「ブロンズ」とは?

関連ニュース

「右脳」が鍛えられそうなブロンズ像 - 01月20日(土)17:00 

私の勝手なイメージかもしれないけど、ブロンズ像ってこう「ビシッ!」と決まっているものだと。一体、この像は何を意味しているんだろう?ちょっと「右脳」が鍛えられそうな作品を見てみよう。あなたの想像力で、「 」に入る言葉を埋めてみて 男:「             」 鳥:「             」 青いTシャツの男:「             」 お尻まる出しな人:「             」 クマ:「             」お尻まる出しな人(その2):「             」 お尻まる出しな人(その3):「             」 そもそも、アートって?これらの作品の生みの親であるファインアーティストのFredrik Raddum。どれも思わずツッコミを入れたくてウズウズしてしまうものばかり。制作した理由を聞いてみたところ、答えは返ってこなかった。 でも、返事がなかったことが、返事なような気がしてしまった私。「この像の意味を考えてみろ」と、彼からの無言のメッセージではないかと、勝手に深読みをしてみたのだ。 そもそも、アートには表現する自由があるし、観た人たちにとっても感じることや解釈の自由があっていいものだと思う。Fredrikのユーモアある像は、観る側の“想像力を刺激”してくれるような気がしない?【TABI LABOのsarahahが...more
カテゴリー:

英高級百貨店ハロッズ、ダイアナ元妃と恋人の像を返還へ - 01月14日(日)17:52 

【1月14日 AFP】英ロンドンの老舗高級百貨店ハロッズは13日、故ダイアナ元英皇太子妃と恋人だったドディ・アルファイド氏のブロンズ像を店内から撤去しドディ氏の父親でハロッズの前経営者モハメド・アルファイド氏に返還すると発表した。≫続きを読む
カテゴリー:

【いつか泊まりたい vol.1】バスルームのせいで、きっと連泊したくなる「The Cabochon Hotel」 - 01月11日(木)21:00 

バンコクには定期的に行っている(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみることを、ひとつのルールにしている。 でも、「The Cabochon Hotel(カボション ホテル&レジデンス)」だけは、一歩足をふみ入れたものなら、滞在中ずっと泊まりたくなってしまうと思う。   すベてはこのバスルームのせいで。白いタイルの壁に大理石風な床の組み合わせは、べつに珍しいものじゃない。そこにでんっとたたずむブロンズのバスタブが、私をこの空間の虜にした。 入り心地なんて、この際どうでもいい。「ここにいるわたし」っていう、女子らしさ全開の発想で、とにかくここに泊まりたい。 朝、9時くらいに起きて、朝ごはんを食べたら、お散歩 & ショッピングへ。バンコクは本当に暑いから、3時くらいにバテて、トゥクトゥクでいったんホテルへ帰る。そしたらバスルームへ直行!サイドテーブルにはお水とフルーツを用意して、ちょっとぬるめのお湯がたまったバスタブにつかりながら、iPadで映画を観て(とにかくハッピーなやつ)。それが終わったらシャワーを浴びて、バスルームを出る。 髪の毛を乾かして、お化粧したら、ちょうど6時くらい。そこから夜の街へ繰り出す──。 こんな映画みたいな時間の過ごし方を、飽きるまでくり返したい。 The Ca...more
カテゴリー:

高級デパート「ハロッズ」、ダイアナ妃とドディの記念像の行方は? - 01月16日(火)17:10 

1834年創業という長い歴史を持つロンドンの老舗デパート「ハロッズ」は、ロンドン市内の有名な観光地の一つだ。英国内最大の売り場面積を誇る豪華な建物のみならず、店内に設置されているダイアナ元妃と恋人ドディ・アルファイド氏の記念碑も、観光客の撮影スポットとして人気を集めている。 【写真を見る】未だに賛否両論!ダイアナ妃とドディを模したブロンズ像がこちら/写真:SPLASH/アフロ ところが先日、ハロッズの現取締役が「ダイアナ元妃とドディの記念像を店舗から撤去し、アルファイド氏に返却する」と発表。今やロンドン名物の一つとなった記念像は、近い将来ハロッズから姿を消すことになるようだ。 1997年8月、ダイアナ元妃と当時の恋人、ドディが交通事故で死亡し、悲報が世界中を駆け巡った。時を置かずして、ドディの父で、当時ハロッズのオーナーだったモハメド・アルファイド氏は、2人の写真の入った記念碑をハロッズ店内に設置。英王室はこの行為に憤慨したが、弔意を示す人々は引きも切らず、メモリアル・コーナーは人気の観光スポットとなった。 2005年には、ダイアナ元妃とドディが手を取り合って走る姿のブロンズ像「汚れなき犠牲者」が新たに設置された。「安っぽい」「悪趣味」といまだに悪評だが、こちらも撮影スポットとして人気を集めている。その5年後、ハロッズはカタールの政府系投資機関に売却され、アルファイド氏は引退。現在...more
カテゴリー:

【静岡市VS浜松市】富士山の大パノラマからメルヘンな森まで…フォトジェニック名所対決! - 01月12日(金)12:29 

2017年を象徴する言葉になった「インスタ映え」。昨今は、写真を撮ることを目的におでかけをする人も増えてきている。そこで、静岡県の2大都市である静岡市と浜松市のフォトジェニックスポットを6つご紹介!写真を撮りに足を運びたいのは、どちらの市のスポット? 【写真を見る】金ぴかの「金の濃厚抹茶ジェラート」(900円) ■ 【静岡市】富士山と海を一望する「清水港ベイクルーズ」 静岡市でまずオススメしたいのが、海と富士山の大パノラマを楽しめる「清水港ベイクルーズ」(静岡市清水区)だ。 クルーズ船に乗って、日本3大美港の一つに数えられる清水港を優雅に周遊!3階の360度パノラマデッキから世界遺産の富士山と三保の松原を同時に眺めることができ、その絶景をカメラに収めればインスタ映え間違いなしだ。 天気のいい日はデッキに出て、潮風に吹かれながら富士山を撮影しよう。 船内の売店では生ビールやコーヒーなども販売。11:30と13:00の便のみで楽しめる弁当、船弁(要予約)も人気がある。 ■ 【静岡市】インパクト大の金箔ジェラート!「小柳津清一商店 おやいづ製茶本店」 「小柳津清一商店 おやいづ製茶本店」(静岡市駿河区)は、製茶問屋の老舗「小柳津清一商店」が、2017年春に本社に併設した店舗だ。全8種類のジェラートを販売しているが、なかでも一番目をひくのが「金の濃厚抹茶ジェラート」(900円)! 最高級...more
カテゴリー:

「ブロンズ」の画像

もっと見る

「ブロンズ」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 青銅...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる