「フランス語」とは?

関連ニュース

【サッカー】<日本代表「ハリルホジッチ解任」の吉凶>人間関係はギスギスの極みで最悪。采配も稚拙な愚将、クビで正解か? - 04月23日(月)07:15  mnewsplus

お互いが自分のやり方を押しつけて、人間関係はギスギスの極みで最悪。采配も稚拙な愚将、クビで正解か? 選手たちの運命やいかに ■本田圭佑はツイッターで 〈It's never too late.〉和訳すると“遅すぎることはない”。4月10日、サッカー日本代表の本田圭佑はツイッターでこう呟いた。「何を指しているのかは一目瞭然。 その前日の4月9日、サッカー日本代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチ氏の解任が発表されたんです」(スポーツ紙記者)  2015年から約3年間、代表監督を務め、ロシアW杯の出場も決め...
»続きを読む
カテゴリー:

有名パティシエ辻口氏がプロデュース!名古屋駅に登場した新スイーツに女子大生が舌鼓!! - 04月22日(日)15:56 

JR名古屋駅(名古屋市中村区)の太閤口付近にある、パティシエ・辻口博啓氏がプロデュースの洋菓子店「Cuitte(キュイット)」。2018年4月20日(金)に、チーズタルト専門店から焼き菓子専門店へとリニューアルオープンした。 【写真を見る】女子大生ライター丹羽(左)&河野(右)が新スイーツ「ガレブル」実食! もともと、店名の「Cuitte」は、フランス語で“焼く”を意味する“cuite(キュイ)”と、英語で“かわいい”を意味する“cute(キュート)”を掛け合わせた造語。今後は“焼く”に特化し、旬の食材を使ったさまざまな焼き菓子を展開していく。 今回のリニューアルに伴い、同店では新スイーツ「ガレブル」(230円)が登場した。西フランスの伝統菓子「garette brutonne(ガレットブルトンヌ)」に独自のアレンジを加えた同メニュー。じっくりと炊きこんで糖度を高めたリンゴをしっとり食感のクッキー生地で包んだ一品で、店では焼きたても楽しめる。 ■ 女子大生ライターの丹羽&河合が実食! そんな新登場スイーツ「ガレブル」を女子大生ライターの丹羽&河合が実食!普段から「甘いものには目がない!」という2人に率直な感想を聞いてみた。 丹羽「バターの風味が効いていて、個人的にはとても好きです。クッキー生地も厚めで食べ応えがあります。上品な味わいながらも、甘味がしっかりしているので、ブラックコー...more
カテゴリー:

【大麻】合法大麻カンナビスCBD製品、スイスの格安スーパーで購入可能に - 04月21日(土)05:24  newsplus

向精神作用を含まない合法大麻「カンナビスCBD」製品が、スイスのスーパーマーケット「Lidl(リドル)」で購入できるようになった。 スイスでは、精神作用物質THCが1%を超える大麻は規制薬物となり、栽培、販売および使用が法律で禁止されている。一方、CBD(カンナビジオール)は大麻に含まれる成分カンナビノイドの一つで、THCのような精神作用がない。 製造元はスイス北東部トゥールガウ州にあるスタートアップ企業「ザ・ボタニカルズ他のサイトへ」。一部オートメーション化された室内栽培場で、100%スイス産の大麻草を作...
»続きを読む
カテゴリー:

ハリルホジッチ氏 会見 | 日本記者クラブ JapanNationalPressClub (JNPC) - 04月20日(金)13:18 

ハリルホジッチ氏 会見 | 日本記者クラブ JapanNationalPressClub (JNPC)ヴァイッド・ハリルホジッチ氏(前サッカー日本代表監督)の会見を行う。 言語 フランス語・日本語 ※会見に参加できるのは日本記者クラブ会員ならびに会員社記者です。 ※参加申し込み、問い合わせは4月23日(月)10:00以降に受け付けます。 申し込みフォームへのリンクや問い合わせ先は同時刻にこのページに掲載します。
カテゴリー:

貴重なビンテージ作品登場!写真展ジャン・コクトー「オルフェの遺言」「悲恋」【Art Gallery M84】 - 04月19日(木)09:00 

Jean Cocteau / The eternal return © Photo by Laure Albin-Guillot / G.I.P.Tokyo歌舞伎座(東京・銀座)の真裏に佇むギャラリー「Art Gallery M84」は、写真展ジャン・コクトー「オルフェの遺言」「悲恋」を開催中だ。今回の作品展は、Art Gallery M84の第71回目の展示として実施する企画展。フランスを代表する芸術家(詩人、小説家、劇作家、評論家としても著名)で画家、映画監督、脚本家としての活動も行ったコクトーに関わる写真作品を楽しめる。今回、貴重なビンテージプリントを含む「オルフェの遺言」「悲恋」の作品、約36点を展示している。「オルフェの遺言」は、コクトー芸術の創作力、コクトーのマジックを身近に体験しコクトーの幻想映像による写真作品だ。ピカソの紹介で交友が始まった写真家ルシアン・クレイグが撮影クルーの一員として加わり、40日以上も続いた南フランスでの撮影で、コクトーが撮影場面を自由に撮らせた。「悲恋」は、女性写真家ロール・アルバン=ギーヨが撮影した当時のプリント作品。フランスの30年代から40年代にかけて華々しくプロフェショナルな写真活動で有名な写真家であり、2013年パリのジュ・ド・ポーム美術館で大規模な回顧展で評価が蘇った。■映画「オルフェの遺言」と映画「悲恋」映画「オルフェの遺言」は...more
カテゴリー:

サッカー日本代表「ハリルホジッチ解任」の吉凶 - 04月23日(月)06:00 

 お互いが自分のやり方を押しつけて、人間関係はギスギスの極みで最悪。采配も稚拙な愚将、クビで正解か? 選手たちの運命やいかに ■本田圭佑はツイッターで 〈It's never too late.〉和訳すると“遅すぎることはない”。4月10日、サッカー日本代表の本田圭佑はツイッターでこう呟いた。「何を指しているのかは一目瞭然。その前日の4月9日、サッカー日本代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチ氏の解任が発表されたんです」(スポーツ紙記者)  2015年から約3年間、代表監督を務め、ロシアW杯の出場も決めたハリルホジッチ氏のまさかの解任。その衝撃は計り知れない。「電撃解任の理由は、成績不振。確かに日本代表はW杯出場が決定して以降は、3勝4敗2分けで低迷していました。とはいえ、ロシアW杯を2か月後に控えたこの時期に、なぜ? と疑問も残ります」(前同)  本田は“遅すぎることはない”と呟いているが、はたして、どうなるか? 後任には、アトランタ五輪サッカー日本代表監督で、Jリーグではガンバ大阪などを率いた西野朗氏が選ばれたが、大丈夫なのか? ■長谷部誠は何度もハリルの解任を進言していた  そこで、本誌が『ハリルホジッチ解任の吉凶』を徹底取材すると、今回の解任劇を“吉”とする見方がかなり強い。三十数年、サッカー日本代表の試合を取材しているスポーツライターの戸塚啓氏は、こう...more
カテゴリー:

【パリ発コラム】50周年とともにさまざまな行事で振り返る、フランス5月革命 - 04月22日(日)09:00 

 昨年カンヌ映画祭でワールドプレミアを迎え、その後フランスで公開されたミシェル・アザナビシウスの「Le Redoutable(原題)」が、1968年の「フランス5月革命」から50周年を迎えた今年、日本でも公開される予定だ。本作は「中国女」を製作するジャン=リュック・ゴダールと彼のミューズ、アンヌ・ビアゼムスキーのラブストーリーに焦点が当てられているが、その背景にあるのが68年にパリで起こったいわゆる5月革命(フランス語では革命に当たる単語はなく、たんにMai68と称される)だ。当時の大学体制に反対した学生たちの反乱が労働者を含む大規模な抗議運動に発展し、カルチェ・ラタンを中心に政府の治安部隊と激しい闘争を繰り返したものの、およそ2カ月でド・ゴール大統領に鎮圧されて幕を落とした。  映画はふたりがデモに加わって行進したり、ゴダールが大学の集会で毒舌を展開しすぎて野次を浴びる場面などを、ウィットに富んだコミカルなタッチで描写している。  実際、50周年の今年は多くの関連行事がパリで開催される。3月23日から始まったポンピドゥー・センターでおこなわれている、国際ドキュメンタリー映画祭「CINEMA DU REEL」では、ノスタルジーやイデオロギーの観点だけでなく、さまざまな角度から5月革命を見直すため、約30本にのぼる貴重な長編、短編が特集される他、討論会もあり、さらに日本の学生運動...more
カテゴリー:

【サッカー】<解任の謎>なぜハリル監督が突如解任され、前技術委員長の西野朗に取って代わられなければならのかったのか? - 04月21日(土)00:56  mnewsplus

サッカーに興味があるのとないのとにかかわらず、またスポーツマスコミが正しい決断だと賞賛しているのとは裏腹に、 まだ多くの日本国民が腑に落ちない思いを解消できないでいるのではないだろうか。 なぜ日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が突如解任され、前技術委員長の西野朗に取って代わられなければならのかったのか、について。 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は9日の記者会見で表向き、「選手とのコミュニケーションや信頼関係(の問題)が出た」からと説明している。 が、ハリルホジッチはすでに3年間も日本代表を率...
»続きを読む
カテゴリー:

世界80ヶ国以上で導入、美術的著作物の権利を守る「追求権」とは - 04月20日(金)08:10 

 視覚美術品などの原作品を守るための仕組みとして、欧州をはじめ世界80ヶ国以上で導入されている「追求権」。世界でも有数なアートマーケットがある日本での追求権の導入を求めるべく4月、CISAC(著作権協会国際連合)事務局長のガディ・オロン氏とCISACアジア・太平洋地域代表のベンジャミン・グー氏が来日、CISACの理事団体として活動を支援しているJASRACが主催する形で13日、記者会見が行われた。彼らが日本での導入を促す意義とは。 【一覧】追求権が導入されるとどうなる? 原作品創作後の販売例 ◆日本で導入された場合、クリエイターの没後50年間その権利が有効になる  追求権は、絵画や金属工芸品等の美術作品、写真のオリジナルプリント、アニメーションのセル画といった視覚美術品の著作権をサポートするもの。各作品が売買される度、手がけたクリエイターに対価が還元されるという仕組みだ。文学的、美術的著作物の保護に関する「ベルヌ条約(14条の3)」にも規定のある権利で、EU諸国をはじめ、イギリス、ドイツ、ロシア、メキシコなど、現在88ヶ国で導入されている。徴収は、各国の追求権管理団体が行う。(日本で導入された場合は、日本美術著作権協会・JASPARになる見込み)  そもそも同権利の誕生は、1920年にフランスで起こった出来事が関連している。ある美術コレクターが、フランスの画家・ミレーの作品...more
カテゴリー:

花+手作りクッキーをサプライズ。「世界でたったひとつ」を贈れるフラワーカフェ - 04月19日(木)07:00 

店名の「Chou」にはフランス語で「かわいいもの」という意味があるというフラワーカフェ。花にあふれた手作り感あふれる店内でスイーツをいただきながら、オーダーしていたお花+クッキーのボックスセットをプレゼントすれば、女性なら誰でも喜ぶサプライズに。◆【中目黒】CHOU DE RUBAN(シュー ドゥ リュバン)【相手にピッタリのアレンジを新鮮な花は長持ちも自慢】ウエディングのフラワーコーディネーターとして500組以上に幸せを届けてきたオーナー・川本さんは、空間コーディネートも長年手掛けてきたそう。そのため、花を送る相手や場所、イメージに合わせ、細やかにアレンジしてくれると評判。「3日以内のお花しか使わないことをモットーにしているので、『長持ちする』とも喜ばれますね」と川本さん。心のこもったお花を、少しでも長く楽しんでもらいたい気持ちに、丁寧に応えてくれる。【温もりのあるキュートな空間で自慢のフレンチトーストを楽しもう】味わいあるレンガの壁やアンティークのチェア、ヴィンテージの棚などは、インテリアコーディネーターでもある川本さんが手作り&フランスでセレクトしてきたもの。手仕事の温もりあるものに囲まれた店内は、しっとり落ち着いたくつろぎムード。国産小麦だけを使用したパンを使ったメニューも人気で、特にフレンチトーストは焼きたてモチモチな食感にファン多数。心落ち着くかわいい空間で味わう美味は...more
カテゴリー:

もっと見る

「フランス語」の画像

もっと見る

「フランス語」の動画

Wikipedia

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。

世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である筑波大学外国語センター。国際連合欧州連合等の公...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる