「フランス語」とは?

関連ニュース

ルタオの新ブランドが東武百貨店池袋店に期間限定出店! - 02月19日(月)15:50 

北海道のお取り寄せスイーツとして人気の「小樽洋菓子舗 ルタオ」より、新ブランド「ヴィエノワズリー・ルタオ」が、2月16日から2月28日(水)まで、東京・東武百貨店池袋店に期間限定ストアを初出店する。 【写真を見る】フロマージュデニッシュ断面図 フロマージュデニッシュ(税込297円)は、北海道産クリームチーズ(上層)とイタリア産マスカルポーネチーズ(下層)が2層になったミルキーチーズクリームを、 ザクザク食感のデニッシュ生地で包み込んでいる。 デニッシュ生地には北海道産100%の小麦、自家製天然酵母(白樺樹液×椿酵母)を使い、72時間かけて低温熟成発酵させ、27層に折り上げている。心地よいザクザクとした食感と、小麦の香りを感じられるデニッシュだ。店内の厨房で焼き上げたつくりたてを提供してくれる。 ブランド名の、ヴィエノワズリー=「VIENNOISERIE(フランス語)」は、クロワッサンやデニッシュなど、卵や牛乳、バター、砂糖を使用したパンの総称。「ヴィエノワズリー・ルタオ」は、北海道産素材とルタオのスイーツブランドとしてのノウハウを活かし、ベーカリー×スイーツを創造する新ブランド。 人気のルタオの新ブランドが、池袋に期間限定オープン。食べたことがある人もない人も、この機会にチェックしてみて!(東京ウォーカー・篠田) 【関連記事】 ・居心地抜群!空間が魅せる不思議な世界「カフェみも...more
カテゴリー:

ベルギー王室御用達チョコレートブランド「ヴィタメール」梅田大丸店ショコラバーにて 3/7(水)より オープン2周年記念商品『カプリス~ショコラとベリーのミルフィーユ~』を販売 - 02月17日(土)17:00 

[株式会社 エーデルワイス] サクサクのパイ生地に濃厚なチョコクリームと苺をサンドしたミルフィーユは、甘酸っぱいベリーソースがアクセント。フランス語で” 気まぐれ” を意味する『カプリス』を商品名にしたのは、ハート型の...
カテゴリー:

エボラブルアジア、中東・北アフリカ最大手メタサーチWegoとシステム連携 - 02月15日(木)20:09 

エボラブルアジアは、ドバイとシンガポールに本社を置く、中東や北アフリカでの最大手価格比較サイトを運営するWegoとシステム連携を開始した。 海外航空券予約サービス「エアトリ海外航空券」をWegoのシステム連携を行うことで、グローバルに販路を拡大することができる。今後は海外発着の格安航空会社(LCC)100社の取扱いを予定しており、3年後に取扱高100億円を目指す。 Wegoは世界の航空会社、旅行会社、ホテルの料金を700件以上のサイトから比較、予約ができる。対応言語はアラビア語、英語、インドネシア語、フランス語、中国語など20言語以上にのぼる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ノルマはロシア語? - 02月14日(水)18:00 

ノルマという言葉はビジネスシーンなどでよく用いられているでしょう。「年間のノルマはどれくらい」「今日のノルマはどれくらい」「ノルマ達成に向けて頑張ろう」といったものです。仕事上でこなさなければいけない最低限のラインを指す言葉がノルマだといえるでしょう。いまでは何気なく使われている言葉ですが、実はこの「ノルマ」という言葉には怖い意味があることをご存知でしょうか。 ロシア語由来 ノルマはカタカナでありますから外来語であるのは確かでしょう。そうであれば英語かドイツ語、あるいはフランス語で、明治時代に日本に入ってきた言葉ではないかと思われがちです。しかしながら、ノルマの由来はロシア語にありました。しかも戦後に浸透した言葉なのです。もっと昔からあるように見えて、実は最近になってから使われた言葉というのは意外に多くあるもので、「ノルマ」もそのひとつだといえるでしょう。 シベリア抑留の記録 第二次世界大戦中、ロシアの前身となる旧ソ連は中立国でした。しかし、1945年8月9日に一方的に日本に攻め入ります。さらに戦後は、多くの人間がシベリア抑留に駆り出されます。劣悪な労働環境により多くの日本人抑留者が命を落とすことになりました。この時、抑留されていた日本人に課せられていたものが「ノルマ」だったのです。ノルマを達成できなければ当然のごとく罰則が待ち受けていました。そんな辛く苦しいシベリア抑留から戻...more
カテゴリー:

パリで大人気、味噌・抹茶・きな粉を生かす女性チョコレート職人に密着 - 02月13日(火)19:00 

 さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、意識・無意識にかかわらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、掘り下げていく関西テレビ・フジテレビ系ドキュメンタリー『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00)。13日の放送は、チョコレートの本場・パリで勝負するショコラティエール(女性チョコレート職人)の佐野恵美子さん(34)に密着する。 【写真】佐野さんがパリで開いたチョコレート専門店  昨年、パリの旧市街地、マレ地区に日本人女性として初めてチョコレート専門店「レ・トロワ・ショコラ」をオープンした佐野さん。味噌や抹茶、きな粉などを使った彼女にしか作れない繊細な味は、世界屈指のスイーツ激戦区で、舌の肥えたパリ市民をとりこにしている。  佐野さんの実家は、福岡の博多で祖父の代から続く老舗の洋菓子店「チョコレートショップ」。しかし、父親からは「職人をなめるな!」とパティシエールになることを反対された。父から「フランスで修行するなら…」と条件を出され、25歳の時に半ばケンカ状態で単身フランスに渡った彼女は、言葉のわからない異国でゼロからお菓子作りを学んだ。  「父から3代目として認められたい…」という思いを胸にフランスで修業を続け、2015年にはチョコレートの世界大会で金賞を受賞。昨年、自身の店をオープンした。築400年の建物の内...more
カテゴリー:

TBS『世界遺産』日本初撮影映像を2ヶ月連続放送 - 02月18日(日)13:00 

 TBS系『世界遺産』(毎週日曜 後6:00)では18日と3月25日の2ヶ月連続で“日本初撮影”の映像を放送。2月にはイランの文化遺産である『メイマンドの文化的景観』、3月には西アフリカのコートジボワールに残された広大な熱帯雨林『タイ国立公園』を紹介する。 【写真】『タイ国立公園』のチンパンジー  普段はなかなか取材することも難しいイランだが、今回は2000年以上変わらず荒涼とした岩山が連なる、標高2300メートルの高地にある洞窟で生活を続けているイラン高原の遊牧民にスポットを当てて取材するのは、今回が日本初。タイ国立公園自体の撮影も日本初だが、同時にこのエリアに生息し絶滅が危惧されているチンパンジーたちが、器用に道具を使っている様子を撮影することにも成功した。  2005年に世界遺産に登録されたメイマンド。堤慶太プロデューサーは「その審議を傍聴している時に『これは面白そう。ぜひ撮影したい』と思いました。それから2年がかりで撮影にこぎつけました。世界にはまだまだ知らない世界があることを実感させてくれる所です。ぜひご覧ください」とアピール。  初めて訪れたイランで秘境・メイマンドでの撮影を敢行した石渡哲也ディレクターは「イランの人たちは、とてもプライドの高い人たちに見えます。べつに、偉ぶるわけではありません。ペルシアから続く長い文明が、そういう雰囲気を醸し出すのかもしれません...more
カテゴリー:

ブーム到来中! おいしくてインスタ映えする「チーズ料理」 - 02月17日(土)11:00 

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYOFMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。2月10日(土)放送のテーマは「チーズ」。いまやどんな食事にも合う乳製品として世界中で愛されるようになったチーズ。憧れのハイジのチーズを熱々で食べるラクレットに、人気のチーズタッカルビ……チーズブームの勢いはまだまだ止まりません! 今回は、おすすめのチーズの種類やおいしい食べ方を、TOKYO FMの番組の中で詳しい方々に教えていただきました。 (TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2018年2月10日(土)放送より) ブーム到来中! おいしくてインスタ映えする「チーズ料理」 ◆「熱々のチーズをたっぷり味わえるラクレット」 株式会社MYU 野澤隆一さん ── ラクレットってどんな料理なんですか? そもそもラクレットというチーズがありまして、その断面を火であぶって、溶けた部分を料理にかけて召し上がっていただく料理です。フランス語の「ラクレ(削り取る)」が語源で、本場のフランスやスイスでは蒸かしたジャガイモやパンに付けて食べる伝統的な料理です。『アルプスの少女ハイジ』でご覧になったことのある方も多いでしょう。 当店「チーズキッチン ラクレ」では、お肉とお野菜の料理に溶かしたチーズをかけた「盛り合わせラクレット」が人気です。お肉はベーコンやフランクフルト、お野菜は蒸かしたジャガ...more
カテゴリー:

SignAllはゆっくりと、しかし着実に手話通訳プラットフォームを構築中 - 02月15日(木)18:32 

翻訳は難しい作業だ。2つの言語の距離が遠くなるほどそれは難しくなる。フランス語からスペイン語?それほど問題はない。古代ギリシャ語からエスペラント?かなり難しいだろう。しかし、手話は独特だ。そしてその翻訳の難しさも独特である。なぜならそれは話されたり書かれたりしている言語とは、根本的に異なるものだからだ。こうした事情から、SignAllは、アメリカ手話(American Sign Language:ASL)の正確でリアルタイムな機械翻訳を実現するために、何年も努力を重ねてきた。 AIとコンピュータビジョンに現在起きている進歩を考えれば、このような解くのが面白くて有益な問題は、既に一流中の一流どころが一斉に取り組んでいることだろうと想像するかもしれない。シニカルな市場拡大の観点から考えても、手話を理解できるEchoやテレビは何百万人もの新しい(そして感謝を捧げてくれる)顧客を引きつけることだろう。 しかし残念ながら、そうしたことは起こっていないようだ。それがこのブタペストを拠点とする小さな企業であるSignAllのような会社に、不自由な人びとへの利便性を提供するこの難しい仕事が残された理由だ。そして、手話をリアルタイムで翻訳することは、思われていたよりも複雑な作業であることが判明したのである。 CEOのZsolt Robotkaと最高研究開発責任者のMártonKajtárが、今年の...more
カテゴリー:

路上暮らしからミシュランシェフへ、戦地の青年がかなえたフレンチドリーム - 02月14日(水)17:04 

【2月14日 AFP】約20年前、パリにたどり着いたレバノン人のアラン・ジアームさんは、フランス語は全く話せず、程なくして一文無しのホームレスになってしまった。≫続きを読む
カテゴリー:

オードリー若林正恭、恋の裏切りエピソード告白「あれがなかったら今頃…」 - 02月13日(火)16:00 

青木崇高と若林正恭が、2月13日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)にて学生時代の恋の思い出を告白する。全編チョコレートの本場・パリでのロケでおくる今回の主人公は、ショコラティエールの佐野恵美子(34歳)。実家は、福岡・博多で祖父の代から続く老舗の洋菓子店「チョコレートショップ」だが、父からは「職人をなめるな!」と、パティシエールになることを反対された。そして、「フランスで修行するなら」と条件を出され、25歳の時に半ばケンカ状態で単身フランスに渡った佐野は、言葉の分からぬ異国で0からお菓子作りを学んだ。「父から3代目として認められたい」という想いを胸に、フランスで修業を続け、2015年にはチョコレートの世界大会で金賞を受賞。そして昨年、ついに自身の店をオープンさせた。築400年の建物の内・外装をそのまま生かした彼女の店は、歴史ある街並みによく溶け込んでいる。そこには古き良きパリへの彼女の敬意が表れているという。さらにカメラは、こだわりに溢れたチョコレート作りの現場だけでなく、厳しい修業時代を支えてくれた交友関係や、ルームシェアする日本人との関係性など、彼女がパリで築いてきた人間関係、そして故郷・福岡への愛も映し出す。単身フランスに渡って10年、ショコラティエールとしてパリ市民から高い評価を受けるようになった現在も、まだ「3代目として認められてない」...more
カテゴリー:

もっと見る

「フランス語」の画像

もっと見る

「フランス語」の動画

Wikipedia

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。

世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である筑波大学外国語センター。国際連合欧州連合等の公...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる