「ブドウ糖」とは?

関連ニュース

ダイエットの強い味方!? 「ビタミンCと肥満」驚きの関係を医師が解説 - 09月16日(土)11:00 

“ビタミンC”といえば、抗酸化作用、コラーゲン生成補助、メラニン生成抑制といった効果から、“美肌”や“美白”に効く成分という印象を持っている人が多いでしょう。 でも、『青山ヒフ科クリニック』の亀山孝一郎院長によると、ビタミンCは美肌だけでなく、ダイエットの強い味方なのだそうです。その真意を亀山先生に伺ってきましたので、ご紹介します。   ビタミンCの肥満に対する2つの作用 ビタミンCが抗肥満物質である理由として、亀山先生は次の2つを挙げています。 1:脂肪細胞にエネルギーを与えない まず、脂肪細胞にエネルギーとなる栄養を与えないというビタミンCの特性が挙げられるそうです。 「ビタミンCには細胞の代謝を上げて、無駄なエネルギーが蓄積されるのを防ぐという作用があります。一方で、脂肪細胞に対しては、エネルギーとなるブドウ糖(グルコース)を取り入れるのを防ぐという作用をします。 つまり、ビタミンCは、基本的に細胞を活性化する働きをするけれど、“脂肪細胞にだけはエネルギーをやらない”という選択的作用をしてくれるのです。これにより、脂肪細胞が大きくなるのを防いでくれるというわけです」(亀山先生・以下「」内同) 栄養がカットされれば、脂肪細胞も成長できなくなるということですね。 2:レプチンに対する感受性を高めようとする 「“レプチン”とは、脂肪細胞から分泌される満腹感を感じさせるホル...more
カテゴリー:

朝のチョコレート効果がすごい!集中力UPさらにはダイエット効果も? - 09月14日(木)10:00 

チョコレートは朝食べて集中力がアップする? みなさんの朝のメニューは何ですか?パンに目玉焼き、白いご飯にお味噌汁。またはシリアルやヨーグルトでしょうか。実はこれら定番の朝食メニューとはかけ離れている「チョコレート」が、朝の栄養にもってこいだというのです。 朝食で大切な役割のひとつが、起きたての脳を目覚めさせること。そのために効果的なのはブドウ糖を摂取することと言われていますが、チョコレートに含まれているブドウ糖が脳の血量を上昇させて活動を活発にしてくれるのです。 そしてもうひとつチョコレートに期待できる効果として、能率のアップです。チョコレートの成分はブドウ糖のほかにもたくさんあります。この能率に関連する成分は「デオブロミン」と「フェニルアセトアルデヒド」という2つ。 デオブロミンは大脳皮質を刺激して記憶力や思考力が高まると言われています。さらに自律神経を調節して、心理的なストレスの抵抗力を高める働きもあるのだとか。朝食べることで、1日のストレスも少なく済むかもしれませんね。 一方フェニルアセトアルデヒドは、チョコレートの香りの源とされていて、中枢神経系に作用して集中力や記憶力を高めると言われています。 関連画像をもっと見る 美容にもダイエットに効果が?チョコレートの栄養素 さて、ここで疑問なのは朝からチョコレートなんて食べて太るんじゃないか?ということ。でも実は...more
カテゴリー:

朝食を抜くと寿命が延び健康になるらしい  従来は朝食大事つってただろ 西洋医学はクズ - 09月13日(水)19:20  news

朝食を抜くと健康になる?食事の回数減で寿命が延び、体調不良も解消? 「朝食は体に悪い」との説が話題になっている。 『朝食有害説―「一日二食」で健康に生きる』(渡辺正/情報センター出版局)、『生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く!』(小山内博/新潮社)、 『栄養学常識のウソを突く―長生きしたければ朝食は抜きなさい』(著:東茂由、監修:甲田光雄/河出書房新社)、『朝食を抜くと、なぜ健康になるのか』(松井二郎/サンマーク出版)、 『朝食を抜くと健康になる』(石原結實/PHP研究所)など、朝食の抜くこ...
»続きを読む
カテゴリー:

ダイエット中の朝食ってどうすればいいの?! - 09月07日(木)07:00 

朝食を食べることはダイエットに良いのか悪いのか、どちらの説もありますが、基本的には食べたほうが良いと言えます。「ダイエット中の朝食ってどうすればいいの?!」のレシピリンク付きの記事を見る朝食を食べることで得られるメリットは?1血糖値の急上昇を抑える長く空腹になればなるほど、次の食事で急激に血糖値が上がりやすくなり、脂肪になりやすくなります。また、昼食を食べ過ぎる原因にもなります。2栄養バランスが整いやすくなるまた食事回数は、2回よりも3回の方が色々な食材を食べやすくなり、栄養バランスが整いやすくなります。3脳が働きやすくなる脳はブドウ糖からエネルギーを得てます。ブドウ糖がない場合は、脂肪や筋肉を分解してエネルギー源を得ることができますが、朝食を食べたほうがしっかり脳が働きやすくなると考えてよいでしょう。4排便リズムが整いやすくなる朝食を食べることで腸が動き、排便がスムーズになります。腸の状態を良くすることはダイエットにも美容にも良いことですので、ダイエット中はとくに、排便リズムを整えることが大切です。取りたい栄養素と朝食の量、食べるタイミング朝食は1日のうちで最も消費されやすいので、昼や夜より比較的多めに食べるのもよいでしょう。とはいえ、その分昼と夜の量を気を付ける必要があります。栄養素はバランスよく食べるのがもちろん良いのですが、朝は忙しかったり時間がなかったりするので、色々なも...more
カテゴリー:

あくびがうつる現象の疑問!親密な関係ほど伝染しやすいワケ - 09月14日(木)20:00 

友人があくびをしていると、つられてあくびをしてしまった経験はありませんか? あくびは“うつる”とよく聞きますが、医学的にも根拠があるものなのでしょうか。 今回は、あくびがうつる現象の原因や最新研究について、詳しく解説をしていただきました。 あくびが出るメカニズム  脳であくびを指示しているのは視床下部という古い脳と言われており、あくびをすることで体を睡眠モードから覚醒モードに動かす役割があると言われています。 あくびがうつるのは人間だけではない? あくびは新生児でも見られ、また多くの動物もあくびをします。 また、あくびがうつる現象は人間だけのものではなく、チンパンジーや犬でも知られています。 あくびに関する最新研究   あくびがうつる原因が、大脳皮質の第一運動野の原始的な反射によって、自動的に起こっている現象である可能性があるという研究結果※があります。 研究内容 36人の健康な成人に対し、他人があくびをしている動画を見せ、「つられてあくびをしてはいけない」と命じた時と、「自由にあくびをしていい」といった場合を設定し、あくびをした回数や、あくびをしたい感覚があったかどうかを調べました。 研究結果 「あくびをするな」と制...more
カテゴリー:

日本酒にパスタまで! 健康志向の高まりを受け糖質オフな新商品がぞくぞく登場 - 09月14日(木)06:30 

【関連レシピ】きのこのオムレツ 最近、テレビCMや雑誌の広告などでも、しょっちゅう「糖質オフ」 の文字を目にしませんか? すでにビールやカップラーメンなどでも商品化されていますが、昨今の健康志向を受け、食品メーカーがさらなる糖質オフ商品の開発に力を入れています。この秋にも、メーカーが満を持して市場に投入した数々の新商品が! さっそく、チェックしていきましょう。   ■ 糖質オフが体にいいって本当?大流行の理由 糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたものを指しています。糖質は「糖類」「多糖類」「糖アルコール」に分類されますが、糖質オフはこれらすべてを含んでいないという意味になります。糖質が体に入ると、エネルギー源であるブドウ糖に分解されます。適量なら問題ないのですが、過剰にとると中性脂肪となり蓄積され、肥満の原因となってしまうのです。 糖質制限ダイエットが流行したことから、糖質オフブームに火が付きました。現在、糖質オフ商品は、炭水化物を多く摂っている自覚のある人や、体重や体型が気になる人が、進んで買い物かごに入れているようです。   ■ 日本酒にパスタまで!この秋の「糖質オフ」新商品 2017年秋には月桂冠が、「おちょこ付 大吟醸(180ml)」「同 純米(同)」「山田錦特別純米(720ml)」「月桂冠大吟醸(300ml)」「糖質70%オフ・プリン体ゼロ(1.8L、900mlパック)...more
カテゴリー:

【食べるエイジングケア】奇跡の果実・デーツの食べ方や摂取目安量 - 09月12日(火)10:00 

【食べるエイジングケア】デーツの食べ方や摂取目安量は? デーツの歴史は非常に長く、メソポタミア文明〜エジプト文明の頃まで遡ると言われています。イスラム教徒の間では、デーツは断食後最初に食べる食べ物として非常に馴染み深い食材のようですが、日本でその名が知られるようになったのはつい最近であるとのこと。初めてデーツを食べる!という女性向けに、デーツに期待できる効果をはじめ、食べ方や摂取目安についてお話をしていきたいと思います。 <デーツに期待できる効果> デーツには、カリウムや鉄といったミネラル分が豊富であることから、むくみ解消や貧血予防に良いと言われています。さらに、ビタミンE・β-カロテンといった抗酸化成分をはじめ、繊維芽細胞(コラーゲンを作る細胞)の活性化をサポートするパントテン酸などのエイジングケア成分などもたっぷり含まれているそうです。 <デーツの食べ方・摂取目安量> GL値が47と低いため太りにくい特徴がありますが、カロリーは100g・266カロリーと比較的高い食材ですので1日3粒程度を目安に摂取するよう心がけましょう。食べ方としては、ナッツやチーズと一緒におつまみとして食べたり、小さく刻んでクッキーやシリアルの中にいれて食べるなど様々なレシピに使えるでしょう。 【POINT】デーツはエネルギーの転換が早いブドウ糖が主成分であることから、食べることで即効でエネルギー...more
カテゴリー:

【医療】採血不要の血糖値センサー、指にレーザーを当てるだけで計測 開発成功 5年後の実用化を目指す - 08月28日(月)12:04  newsplus

指にレーザーを当てるだけで血糖値を計測できる技術を、量子科学技術研究開発機構の研究チームが開発した。 採血せずに血糖値を測定できるため、医療機器として認められれば糖尿病患者の負担の軽減につながる。 来年度から本格的な臨床研究を始める計画を進めており、5年後の実用化を目指す。  厚生労働省によると、国内で「糖尿病が強く疑われる」成人は約950万人と推計される。 特にインスリン注射をしている患者は毎日、自分で血糖値を測る必要があり、現在は指先に針を刺して採血するのが主流。 針の改良などで痛みは少な...
»続きを読む
カテゴリー:

「ブドウ糖」の画像

もっと見る

「ブドウ糖」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT グルコース...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる