「プレーオフ」とは?

関連ニュース

ゴルフ:52歳・米山剛がシニア初優勝 - 08月20日(日)23:43 

ファンケル・クラシック  男子ゴルフのシニアツアー、ファンケル・クラシックは20日、静岡県裾野市の裾野CC(7009ヤード、パー72)で最終ラウンドがあり、国内ツアー3勝の52歳・米山剛が、通算7アンダーの209で並んだ清水洋一、真板潔、スティーブン・コンラン(オーストラリア)、金鍾徳(キム・ジョンドク)=韓国=とのプレーオフを制し、シニア初優勝を果たした。優勝賞金1500万円を獲得した。
カテゴリー:

5人でのプレーオフを制した米山剛 念願のシニアツアー初優勝 - 08月20日(日)20:45 

<ファンケルクラシック 最終日◇20日◇裾野カンツリー倶楽部(7,106ヤード・パー72)> 国内男子シニアツアー「ファンケルクラシック」の最終日。この日13位タイから出た米山剛が、5人によるプレーオフを制し、シニアツアー初優勝を果たした。 悔し涙を流した松山英樹の全米プロ最終日をフォトギャラリーで振り返ろう! 2アンダー・13位タイからスタートした米山は、7バーディ・2ボギーの“67”をマークし、トータル7アンダーでホールアウト。その後、スティーブン・コンラン(豪州)、金鍾徳(韓国)、清水洋一、真板潔が7アンダーで並んだため、18番ホールの繰り返しによるプレーオフに突入。3ホール目で米山がイーグルを奪い、歴史に残る熱戦に終止符を打った。 「優勝ってスゴイですね。こんなこと室田さんとかはしょっちゅうやってるんですね」と話した米山。この勝利がシニアツアー参戦3年目にして念願の初優勝で、賞金1,500万円を手にした。「優勝することはやはり大変なんだとも思いました。シニアになって優勝することが夢でもあったし、目標でもあった。本当に感無量です」とコメントした。 ちなみに、2日目に7アンダーで首位に立った加瀬秀樹は、3つスコアを落とし4アンダーの13位タイ。大会3連覇を狙った室田淳は、1打差の6位で3日間の競技を終えた。 【関連リンク】 ・来期の出場権かけた厳しい戦の結果を見てみよ...more
カテゴリー:

男子ゴルフ:ファンケル・クラシック 米山がシニア初優勝 - 08月20日(日)16:10 

 男子ゴルフのシニアツアー、ファンケル・クラシックは20日、静岡県裾野市の裾野CC(7009ヤード、パー72)で最終ラウンドがあり、国内男子ツアー3勝の52歳・米山剛が通算7アンダーの209で並んだ清水洋一、真板潔、スティーブン・コンラン(オーストラリア)、金鍾徳(キム・ジョンドク)=韓国=とのプレーオフを制し、シニア初優勝した。優勝賞金1500万円を獲得した。
カテゴリー:

<速報>石川遼3日目のラウンドをスタート!1番ホールをパー発進 - 08月19日(土)21:01 

<ウィンダム選手権 3日目◇19日◇セッジフィールドCC(7,127ヤード・パー70)> 米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」の3日目。約4か月ぶりに決勝ラウンドに進んだ石川遼は、パットン・キザー(米国)とアウトコースからスタート。1番ホールをパーとしている。 松山英樹、無念の涙…全米プロの熱戦をフォトギャラリーで 石川の2日目終了時の順位は66位タイ。来季のシードとプレーオフ進出には2位以内が必要と厳しい条件だが、このムービングデーでどこまでスコアを伸ばせるか注目だ。 【関連リンク】 ・アーマーとシンプソンが首位に並び決勝Rへ 石川遼は4か月ぶりに予選を突破 ・石川遼 4か月ぶりの予選突破もノーバーディに「イライラしかない」 ・松山英樹は、いつ負けたのか 悔し涙の本当の意味 【舩越園子コラム】 ・「自分が強くなるために」苦境の今、石川遼が思うコト 独占インタビュー#1
カテゴリー:

アーマーとシンプソンが首位に並び決勝Rへ 石川遼は4ヶ月ぶりに予選を突破 - 08月19日(土)08:20 

<ウィンダム選手権 初日◇17日◇セッジフィールドCC(7,127ヤード・パー70)> 米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」は2日目の競技が終了。この日9つスコアを伸ばしたライアン・アーマー(米国)と6つ伸ばしたウェブ・シンプソン(米国)がトータル13アンダーでフィニッシュ。首位に並び大会を折り返した。 マキロイ&ガルシアが宇宙飛行士に!全米プロの会場に月面車が登場 1打差の3位に昨年の全英覇者ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)、2打差の4位タイにオリー・シュナイダージャン(米国)とボーン・テーラー(米国)が入った。 石川遼はこの日ノーバーディ・1ボギーの“71”でフィニッシュ。スコアを1つ落としたがトータル3アンダー66位でギリギリ予選を通過。約4ヶ月ぶりに決勝ラウンドに進出した。来季の出場権とプレーオフ進出には2位以上に入ることが条件。状況は厳しいが、なんとかチャンスは残した。 岩田寛はこの日4つスコアを落しトータル4オーバーでフィニッシュ。139位タイで予選落ちとなった。 【関連リンク】 ・ウィンダム選手権のスコア速報 ・石川遼、ナイスカムバックで18位発進!今季自己ベスト“66”をマーク ・石川遼が語る コーチの必要性とネットでの批判的なコメントについて ・石川遼の正直な気持ち 今の自分は「すごい小さく感じる」
カテゴリー:

【サッカー/W杯予選・豪州戦】日本は「王手」も、2分けならアウトの可能性大 最近、相手が日本を全然リスペクトしなくなり、苦戦する試合が増加 - 08月20日(日)21:27  mnewsplus

W杯予選オーストラリア戦。「王手」と言いつつ、実は危ういハリルJ ■ヤバイぞ、アジア最終予選5~杉山茂樹×浅田真樹(前編)  ロシアW杯アジア最終予選もいよいよ残り2試合。日本は8月31日にホームでオーストラリアと、9月5日(日本時間6日)にアウェーでサウジアラビアと対戦する。  8試合終了時点でのグループBの順位は、1位日本(勝ち点17)、2位サウジアラビア(16)、3位オーストラリア(16)、4位UAE(10)、5位イラク(5)、6位タイ(2)。 すでにUAE以下は脱落が決まっており、日本、サウジアラビア...
»続きを読む
カテゴリー:

米山が初優勝=シニアゴルフ - 08月20日(日)18:45 

 男子ゴルフのシニアツアー、ファンケルクラシックは20日、静岡県の裾野CC(パー72)で最終ラウンドが行われ、米山剛が日本シニアツアー初優勝を果たした。この日67で回った米山は通算7アンダーの209で清水洋一、真板潔、スティーブン・コンラン(オーストラリア)、金鍾徳(韓国)と並び、5人によるプレーオフを3ホール目で制した。 3連覇を狙った室田淳は1打差の6位。前日首位の加瀬秀樹は4アンダーの13位だった。 [時事通信社]
カテゴリー:

ヘンリク・ステンソンが単独首位に 66の石川遼は33人抜きの33位タイでフィニッシュ! - 08月20日(日)07:31 

<ウィンダム選手権 3日目◇19日◇セッジフィールドCC(7,127ヤード・パー70)> 米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」は、3日目の競技を終了。この日4つスコアを伸ばしたヘンリク・ステンソン(スウェーデン)が、トータル16アンダーで単独首位に立った。 米国ツアーの激闘をフォトギャラリーで振り返ろう! 1打差の2位タイには、2日目に首位タイだったウェブ・シンプソン(米国)のほか、この日スコアを5つ伸ばしたケビン・ナと4つ伸ばしたオリー・シュナイダーヤンズ(ともに米国)の3人が並んだ。 3アンダー・66位タイから出た石川遼は、8バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“66”でフィニッシュ。スコアを4つ伸ばし、トータル7アンダー・33位タイと順位を上げた。来季の米国ツアーのシード獲得と、この試合の翌週から始まるプレーオフ進出には2位以上に入ることが条件。厳しい状況が続くが、最終日の猛チャージに期待したい。 【関連リンク】 ・石川遼の順位は何位?リーダーボードで確認だ! ・石川遼が語る コーチの必要性とネットでの批判的なコメントについて ・石川遼の正直な気持ち 今の自分は「すごい小さく感じる」 ・石川遼がドライバーのシャフトを45→43.5インチに変更、その意図は?
カテゴリー:

マキロイがプレーオフ第1戦の出場を表明、フェデックス・カップ連覇目指す - 08月19日(土)10:30 

【8月19日 AFP】男子ゴルフ、世界ランク4位のロリー・マキロイ(北アイルランド)が、次週から始まる米国ツアーのフェデックス・カッププレーオフ第1戦、ノーザントラスト・オープンに出場し、プレーオフ総合連覇を目指すことを表明した。≫続きを読む
カテゴリー:

ボヌッチ、ミランで公式戦デビュー…ELプレーオフで大勝に「正しい方向へ進んでいる」 - 08月18日(金)14:31 

ELプレーオフ1stレグで、ミランはマケドニア1部のシュケンディヤと対戦。圧巻のゴールショーを見せた。
カテゴリー:

もっと見る

「プレーオフ」の画像

もっと見る

「プレーオフ」の動画

Wikipedia

プレーオフ英語:''Playoff'')とは、スポーツ競技における通常の順位決定方式の後に行われる試合のこと。「プレイオフ」ともいう。

概説

プレーオフは、通常の試合による一連の順位決定戦が行われた後に行われる試合のことで、通常の順位決定戦の予備的な方法で優勝者を決める試合や、さらなる上位の試合への出場権を争うときに予備的に行われる試合を指す。プレーオフでは、通常の順位決定法とは異なる方式で優劣を決めるため、対戦方式や結果がしばしば問題になる。

プロスポーツでは、通常の順位決定戦(レギュラーシーズン)よりも、プレーオフの方が注目度も収益性も高いため、プレーオフを、予備ではなく予め行われることにしていることがある。この場合、レギュラーシーズンの消化試合を少なくするため、プレーオフ出場枠を増やす方法がとられることもある。また、興行的にプレーオフの試合が多くなると、「予備」の意味とはかけ離れてくるため、「ポスト・シーズン・ゲーム」と呼ぶこともある。

通常の順位決定戦において、成績1位の者(またはチーム)が複数出る可能性がある方式の場合、競技者同士が話し合って、より多くの競技者が優勝賞金を得られるよう意図的に横並びにする危険がある。そのため、成績1位の者(またはチーム)が複数出た場合、優勝賞金を得られる優勝者(または優勝チーム)を絞り込むプレーオフが行われる。この場合のプレーオ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる