「ブロックチェーン技術」とは?

関連ニュース

仮想通貨の決済導入店、店側にはメリットなし? 世界初のICO開業店に聞いてみると… - 02月18日(日)15:53 

昨年から、ビットコインを中心とした仮想通貨ブームがかつてない熱を帯びている。ブロックチェーン技術向上にも期待が持たれる中、「通貨」としての使い勝手はどうなのか。ICOで店舗開業をした飲食店の話を聞いた。 ◆送金技術の発展でICOによる開業出店も可能に?  昨年11月に開店した東京・赤坂のバー「サンタルヌー」はICOで実現した世界初の飲食店。支払い可能通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、ネム、バイトボールの6種類だ。  店主の佐藤庸介氏は「もとは名古屋初のベルギービールバーとして9年営業していました。そのうち仮想通貨好きの客が集まる店として話題になり、東京でやってみてはどうかと言われICOをしたらすぐに集まったんです」と話す。  まさに時流に乗った形だが、利便性の点から仮想通貨で決済をする客はまだ少ない。佐藤氏も仮想通貨決済導入のメリットは、店の特徴として打ち出せる以外に現時点で特に感じていないという。 「メリットがあるとすれば、値上がり。ただ、値上がり分にも課税されるので税金の計算がとても面倒です。店がこれを運用に回すのも、法律で禁じられていますし。ライトニングネットワーク(低コストで少額を迅速に送金できる技術)の実装までは待ちですね」  送金技術問題が解決されるにつれ、ICOで開業する飲食店も増えていくのかもしれない。 取材・文/カシハラ@姉御 ...more
カテゴリー:

ブロックチェーン技術は社会をどう変革するか--8つの事例にみる - 02月17日(土)08:00 

ブロックチェーン技術は、中央リポジトリを持たず、セキュアなかたちで分散型の台帳を構築できるという点で、さまざまな応用が期待されている。
カテゴリー:

剛力彩芽が仮想通貨取引所「zaif」のCMに登場 - 02月16日(金)09:06  news

テックビューロ株式会社は、女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM 「ビットコインするならZaif ?ハピネス篇?」(15秒)を本日16日より全国にて放映を開始いたします。 またYouTube等での長編やメイキング動画の配信も予定しています。 仮想通貨やブロックチェーン技術への社会の注目が高まると同時に、仮想通貨取引所への 関心も日々増しております。その中で一般消費者へ向け、当社が運営する仮想通貨取引所 「Zaif」の安全への取組について知っていただき、さらにはサービスの認知向上、そして 業界全体のイメージ向上を目指...
»続きを読む
カテゴリー:

NEC、「世界最速」ブロックチェーン技術を開発 毎秒10万件超の取引が可能に - ITmedia NEWS - 02月15日(木)16:58 

NEC、「世界最速」ブロックチェーン技術を開発 毎秒10万件超の取引が可能に - ITmedia NEWSNECは、200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録が可能なブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発したと発表した。「ビジネス用途でのブロックチェーンの本格的な活用を加速する技術」としている。 NECは2月15日、取引記録に参加するノード数200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録が可能なブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発したと発表した。世界規...
カテゴリー:

NEC、毎秒10万件以上の取引可能なブロックチェーン技術を開発 - 02月15日(木)15:36 

NECおよびNEC欧州研究所は2月15日、取引記録に参加するノード数200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録性能を達成するブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発したことを発表した。
カテゴリー:

ビットコインで1週間生活してみた――使用のたびに手数料が1300円超、大暴落に振り回され… - 02月17日(土)08:52 

昨年から、ビットコインを中心とした仮想通貨ブームがかつてない熱を帯びている。ブロックチェーン技術向上にも期待が持たれる中、「通貨」としての使い勝手はどうなのか。記者が1週間実践してみた結果、前半4日間は口座開設に一苦労したり、会計トラブルで20分以上待ちぼうけをくらったり……と踏んだり蹴ったりの状況だった。はたして5日目以降はどうなるのか? ◆ビットコインが使える貴重なラーメン屋へ…5日目  5日目(1月14日・日曜日)、ビットコイン決済が可能なギフト券販売サイト「amaten」で買ったnanacoをドコモ口座を経由しモバイルSuicaに変換完了。これでようやく電車に乗れるようになった。  そしてやってきたのは「新宿マルイ アネックス」。ここでは一部店舗を除きほぼ全館でビットコイン決済を受け付けているのだ。その中の「諸国ご当地プラザ」へ行き、九州系のご当地カップ麺4個と、とうきびチョコを買った。  さらに秋葉原へ場所を移し、ビットコインが使える貴重なラーメン屋の「麺屋のろし」へ。ビットコイン使用客は1か月に一度来るか来ないかだそうで、店員も慣れていない様子。しかしどうにか送金ができて、北海道系のおいしい味噌ラーメンにありつけた。 《ビットコイン生活5日目》 マルイアネックス 0.00074BTC 1,265円 ラーメン 0.001BTC 1,743円 手数料 0.0...more
カテゴリー:

参加ノード数200、毎秒10万件超の取引を可能にするブロックチェーンの新技術 NECから - 02月16日(金)11:00 

NECとNEC欧州研究所は、参加ノード数が200程度の大規模環境下で毎秒10万件超の取引を可能にするブロックチェーン技術を開発。記録性能やノード数の制約によってブロックチェーンの適用を断念していたケースでも対応可能になるという。
カテゴリー:

【IT】NEC、「世界最速」ブロックチェーン技術を開発 毎秒10万件超の取引が可能に - 02月15日(木)19:44  bizplus

NECは2月15日、取引記録に参加するノード数200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録が可能なブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発したと発表した。世界規模のクレジットカード取引システムに必要な毎秒数万件を超える性能で、「ビジネス用途でのブロックチェーンの本格的な活用を加速する技術」としている。  ブロックチェーンは、複数のノード(参加者)がデータの記録と共有を行い、データの保証や改ざん防止を行う技術だが、記録速度や参加ノード数の拡張性に課題があった。  例えば、ビットコイン...
»続きを読む
カテゴリー:

NEC、「世界最速」ブロックチェーン技術を開発 毎秒10万件超の取引が可能に - 02月15日(木)16:48 

NECは、200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録が可能なブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発したと発表した。「ビジネス用途でのブロックチェーンの本格的な活用を加速する技術」としている。
カテゴリー:

NEC、世界最速 毎秒10万件超の取引を可能にするブロックチェーン技術を開発 (2018年2月15日): プレスリリース | NEC - 02月15日(木)12:43 

NEC、世界最速 毎秒10万件超の取引を可能にするブロックチェーン技術を開発 (2018年2月15日): プレスリリース | NECNECおよびNEC欧州研究所は、取引記録に参加するノード数200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録性能を達成する世界最速(注1)のブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発しました。これは、世界規模のクレジットカード取引を支えるシステムとして必要とされる毎秒数万件を超える性能であり、ビジネス用途でのブロックチェーンの本格的な活用を加速する技術です。 ブロックチェーンは、複数...
カテゴリー:

もっと見る

「ブロックチェーン技術」の画像

もっと見る

「ブロックチェーン技術」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる