ニュース

J・J・エイブラムス、『FRINGE』以来にドラマの脚本&製作総指揮を手掛けることに - 01月20日(土)10:00 

『LOST』『パーソン・オブ・インタレスト』『ウエストワールド』といったドラマだけでなく、『スター・トレック』『スター・ウォーズ』などの人気映画シリーズにも関わるヒットメーカーのJ・J・エイブラムスが、新たなドラマシリーズを手掛けるようだ。米Hollywood Reporterなどが報じている。【関連記事】『フリンジ』『LOST』『スター・トレック』..."現象"を生み出すヒットメーカー、J・J・エイブラムスを読み解く。製作総指揮、クリエイターとして数多くの作品に参加しているエイブラムスだが、今回手掛ける新作ドラマは原作などがないオリジナルのストーリーで、脚本も自ら執筆するようで、脚本から製作総指揮まで担当するとなると、2008年にプレミア放送された『FRINGE/フリンジ』以来となる。タイトル未定のこの新作は、交通事故に遭った家族を中心に描かれる。事故の影響で母親が昏睡状態になったことから、娘は地下でいろいろな実験を試みるようになり、非道で圧政的な勢力との戦いを強いられる未知の世界にたどり着くことになる。そして父親も娘の後を追い、新たな世界へ足を踏み入れることになる...というストーリーだ。その放送局としては、現在『ウエストワールド』を放送している米HBOのほか、ここ最近テレビコンテンツ事業に乗り出している米Appleの可能性が最も高いと言われているが、両社ともこの件に関してはノ...more
カテゴリー:

「もみ消して冬」山田涼介の変顔の才能に見とれて呆れて今夜2話 - 01月20日(土)09:45 

秀作「このときは想像もしていなかった。母が亡くなって以来の家族の危機が、間近に迫っていることを……」2018年1月13日(土)よる10時から放送スタートのドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系列)。主演は山田涼介(Hey!Sey!JUMP)。そして、山田の兄弟役として波瑠、小澤征悦が出演する。脚本は、ドラマ『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系列)や『世界一難しい恋』(日本テレビ系列)の金子茂樹だ。第1話 あらすじエリート警察官・北沢秀作(山田涼介)は、天才外科医の兄・博文(小澤征悦)、敏腕弁護士の姉・知晶(波瑠)、そして私立中学校の学園長である父・泰蔵(中村梅雀)から、名家の末っ子としてさまざまなプレッシャーをかけられ育ってきた。エリート一家の彼らを、世間は「平成の華麗なる一族」と呼ぶ。泰蔵は、生徒の母親に裸の写真を撮られ金銭を要求されていた。それを知った三兄弟は、父を助けるために奔走する。いったい何百面相できるのか山田涼介泰蔵「裸の写真を撮られた」秀作「え?」博文「え?」知晶「裸って、どういうこと?」泰蔵「寝ている間に、全裸の写真を撮られた」秀作(嘘だろ? 嘘だろ、父さん。迂闊な行動にはあれほど注意しろと言ってきた父さんに限って、そんなことあるはずないよねっ!)父の失態に驚いた秀作の顔がアップになる。家族で食卓を囲んでいるだけなのに、まるで舞台の上にいる...more
カテゴリー:

【テレビ】<三浦瑠麗>小室哲哉を厳しく追及するマスコミや、社会全般を強く批判!「代弁」を繰り返す現代のテレビは「いらないかも」 - 01月20日(土)08:53  mnewsplus

19日、国際政治学者の三浦瑠麗氏が、自身のTwitterアカウントで、同日引退を発表した音楽プロデューサー・小室哲哉を厳しく追及するマスコミや、社会全般を強く批判した。 三浦氏は「小室哲哉、不倫関係を否定『男性としての能力がなく』心の支えに」と題したデイリースポーツの記事を引用リツイートしている。 ◼?O浦瑠麗 Lully MIURA 小室哲哉さんは引退する必要のないことで引退を決意されたわけだけど、介護している「子供のようなKEIKOさん」への愛を正直に語る小室さんに対する無理解な記者の質問とか、ワイドショーの...
»続きを読む
カテゴリー:

小室哲哉、24日「超英雄祭」など先約は予定通り - 01月20日(土)08:24 

 音楽プロデューサー小室哲哉(59)が19日、都内で開いた会見で芸能活動からの引退を発表した。発売中の「週刊文春」で報じられた不倫疑惑について釈明する場だったが「騒動のけじめとして決意した」。  小室はテレビ朝日系「ラストアイドル」(土…
カテゴリー:

TMNメンバー宇都宮隆、小室引退にコメントできず - 01月20日(土)08:24 

 音楽プロデューサー小室哲哉(59)が19日、都内で開いた会見で芸能活動からの引退を発表した。発売中の「週刊文春」で報じられた不倫疑惑について釈明する場だったが「騒動のけじめとして決意した」。  小室とともに「TM NETWORK」メン…
カテゴリー:

【関東連合】AV関係者脅した疑い 音楽プロデューサーの「松嶋クロス」こと松嶋重容疑者ら3人を逮捕 警視庁 - 01月20日(土)09:46  newsplus

http://www.sankei.com/smp/affairs/news/180120/afr1801200005-s1.html 知人から現金を脅し取ろうとしたなどとして、警視庁は19日、恐喝未遂の疑いで、音楽プロデューサーの「松嶋クロス」こと松嶋重容疑者(39)ら男3人を逮捕した。関係者への取材で分かった。  関係者によると、松嶋容疑者らは、ストリップ劇場所属の女性に関するトラブルをめぐり、アダルトビデオ(AV)関連業界の知人から現金を脅し取ろうとした疑いが持たれている。  松嶋容疑者は松嶋クロス名義でAV監督として活動。AV製作会社の代表を務める...
»続きを読む
カテゴリー:

時代劇でもSNS戦略は不可欠 「時代劇専門チャンネル」が仕掛ける新たな試み - 01月20日(土)09:00 

 時代劇が銀幕や地上波から姿を消しつつある現在、CS放送局「時代劇専門チャンネル」が、新たな試みを打ち出している。午前10時の劇場でオリジナル時代劇を上映する「グッドモーニング時代劇」や、SNSでの取り組みが挙げられる。その中心人物であり、同チャンネルを運営する「日本映画放送」の執行役員・編成局局長を務める映画プロデューサー・宮川朋之氏に、施策の思惑と展望を聞いた。  他メディアで制作・放送された作品を主に編成・放送する同チャンネルだが、ここ数年は自社制作が活発だ。フジテレビ出向時に「ライアーゲーム」シリーズ、近年は「リップヴァンウィンクルの花嫁」「海辺のリア」を手がけた宮川氏が企画し、藤沢周平の時代小説を題材にした「果し合い」「小さな橋で」「吹く風は秋」「小ぬか雨」などを世に放った。そしてグッドモーニング時代劇は、そうした作品を午前10時に劇場上映することで、時代劇の新たなニーズを発掘している。  これを詳しく聞く前に、“時代劇の現在”を整理しよう。宮川氏いわく、時代劇は「年配層と若年層の中間、具体的には65歳の人々」にリーチする必要に迫られているものの、「ニーズはあるが地上波では費用対効果の兼ね合いで制作されづらい」というジレンマがある。  「お年寄りが楽しむエンタメという先入観が強くある一方で、『るろうに剣心』『信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)』など違う切り口のものも...more
カテゴリー:

名伯楽・前田憲作のマル秘指導法「落ちこぼれそうな人に一番力を注ぐ」 - 01月20日(土)08:41 

◆小橋建太の青春おすそわけ#20<前田憲作vol.3>  元キックボクサー、前田憲作。かつて高架下のサンドバッグ相手に練習に明け暮れた青年は、’92年、全日本フェザー級王者、’94年、WKAムエタイ世界スーパーフェザー級王者に輝き、一躍90年代を代表するスターになった。’99年に設立したジム「チームドラゴン」からは、現在のキックボクシング界を代表するチャンピオンたちが数多く育ち、名伯楽としてその名を轟かせている。  そんな前田は、「体が大きかったらプロレスラーになっていた」というほど大のプロレス好き。小橋建太のことを「残りの人生の目標」と話す。お互いをリスペクトし合う二人は、2018年をどう生きようとしているのだろうか? 前田憲作(以下、前田):いままでドラゴンの選手以外は指導したことがなかったんですけど、最近は他のジムのチャンピオンが出稽古に来ることが多くなりました。15年間、指導してきて一番大変だったのが、ヘビー級で外国人選手に勝たせることなんですよ。上限がないので。その苦労がいまになって実を結んだというか、指導法にすごく活きています。 小橋建太(以下、小橋):素晴らしいですね。 前田:全部モデルになっているのは小橋さんなんです。一番大変なときに歯を食いしばって、握り拳で乗り越えてきた。それで勇気をもらった人がたくさんいると思うんですよ。私も同じように、だれかが必要と...more
カテゴリー:

CD総売り上げ1億7000万枚以上/小室哲哉略歴 - 01月20日(土)08:24 

 音楽プロデューサー小室哲哉(59)が19日、都内で開いた会見で芸能活動からの引退を発表した。発売中の「週刊文春」で報じられた不倫疑惑について釈明する場だったが「騒動のけじめとして決意した」。きっかけは週刊誌報道だが、09年に詐欺罪で執…
カテゴリー:

「わろてんか」90話。落語「死神」を使った仕掛けと、直後の「あさイチ」の展開が見事だった - 01月20日(土)08:20 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第16週「笑いの新時代」第90回 1月19日(金)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 90話はこんな話団吾(波岡一喜)がラジオに出ることを止めようと、風太(濱田岳)はラジオ局で待ち伏せるが、放送ははじまり、団吾はしっかり出演していた。落語の使い方はうまい 話の構成が甘いにもかかわらず、視聴率は20%を保ち続け、ドラマに口うるさい層をやきもきさせている「わろてんか」。ここのところ、週平均視聴率は2週続けて20%を切っており、このまま下がっていくのか持ち直すのか気になるところではあるが、ながらく辛抱して見続けていると、ごくたまにキラリ流れ星をみつけて、報われる瞬間がある。それこそが長寿作品の良さでございます。さて。88話で団吾は「死神です」と藤吉(松坂桃李)の見舞いにやって来た。師匠が風太をまんまと巻いて京都のスタジオで行ったラジオ初出演の演目は「死神」。貧しい男の元に死神が現れて、寿命が見える能力を授ける。おかげで金持ちになった男が、あるときその力を悪用してしまう、というようなお話。この落語の使い方がうまかった。16週の藤吉の生死にまつわるエピソードのみならず、ドラマの最初からの興味だった、藤吉がいつ死ぬのか問題と、「死神」の内容がうまくかかっていたのだ。「わろてんか」にお...more
カテゴリー:

もっと見る

「プロデューサー」の画像

もっと見る

「プロデューサー」の動画

Wikipedia

プロデューサー(、略称''P''または''PD'')とは、映画テレビ番組などの映像作品、ポスター看板などの広告作品、音楽作品、テレビゲーム作品制作(製作)など、制作活動の予算調達や管理、スタッフの人事などをつかさどり、制作全体を統括する職務。ディレクターよりも広範囲な管理指揮権を有し、制作物の商業的な成否について責任をもつ。英語のproducerは単に生産者、制作者の意味であるが、日本語化したプロデューサーは特定の分野のそれを指す使い方をされる。

実態

テレビ番組製作の場合、放送局制作プロダクションの双方にプロデューサーが存在し、それぞれの立場から番組製作に方向性を与えている。放送局およびプロダクションのプロデューサーには...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる