「プロダクション」とは?

関連ニュース

【音楽】メタリカの『メタル・ジャスティス』のプロデューサー、ベースが極端に小さい理由を振り返る - 08月18日(金)20:32  mnewsplus

2017.8.17 木曜日 メタリカの『メタル・ジャスティス』のプロデューサー、ベースが極端に小さい理由を振り返る メタリカが1988年にリリースしたアルバム『メタル・ジャスティス』を手がけたプロデューサーが、アルバムのサウンド・クオリティについてバンドに非があるとしている。 ファンと批評家たちによって広く愛されてきた『メタル・ジャスティス』だが、そのサウンド・プロダクションは長くにわたって批判されている。その貧相なサウンドの理由については長年にわたって議論されてきており、ミキシングを担当したスティーヴ・...
»続きを読む
カテゴリー:

ウーマン村本、「今の芸人はテレビの家畜」発言の真意とは…!? - 08月18日(金)15:00 

8月20日(日)の「EXD44」(毎週日曜夜0:40-1:10テレビ朝日系、一部地域を除く)で、「村本vs人力舎スクール生 芸人論を勝手に講演会」を放送する。 【写真を見る】村本が突然の「アメリカ進出」宣言…!?/(C)テレビ朝日 同番組は、テレ朝(=EX)のバラエティー番組の未来を担う若手ディレクター(=D)から、秋元が選抜した11人のメンバー「EXD44」がお題に沿って映像コンテンツを制作。メンバー同士が批評し合うのはもちろん、放送終了後には視聴者が一番面白かった映像コンテンツに投票し、その結果も包み隠さず公表するなど、厳しい環境の下でEXD44が切磋琢磨(せっさたくま)していくバラエティー。 自他共に認める“炎上芸人”の村本大輔(ウーマンラッシュアワー)が今までのダーティーなイメージを一新。プロダクション人力舎のスクール生と芸歴1年目の芸人54人を相手に、ガチの“芸人論”を語り尽くす。 村本は、「今の芸人はカッコ悪い」「テレビの家畜」など問題発言を連発し、痛烈な芸人批判を展開する。講演を聞いている後輩芸人たちも負けじと村本に反論。それでも村本は、これまで秘めてきた熱い思いを打ち明ける。 そんな中、村本の口から「アメリカ進出」という言葉が…。村本は英語でネタをやるために、「英語を勉強している」「留学に行く」とその本気度を後輩芸人たちの前で告白。 最後に、「どんな意見も受け止める...more
カテゴリー:

『快獣ブースカ』放送終了50年企画「おかえり!快獣ブースカ展」開催 - 08月17日(木)22:24 

円谷プロダクションが製作し、1966年11月から翌67年9月に放送された『快獣ブースカ』の関連資料や貴重なおもちゃグッズなどを展示するイベントが、中野ブロードウェイ3Fにある「墓場の画廊」にて、9月14日より開催されることがわかった。
カテゴリー:

女は満足度、男は数値…「いいセックス」男女の違いとは? - 08月17日(木)20:00 

男女の考え方の違いをおさらいすれば、「いいセックス」のヒントになるはず! 映画製作の杉作J太郎さん、AV女優の紗倉まなさん、AV男優のしみけんさんに違いを教えてもらいまいた。 女:いい男ならしたい 男:できそうだったらやる 「状況に流されて、ヤッてしまうことは避けられません!」と杉作さんが何度も訴えるとおり、男性が目の前の誘惑に弱いという傾向はあるのかも? 目の前にチャンスが訪れると、理性がぶっとんでしまうとのこと(言い訳?)。でも、浮気するからといって、本命彼女のランキングが変わるわけでなく、あくまで浮気は浮気という意識も。一方、女性は厳選してイイ男としたいもの。たとえ遊びだとしても相手へのハードルが下がるわけではないし、素敵だと思えない相手なら、触れ合うのも気持ち悪いというのが大きく違う。 女:「心」でSEXしたい 男:「体」でSEXする しみけんさんいわく、終わった後に、頭、心、体のすべてが満足するセックスが「いいセックス」。けれども、男性は“射精”というセックスの明確なゴールがあるため、体を満たす方向に意識が傾きがち。でも女性のほうは、ゴールがあまりはっきりしていないこともあり、心が満たされることのほうに重点を置く傾向が。セックスの最中にこそ愛情を感じたい、大事にされたいという気持ちが強くなり、それが感じられないと満足できない。お互いの感覚のズレを理解したうえで、ちょっとず...more
カテゴリー:

『快獣ブースカ』放送終了50年企画「おかえり!快獣ブースカ展」開催 - 08月17日(木)19:00 

円谷プロダクションが製作し、1966年11月から翌67年9月に放送された『快獣ブースカ』の関連資料や貴重なおもちゃグッズなどを展示するイベントが、中野ブロードウェイ3Fにある「墓場の画廊」にて、9月14日より開催されることがわかった。 ブースカは放送当時、多くの少年少女を夢中にさせた子どもたちの友だち。1967年9月27日に放送された第47話「さようならブースカ」(最終話)では未知のエネルギーを求め、大作少年との再会を約束し地球を旅立った。それから50年の時を経てブースカが、ついに地球の中野ブロードウェイに降り立つ。 また、9月30日にはブースカとの2ショット撮影会も開催予定。撮影は無料で14:00の部、17:00の部の2部制。整理券を配布する場合もあるという。 開催概要は以下の通り。 ■日程:2017年9月14日〜10月3日 ■開場時間:11:00〜20:00 ■場所:墓場の画廊(東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F) ■料金:入場無料 ■URL:http://hakaba-gallery.jp/ 【関連記事】 [動画]怪獣たちが夜な夜な憂さ晴らし!「怪獣酒場」新店オープンにバルタン星人駆けつける [動画]『ネオ・ウルトラQ』予告編 [動画]アンヌ隊員らウルトラマンの歴代ヒロイン4人が隊員服の裏話語る [動画]森次晃嗣、ひし美ゆり子がウルトラセブン当時の...more
カテゴリー:

ウーマン村本、アメリカ進出を宣言「自分のネタで主義主張を唱えたい」 - 08月18日(金)15:05 

ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、8月20日(日)放送の『EXD44』(テレビ朝日系列、25:10~25:40)に出演。「アメリカ進出」を視野に入れていることを明かす。秋元康が明日のスター・ディレクターを育成すべく、企画監修を担当する同番組。テレ朝(=EX)のバラエティー番組の未来を担う若手ディレクター(=D)から、秋元が選抜したメンバー「EXD44」が毎週、映像コンテンツを制作。レギュラー出演者であるバカリズム、YOU、スタジオゲストから寸評をもらいつつ、放送終了後にはインターネットで動画配信して視聴者から率直なご意見・アドバイスをもらうなど、厳しい環境の下でEXD44が切磋琢磨していく。今回放送するのは、小松Dが企画する「村本vs人力舎スクール生 芸人論を勝手に講演会」。自他共に認める“炎上芸人”村本が、今回の講演会ではダーティーなイメージを一新。トガりきった「プロダクション人力舎」のスクール生&1年目芸人54人を相手に、生まれて初めて真剣に“芸人論”を熱く語る。そこで村本は「今の芸人はカッコ悪い」「テレビの家畜」など、痛烈な芸人批判を展開。しかし、講演を聞いている後輩芸人たちからは、村本に対する容赦ない反論が続々と浴びせられる。そんな中で、なんと村本からまさかの「アメリカ進出宣言」が飛び出す。テレビに出る芸人を批判しながらも、自分もそのひとりであることに対して葛藤があった村...more
カテゴリー:

【KATY PERRY】ケイティ・ペリー、プロダクションの遅れでツアー初日を延期 - 08月18日(金)12:46 

ケイティ・ペリーが木曜日(8月17日)、9月7日からスタート予定だった<Witness : The Tour>に関して、いい知らせと悪い知らせを伝えた。 ◆ケイティ・ペリ...
カテゴリー:

【芸能】上原多香子が絶体絶命?所属事務所もサジを投げた今後の芸能生活 - 08月17日(木)20:56  mnewsplus

元SPEEDの上原多香子(34)の出演中の舞台「『のど自慢』~上を向いて歩こう~」が、8月18日に千秋楽を迎える。8月10日発売の『女性セブン』(小学館)によって俳優・阿部力(35)とW不倫していた過去、それが原因で元夫のET-KING・TENNさん(享年35)が2014年に自殺したと報じられ、「上原多香子は舞台終了後、事実上の引退になる」(芸能プロ関係者)見込みだ。 「『女性セブン』では、TENNさんの遺書やスマートフォンの内容が公開され、そこには上原と阿部の不倫を匂わせる記述や、LINEで行っていた生々しいやり取り、2ショット写真...
»続きを読む
カテゴリー:

『PLL』シェイ・ミッチェル、『ゴシップガール』ペン・バッジリーと新作ドラマで共演 - 08月17日(木)19:10 

大反響のうちに幕を閉じた『プリティ・リトル・ライアーズ』でエミリー・フィールズを演じたシェイ・ミッチェルが、『ゴシップガール』のダン・ハンフリー役で有名なペン・バッジリーと新作ドラマで共演することが明らかになった。米Deadlineらが報じている。『You(原題)』というタイトルが付けられた新作スリラー・サスペンスドラマは、アメリカ人作家でジャーナリストのキャロライン・ケップ著書の同名スリラーが元になっている。『リバーデイル』や『THE FLASH/フラッシュ』などのヒット作を手掛けるグレッグ・バーランティと、『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』や『マジシャンズ』で知られるセラ・ギャンブルが製作総指揮を務める。ペンが演じるジョー・ゴールドバーグは、ニューヨークで本屋を営んでいる一人の男性。ジョーは、店で知り合った美しい女性作家ベック(エリザベス・ライル)に憧れるあまり、インターネットとSNSを駆使してストーカーと化す。そして彼女の生活にこっそりと入り込み、なんとか彼女の恋人になろうと、殺人を含むあらゆる手段を使っていく。シェイは同作で、ピーチ・サリンガーという裕福で情報通な女性を演じる。ピーチは、ベックの取り巻き集団を巧みに操り、ジョーに好意を寄せるあまりベックと対立するという役柄だ。またシェイは、Amore & Vita Productions という自身のプロダクシ...more
カテゴリー:

ウーマン村本、アメリカ進出を宣言「自分のネタで主義主張を唱えたい」 - 08月17日(木)18:02 

ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、8月20日(日)放送の『EXD44』(テレビ朝日系列、25:10~25:40)に出演。「アメリカ進出」を視野に入れていることを明かす。秋元康が明日のスター・ディレクターを育成すべく、企画監修を担当する同番組。テレ朝(=EX)のバラエティー番組の未来を担う若手ディレクター(=D)から、秋元が選抜したメンバー「EXD44」が毎週、映像コンテンツを制作。レギュラー出演者であるバカリズム、YOU、スタジオゲストから寸評をもらいつつ、放送終了後にはインターネットで動画配信して視聴者から率直なご意見・アドバイスをもらうなど、厳しい環境の下でEXD44が切磋琢磨していく。今回放送するのは、小松Dが企画する「村本vs人力舎スクール生 芸人論を勝手に講演会」。自他共に認める“炎上芸人”村本が、今回の講演会ではダーティーなイメージを一新。トガりきった「プロダクション人力舎」のスクール生&1年目芸人54人を相手に、生まれて初めて真剣に“芸人論”を熱く語る。そこで村本は「今の芸人はカッコ悪い」「テレビの家畜」など、痛烈な芸人批判を展開。しかし、講演を聞いている後輩芸人たちからは、村本に対する容赦ない反論が続々と浴びせられる。そんな中で、なんと村本からまさかの「アメリカ進出宣言」が飛び出す。テレビに出る芸人を批判しながらも、自分もそのひとりであることに対して葛藤があった村...more
カテゴリー:

もっと見る

「プロダクション」の画像

もっと見る

「プロダクション」の動画

Wikipedia

プロダクション (''production'')とは、生産すること、あるいは生産されたもののことである。派生して以下の意味になる。

  • 芸能プロダクション - 俗にいう「芸能界」における制作会社のこと。主に映画、放送、広告、音楽、出版等の分野に制作物を供給することを業務とする会社。出版・広告業界では編集プロダクション、制作会社(製作会社)とも呼ばれる。映画業界では慣例的に独立プロとも呼ばれる。一部の大手プロダクションにかぎり芸能人やタレントのマネジメント業務を平行して行う場合もあるが、あくまで制作(もしくは製作)が主たる業務であり、芸能人やタレントのマネジメントを専門とするエージェンシーやマネジメント会社とは区別される。興行や宣伝などを行うプロモーション会社もプロダクションとは区別される。
  • 制作プロダクション - 作品・著作物などの供給を業務とする会社。制作会社
  • プロダクション - オペラバレエ演劇ミュージカルなどの舞台制作のこと。また、その舞台で上演される、演出配役なども含めた全体のこと。
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる