「ブーム」とは?

関連ニュース

日本の 「韓流ブーム」再燃に期待  韓国人になりたい若い女の子が急増 - 12月17日(日)15:07  news

2017年12月16日、日本の「韓流ブーム」再燃に期待する声が韓国内で高まっている。 韓国メディアは「韓国人になりたい若い女の子が急増」と報道。 韓国のガールズグループ「TWICE」(トゥワイス)が年末のNHK紅白歌合戦に出場することや、 韓国製の化粧品が人気を集めていることも紹介している。 韓国・SBSテレビは「韓国人になりたいと思っている日本女性が急増している」との7日付の日本のネットニュースが話題を集めている、と報じた。 それによると、インスタグラムの「#韓国人になりたい」では7000件以上がヒットし、「#...
»続きを読む
カテゴリー:

旅行や出張の満足度、空港や世代・フライトの満足度に相関関係 コンカー調査 - 12月17日(日)12:05 

コンカーは、旅程アプリ「TripIt from Concur」のデータから、どの要素が旅行や出張の満足度に関係があるのかを調査し、結果を公表した。 2016年から2017年にかけて、アメリカ国内で利用された575,000以上のフライト後の評価データを解析すると、旅行者・出張者の居住地や訪れた空港、世代の違いと、フライトの「満足度」との間に相関関係があることが分かった。 1983年から1999年生まれのミレニアル世代が最も旅行や出張を楽しんでおり、その次は1946年から1964年生まれのベビーブーム世代だった。最も旅行や出張を楽しんでいないのは1965年から1976年生まれのジェネレーションXだった。 ホノルル在住の旅行者や出張者が全米で最も満足度が高いことがわかったほか、フェニックス、ナッシュビル、タンパなど南部の街も多くトップ10入りした。さらにハブ空港よりローカル空港のほうが満足度が高いこともわかっている。最も満足度が高いのは、到着はシカゴ/ミッドウェー、出発はダラス/ラブフィールドだった。
カテゴリー:

「ONIBUS COFFEE」が愛される理由を探ってきた。 - 12月17日(日)10:59 

お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、私がインタビューを熱望したのは「ONIBUS COFFEE」のオーナー、坂尾篤史さん。初めてお会いしたのは、2017年の春。仕事でブラジルのコーヒー農園を見てきて帰国したばかりの頃でした。ちょうどそのタイミングだったので、名前の由来を知ったときは、コーヒーとそれに関わる人々への深い想いを感じたのを覚えています。大工で培った職人スピリッツ─── まず、ちょっとビックリしたんですが、このクッキー、数日前テレビで紹介されているのを見ました! 実はあとで買いに行こうと思っていたんですが、まさかここで出会えるとは…。「このクッキーを作っているの、僕の友だちなんです。『SAC about cookies』っていうお店なんですけど。訪日韓国人の間で、このクッキーをうちのコーヒーカップに乗せてインスタグラムを撮るのが流行っている、ってワールドビジネスサテライトで紹介されたんですよね」─── 今日も来ているお客さんのほとんどが外国人ですが、どうして「ONIBUS」はこんなに外国人の間で人気になったんですか?「韓国・中国は、有名なインスタグラマーやインフルエンサーの人たちが紹介してくれたことがきっかけですね。アメリカ人はニューヨークタイムズで、ヨーロッ...more
カテゴリー:

あなたの知らない缶詰ワールド! 缶詰博士が魅力を紹介します - 12月17日(日)06:00 

[めんたいワイド- 福岡放送] 2017年12月5日放送の「特報THEスライドショー」では、缶詰について取り上げました。この日は、缶詰博士の黒川勇人さんが魅力や歴史などを紹介しました。缶詰は、1871年(明治4年)に長崎県で、日本で初めて製造されました。この時は、いわしの油漬け(今でいうオイルサーディン)の試作が行われていました。そんな缶詰ですが、今は魚の水煮ブームで、多くの缶詰が出ています。水煮というと水で煮たと思われていますが、実は塩水と魚を缶詰に入れて密封し、加熱したもの。そのため、骨まで軟らかくなっていて食べやすいのです。九州には隠れた名品あり九州には面白い缶詰がいくつかあります。その中からいくつか紹介されました。1つめは、「がめ煮(一番食品)」(864円)。全国では筑前煮と呼ばれています。食材によってゆで時間を変えているため、自宅で煮たような食感になっています。2つめは「熊本アヒージョ このしろ(漱石)」(648円)。このしろという魚を使った缶詰は史上初で、とても珍しいものです。豪華列車「ななつ星 in 九州」でも提供されている程の味わいになっています。3つめが「たくあんシリーズ(宮崎・道本食品)」(330円)。このお店は漬物の老舗で、独自開発で缶詰を作りました。缶詰ですが、パリパリとした食感も残っていて、大根の風味もしっかりとしています。たくあんの缶詰って必要なのかなと...more
カテゴリー:

【IT】「高校生はもうLINEを使っていない」高校生がLINE離れしてインスタに向かう理由 - 12月16日(土)23:34  bizplus

「高校生はもうLINEを使っていない」 取材先でそう耳にする機会が増えた。企業のプロモーション担当者は、どのSNSで若者にアプローチをするか頭を悩ませている。 実際に高校生や20代の女子に聞くと、「気付いたらLINEを使わなくなった」と“LINE離れ”を口にする。 「LINEが久しぶりに鳴ったかと思ったら、『広告かよ』って」(27歳女子) もはやLINEを通じた企業の宣伝は、逆効果のようだ。 彼女たちがアクティブに使うのは、もっぱらインスタグラム(Instagram)だ。「インスタのDM(ダイレクトメッセージ)で連絡を取るように...
»続きを読む
カテゴリー:

テレビではなく、女子中高生たちが自ら作った2017年のK-POPブーム JK「TwitterとYouTubeで情報集める - 12月17日(日)15:05  news

https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/japannewkpop?utm_term=.okprgmjG5k#.edbBWgorZG テレビではなく、女子中高生たちが自ら作った2017年のK-POPブーム TWICE、BLACKPINK、BTS、SEVENTEEN... 高校野球で春夏連覇を狙った大阪桐蔭は、スタンドで応援する吹奏楽部も全国大会の常連だ。 甲子園では毎回新曲を投入することで知られるが、今年披露したのが、K-POPグループTWICEの「TT」だった。 TWICEは、曲の振り付けの“TTポーズ”が女子高生の間で人気となり、今年に入りメディア露出が増加しさらにファン層を広げて...
»続きを読む
カテゴリー:

旅行や出張の満足度、空港や世代・フライトの満足度に相関関係 コンカー調査 - 12月17日(日)12:05 

コンカーは、旅程アプリ「TripIt from Concur」のデータから、どの要素が旅行や出張の満足度に関係があるのかを調査し、結果を公表した。 2016年から2017年にかけて、アメリカ国内で利用された575,000以上のフライト後の評価データを解析すると、旅行者・出張者の居住地や訪れた空港、世代の違いと、フライトの「満足度」との間に相関関係があることが分かった。 1983年から1999年生まれのミレニアル世代が最も旅行や出張を楽しんでおり、その次は1946年から1964年生まれのベビーブーム世代だった。最も旅行や出張を楽しんでいないのは1965年から1976年生まれのジェネレーションXだった。 ホノルル在住の旅行者や出張者が全米で最も満足度が高いことがわかったほか、フェニックス、ナッシュビル、タンパなど南部の街も多くトップ10入りした。さらにハブ空港よりローカル空港のほうが満足度が高いこともわかっている。最も満足度が高いのは、到着はシカゴ/ミッドウェー、出発はダラス/ラブフィールドだった。
カテゴリー:

実写化ブームが止まらない 『銀魂』『ハガレン』2017年コミック実写化を振り返る - 12月17日(日)07:20 

 引き続きコミックの実写化ブームが巻き起こっている日本映画界。2017年もたくさんの人気コミックが実写映画となって登場した。今年のブームを語る上で欠かせないのが、映画『銀魂』の成功。原作ファン、原作未読の観客をも引き込んで、興行収入35億円を突破する大ヒットを記録した。また『ジョジョの奇妙な冒険』『鋼の錬金術師』といった、伝説的コミックの実写化も話題に。締めくくりとして、“コミックの実写化 2017”を振り返ってみたい。【関連】2017年話題の実写映画を振り返る<フォトギャラリー> 実写化ブームが止まらない。日本の漫画の質が高く、愛されているからこそ、これほどに拡大し続けているわけだが、ファンが多ければ多いほど、原作ファンをも納得させるのは至難の技。そんな中、『銀魂』では“くだらなさを真剣に描く”という原作の魅力と、福田雄一監督の持ち味が見事に合致し、映画冒頭から観客を魅了。小栗旬、菅田将暉、橋本環奈をはじめとするキャスティングも発表されるごとに歓喜の声が上がるなど、原作ファンも夢中になった。大ヒットを受けて、続編の製作も決定。『銀魂』の実写化成功は、日本映画界にとっても大きな希望となった。 福田監督は、『斉木楠雄のΨ難』でも観客を笑いの渦に巻き込んだ。山崎賢人がコメディ映画初主演を果たし、ピンク頭に緑のサングラス姿で新境地にトライ。また『銀魂』で鼻ホジ&ゲロ吐きを披露した橋本環奈...more
カテゴリー:

『THE MANZAI』支える3つのたまり場 漫才師たちの舞台裏に潜入 - 12月17日(日)06:00 

 人気・実力を兼ね備えた漫才師たちがとっておきのネタを披露する“年に一度の漫才の祭典”『Cygames THE MANZAI 2017 プレミアマスターズ』(フジテレビ系 後7:00~10:24)が、きょう17日に放送される。1980年代に『MANZAIブーム』を巻き起こした伝説の番組が、『M-1グランプリ』の終了を受けて2011年にコンテスト形式として“復活”。『M-1』が復活した15年からは現在の形式となった。漫才師にとって憧れの舞台である『THE MNZAI』ネタ前の雰囲気はどうなっているのか。その舞台裏に迫った。 【カット写真】M-1王者として『THE MANZAI』に出演したとろサーモン  今回は「THE MANZAIマスター」としてウーマンラッシュアワー、海原やすよともよ、おぎやはぎ、キャイ~ン、銀シャリ、サンドウィッチマン、タカアンドトシ、チュートリアル、テンダラー、トレンディエンジェル、とろサーモン、ナイツ、中川家、NON STYLE、博多華丸・大吉、爆笑問題、ハマカーン、パンクブーブー、矢野・兵動、笑い飯(※五十音順)らに加えて、漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2017』(ABC・テレビ朝日系)で優勝したお笑いコンビ・とろサーモンも緊急参戦する。  漫才師たちは、ネタを披露するまでに3つの「たまり場」を通る。最初は、出演者たちのパネルが貼られた壁の前に机と...more
カテゴリー:

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/12/16号:モストデンジャラスシネマグランプリ『モンスタープロジェクト』 - 12月16日(土)23:00 

ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。 今週は、先週に引き続き特集上映MDGP(モスト・デンジャラス・シネマ・グランプリ)より『モンスター・プロジェクト』が公開に。“自称・モンスター”を募集するインチキ番組の収録で巻き起こる、恐ろしい超常現象を描きます。こちら、一時期大ブームとなったPOV(主観映像)の作品。好き嫌いがわかれるPOVホラーですが、暗視カメラの映像にどうにもワクワクしてしまうのは『REC』世代ゆえでしょうか? 気になったアナタは今作の予告編もぜひチェックを! 後半のスピーディーな畳み掛けがたまりません。 MDGP上映作品は上映回数がかなり限られていますので、劇場の上映スケジュールをよくお確かめの上お出かけくださいね。それでは今週も行ってらっしゃい! 『モンスター・プロジェクト』 12月16日公開 <ストーリー> 映像プロデューサーのデヴォンが立ち上げた、ネットコンテンツ「モンスタープロジェクト」。自らを“怪物”だという視聴者を募集する、インチキ心霊番組だ。応募してきたのは、“吸血鬼”“スキンウォーカー”“悪魔”。月食の夜、不気味な廃屋を舞台に3人へのインタビューは開始されるが、不可解な超常現象がデヴォンたちに襲いかかる――。 上映館:ヒューマントラストシネマ渋谷ほか リンク:映画公式サイト ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ブーム」の画像

もっと見る

「ブーム」の動画

Wikipedia

ブーム()は、 英語

一般
  • 英語擬音語日本語の「ブーン」とか「ドカン」などの爆発的な音のこと。
  • 流行のこと。上記の英語の擬音から派生。
棒状の構造物 楽曲

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる