「フリーアナウンサー」とは?

関連ニュース

小林麻耶、無事に検査を終了「早めの受診、大事ですね」 - 01月22日(月)14:01 

フリーアナウンサーの小林麻耶が21日、診察が無事に終わったことをアメブロで報告した。 同日の朝に公開したブログで「予約していた検査に行ってきます」と報告していた小林。何の検査かは明らかにしていないが、次の投稿では「診察無事に終わりました。ホッ」と安心した様子をみせ、「早めの受診、大事ですね。自分の身体、そして大切な人の身体も大切に」とつづった。 小林は廊下に飾られていたという、オードリー・ヘプバーンの写真を公開し、「たくさんの名言を残されていますが この言葉をふと、思い出しました」と、「Nothing is impossible. the word itself says 'I'm possible'」という名言を紹介。「不可能なことなど、何一つない。Impossible (不可能)という言葉自体が、I'm possible (わたしは可能)と言っている」と訳も紹介した。 この投稿に読者からは「検診、お疲れ様です」「無事終わって良かったですね」「体調悪いんですか??」など、小林を気遣うコメントのほか、「素敵な言葉に勇気づけられました」「今の私の心に深く響くお言葉でした」「いつも前向きな発言に癒されています」など、小林が紹介した名言に対する反応も多数寄せられている。 【関連記事】 ・impossible or I'm possible(小林麻耶オフィシャルブログ) ・おはよ...more
カテゴリー:

【芸能】加藤浩次、小室哲哉の謝罪に違和感「犯罪か?」 - 01月22日(月)10:23  mnewsplus

 お笑い芸人の加藤浩次(48)が、音楽プロデューサー小室哲哉(59)の不倫疑惑報道と引退をめぐる騒動に「犯罪か?」と疑問を投げかけた。  22日放送の日本テレビ系「スッキリ」は、「週刊文春」に不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉が引退を表明した騒動を取り上げた。  小室が引退を決意する引き金となった不倫疑惑報道に対する批判の声もあがっているが、フリーアナウンサーの高橋真麻も「正義なのか、ジャーナリズムとしてどうなのか」と疑問を呈し、「『そんなにもう書かなくていいのに、かわいそうだ...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】ZIGGY森重樹一 “X JAPANと大げんか”伝説の真相「ホントだよ」 - 01月21日(日)23:44  mnewsplus

2018/1/21 14:20 ZIGGY森重樹一 “X JAPANと大げんか”伝説の真相「ホントだよ」 ZIGGYのボーカル・森重樹一が1月20日にNHK総合で放送された音楽バラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』に出演した。司会のバナナマン設楽統が高校時代にZIGGYのコピーバンドを組んでいたほどのファンで、“バナナマンプレゼンツ”に迎えたのだ。 森重樹一が登場するや、設楽は「森重さんだ! カッコいいんですよめちゃめちゃ!」とテンションが上がる。「ホント? ありがとう」と微笑み返されて「ホントの言い方がめちゃ優しい! 俺が犬だったら...
»続きを読む
カテゴリー:

発達障害児の子育て「周囲へカミングアウトすべき?」「誤解されない伝え方は?」 - 01月20日(土)22:00 

発達障害児とその家族を支えるため、発達障害の正しい理解のための講演活動や、発達障害児を持つ家族のための相談支援活動などを行っている団体、一般社団法人「発達障害ファミリーサポートMarble(マーブル)」。その代表理事を務める国沢真弓さんは自身も、高校生になる自閉症児の母であるため、「当事者家族」の視点からのお話にはとても説得力があり、温かみのある方です。本業がアナウンサーであるため、周囲への「伝え方」のアドバイスは、なるほど! と深く納得できるものばかり。©nadezhda1906-stock.adobe.com500名以上の発達障害児の家族の相談にのってきた国沢さんに、今回うかがったのは、発達障害の子どもを取り巻く、周囲との上手なコミュニケーション方法について。同じく発達障害の息子を持つ筆者が、「カミングアウトはするべきか?」「するとしたら上手な伝え方は?」、また「身近に発達障害児がいる場合、周囲はどう働きかければいいのか?」などを聞きました。■カミングアウトにあえて障害名を言う必要はない――発達障害の程度が重い場合は、あえて説明しなくても周囲は自然とわかるかもしれませんが、グレーな場合はわかりにくいですよね。特に説明する必要を感じない場合は、黙っていてもいいような気もしてしまいますが、身近なところにはカミングアウトした方が良いのでしょうか?「私が相談を受けた中では、カミングアウ...more
カテゴリー:

旅の専門家たちがおススメする「雪景色」楽しむ旅行スポット - 01月20日(土)11:00 

寒ければ寒いほど、美しくなる場所がある。“寒いから行かない”ではなく、“寒いからこそ行きたい”目的地があるのだ。そんな「こんなにキレイだったのか、ニッポン!」とうなること必至の“雪旅先”を、フリーアナウンサーで温泉ジャーナリスト・植竹深雪さんと、年の多くを旅先で過ごす旅ジャーナリスト・のかたあきこさんが紹介。 ■植竹深雪さんおススメは、寒くてあったか「雪見温泉旅」 【栃木県・奥鬼怒温泉郷】 「その名のとおり、鬼怒川の奥地にあり、一般車両は途中までしか入れない秘境です」 植竹さんが推奨するのは、たった4軒の温泉宿からなる奥鬼怒温泉郷。 「源泉を複数持つお宿が多いのが特徴。宿泊者の送迎がある温泉宿が便利で、雪景色とにごり湯の露天風呂が素晴らしい『加仁湯』は本当におススメ。内湯、露天風呂、混浴露天風呂があります。源泉5本すべてが源泉かけ流し。原生林に囲まれた秘湯で、温泉を存分に楽しみたい方にぴったりです」(植竹さん) 【山形県・銀山温泉】 植竹さんが愛する東北の銀山温泉は、大正ロマンを感じるノスタルジックな町並みがすてき。 「雪帽子をかぶった温泉街は、寒さを忘れて街歩きをしたくなる美しさです。なかでも『滝と蕎麦の宿 瀧見館』は、白銀の滝を見ながらつかれる絶景露天風呂と、自慢のおいしい手打ちそばが魅力的なお...more
カテゴリー:

小倉智昭「他人の幸せは奪っては…」小室引退に思い - 01月22日(月)10:35 

 フリーアナウンサーの小倉智昭(70)が、音楽プロデューサー小室哲哉(59)の引退に「何人たりとも他人の幸せは奪ってはいけない」との思いを語った。  小室は「週刊文春」で看護師女性との不倫疑惑を報じられ、19日に都内で会見を開き、「僕な…
カテゴリー:

【女子アナ】「黒すぎる女子アナ」岡副麻希、ファースト写真集発売決定 貴重なビキニ姿も初披露 - 01月22日(月)08:34  mnewsplus

フリーアナウンサーの岡副麻希が、22日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」9号の表紙、巻頭グラビアに登場。 2月5日にファースト写真集「Maki Mermaid」を発売することを発表した。 写真集先行カット公開 岡副は、フジテレビ系「めざましどようび」(毎週土曜あさ6時~)のキャスターとして、またバライティー番組では不思議キャラとして活躍中。 今号には、ハワイで撮影された今回の写真集の先行カットが公開され、貴重なビキニ姿も収められている。 なお、同誌公式サイトでは21日から28日まで期間限定でメイキングムービー...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】小林麻耶 予約入れ検査へ「早めの受診、大事ですね」何の検査かは明かさず - 01月21日(日)22:21  mnewsplus

 フリーアナウンサーの小林麻耶(38)が21日、自身のブログを更新。予約を入れていた検査を終えたことを明かした。 何の検査かについては触れていない。  小林は午前9時過ぎに「おはようございます!!」と題して更新したブログで「午前中は予約していた検査に行ってきます。 今日も一日ハッピーなことが1秒でもありますように」とつづると、正午過ぎに再び更新したブログでは 「診察無事に終わりました。ホッ。早めの受診、大事ですね。自分の身体、そして大切な人の身体も大切に」と続けた。  検査を受けた場所の廊下...
»続きを読む
カテゴリー:

高橋真麻、歩けず杖つく生活に - 01月20日(土)17:16 

フリーアナウンサーの高橋真麻(36歳)が1月18日、公式ブログを更新し、足の調子が悪いことを報告。杖をつく生活を余儀なくされているという。
カテゴリー:

【小室哲哉引退表明】ファンら不倫報道を痛烈批判「これで満足か!」「雑誌がまた一人の天才を殺しました」★6 - 01月20日(土)00:46  mnewsplus

小室哲哉の引退表明、ファン「これで満足か!」不倫報道を批判 1/19(金) 14:07配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00010004-musicv-ent  音楽プロデューサーの小室哲哉が19日、引退することを表明した。18日発売の『週刊文春』が不倫疑惑を報道。その騒動の責任を取り「僕なりの騒動のけじめとして引退を決意しました」と語った。  今回の表明はファンを中心に衝撃が走っている。SNSなどには驚きのコメントが相次ぎ 「身内の問題で引退とは。才能あるから残念」 「無実なら引退することもないだろうし」 「こ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「フリーアナウンサー」の画像

もっと見る

「フリーアナウンサー」の動画

Wikipedia

フリーアナウンサーは、放送局に直接雇用されていないアナウンサーのことである。

概要

社員・職員として放送局に所属せずに、アナウンサーの仕事をする人のこと。この場合の「フリー」は、放送局と直接の雇用関係がないことを指す。完全なフリーランスでなく、人材派遣事務所や芸能事務所などに所属している者もこう呼ばれる。個人で活動する人もいるが、多くは芸能事務所制作プロダクションに所属する。社員・職員として所属するアナウンサー(通称:局アナ)と区別するため、(フリー)キャスターやリポーターとも呼ばれる。

局アナと違い出演する放送局が限られずCM出演も可能となる一方、仕事の量は人気・所属事務所の力量次第のため雇用・仕事量が不安定である。特に2009年(平成21年)に入ってからは、各局がテレビデジタル化によるコスト増、不況・多メディア化による広告収入減で、キー局ですら赤字を計上しているため、その対策として人件費削減に乗り出しており、それまでフリーアナウンサーを使っていたところを社員・職員に置き換える動きが目立っている。局によっては長年の功績に対して配慮をするケースがある一方、降板を巡って“喧嘩別れ”となるケースもある。

だが、放送局に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる