「プロジェクト」とは?

関連ニュース

『AERA』 働く女性応援プロジェクト「ワーキングウーマンのための“新ライフマネジメント論”」@日本橋 3月14日(水)開催! - 02月23日(金)10:00 

[株式会社朝日新聞出版] 私たちは仕事に真剣になるあまり、何もかも抱え込みがちです。しかし、時間にもリソースにも限界があります。自分にとって大事なことをしっかりキャッチする「直観力」を鍛えることで、管理職として輝くこと、自...
カテゴリー:

若年層の市場トレンドを捉えた期間限定ブランドの開発プロジェクト「COSMETIC PRESS(コスメティックプレス)」を開始 ~第一弾「アイスクリームパーラーコスメティックス」3月20日(火)発売~ - 02月23日(金)10:00 

[株式会社資生堂] [画像1: https://prtimes.jp/i/5794/1087/resize/d5794-1087-370597-0.jpg ]  資生堂は、若年層の市場トレンドや流行の兆しをタイムリーに捉えた期間限定ブランドを開発するプロジェクト「COSMETIC PRESS(コス...
カテゴリー:

岐阜県:野菜摂取量全国1位目指す インスタや道の駅活用 - 02月23日(金)08:35 

 岐阜県は2018年度、県民の野菜摂取量全国1位を目指す運動を始動させる。ネット上の写真共有サービス・インスタグラムで野菜食の写真投稿を呼びかけたり、道の駅で記念切符を発行したり……。小皿1品分の野菜摂取増を目指し、あの手この手で新たな食環境づくりを提案する。題して「野菜ファーストプロジェクト」。【岡正勝】
カテゴリー:

テスラの「ヴァーチャル発電所」でオーストラリアを救え──世界最大の分散型電力システムは実現できるか - 02月23日(金)08:00 

テスラのソーラーパネルとバッテリーを利用した世界最大規模の「ヴァーチャル発電所」が、オーストラリアに“建設”されることになった。50,000戸の屋根にソーラーパネルを設置して余剰電力を送電網に送ることで、まるで巨大な発電所のように機能させる試みだ。この壮大なプロジェクトは、オーストラリア名物でもある「停電」を解消できるのか。
カテゴリー:

ピコ太郎が世界へ「忍者」発信、日本象徴するものに - 02月23日(金)07:41 

 ピコ太郎が22日、都内で「NINJA PROJECT」発表会見に出席した。エイベックスと「日本忍者協議会」がタッグを組み、忍者エンターテインメントを世界に発信するプロジェクト。  昨年は世界16カ国を訪れるなど、世界で活躍するピコ太郎…
カテゴリー:

代表 伊勢谷友介 株式会社リバースプロジェクトがニッポンレンタカーのユニフォームを13年ぶりにリニューアル 全国5,400人が着用開始 - 02月23日(金)10:00 

[株式会社リバースプロジェクト] [画像1: https://prtimes.jp/i/31185/2/resize/d31185-2-747312-1.jpg ] ■プロデュースの背景 近年、ドライバーの高齢化やインバウンド消費等、提供するサービスの在り方や求められるニーズの多様化、そしてグロ...
カテゴリー:

アッシュ・ペー・フランスと東邦レオがエシカルを軸に共同プロジェクト始動 - 02月23日(金)09:00 

 街づくりのトータルプロデュースとライフスタイル提案に取り組む東邦レオとアッシュ・ペー・フランスが共同で、エシカルを軸とした空間演出事業を創出するためのプロジェクト「ETHICAL MEET ENGAWA」を3月1日に開始する。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

【解説】中銀デジタル通貨発行、強力な政策効果 例えば1000円が1年後に990円に減るようにする すると!消費拡大 - 02月23日(金)08:26  newsplus

[東京 22日 ロイター] - ブロックチェーン技術(分散台帳技術)を応用すれば、デジタル通貨にマイナス金利やプラスの金利を付与することができ、現在の金融政策よりもダイレクトに効果が出る──。 中島真志・麗澤大学教授は、金融政策に新たな政策手段を加えることが可能との見方を示す。ただ、実現するまでには数多くのハードルをクリアする必要がありそうだ。 中島教授は、日銀に在籍し金融研究所に勤務していた際に、1990年ごろから始まった「電子現金プロジェクト」と呼ばれていたデジタル通貨の研究に携わった経験も...
»続きを読む
カテゴリー:

どれぐらいだと趣味といえるか?「趣味は仕事」はアリ? - 02月23日(金)08:00 

自分の趣味がコレだと即答できる人は案外少ないという。以前「教えて!goo」でも「趣味は?と聞かれて答えられない。どうしたらいい?」という記事で、言い出しにくい趣味をもっている場合の対処法、無趣味な人でもはじめやすい趣味について紹介した。そもそも趣味というのはどの程度であれば「これが趣味です」といえるのか。また、仕事中心の人生で「趣味は仕事」というのはどうなのだろうか。そこで前回に続き、大人のための趣味活サイト「シュミカツ!」を運営する株式会社セガゲームスの倉辻俊幸さんに話を聞いてみることにした。 ■年に1度行うことでも趣味と言えるのか どの程度の頻度で行えば、趣味といえるのか。たとえば、「趣味はカラオケです」といっても、カラオケに行くのが1年に1度の場合、それは趣味といえるのだろうか。 「趣味の意味は“個人が楽しみとしている事柄”です。頻度がいくら低くとも、自身の楽しみとしての活動であれば、堂々と自分の趣味と言ってよいでしょう。実際『シュミカツ!』のユーザーでも、年1回の旅行が趣味という方は多くいらっしゃいますし、頻度を問わず、趣味活動を楽しんでいる方が多く見受けられます」(倉辻さん) そもそも自分が楽しみにしていることが趣味であり、その頻度の多寡は問わない。これならば、いくつか当てはまるものがあるという人も多いだろう。 ■「趣味は仕事です」はどうなのか 日常生活を振り...more
カテゴリー:

「金も時間も損している」「コスト削ればいいという考えは無能」 人月単価が150万円の業者から70万円の業者に変えた結果がまるでイソップ童話 - 02月23日(金)07:30 

ソフトウェアやシステム開発では、1人が1か月で行う作業量=人月を単位に工数を費用に見積ることがありますが、技能の習熟度は数字には反映されないといった問題点があります。 ある『Twitter』ユーザーが、人月単価が150万円の業者から70万円の業者に変えた結果どうなったかをツイート。さまざまな議論が展開されていました。 人月単価150万のところに出したらめちゃくちゃ優秀で仕事早くて半月で終わったんですよ。でも人月を単価が高いと内部から文句が出て70万のとこに変えさせられた。結果、半年かかるようになった。 結果として70×6ヶ月で420万円かかったことになるこのケース。「トータルコストで考えると凄い無駄」「金も時間も損している」といった声や「低レベルなところでも仕事終ればいいけど、終わらない場合もある」と納期が間に合わなくなるといった反応があったほか、「工数と単価を切り離して考えるのはおかしい」といった意見も見られました。 別のユーザーは次のようにツイート。 自分も経験あるわー・・・というか直前の現場がそうだったわ。3月末までの予定が早く終わりすぎて1月末で切られた・・・でもって今無聊を囲っているわけですが。 「何でもコスト削ればいいという経営陣が無能」「どっちの方が単価が安いのかも分からないなら経営陣を変えた方がいい」といった声が上がっていたほか、「イソップ寓話みたいだ」といった...more
カテゴリー:

もっと見る

「プロジェクト」の画像

もっと見る

「プロジェクト」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる