「ブロック塀」とは?

関連ニュース

民家の塀に衝突、67歳男性死亡 横手市安本の県道 - 09月14日(木)11:52 

 14日午前6時20分ごろ、秋田県横手市安本の県道で、美郷町金沢西根、会社員佐藤順一さん(67)の軽乗用車が道路脇の縁石に乗り上げた後、民家のブロック塀に衝突した。佐藤さんは横手市内の病院に搬送された…
カテゴリー:

ブロック崩壊 ババア、挟まれ死亡 - 09月10日(日)22:35  news

10日午前8時35分ごろ、沖縄県宜野湾市内の民家で、隣接する敷地で解体していたブロック塀が崩れ、この家に住む84歳女性が下半身を挟まれる事故があった。女性は骨盤骨折などのけがを負い、病院へ搬送されたが、同日午前10時53分に死亡が確認された。 宜野湾署によると、事故現場では同日午前8時半ごろから、作業員3人がショベルカーを使って塀の解体作業をしていた。 作業開始直後、何らかの理由で解体していた塀が女性宅側に崩れ、側にいた女性が下半身を挟まれたという。 同署が解体作業方法に問題がなかったかな...
»続きを読む
カテゴリー:

【三重】飲酒運転の車が歩道に突っ込み2人死傷 逮捕された男(25)「ぶつかってから気付いた」…名張市 - 09月04日(月)12:33  newsplus

飲酒運転の車が歩道に突っ込み2人死傷 逮捕の男「ぶつかってから気付いた」 三重 9/4(月) 12:25配信 4日朝早く、三重県名張市の市道で飲酒運転の車が歩道に突っ込み、 男性1人が死亡、1人が重傷となっています。 4日午前5時半ごろ、名張市つつじが丘北の市道で、 センターラインをはみ出したワンボックスカーが反対側の歩道に乗り上げ、男性2人をはねました。 ワンボックスカーは住宅のブロック塀に突っ込んで停まり、 歩道にいた永田忠生さん(63)が頭を強く打って死亡、60歳の男性が重傷です。 警察は呼気から...
»続きを読む
カテゴリー:

【気象】台風18号、最大瞬間風速31.4m 宮古島沖を西寄りに進路、連休は九州直撃 19号も発生 [画像-09/13 10:00] - 09月13日(水)10:42  newsplus

台風18号 最大瞬間風速31.4m!連休は九州直撃 19号も発生 2017年09月13日 10時21分 http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21913.html 台風18号に続いて19号も発生(気象衛星ひまわり8号/気象庁)  強い台風18号は13日午前10時現在、宮古島沖を西寄りにゆっくり進んでいる。 今週末には非常に強い勢力に発達して東シナ海に抜けたのち、Uターンして九州に向かうと見込まれており、 三連休中、西日本では大雨や大荒れになるおそれがあるとして、気象庁が早めの警戒を呼びかけている。 また南シナ海で発達中の熱帯低気...
»続きを読む
カテゴリー:

【沖縄】ブロック塀に下半身挟まれ女性死亡 宜野湾市 - 09月10日(日)22:06  newsplus

10日午前8時35分ごろ、沖縄県宜野湾市内の民家で、 隣接する敷地で解体していたブロック塀が崩れ、この家に住む84歳女性が下半身を挟まれる事故があった。 女性は骨盤骨折などのけがを負い、病院へ搬送されたが、同日午前10時53分に死亡が確認された。 宜野湾署によると、 事故現場では同日午前8時半ごろから、作業員3人がショベルカーを使って塀の解体作業をしていた。 作業開始直後、何らかの理由で解体していた塀が女性宅側に崩れ、側にいた女性が下半身を挟まれたという。 同署が解体作業方法に問題がなかった...
»続きを読む
カテゴリー:

【鹿児島】パトカー追跡の車 衝突し男性重傷 志布志市志布志町志布志の市道で - 08月28日(月)08:41  newsplus

27日午前1時5分頃、志布志市志布志町志布志の市道で、志布志署のパトカーに追跡されていた 南さつま市の自称自営業男性(40)の乗用車が道路脇のブロック塀に衝突、パトカーも乗用車に接触した。 男性は左足を骨折するなどの重傷を負った。 パトカーを運転していた同署の男性巡査(20歳代)と同乗の男性警部補(40歳代)にけがはなかった。 発表によると、乗用車のナンバー灯が消えていたため、パトカーが停止を求めたところ逃走した。 そのまま約2キロにわたって追跡していたという。 同署は「追跡には問題はなかった...
»続きを読む
カテゴリー:

「ブロック塀」の画像

もっと見る

「ブロック塀」の動画

Wikipedia

ブロック塀 (ブロックべい) とは、コンクリートブロックで造られた

概要

一般住宅でよく見られるブロック塀には、コンクリートブロックC種(120×190×390mm)(150×190×390mm)が用いられる。構造は基礎(I型、L型、T型)の上に、モルタルを充填しながらブロックが積み上げられる。ブロックの内部には縦横方向にそれぞれ所定の間隔で鉄筋が配される。また装飾性、風通しの点で使われる穴あきブロックを透かしブロックといい、頂部に使われるブロックはかさ木ブロックと呼ばれる。なおブロック塀が作られるようになったのは第二次世界大戦後である。

1952年にJIS規格。

ブロックの積まれ方には地域の特色が現れる場合もある。例えば沖縄では交互(うま)に積まれているのが一般的だが、他の地方ではあまり見られない。透かしブロックは様々な意匠のものが販売されている。

透かしブロックのいろいろ

File:Concrete block 01.jpg File:Concrete block 02.jpg File:Concrete block 03.jpg File:Concrete block 04.jpg File:Concrete block 05.jpg File:Concrete block 06.jpg File:Concrete block 07.jpg File:Concrete block 08.jpg File:Concrete block 09.jpg File:Concrete block 10.jpg File:Concrete block 11.jpg File:Concrete block 12.jpg File:C...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる