「ブラジル」とは?

関連ニュース

アクセラレーターとフィンテックが鍵を握る南米のスタートアップ界 - 05月23日(火)08:00 

【編集部注】執筆者のNathan Lustigは起業家で、チリのサンティアゴに拠点を置くシードステージ投資ファンドMagma Partnersのマネージングパートナーでもある。 南米のスタートアップは、クリエイティブなプロダクトを生み出し、現地だけでなく世界中の問題を解決しようとしている。しかし、外から南米のスタートアップシーンを見ている投資家の中には、同地域の魅力に気づきながらも手が出しづらいと感じている人もいるようだ。実際に、南米でのアーリステージ投資にはいくつかの課題があるが、そのハードルを越えるだけの価値があると感じられるような例を私はいくつも見てきた。 私が初めてチリのサンティアゴを訪れたのは、Start-Up Chileのパイロットプログラムに参加した2010年のことだ。当時チリではスタートアップに関する議論がほとんど行われておらず、スタートアップが何かを知っている人もほぼいないような状態だった。その後アメリカに戻って9か月くらいの間に、共同設立した会社が買収されたため、私は新興市場に眠るチャンスを求め、チリに戻ることを決めた。 それから数年の間、アントレプレナーシップに関する授業を行ったり、地元の起業家のメンターとして活動するうちに、気づけば私自身が南米企業に投資するようになっていた。これまでに30社以上のアーリーステージ企業へ投資してきた私は、南米のアーリーステージ...more
カテゴリー:

【人魚】人と違っちゃいけない? 海が好きすぎるイパネマの「人魚男」 - 05月23日(火)03:27 

http://www.afpbb.com/articles/-/3128932?act=all 【5月22日 AFP】ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)に住むダビ・モレイラ(Davi Moreira)さん(22)は、イパネマ(Ipanema)のビーチが似合う普通の若者だ。人魚のような尾ひれを着けていること以外は。 「(人魚の尾ひれを着けることは)ライフスタイルの一部。自分が海をどれだけ愛しリスペクトしているかを示せるし、これで潜るとまるで別の人間になったかのような気分になるんだ」  岩の上で寝そべりながらモレイラさんは話す。太陽の日差しが降りそそぎ、尾ひ...
»続きを読む
カテゴリー:

人と違っちゃいけない? 海が好きすぎるイパネマの「人魚男」 - 05月22日(月)13:02 

【5月22日 AFP】ブラジル・リオデジャネイロに住むダビ・モレイラさんは、イパネマのビーチが似合う普通の若者だ。≫続きを読む
カテゴリー:

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数はまちまち、成長率の上方修正観測が支援材料 - 05月22日(月)09:58 

【ブラジル】ボベスパ指数 62639.31 +1.69% 19日のブラジル株式市場は反発。
カテゴリー:

Uberの「空飛ぶシェアカー」は、通勤革命になり得るか。 - 05月21日(日)22:01 

少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶクルマをシェアして、通勤をお手頃にできる構想を10年以内に実現させたい、と言うのです。もう少し詳しく見ていきましょう。空から出勤して「通勤」を時短!Uberが構想する空飛ぶ車は「垂直離着陸機(VTOL)」と呼ばれる、ヘリコプターのように垂直に飛び上がれる機体。滑走路が要らないため、ビルの屋上のようなスペースに専用飛行場を開設することができます。この専用飛行場間を、時速160kmでひとっとび、という計画だそう。地上よりも障害物が少ないことで最短距離のルートを取れることに加え、高速道路以上のスピードが出せるため、とても効率的に移動できるというもの。基本的には相乗りで使用することを想定していて、15分程度の空の旅ならば一人あたり2,200円ほどになる予定だとか。感覚的にはタクシーを利用するのとあまり変わないかもしれません。「家やオフィスのすぐ近くで発着陸なんて、うるさくないの?」と思うかもしれませんが、VTOLは通常のヘリコプターなどに比べると非常に静かな飛行機を想定。もちろん騒音対策は必要になりそうですが、非現実的というほどではありません。テスト運転をドバイでスタートただしVTOLを街中で飛ばすためには、航空業界や各国の規制を遵守する...more
カテゴリー:

淡水魚ティラピアの皮がやけど治療に効果を発揮している - 05月23日(火)08:00 

軽度のやけどは放っておいても数日で治りますが、重度のやけどは植皮術で皮膚を移植する必要が出てきます。移植するのは必ずしも人の皮膚だけではなく、豚の皮膚や人工皮膚も利用されています。そんな中で、ブラジルでは「ティラピアの皮」を用いた治療が行われていて、大きな効果を挙げています。続きを読む...
カテゴリー:

5年目迎える東京スカイツリーの社長を直撃!「東京タワーとのコラボ予定は?」 - 05月22日(月)14:48 

東京スカイツリーは、5月22日(月)に開業5周年を迎えた。そこで今回は、同所を運営する東武タワースカイツリーの取締役社長、酒見重範氏にインタビューを敢行。これからの展望や裏話、また、もうひとつの東京のシンボル・東京タワーとのコラボ予定などを聞いてみた。 【写真を見る】酒見社長の襟元には、開業5周年の記念バッジが光る。これまでの道のりを振り返ってもらった ■ ――東京の新たなシンボルとして東京スカイツリーが誕生して5年。振り返っていかがですか? ある意味あっという間でした。この5年間、事故もなく無事にやってこられたことがよかったですね。住宅街にこれだけの高い建物を、ということなので、地元の方々のご理解がなければここまで来られませんでした。 来場者数も、開業時から2700万人以上ということで、予定していた人数を大幅に上回りました。具体的にいうと、開業期の2012年5月22日から2013年3月31日までで、来場者想定は400万人でしたが、実際の来場者は545万人。世界中の方々に来ていただいたおかげです。外国からのお客さまの数も想定より多くて。現在、外国人は全体の17%くらい来ていただいており、年々増えています。 ■ ――思い入れのあるイベントや大成功だったイベントはどんなものがありますか? 大きなものとしては、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』とのコラボレーションをしました。ライト...more
カテゴリー:

【飲食】受動喫煙対策、「日本は新興国以下」とハーバード大教授が警告 - 05月22日(月)12:55 

日本の受動喫煙対策は世界から見て遅れており、日本が「たばこ政策後進国」であるということは意外と知られていない。欧米諸国に比べて遅れているだけではなく、ベトナム、タイなどのアジア諸国、そしてブラジル、インドなどの新興国にも遅れを取っている。現在、法制化されようとしている受動喫煙防止法案は、広く世界で常識ともなっている受動喫煙対策を一気に進めるチャンスとハーバード公衆衛生大学院のイチロー・カワチ教授は指摘する。そのポイントを聞いた。(聞き手/文・ハーバード公衆衛生大学院〈医療政策管理学〉研究員 津...
»続きを読む
カテゴリー:

受動喫煙対策、「日本は新興国以下」とハーバード大教授が警告 - DOL特別レポート - 05月22日(月)05:00 

日本は「たばこ政策後進国」であり、ブラジル、インドなどの新興国にも遅れを取っている。受動喫煙防止法案は、受動喫煙対策を一気に進めるチャンスと米ハーバードの教授は指摘する。
カテゴリー:

なんで日本人ってワールドカップ試合後にゴミ拾いしてたの? - 05月21日(日)21:16 

「東京はどうなっている?我々の二の舞になるぞ」 リオ五輪、放置された競技施設 http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/20/rio-olympic_n_16733298.html 世界最大のスポーツの祭典の舞台は、祭りが終わって1年もたたないうちに、たなざらしになっていた。 昨年8月の閉幕直後には、お金をかけない運営が評価されたブラジル・リオデジャネイロ夏季五輪。だが行政の資金難に加え、 後利用法を真剣に考えてこなかった無計画さもあり、競技施設の多くは放置されたままだ。リオを引き継ぎ、3年後に五輪を開く東京にとっても、ひとご...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ブラジル」の画像

もっと見る

「ブラジル」の動画

Wikipedia

年間平均気温

  • アマゾン地域:22~26℃
  • 大西洋沿岸地域:23~27℃
  • 内陸部高原地域:18~21℃

四季 緯度によって異なるが、一応は以下の通りである。

  • :9月22日から12月21日
  • :12月22日から3月21日
  • :3月22日から6月21日
  • :6月22日から9月21日
経済

サンパウロはビジネス、文化、政治などを総合評価した世界都市格付けで世界34位の都市と評価された2014 Global Cities Index and Emerging Cities Outlook (2014年4月公表)。 ブラジル第二の都市...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる