「プラージュ」とは?

関連ニュース

スガシカオ 曲作り中のメモ公開、ファンから期待の声続出 - 06月22日(木)13:51 

歌手のスガシカオ(50)が曲作り中のメモを公開し、話題を呼んでいる。 スガは、 「メロディが、行きたいとこに行けない」 「そんな夜は、諦めて寝るべし」 というコメントとともに、コードなどが細かく記された、曲作りの途中と思われるメモを公開。 これを見たファンからは、Twitterに「寝るべし!寝るべし!寝るべし!」と休むことを促す声や、「わあ~、こういうの公開してくださるってファンにとっては お宝です~」と興奮する声のほか、 「新曲めちゃ楽しみにしています!」 「どんな曲なんだろう…思わずコードを読んでしまいました」 などという声が寄せられ、ますます新曲への期待の声が高まっているようだ。 スガは5月にCMソングにもなっている『雨ノチ晴レ』『ハッピーストライク』の2曲を配信限定でリリース。同月、自身のデビュー20周年を記念した「スガフェス!」というライブイベントを主催し、Mr.Childrenやポルノグラフィティら豪華なゲストアーティストらと共に、昼夜を通して熱いステージを繰り広げた。 また、今夏にはWOWOWで放送される星野源(36)主演のドラマ、『連続ドラマW プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~』への出演も決まっていたりと、幅広く活動中である。 【関連記事】 ・「メロディが、行きたいとこに行けない . そんな夜は、諦めて寝るべし」(スガシカオオフィシャルブロ...more
カテゴリー:

インド映画で活躍する日本人の女性撮影監督に密着 語りは中谷美紀 - 06月18日(日)06:00 

 女優の中谷美紀が、WOWOWオリジナルドキュメンタリー『ノンフィクションW カメラを持ったミューズ~インド映画 撮影監督・中原圭子~』(18日 後9:00)のナレーションを担当。収録後に番組の見どころを語った。 【番組写真】インド映画界で活躍する撮影監督の中原圭子氏  今回の“主人公”である中原圭子氏は、インド映画界で活躍する唯一の外国人女性撮影監督。年間映画製作本数が1200本以上というインド。映画産業の拠点都市ムンバイはハリウッドをもじって“ボリウッド”と呼ばれるほど、映画製作が盛んだ。日本でインド映画といえば、ダンスシーンの印象だが、いまはシリアスなヒューマンドラマの人気が高く、中原氏は女性ボクサーの伝記映画『Mary Kom(原題)』で注目される存在となった。  インド映画のトレンドにこたえる、中原の真骨頂である自然光を活用した繊細な映像と、20キロを超えるカメラを担いで俳優の間を動き回る撮影手法が彼女の武器。しかし一方で、人気撮影監督になったいまでも、彼女はインド映画界で外国人女性というマイノリティー。厳しい現実にさらされながらも、日本人らしいしなやかさと女性独特の感性でボリウッドを支える“ミューズ”として輝く、中原氏の創作現場に、番組は密着した。  中谷は「同じ映画界に携わる者として感銘を受けました。芝居を撮ろう、ストーリーを表現しようという中原さんの姿勢、た...more
カテゴリー:

上川隆也、2年ぶり池井戸作品主演 WOWOW『アキラとあきら』 - 06月16日(金)18:00 

 俳優の上川隆也が、WOWOWの『連続ドラマW  アキラとあきら』(7月9日スタート、毎週日曜 後10:00)に出演することが明らかになった。原作は『下町ロケット』や『半沢直樹』シリーズなどの池井戸潤氏。上川にとっては、『花咲舞が黙ってない』シリーズ(日本テレビ)以来、2年ぶりの池井戸作品だが、「以前に務めさせていただいた『花咲舞が黙ってない』とはテイストを大きく異にする作品でもありますし、短い時間ですがその時とはまた違った心地よく刺激的な現場の緊張感を味わいながら過ごさせていただきました」と話している。 【写真】主役のふたりの“あきら”  大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬(かいどう・あきら/向井理)。父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻ろうされながらも、理想を育んだ山崎瑛(やまざき・あきら/斎藤工)。2人の人生は、何かに導かれるように交差する。幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する人生の選択。反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折…。同ドラマは、人生のキーワードを盛り込みながら、バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に、「アキラとあきら」のドラマを描く。  上川が演じるのは、終盤のクライマックスで命運をかけた階堂と山崎の二人の前に立ちはだかるキーマン、沢渡裕行。「ある種のキーマンとしてこの作品に関われたこ...more
カテゴリー:

【芸能】<石田ゆり子>「奇跡のアラフィフ」「奇跡の47歳」ドアップでこの可愛さ!ファン「清潔感半端ないっす」「少女のようです」 - 05月30日(火)12:27 

  「奇跡のアラフィフ」「奇跡の47歳」などと呼ばれ、その美しさが注目されている女優の石田ゆり子が29日、自身のInstagramでドアップの自撮りらしき写真を公開し「可愛すぎる」と反響を呼んでいる。  石田はこの投稿で、「真夏のような日差し。髪を切りました すこし」と報告。やや短くなった髪がよくわかる正面からのショットをお披露目した。写真の石田は、化粧っ気を感じさせない顔で無邪気にウインク。年齢を感じさせない美しさがアピールされている。  ファンからは「どうしてそんなに可愛いのですか」「清潔感半端ないっ...
»続きを読む
カテゴリー:

星野源『おげんさんといっしょ』ギャラクシー賞・月間賞 - 06月20日(火)10:00 

 音楽家・俳優・文筆家など、さまざま分野で活躍する星野源の地上波初冠番組として5月4日にNHK総合で放送された『おげんさんといっしょ』が、NPO放送批評懇談会主催のギャラクシー賞5月度月間賞を受賞することが発表された。 【画像】おげんさんちの家族紹介  同番組は、東京・渋谷にある「おげんさんの家」を舞台に、星野扮する“おげんさん”とネズミ(CV:宮野真守)が、「音楽」をテーマに、高畑充希、藤井隆、細野晴臣ら多彩なゲストと共に、自由に語り、歌い踊るまさに“音を楽しむ”、型破りな内容で生放送を敢行。多くの視聴者からツイッター等のSNSで反響を呼び、大きな盛り上がりをみせた。  ギャラクシー賞は、日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀な番組、個人、団体を顕彰するために1963年に創設された賞。星野は『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティとして番組史上初となる、『第54回ギャラクシー賞』ラジオ部門DJパーソナリティ賞を受賞したばかりだが、今回はそれに続く受賞となった。  星野は現在、初の全国アリーナツアー、星野源 LIVE TOUR 2017『Continues』を開催中。昨年リリースした大ヒットシングル「恋」から約10ヶ月ぶりとなるニューシングルを8月16日にリリース。WOWOWで放送される主演ドラマ『連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウ...more
カテゴリー:

2017年夏の新ドラマ一挙紹介! 土曜&日曜編 - 06月17日(土)13:00 

7月から、いよいよ各局夏クールのドラマがスタート。ことしの夏クールのドラマは全28本。今回はその中から土曜&日曜の10作品を紹介する。 【写真を見る】池井戸潤作品でW主演を務める向井理(中央左)と斎藤工(中央右)/(C)WOWOW ■ 土曜 錦戸亮&松岡茉優の”お仕事ホームコメディー”がスタート! 「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~」(7月15日[土]スタート、毎週土曜夜6.05-6.43、NHK総合)●NHK連続ドラマ初主演のユースケ・サンタマリアが、やもめ役を演じるラブコメディー。死別した妻を忘れられない碌太郎(ユースケ)のために、娘・悦子(平尾菜々花)が立ち上がる。悦子は担任教師・政子(村川絵梨)や、デパートの販売員・鏡子(門脇麦)を候補に父の花嫁探しを開始する。 「アシガール」(9月23日[土]スタート、毎週土曜夜6.05-6.43、NHK総合)●森本梢子の同名漫画が原作の戦国ラブコメディー。脚力だけが取りえの女子高校生・唯(黒島結菜)は、ひょんなことからタイムマシンで戦国時代にタイムスリップしてしまう。そこで出会った領主の若君(健太郎)に恋をしてしまった唯は、若君を守るために”足軽”となって戦場を駆け巡る。 「ウチの夫は仕事ができない」(7月8日[土]スタート、毎週土曜夜10.00-10.54[初回は10.00-11.04]、日本テレビ系)●錦戸亮と松岡茉優が夫婦役で初共演...more
カテゴリー:

第71回トニー賞は「ディア・エヴァン・ハンセン」が最多6部門受賞! WOWOWで6月17日(土)字幕版を放送 - 06月13日(火)14:16 

6月11日(現地時間)にアメリカ・ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで「第71回トニー賞授賞式」が開催された。 今回の最多受賞は、対人コミュニケーション障害を持つ男子高校生を描いた「ディア・エヴァン・ハンセン」がミュージカル作品賞、ミュージカル主演男優賞、オリジナル楽曲賞(映画『ラ・ラ・ランド』を手掛けたベンジ・パセックとジャスティン・ポールが楽曲を担当)など、6部門を受賞。 また、演劇作品賞は「オスロ」、演劇リバイバル作品賞は「ジトニー」、ミュージカル・リバイバル作品賞は「ハロー・ドーリー!」が獲得。演劇主演女優賞にはローリー・メトカーフ(「人形の家 パート2」)が受賞し、初ノミネートのケイト・ブランシェットは惜しくも受賞を逃した。 ミュージカル主演女優賞を受賞したベッド・ミドラー(「ハロー・ドーリー!」)は、感謝の言葉が止まらずに退場を促す音楽が流れるのを「音楽を止めてよ!」と制してコメントを続けるなど、授賞式を大いに盛り上げた。 世界最高峰とされる授賞式パフォーマンスでは、司会のケヴィン・スペイシーによるオープニングのパロディから始まり、歌や踊り、物まねで会場を沸かした。 さらに「ディア・エヴァン・ハンセン」の出演者たちによる圧巻のパフォーマンス、「カム・フロム・アウェイ」「ミス・サイゴン」「ファルセットズ」「ハロー・ドーリー!」「バンドスタンド」など話題作のパフ...more
カテゴリー:

「プラージュ」の画像

もっと見る

「プラージュ」の動画

Wikipedia

プラージュ()はフランス語砂浜浜辺の意味を表す名詞英語のbeachに相当する。転じて以下のように用いられる。

io:Plajo (homonimo)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる