「プレーオフ」とは?

関連ニュース

SR開幕! サンウルブズは今週末ホーム開幕戦へ - 02月19日(月)17:00 

世界最高峰のプロリーグ『スーパーラグビー2018』が2月17日に開幕。ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズやニュージーランド勢、オーストラリア勢に先立ち、南アフリカで開幕戦がキックオフを迎えた。昨季準優勝のライオンズが、『スーパーラグビー2017』プレーオフ準々決勝の再現となったシャークスを26-19で下せば、南アフリカカンファレンス1・1位で8強入りしたストーマーズもアルゼンチン代表を主体とするジャガーズに28-20で勝利。南アの2強が順調なスタートを切った。【チケット情報はこちら】(PC)3年目のチャレンジとなるサンウルブズは今季、本気でトップ5をターゲットにする。1年目はわずか1勝、昨季は2勝するにとどまったサンウルブズにとって、とてつもなく高いハードルとなるが、決して大風呂敷を広げているわけではない。ヘッドコーチにジェイミー・ジョセフHCが就任。指揮官も腹を決め、日本代表との二刀流を決断した。メンバーも充実。NO.8リーチ マイケルを筆頭にWTBレメキ ロマノ ラヴァやLO姫野和樹ら、日本代表のキーマンたちの初参戦も叶った。WTB山田章仁が初年度に続き、サンウルブズに復帰するのも心強い。日本代表メンバーだけではない。SOヘイデン・パーカーにPRクレイグ・ミラーなど、実力者も呼び寄せた。ジョセフHCも「これまでよりももっと強い顔ぶれが揃った」と自信を持つ布陣になったのだ。...more
カテゴリー:

厳しい米ツアーを生き抜くバッバ・ワトソンのサバイバル術【舩越園子コラム】 - 02月19日(月)12:25 

<ジェネシス・オープン 最終日◇18日◇リビエラCC(7,322ヤード・パー71)> 今年の「ジェネシス・オープン」は開幕前からタイガー・ウッズ(米国)に大きな注目が集まり、ロサンゼルス郊外の名門リビエラCCには大勢のファンが詰め寄せた。 【連続写真】レフティモンスター、バッバ・ワトソンの最新スイング 残念ながらウッズは予選落ち。それでもウッズはラウンド後に毎日練習ができたこと、湧き出るアドレナリンを感じながら戦えたことは「ここ数年、やりたくてもできなかったことだ」と小さな前進に満足の笑顔を見せた。 かつては勝つためだけにプレーし、「2位なんて、なりたくもない」と吐き捨ててコースを去っていったウッズだが、そんなかつての王者ですら、長い戦線離脱を経た現在は、小さな前進に喜びを感じる状況にある。 今大会3日目を終えて単独首位に立ったバッバ・ワトソン(米国)が、こんなことを言った。 「先週の優勝者(テッド・ポッターJr.)は今週は予選落ちだね。彼のように久しぶりに勝ってたくさんの祝福を受けると、それから4日後の次の試合でも、まだ優勝気分でティアップする。でも、人々の注目はあっという間に前週の優勝者ではなく別の選手に移っている。僕がメジャーで優勝したときも、そうだった。米ツアーの動きは目まぐるしい。でも、僕らはその中で踏みとどまり、しがみつくしかない」 メジャー14勝のウッズも...more
カテゴリー:

久光製薬、JTが3位以内=男子のパナソニックも-バレー・ファイナル6 - 02月17日(土)19:30 

 バレーボールのプレミアリーグは17日、津市産業スポーツセンターなどでプレーオフのファイナル6が行われ、女子はレギュラーラウンド1位の久光製薬と同2位のJTが3連勝で3位以内を確定させ、ともにファイナル3以降のラウンド進出を決めた。 久光製薬はNECを3-1で下し勝ち点13、JTはデンソーを3-0で破り、同12。東レはトヨタ車体に勝った。 男子はパナソニックがサントリーにストレートで勝ち3連勝。勝ち点14として3位以内が決まった。JTは豊田合成を3-1で破り、東レはジェイテクトにフルセットの末、競り勝った。 [時事通信社]
カテゴリー:

シード選手の貫禄!岡山絵里が逆転勝利 【グアム知事杯最終日】 - 02月16日(金)17:18 

<グアム知事杯女子ゴルフトーナメント 最終日◇16日◇レオパレスリゾートCC> 「第16回グアム知事杯女子ゴルフトーナメント」を制したのは、参加選手のうち唯一のシード権を持つ岡山絵里だった。 若手プロの登竜門・グアム知事杯女子ゴルフトーナメント ライブフォトはこちら! 初日同様、強風とティフトン芝に苦戦し、スコアを落とす選手が続出。そのなかで岡山は「バーディを獲りたいという欲はなく、とりあえずグリーンに乗せてパーを獲ろうと思っていたら、60台が出せた」とスコアを伸ばす。最終日は4バーディを奪い「69」。トータルイーブンパーとし、劉書吟とのプレーオフに持ち込んだ。 3年連続となるプレーオフ。1ホール目はともにパー。2ホール目は岡山がピンそば2メートルのバーディチャンスにつけ、決着するかに思えたが「緊張していました。自分のパターの悪いところが出ちゃいましたね。打ち切れないんですよ。ヘタだなと思いました(笑)」とパーでプレーオフは継続。迎えた3ホール目、パーでまとめた岡山に対し、劉はダブルボギーとなり、勝負が決した。 プロ入り後2度目のプレーオフだった岡山は「3ホールやったけど、楽しかったです」と満面の笑顔。岡山が優勝を決めた瞬間、藤田光里、大西葵ら岡山と仲のいい選手が駆け寄り「ウォーターシャワー」で祝福。「初めてのウォーターシャワー、めっちゃうれしかったですね。みんな同じ立場な...more
カテゴリー:

岡山絵里が3ホールのPO制す 藤田光里は30位T - 02月16日(金)14:57 

<グアム知事杯女子ゴルフトーナメント 最終日◇16日◇レオパレスリゾートCC> グアムのレオパレスリゾートCCで行われている「グアム知事杯女子ゴルフトーナメント」。全選手が最終日の競技を終え、この日3アンダーをマークした大会唯一の賞金シード選手・岡山絵里とスクービー・リュウ(台湾)がトータルイーブンパー・首位タイでフィニッシュし、決着は3年連続となるプレーオフへともつれ込んだ。 【関連】グアムよりLIVE配信!最終日の撮りたて最新フォト プレーオフは18番・パー4の繰り返しで行われた。1ホール目、2ホール目をともにパーとして迎えた3ホール目、このホールを4パットのダブルボギーとしたリュウに対し、きっちりとパーであがった岡山に軍配。3ホールに及ぶ延長戦を制し、18年初勝利を果たした。 3打差3位タイにホステスプロの村田理沙、井上りこ、脇元華、野澤真央ら8人が入った。また、村田と同じくホステスの藤田光里は7つスコアを落とし、トータル11オーバー・30位タイで大会を終えている。 【最終結果】 優勝:岡山絵里(E)※プレーオフ 2位:スクービー・リュウ(E) 3位T:村田理沙(+3) 3位T:井上りこ(+3) 3位T:脇元華(+3) 3位T:野澤真央(+3) 3位T:保坂真由(+3)他 【関連リンク】 ・畑岡奈紗が上位浮上!米女子ツアー第2戦のリーダーボード ・覚醒間近のショッ...more
カテゴリー:

「グアム知事杯女子ゴルフトーナメント2018」を開催いたしました ~プレーオフまでもつれ込む接戦を制し、岡山絵里選手が優勝~ - 02月19日(月)15:00 

[レオパレス21] 本大会最終日は晴天に恵まれたものの、時折吹く強い風に各選手が悩まされ、スコアが伸び悩む難しいコンディションとなりました。耐えるゴルフを如何に出来るかがポイントとなる中、唯一のシード選手でもある岡山...
カテゴリー:

満島真之介がバスケ愛&NBAを語る「自分の中でバスケは衣食住と同じくらいの存在」 - 02月18日(日)08:00 

幼少期から地元・沖縄でバスケットボールと共に時間を過ごし、さらに今シーズンは、ニューヨークにまで足を運んでNBAを観戦するなど、バスケを深く愛している俳優・満島真之介。今回、NBAやバスケットボールへの思い、そして日本時間2月19日(月)に開催されるNBAオールスターゲームの見どころなどを、たっぷりと語ってもらった。 【写真を見る】NBAのスター選手と日本代表の戦いが見たい!バスケへの溢れる思いを熱弁/(C)WOWOW ――NBAでイチ推しのチームや選手はいらっしゃいますか? すごくいい選手が増えてきて、いろいろな視点からNBAを見ていることもあって、一人を挙げるのは非常に難しいです。今のNBAは、ヨーロッパを中心に世界中の素晴らしいプレーヤーが集まっていて、彼らは母国に帰るとその国のNo.1プレーヤー。そういう意味で、地域や人種を超えたスポーツがバスケであり、NBAだと感じています。なかなかイチ推しの選手を挙げるのは難しいですね。 その中でも、ジェームス・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)には注目しています。プレーオフに向けてチームをここからどうやって押し上げて、上に導いて行くのか。自分と同じ左利きですしね。逆に、アンソニー・デイビス(ニューオリンズ・ペリカンズ)は可哀想です。本人は素晴らしい活躍ですが、相棒のデマーカス・カズンズが大ケガで今シーズン絶望。チームの状況を色々と考え...more
カテゴリー:

バスケット:トヨタのベック監督退任 - 02月16日(金)17:56 

 バスケットボール女子のWリーグ、トヨタ自動車は16日、ドナルド・ベック監督の退任を発表した。理由は家族の事情による。今後はコーチを務めているダンカン氏が指揮を執る。今季は21勝5敗と好調で、既にプレーオフ進出を決めている。(共同)
カテゴリー:

<中間速報>山口すず夏は通算2アンダーに後退 畑岡奈紗は5差暫定5位 - 02月16日(金)15:35 

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇16日◇クーヨンガGC(6,599ヤード・パー72)> オーストラリアのクーヨンガGCにて行われている米国女子ツアー第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」2日目。全選手が前半の競技を終え、初日に4アンダー・3位タイ発進を見せた17歳のアマチュア・山口すず夏はスコアを2つ落とし、後半12番終了時点でトータル2アンダー・15位タイに後退している。 【関連写真】グアムはプレーオフで決着!現地よりLIVE写真を配信中 トータル10アンダー・単独首位にコ・ジヨン(韓国)。3打差2位にエマ・タリー(米国)が、4打差3位タイに日本ツアー通算15勝の申ジエ、ユ・スンヨン(ともに韓国)続いている。 今季2戦目の畑岡奈紗はこの日4連続を含む6つのバーディを奪い、トータル5アンダーで現在単独5位につけている。トータル3アンダー・7位タイに2016年覇者の野村敏京、トータル2アンダー・15位タイにアマチュアの吉田優利。 今季初戦の横峯さくらは11ホールを消化し、トータルイーブンパー・38位タイ。渡邉彩香はトータル8オーバー・118位タイで最終ホールをプレー中。上原彩子はトータル6オーバー・99位タイで2日目の競技を終えている。 【関連リンク】 ・ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目のスコア速報 ・山口すず夏...more
カテゴリー:

ANA CUP 第42回 日本ハンドボールリーグ プレーオフ リーグの頂点を決める熱戦を独占生中継! - 02月16日(金)12:00 

[J SPORTS] 日本ハンドボールリーグは今シーズン新たに女子2チームが参戦し、男女共に試合数を増やすなど2020年の東京五輪に向け様々な強化策を進めています。代表選手の多くが国内リーグに所属しているため、その頂点を決め...
カテゴリー:

もっと見る

「プレーオフ」の画像

もっと見る

「プレーオフ」の動画

Wikipedia

プレーオフ英語:''Playoff'')とは、スポーツ競技における通常の順位決定方式の後に行われる試合のこと。「プレイオフ」ともいう。

概説

プレーオフは、通常の試合による一連の順位決定戦が行われた後に行われる試合のことで、通常の順位決定戦の予備的な方法で優勝者を決める試合や、さらなる上位の試合への出場権を争うときに予備的に行われる試合を指す。プレーオフでは、通常の順位決定法とは異なる方式で優劣を決めるため、対戦方式や結果がしばしば問題になる。

プロスポーツでは、通常の順位決定戦(レギュラーシーズン)よりも、プレーオフの方が注目度も収益性も高いため、プレーオフを、予備ではなく予め行われることにしていることがある。この場合、レギュラーシーズンの消化試合を少なくするため、プレーオフ出場枠を増やす方法がとられることもある。また、興行的にプレーオフの試合が多くなると、「予備」の意味とはかけ離れてくるため、「ポスト・シーズン・ゲーム」と呼ぶこともある。

通常の順位決定戦において、成績1位の者(またはチーム)が複数出る可能性がある方式の場合、競技者同士が話し合って、より多くの競技者が優勝賞金を得られるよう意図的に横並びにする危険がある。そのため、成績1位の者(またはチーム)が複数出た場合、優勝賞金を得られる優勝者(または優勝チーム)を絞り込むプレーオフが行われる。この場合のプレーオ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる