「ブラナー」とは?

関連ニュース

「仮面ライダー」映画が1位スタート 堺雅人&高畑充希『鎌倉ものがたり』は2位 - 12月12日(火)12:18 

 12月9日・10日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、9日より全国331スクリーンで公開された『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』が、土日2日間で動員30万3089人、興行収入3億5924万7200円をあげ、1位に初登場した。 【動画】映画『ビルド&エグゼイド』予告編  同シリーズでは、『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム』(2012年)以来の1位獲得。前作『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』(2016年12月10日公開、最終興収9億4000万円)の初日2日間との動員対比では132.6%となる好スタートを切った。  2017年9月に放送が開始された『仮面ライダービルド』の世界に、前作の『仮面ライダーエグゼイド』の敵であるバグスターが出現。ビルド、エグゼイドに加えて、ゴースト、鎧武、フォーゼ、オーズらレジェンドライダーが集結し、人類滅亡を図る科学者に立ち向かう。  2位には『DESTINY 鎌倉ものがたり』が初登場。土日2日間で動員23万1500人、興収2億9700万円をあげた。30年読み継がれているベストセラー漫画『鎌倉ものがたり』を、「ALWAYS 三丁目の夕日」チームが再集結して実写映画化...more
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「仮面ライダー」が首位獲得!「鎌倉ものがたり」は2位スタート - 12月11日(月)23:15 

 12月9~10日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。4本の新作が上位を占め、「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」が首位を獲得した。平成ライダーが共闘する劇場版の第2弾だが、仮面ライダー映画が首位を獲得したのは、2012年12月8日公開「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム」(最終興収11.9億円)以来となる。新作はオープニング2日間で観客動員30万3100人、興行収入3億5900万円を記録。これは昨年12月10日に公開され、最終興収9.4億円をあげた第1弾「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」の動員比132.6%、興収比130.1%の成績となっており、最終興収15億円超えが期待できる好スタートを切った。  2位は「DESTINY 鎌倉ものがたり」が初登場。同作は、山崎貴監督が西岸良平のベストセラーコミックを、堺雅人と高畑充希の初共演で実写映画化したファンタジードラマ。全国401スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員23万1500人、興収2億9700万円をあげた。この成績は、最終興収15億円を記録した山崎監督「寄生獣 完結編」(15年)の興収比109.7%。まずは興収15...more
カテゴリー:

ケネス・ブラナー、草刈正雄の吹替えに「自分があんなに日本語うまいとは思わなかった」 - 12月11日(月)12:30 

ミステリーの女王、アガサ・クリスティーの不朽の名作を、オールスターキャストで映画化した『オリエント急行殺人事件』のスペシャル・イベントが12月5日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。主人公エルキュール・ポアロを演じ、自らメガホンをとったケネス・ブラナーと、本作の日本語吹替版でポアロ役を務める草刈正雄、同じくドラゴミロフ夫人の声を担当した山村紅葉がレッド・カーペットに登場した。 【写真を見る】見つめ合う日英ポアロ!お互いの名演を称え合う 豪華列車オリエント急行に乗り合わせた男女。豪雪地で立ち往生してしまった密室状態の列車の中で、ひとりのアメリカ人富豪が殺される。乗客それぞれから話を聞いていく名探偵・ポアロは、次第に2年前に起きた誘拐殺人事件と今回の事件との接点に気が付きはじめる。そして、事件の真相に迫ったポアロは、衝撃の真実と直面することになるのだ。 熱狂的なファンから黄色い歓声とともに迎えられたブラナーは「東京大好きです!」と笑顔でコメント。また、吹替えを担当した2人に対しては「すごく楽しく拝見さえてもらった。イギリスの友人たちも喜んでいると思います」と笑顔で接した。 そんな紳士的なブラナーに、今回初めて映画の吹替えを務めた山村は「あたたかくて優しくて、すっかりファンになりました」と赤面。「私の母(推理作家の山村美紗)は“日本のアガサ・クリスティー”と呼ばれた人。こ...more
カテゴリー:

「オリエント急行殺人事件」続編準備がスタート!次は「ナイルに死す」 - 12月10日(日)12:30 

 「オリエント急行殺人事件」の続編準備が早くもスタートしたことが明らかになった。米ハリウッド・レポーター紙が報じている。  同作は、アガサ・クリスティの人気推理小説の再映画化で、「マイティ・ソー」「シンデレラ」の監督を手がけたケネス・ブラナーが製作・監督・主演を務めている。ジョニー・デップをはじめ、ジュディ・デンチ、ウィレム・デフォー、デイジー・リドリー、ペネロペ・クルスといった豪華キャストの出演が話題で、すでに世界興行収入1億5000万ドルを達成している。  20世紀フォックスは続編の準備に着手しており、次作はクリスティの「ナイルに死す」を題材にするという。前作に続きマイケル・グリーン(「ブレードランナー 2049」)が脚本を執筆し、ブラナーがポワロ役と監督、プロデューサーとして続投する予定だ。  「ナイルに死す」は、ナイル川を航海中の豪華客船を舞台に繰り広げられる推理小説。かつて「ナイル殺人事件」(1978)として映画化されている。 【作品情報】 ・オリエント急行殺人事件 【関連記事】 ・「オリエント急行殺人事件」超豪華舞台裏映像公開!列車走行シーンはこう撮っていた ・ポアロに扮した草刈正雄、ヒゲつながりで白髭神社で「オリエント急行殺人事件」ヒット祈願 ・山村紅葉、中村悠一、平田広明!「オリエント急行殺人事件」吹き替え声優続々発表 (C)2017Twentieth ...more
カテゴリー:

ジョニー・デップら豪華共演 原作ファンも虜にする新『オリエント急行』 - 12月08日(金)22:00 

オネエ系映画ライター・よしひろまさみちさんの映画評。今回は『オリエント急行殺人事件』です。年末年始はオールスター映画で華やかに! いやぁね~…もう年末年始の話よ、みなさん。“仕事納めまで走り抜けるのみ”っていう忙しさのまっただなかだと思いますの。そうすると正月休みに入るやいなや「予定、ない…」となってゴロゴロ堕落して生産性ゼロな休暇になること、あるでしょ(あたしはよくあるわ!)。そんなあなたのために、特大プレゼント的にやってきた新作映画『オリエント急行殺人事件』をおすすめ~。 名探偵の推理ミステリーの傑作といえば、横溝正史の金田一耕助やコナン・ドイルのシャーロック・ホームズ。そして忘れちゃいけね~のが、女流作家アガサ・クリスティのエルキュール・ポワロ! そんなポワロ・シリーズの中でも、もっとも有名なのが本作よ。ポワロが乗ったトルコ発フランス行きのオリエント急行内で、大富豪のラチェットが惨殺。吹雪の中、雪原で立ち往生した列車には、乗員乗客が13名いるんだけど、彼らには完璧なアリバイがあったの。それでも、この中に犯人がいるとにらんだポワロは捜査をすすめるうちに、被害者には裏の顔があったことに気づいて…ってなお話。 なにせオールスターの華やかさは年末年始のお祭り騒ぎシーズン映画らしくていい! 監督兼主演を務めたケネス・ブラナーを筆頭に、ジュディ・デンチやデレク・ジャコビなどのベテラン勢...more
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「仮面ライダー」が首位獲得!「鎌倉ものがたり」は2位スタート - 12月12日(火)10:08  mnewsplus

12月9~10日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。4本の新作が上位を占め、「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」が首位を獲得した。 平成ライダーが共闘する劇場版の第2弾だが、仮面ライダー映画が首位を獲得したのは、2012年12月8日公開「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム」(最終興収11.9億円)以来となる。 新作はオープニング2日間で観客動員30万3100人、興行収入3億5900万円を記録。これは昨...
»続きを読む
カテゴリー:

「ジョニー・デップはカリスマ」ケネス・ブラナーが明かす、豪華スター集う最新作への徹底的なこだわり - 12月11日(月)12:31 

世界的ミステリー作家アガサ・クリスティーの不朽の名作を、指折りの豪華キャストで映画化した『オリエント急行殺人事件』(公開中)。そんな本作でメガホンをとり、自ら主人公エルキュール・ポアロを演じたケネス・ブラナーが来日。本作にかけた熱意とこだわりを明かしてくれた。 【写真を見る】ジョニー・デップ演じるアメリカ人富豪。彼の存在が事件のきっかけに…⁉︎/[c]2017Twentieth Century Fox Film Corporation 豪華列車オリエント急行に乗り合わせた男女。豪雪地で立ち往生してしまった密室状態の列車の中で、ひとりのアメリカ人富豪が殺される。乗客それぞれから話を聞いていく名探偵・ポアロは、次第に2年前に起きた誘拐殺人事件と今回の事件との接点に気が付きはじめる。そして、事件の真相に迫ったポアロは、衝撃の真実と直面することになるのだ。 “ミステリーの女王”クリスティーの小説はこれまでにも幾度となく映像化されてきている。この「オリエント急行の殺人」もまた、1974年にシドニー・ルメット監督が当時のオールスターキャストを集めて映画化しているのだ。本作の原作についてブラナーは「殺人ミステリーとして、驚くほど感情を揺さぶる力がある作品」だと語る。 「これは、人間的に複雑な要素を備えた復讐の物語です。シェイクスピアの言葉を借りると、人を失うことは“ポイズン”。心に、傷や悲しみを...more
カテゴリー:

アガサ・クリスティの名作ミステリー小説をケネス・ブラナーが映画化「オリエント急行殺人事件」レビュー - 12月11日(月)09:54 

灰色の脳細胞を働かせても、意味がない 何度となく映画化されてきたアガサ・クリスティの名作ミステリー小説「オリエント急行の殺人」のケネス・ブラナー版。
カテゴリー:

「オリエント急行殺人事件」で製作・監督・主演!ケネス・ブラナーの“武器”とは? - 12月09日(土)19:30 

俳優として「ハリー・ポッターと秘密の部屋」や「ダンケルク」で存在感を発揮し、監督として「マイティ・ソー」や「シンデレラ」をヒットに導いたケネス・ブラナー。ハリウッド随一の才人として知られるブラナ...
カテゴリー:

存在感ありすぎな口ひげに驚くも、実は原作に忠実! 古典演出の天才が描く誰もが知るミステリー - 12月08日(金)20:08 

【週末シネマ】『オリエント急行殺人事件』 豪華スターを贅沢に使ったキャスティング アガサ・クリスティーの代表作で、すでに映画化やドラマ化を何度もされているミステリーの傑作を、ケネス・ブラナーが監督・主演を務めて映画化した『オリエント急行殺人事件』。イスタンブールからヨーロッパへ向かう豪華列車内で起きた殺人事件を、名探偵エルキュール・ポアロが解明していく。 有名な物語ゆえに、誰が犯人なのか既知の観客も少なくない。ミステリーというジャンルを手がけるには、あまりにも不利な状況だが、それこそブラナーの腕の見せ所。映画監督デビュー作『ヘンリー五世』を始めとするシェイクスピアの名作の数々や『フランケンシュタイン』、『シンデレラ』、オペラの『魔笛』……今まで手がけた監督作のほとんどが、誰もがよく知る古典の名作の映画化なのだ。 まずは列車内という密室空間に留まらない構成が鮮烈。ポワロの紹介を兼ねたエルサレムでの活躍で幕を開け、立ち往生を余儀なくされた列車の外にも場面は広がる。雪山の中の陸橋、トンネルなど広がりを見せる光景を65mmフィルムで撮影、ダイナミズムあふれる映画らしい映像だ。 ポワロは「灰色の脳細胞」というフレーズでおなじみの頭脳派探偵だが、本作ではアクションもこなす。10年近く前にガイ・リッチー監督がロバート・ダウニー・Jr主演で撮った『シャーロック・ホームズ』シリーズでも、かな...more
カテゴリー:

もっと見る

「ブラナー」の画像

もっと見る

「ブラナー」の動画

Wikipedia

ブラナー

関連項目

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる