「ブーム」とは?

関連ニュース

【仮想現実】売上が伸び悩むVRヘッドセット、なぜ売れないのか…価格が高くコンテンツが少ないことや「単純に興味がない」人も多く★3 - 05月22日(月)23:49 

 仮想現実(VR)のブーム到来へ期待は大きかったものの、ヘッドセットの売り上げが伸び悩んでいる。なぜ売れないのかが、問題だ。  調査会社スーパーデータ・リサーチによれば、VRヘッドセットの販売額は2016年に14億8000万ドル(約1640億円)に達した。 同社は2020年にその額が126億5000万ドルに達すると試算しているが、ゴールはまだまだ遠い。予想販売額は下方修正されたものだが、それでもここまでの伸びを見せるか疑問は残る。  デジタル・マーケティング調査会社のスライブ・アナリティクスは3月、VRヘッドセットの購入を...
»続きを読む
カテゴリー:

【仮想現実】売上が伸び悩むVRヘッドセット、なぜ売れないのか…価格が高くコンテンツが少ないことや「単純に興味がない」人も多く★2 - 05月22日(月)21:05 

 仮想現実(VR)のブーム到来へ期待は大きかったものの、ヘッドセットの売り上げが伸び悩んでいる。なぜ売れないのかが、問題だ。  調査会社スーパーデータ・リサーチによれば、VRヘッドセットの販売額は2016年に14億8000万ドル(約1640億円)に達した。 同社は2020年にその額が126億5000万ドルに達すると試算しているが、ゴールはまだまだ遠い。予想販売額は下方修正されたものだが、それでもここまでの伸びを見せるか疑問は残る。  デジタル・マーケティング調査会社のスライブ・アナリティクスは3月、VRヘッドセットの購入を...
»続きを読む
カテゴリー:

【仮想現実】売り上げが伸び悩むVRヘッドセット、なぜ売れないのか…価格が高くコンテンツが少ないことや「単純に興味がない」人も多く - 05月22日(月)19:05 

 仮想現実(VR)のブーム到来へ期待は大きかったものの、ヘッドセットの売り上げが伸び悩んでいる。なぜ売れないのかが、問題だ。  調査会社スーパーデータ・リサーチによれば、VRヘッドセットの販売額は2016年に14億8000万ドル(約1640億円)に達した。 同社は2020年にその額が126億5000万ドルに達すると試算しているが、ゴールはまだまだ遠い。予想販売額は下方修正されたものだが、それでもここまでの伸びを見せるか疑問は残る。  デジタル・マーケティング調査会社のスライブ・アナリティクスは3月、VRヘッドセットの購入を...
»続きを読む
カテゴリー:

ビギナーにオススメしたい 5つのグリーンショップ【前篇】 - 05月22日(月)16:55 

その道のプロフェッショナルと一緒に、あなた好みのグリーンライフを探してみましょう。ユニークかつこだわりのある“理想に出会える”お店を紹介します。 【写真を見る】一点でも映える個性的な植物に出会えるお店 ■ KNOCK by GREEN FINGERS 自分のセンスに自信がなかったら、迷わずこのお店に行ってほしい。世界で活躍するプラントアーティスト・川本 諭さんによるセレクトショップで、ここ数年のグリーンブームを牽引してきた。一般的なお店では取り扱いの少ない植物を中心に、個性的な顔ばかりがそろい、水染みのある木箱やサビ付いたアイアンのラックなど、味のあるインテリアと共にディスプレイされている。「われわれが提案する植物は、このインテリアと同じように“経年変化を楽しめる”ものです。インドアグリーンは、剪定したり、矯正したり、人工的に形を整えていることが多いのですが、この子たち(植物)は生き物ですから、自由にさせてあげるのが一番いいと考えています。ありのままを受け入れると、どんどん個体差が出てきて、育てるおもしろみが生まれてくるんですよ」とスタッフの鈴木さんは笑顔で語る。確かに、ここに並ぶ植物は、純粋に美しいというよりは、オブジェの感覚に近い。部屋に一つ置くだけでも存在感があり、部屋の印象を大きく変えてくれそうだ。同じ品種でもまるで印象が違うので、ビビビッと運命的な出会いがあるかもしれない...more
カテゴリー:

棚橋弘至選手「インテリな部分が出てしまいました」報道番組に初出演! - 05月22日(月)15:51 

新日本プロレスの棚橋弘至選手とブシロード木谷高明会長が、5月28日(日)放送の『津田大介日本にプラス』マンスリースペシャル(CSテレ朝チャンネル2、10:00)に出演。同番組は、“ソーシャル・メディアのカリスマ”津田大介がメインキャスターを務めるテレビ朝日制作の報道番組だ。今回は、“プロレス女子”も急増、画期的改革を断行し、大復活した新日本プロレスの立役者である2人に、大復活の秘密について、「リング上と経営改革」という2つの視点から迫る。カリスマ、アントニオ猪木が設立し、ちびっ子のヒーローとなった初代タイガーマスクなど、1980年代にテレビのゴールデンタイムで視聴率20%を超え、圧倒的人気を誇ったものの、2000年代に主力選手の相次ぐ退団や総合格闘技ブームなどで“冬の時代”を迎えた新日本プロレス。それが今、29歳のIWGPヘビー級王者、プロレス界にカネの雨を降らせる男・オカダ・カズチカ、制御不能のIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也、新日本プロレスを冬の時代から支え続けたエース・棚橋選手……といった人気レスラーが集結し、“プロレス女子”と呼ばれる女性ファン、家族連れ客などが急増、売上高もどん底だった時期から3倍増(32・4億円)にまでV字回復した。その理由はなにか?番組では、新日本プロレスの春の後楽園ホール大会、両国国技館大会の激闘を取材。そこで、プロレスを観に来る女性客、...more
カテゴリー:

【革命グルメ】ご飯にジャムをつける「ジャム飯」が激ウマだぞ! 騙されたと思ってやってみろ!!!!!!!!! - 05月22日(月)22:41 

フルーツを煮詰めて作るジャムはパンとの相性が最高だ。食パンのトーストに塗ってもいいし、ジャムパンもウマい。ヨーグルトや手作りのお菓子に入れてもいいだろう。 ・ご飯に乗せる「ジャム飯」がマジウマ! そんなジャムをホカホカのご飯に乗せる「ジャム飯」(じゃむめし)が、密かなブームになってきていることを皆さんはご存知だろうか。パンにつけるだけがジャムではない。ご飯とだって抜群の相性を発揮できるのだ。 ・「ジャム飯」開発者のコメント 「もともとは普通に、パンにジャムを塗って食べようとしていたのですが、...
»続きを読む
カテゴリー:

吉田類、イベントでも酒を飲む ほろ酔で主演作語る - 05月22日(月)19:43 

 人気長寿番組『吉田類の酒場放浪記』(BS-TBS)で一躍有名となり、大衆酒場ブームを牽引する“酒場詩人”吉田類が22日、都内で行われた映画『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』(6月10日公開)の完成披露飲み会イベントに出席。ひと足早く劇場へ足を運んだ観客と共にお酒を飲みながら撮影秘話に花を咲かせた。  乾杯の音頭を取った吉田は「映画館にお酒を持って入るのは初めてだけど、良いものだね」と笑顔。徐々に飲むペースも上がり「顔には出ないけど、舌が回らなくなる」と話し、トーク合間に“おかわり”も。まるで酒場のようなアットホームな雰囲気で吉田から上機嫌にダジャレが飛び出すと、会場からは笑いが沸き起こっていた。  吉田の演技経験は、2015年放送のTBSドラマ『下町ロケット』で小泉孝太郎の父親役で出演して以来、2作目。今作で銀幕デビューを果たし、客席に向けて「ほろ酔いになりながら観ていただけたらうれしい。お酒を飲むことは楽しいことだと知ってもらいたい」と、ジョッキ片手にアピールした。  イベント終盤には、自身もすっかりほろ酔い気味になり「(舌が回りはじめて)聞きづらい?」と笑い飛ばす一幕も。同席した伊藤淳史、松本妃代、長尾直樹監督と共にお酒にまつわるエピソードを赤裸々に話しつつ、最後には主題歌「時代おくれ」を気持ち良さそうに歌い上げていた。  同映画は、「居酒屋チャンス」「どつぼ酒場」...more
カテゴリー:

インディーゲームの祭典『A 5th of BitSummit』が閉幕 『BitSummitアワード』に12作品が選出される - 05月22日(月)17:30 

日本のインディーゲームを世界へ発信することを目的に2013年に立ち上がったイベント『BitSummit』。第5回のイベント『A 5th of BitSummit(フィフス オブ ビットサミット)』が5月20日(土)から21日(日)の2日間、京都・みやこメッセで開催されました。 昨今の日本のインディーゲームシーンの活況を生み出し、数々の注目作品がいち早くお披露目されてきた同イベント。今年は約101組のインディーゲーム開発者が作品を出展し、最終日には8部門にわたって『BitSummitアワード』が選出されました。 例年、大賞として発表される朱色賞(VERMILION GATE AWARD)はPixel Perfexの『EARTH ATLANTIS』が受賞。この記事では、全受賞作品に加え各部門のノミネート作品も併せてご紹介します。 VERMILION GATE AWARD A 5th of BitSummitの中でもっとも優秀な作品に贈られる賞 Pixel Perfex『EARTH ATLANTIS』 http://bitsummit.org/2017/projects/648/?lang=ja http://pixel-perfex.com/ Earth Atlantis(YouTube) https://youtu.be/dFctvmkPdKg 受賞理由: 日本的ゲームの古典といえ...more
カテゴリー:

もう枯らさない!「植物」と上手に付き合うためのエトセトラ - 05月22日(月)16:55 

動物のように動きはしませんが、植物も生き物。“うっかり枯らしてしまう”なんてことがないよう、部屋へ迎え入れる前に彼らを「知る」ことが重要です。 【写真を見る】観葉植物はマイナスイオンを作り出す! ■ 植物の魅力ってなぁに? 「植物=癒し」だけではありません。「インテリア」としてはもちろん、時には植物から生き方を学ぶこともあります。 1.部屋に彩りを与える グリーンブームの中心は、植物を室内インテリアとして取り入れる“インドアグリーン”と呼ばれるもの。部屋のアクセントとして、オシャレな空間づくりに欠かせません。 2.マイペースな生き方 植物は仕事をしませんし、時間にも追われていません。自分のスピードで生活し、伸びやかで自由。そんな彼らを見ていると、もっと肩の力を抜いて生きねばという気分になります。 3.空気清浄効果がある 観葉植物はマイナスイオンを作り出し、私たちをリラックスさせてくれます。また、有害物質を吸収する「エコプラント」を持っており、あらゆる危険から守ってくれるのです。 ■ どこへ行けばセンスのいい植物に出会える? 植物の種類も千差万別。ものによっては部屋が野暮ったい印象になってしまうので、インテリアとして取り入れることを想定した、観葉植物や多肉植物を中心に扱うお店を選びましょう。センスのいいお店は、インテリアと関連性の高いディスプレイが特徴です。多くは、鉢に至るまで...more
カテゴリー:

子鉄のための新雑誌! 子ども図鑑<鉄道専門誌な入門誌『鉄道KING』創刊 - 05月22日(月)15:30 

『旅と鉄道』『SINRA』といった雑誌の発行元である出版社・株式会社天夢人では、子どもから大人まで、鉄道ファンの好奇心と知的欲求に応える、新しい鉄道雑誌『鉄道KING』を発刊した。価格は780円(税込)。 これまで子ども向けの鉄道本といえば、車両図鑑や幼児向けの絵本がほとんどで、逆に大人向けの鉄道趣味雑誌では専門用語も多く、入門書としてはハードルが高すぎるというマーケット事情があった。そのため同社では、おもに対象年齢を小学生から中学生を想定して、鉄道好きな子どもたちの「なぜ?」「どうなってるの?」と思う好奇心や探究心、「もっと知りたい」という知的欲求に応える雑誌として本誌を創刊したという。 最新の鉄道情報を取り上げつつ、鉄道運行の仕組みや裏舞台、仕事の現場をクローズアップするなど、大人目線の情報をわかりやすくお届けするという『鉄道KING』。創刊号では、待望のデビューを果たした2つのクルーズトレイン、JR東日本「トランスイート四季島」とJR西日本「トワイライトエクスプレス瑞風」を取り上げるほか、速さ、安全性、快適さに注目した新幹線のヒミツを大特集。人気のドクターイエローのヒミツにも、精密なスケルトンイラストで詳しくせまる。 特別綴じ込み付録には、首都圏&京阪神エリアの鉄道路線図ポスターが付く。JRと私鉄をテーマカラーで色分けして、すべての駅名に読み仮名がふってあり、分か...more
カテゴリー:

もっと見る

「ブーム」の画像

もっと見る

「ブーム」の動画

Wikipedia

ブーム()は、 英語

一般
  • 英語擬音語日本語の「ブーン」とか「ドカン」などの爆発的な音のこと。
  • 流行のこと。上記の英語の擬音から派生。
棒状の構造物 楽曲

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる