「ブドウ糖」とは?

関連ニュース

スーパー食物繊維αオリゴ糖(αシクロデキストリン) - 05月21日(月)12:00 

スーパー食物繊維αオリゴ糖(αシクロデキストリン)は1日あたりわずか2gで脂肪吸収抑制効果を発揮、悪玉脂肪を排出し善玉脂肪を取り込み、砂糖からのブドウ糖吸収も抑制するなどさまざまなダイエット効果を発揮します。まさに新時代のダイエット素材としてぜひ試してみたい画期的な食物繊維です!
カテゴリー:

飲む美容液!? 美容にも健康にも嬉しい効果が期待できる甘酒のススメ - 05月17日(木)10:00 

期待したい美容・健康効果によって甘酒を飲み分ける! 甘酒には米麹でつくられた甘酒と、米麹に酒粕を入れ醗酵させた甘酒の2種類があります。この2つの違いは、材料や味だけではなく、製造工程の違いによっても美容・健康効果の違いを生みだすのだそうです。甘酒を選ぶ際には、その時の健康状態や美容目的に合わせて、飲んでみるのが良いと言われています。 関連画像をもっと見る 美容・健康効果が期待できる甘酒の種類とその効果の違い 米麹から作られた甘酒と、酒粕から作られた甘酒。それぞれどのような効果が期待できるのでしょうか。甘酒の種類別にご紹介いたします。 【甘酒の種類別、期待できる効果について】 <米麹の甘酒> ・疲労回復 米麹の甘酒は江戸時代から夏バテ防止のために飲まれていた歴史があるそうです。米麹の甘酒はブドウ糖が甘み成分となっており、ブドウ糖は脳ですぐ使うことのできるエネルギー源のため、脳が活性化し疲労回復効果が期待できると言われています。 ・睡眠の質の改善 米麹を発酵させる際、清酒酵母というものを使用します。清酒酵母には「アデノシン」を活性させ、深い眠りを誘発する作用があります。このアデノシンの濃度が高まってくると眠気を誘うだけでなく、質の良い睡眠を取れるようになると言われています。米麹に含まれているアルコールは、1パーセント未満なのでアルコールの障害なしに良い睡眠を取れる効果が...more
カテゴリー:

8年間フルーツだけで生きられた理由とは!? 〇〇しか食べない人たちの栄養事情 - 05月12日(土)20:00 

日本人の食卓には野菜や肉、魚、お米などが並び、小さい頃から「バランス良く食べなさい」と教えられます。しかし世界に目を向けると、“肉しか食べない人々”など日本の常識では考えられない食生活を送る人も。そこで今回は、様々な食生活の栄養状態に注目してみましょう。 【写真】肉食中心のイヌイットは必要な栄養をどう摂っている? ■ フルーツしか食べない人の腸内環境 4月17日放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)には、“8年間果実しか食べずに生きている男”中野瑞樹さんが登場しました。彼は自らを実験体としてフルーツ生活を行っているのですが、現状は健康に問題ない模様。一体彼の栄養状態はどのようになっているのでしょうか。 中野さんは「この2年間で変わったこと」について、「人類の進化に寄与する腸内環境になったっぽい」と発表。以前から大学と検査機関が中野の腸内環境を継続的に調査しているのですが、最近とある研究者が彼の腸内環境を見て驚愕。なんと空気中の窒素をタンパク質に変える“菌”が繁殖していたそうです。 この事実にマツコは「キモイ…」と絶句。ちなみに番組のテロップでは「研究段階のため確定した結果ではありません」と注釈されていました。 まだ研究段階とはいえ、中野さんの驚くべき腸内環境に視聴者からは「果物しか食べないのによく平気だなって思ってたら、そんな菌がいたとは…」「そんなことってあるのか?」「体が環...more
カテゴリー:

白砂糖と黒砂糖、美容に良いお砂糖はどっち?? - 05月10日(木)07:00 

白砂糖と黒砂糖、いったい何が違うの?「白砂糖と黒砂糖、美容に良いお砂糖はどっち??」のレシピリンク付きの記事を見る白砂糖と黒砂糖の原料は同じ「サトウキビ」ですが、製法が異なります。黒砂糖はサトウキビから絞った汁を煮詰めて作るシンプルな製造方法です。白砂糖はサトウキビ(もしくはてん菜)から絞った汁を煮詰め不純物を取り除き、何度も精製するために透き通るようなきれいな白色をしています。白砂糖と黒砂糖は栄養面や味の面でも違いがあります。黒砂糖はほとんど精製されていないため、糖分に加えてサトウキビ本来のミネラル分なども残っています。そのため、独特のコクがあり柔らかい甘みとなっています。それに比べて白砂糖は手間をかけて精製しているので、シンプルに甘みを感じることができ、黒砂糖に比べるとすっきりとした甘さです。美容には黒砂糖がおすすめ!?どちらも「砂糖」であることには変わりがないのですが、せっかく選ぶのであれば黒砂糖をおススメします。その理由はやはり栄養面にあります。既述の通り、黒砂糖にはサトウキビ本来の栄養素が残っており、100gあたりのエネルギーは354kcal、カリウムが1100㎎、骨や歯の健康に役立つカルシウムが240㎎、鉄が4.7g含まれています。(※1)それに比べると白砂糖(上白糖)では100gあたりのエネルギーは384kcal、カリウム2㎎、カルシウム1㎎、鉄はほとんど含まれないと...more
カテゴリー:

その「ほうれい線」…食生活のせいかも!オバ顔にならない食べ方のコツ - 05月18日(金)15:46 

「サビ」もこわいが、「コゲ」もダメ。  健康やアンチエイジングを意識していると、体の「酸化(さんか)」という言葉はよく耳にするのではないでしょうか。これはわかりやすく言えば、活性酸素によって体が“サビ”ること。しかしそれと同等に問題となる「糖化(とうか)」については、まだまだ知らない人も多いはず。  糖化とは、食品に含まれる「糖類」が「たんぱく質」と結びついて茶色くなったり固くなる化学反応で、通称“コゲる”という現象。体が糖化すると、美容的には、肌のシワ・たるみなどを引き起こしてしまいます。美肌作りを考える上では無視できない問題なんです。  でもどうやったら「抗糖化」な食べ方ができるの? はい、今回はそれを解決すべく、「抗糖化な食べ方のコツ」を5つご紹介してみたいと思います。 ◆(1)野菜・きのこ・海藻を積極的に食べる  まず意識すべきは、ごはん・パン・麺類・スイーツなどの「炭水化物」をいきなり単独で食べないこと。これは、AGE(※)が作られやすい“食後高血糖”を防ぐことにつながります。コツとしては、糖の吸収を穏やかにする「野菜・きのこ・海藻類を一緒に食べる、もしくは最初に食べること」。また、「たんぱく質や脂質と一緒に食べること」も有効ですから、パスタにオリーブオイル、パンにチーズといった工夫がオススメです。 ※AGE:終末糖化産物(Advanced Glycation...more
カテゴリー:

ミドリ安全『塩熱サプリ® 梅』ハマると危険!美味しすぎる熱中対策飴に気をつけろ! - 05月15日(火)13:00 

人間、汗をかくと水分と同時に「電解質」が失われる。でも電解質って何? という人は多いだろう。電解質は人が生きるために欠かせない重要な物質なのだ。ミドリ安全『塩熱サプリ® 梅』は、熱中症の原因ともなる電解質の損失を補ってくれるタブレット。しかし、実はこの「塩熱サプリ® 梅」は、かなり我慢が必要なタブレットだったのだ。なぜ我慢しなければいけないのか、本文を読んで確認してほしい!   ■屋外でレジャーを楽しむときの必需品だ! 国内の熱中症による死亡者数は年々増加している。ミドリ安全株式会社(東京都渋谷区)が独自にアンケート調査した結果によると、18~65歳までの男女500人のうち熱中症の経験があるのは36%と、およそ3人に1人が熱中症経験者だったという(2015年調査)。しかも気になるのは、20代の男女ともに半数以上が熱中症になったことがあると回答している点。どの年代よりも熱中症経験率が高いという結果となったのだ。 週末、バーベキューなど屋外でレジャーを予定している人は要注意。炎天下で汗をかくと、体内の水分と同時に「電解質」が失われる。人間の身体にはナトリウムやカリウム、マグネシウムといった電解質が含まれており、その濃度によって細胞の浸透圧を調整したり、筋肉収縮や神経の伝達など生命維持活動を支えている。体内の電解質(塩分)濃度が下がると、筋肉の収縮を引き起こしたり、手足の痙...more
カテゴリー:

昭和産業、コーンスターチ・糖化製品を値上げ コスト削減努力だけでは対応できず - 05月11日(金)15:50 

 昭和産業は11日、コーンスターチ、水あめやブドウ糖などのでんぷん糖化製品を値上げすると発表した。原料となる輸入トウモロコシ価格が上昇したためで、6月20日納品分から1キロ当たり5円引き上げる。商品によって異なるが、7~10%程度の値上げとなる。
カテゴリー:

「ブドウ糖」の画像

もっと見る

「ブドウ糖」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる