「フラッシュ」とは?

関連ニュース

【サッカー】ハリル「W杯はまた別物」「それではよいお年を」 - 12月17日(日)00:36  mnewsplus

12/16(土) 23:50配信 デイリースポーツ  大会を振り返るハリルホジッチ監督=味の素スタジアム  「サッカー・東アジアE-1選手権、日本1-4韓国」(16日、味の素スタジアム)  完敗を喫した日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が試合後会見では「W杯はまた別物。本日のチームで戦うわけではない」と語った。 【写真】韓国代表監督「勝たないといけない試合だった」  試合直後のフラッシュインタビューの段階から「韓国が格上だった」と今大会のチームでの実力差を認めていたが、会見でも「韓国の方が大きく上回...
»続きを読む
カテゴリー:

日本代表・ハリルホジッチ監督「韓国の方が格上だった」…先制した後のプレーに疑問 - 12月16日(土)21:32 

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は韓国との試合後、フラッシュインタビューに応じた。
カテゴリー:

藤原紀香、更年期障害に悩む45歳役!年下彼とのベッドシーンも公開 - 12月16日(土)05:05 

読売テレビ・日本テレビ系にて12月21日(木)と28日(木)の2週にわたって放送されるドラマ『眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~』(23:59~24:54)で主演を務める藤原紀香と、相手役・鈴木伸之(劇団EXILE)からコメントが到着。さらに、ベッドシーン写真も公開された。同ドラマは石田衣良による大人の恋愛小説『眠れぬ真珠』(新潮文庫刊)が原作。更年期障害に悩む45歳の独身女性と17歳年下の恋愛模様に、狂気じみたストーカーが迫るというサスペンス要素を盛り込んだ極上のラブミステリーになっている。藤原が演じるのは、海辺の家にアトリエを構える銅版画を専門とする女性画家の内田咲世子役。光を外側に放つダイヤモンドの女とは対照的な、光を内側に引き込むタイプの真珠の女。咲世子は、芯が強く芸術に対して真っ直ぐ。年上の画商・三宅(升毅)と不倫関係を続けていたが、17歳年下の徳永素樹(鈴木)と出会い、葛藤しながら、一途な恋に落ちていく。素樹は、海辺の町のカフェに務めるウェイター。ドキュメンタリーの映像作家だった素樹は商業映画での自己表現に行き詰まり、海辺の町に逃げてきたのだ。素樹はカフェの常連の咲世子に興味を持ち、咲世子を題材にしたドキュメンタリーを撮る中で、咲世子に強く惹かれていく……。<藤原紀香>――撮影を振り返ってタイトなスケジュールだったので、その分、グッと集中し密度の濃い雰囲気の中でお芝...more
カテゴリー:

藤原紀香、更年期障害に悩む45歳役!年下彼との“ベッドシーン”も公開 - 12月15日(金)22:46 

読売テレビ・日本テレビ系にて12月21日(木)と28日(木)の2週にわたって放送されるドラマ『眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~』(23:59~24:54)で主演を務める藤原紀香と、相手役・鈴木伸之(劇団EXILE)からコメントが到着。さらに、ベッドシーン写真も公開された。同ドラマは石田衣良による大人の恋愛小説『眠れぬ真珠』(新潮文庫刊)が原作。更年期障害に悩む45歳の独身女性と17歳年下の恋愛模様に、狂気じみたストーカーが迫るというサスペンス要素を盛り込んだ極上のラブミステリーになっている。藤原が演じるのは、海辺の家にアトリエを構える銅版画を専門とする女性画家の内田咲世子役。光を外側に放つダイヤモンドの女とは対照的な、光を内側に引き込むタイプの真珠の女。咲世子は、芯が強く芸術に対して真っ直ぐ。年上の画商・三宅(升毅)と不倫関係を続けていたが、17歳年下の徳永素樹(鈴木)と出会い、葛藤しながら、一途な恋に落ちていく。素樹は、海辺の町のカフェに務めるウェイター。ドキュメンタリーの映像作家だった素樹は商業映画での自己表現に行き詰まり、海辺の町に逃げてきたのだ。素樹はカフェの常連の咲世子に興味を持ち、咲世子を題材にしたドキュメンタリーを撮る中で、咲世子に強く惹かれていく……。<藤原紀香>――撮影を振り返ってタイトなスケジュールだったので、その分、グッと集中し密度の濃い雰囲気の中でお芝...more
カテゴリー:

【銘柄フラッシュ】ラクオリア創薬が急伸し東海カーボンは季刊会社データ誌の高評価も言われて活況高 - 12月15日(金)16:59 

15日は、東証1部の値上がり率1位にソルクシーズ(東1)が入り、SBIグループの仮想通貨取引所のシステム構築を行うと10月に発表しており、同日付の日本経済新聞・朝刊が「仮想通貨取引所、相次ぎ海外進出」と伝えた中でSBIグループも採り上げられストップ高の17.5%高。
カテゴリー:

【サッカー】<ハリル監督>完敗認めつつ「W杯はまた別物」「それでは良いお年を。ありがとう」 - 12月17日(日)00:25  mnewsplus

完敗を喫した日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が試合後会見では「W杯はまた別物。本日のチームで戦うわけではない」と語った。  試合直後のフラッシュインタビューの段階から「韓国が格上だった」と今大会のチームでの実力差を認めていたが、会見でも「韓国の方が大きく上回っていたと思う。パワー、テクニックでゲームをコントロールするのは驚くべきものだった。非常に高いレベルの試合を韓国はした」と表現した。 欧州組を招集できない日程での試合だったが、「今大会には10人11人の選手を呼びたくても呼べなかった。...
»続きを読む
カテゴリー:

日本代表FW小林悠、2試合連続弾も試合展開を反省「ちょっと重たかった」 - 12月16日(土)21:25 

日本代表はE-1選手権最終戦で韓国代表と対戦し1-4で敗れた。試合後、小林悠がフラッシュインタビューに応じた。
カテゴリー:

桜庭ななみ、背中ざっくりの鮮やかなドレス姿で2年連続マカオ映画祭に参戦! - 12月15日(金)22:55 

女優の桜庭ななみが、12月14日(現地時間)、「第2回マカオ国際映画祭」のクロージングセレモニーに特別ゲストとして招待され、鮮やかなブルーのロングドレスでレッドカーペットに登場。日本が誇る“アジアンビューティー”の姿を見せつけた。 【写真を見る】美しい背中がざっくり開いたセクシーなドレスオフショット公開 11月に、北京と台湾で行われた香港・中国合作映画「マンハント」のプレミアにも参加した桜庭。桜庭といえば、日本語、韓国語、北京語の3カ国語で演じることができる女優として、中国、香港、台湾ではすさまじい人気を誇る。 2年前から、忙しいスケジュールの合間を縫って上海・台湾に何度も留学し、北京語を学んだという桜庭。2016年には台湾のドラマ「戀愛沙塵暴」で世界デビュー。全編北京語で演じている。 それもあり、今回のマカオ国際映画祭でも現地マスコミからの質疑応答やインタビューでも、通訳を介さず流ちょうな北京語で応え、「彼女こそアジアを代表する女優になることは確実」と称賛を浴びている。 その語学力を買われ、マカオ国際映画祭の主催者が俳優としては初めて2年連続で桜庭を招待。多くの映画関係者が一堂に介し、アジア各地からやってきた俳優・女優とも交流を深めた。 レッドカーペットでの撮影では、フラッシュがやまず、なかなかその場を去ることできずにいるなど、アジアでの注目度の高さを示した。 それに対し、桜庭は...more
カテゴリー:

ナショジオが突きつける戦争の現実…最前線のリアル描くドラマに注目集まる! - 12月15日(金)19:09 

12月も半ばに入り、ランキングの発表も残すところあとわずかとなってきたが、今回はHuluの週間ランキングから今後ますます注目を集めそうな海外ドラマをピックアップ! トップをキープし続けているのは言うまでもなく『ウォーキング・デッド』だが、いまこそ見るべきドラマと言われているのは、4位にランクインした『ロング・ロード・ホーム』。11月22日に配信がスタートしたばかりの、実話をもとにした全8話のドラマ・シリーズだ。 本作で描かれているのは、日本ではあまり知られていない「ブラックサンデー」という、イラク戦争の重要な転機となった武力衝突事件。フセイン政権崩壊の1年後、2004年4月のイラクが舞台となっている。当時、バグダッドでは保安活動として任務を行っていたアメリカ軍だったが、外国の占領に反感を持っていた宗教指導者サドルと衝突。それがきっかけとなって激戦へと発展し、多くの死傷者を生んでしまうこととなる。 今回、視聴者たちの心を掴んでいるのは、これまで私たちが知ることのなかったイラクの最前線の様子はもちろん、死の恐怖に直面した兵士たちの葛藤や兵士たちの帰りを待つ家族との人間ドラマ。さらに、本作はドキュメンタリーを得意とするナショナル ジオグラフィックが製作しているだけに、映像のリアルさも話題となっている。実際、100棟以上の建築物を作った北米最大級のセットをはじめ、セリフのある役だけで...more
カテゴリー:

内山理名&桜庭ななみ「マカオ国際映画祭」レッドカーペット登場 流ちょうな中国語に称賛の声 - 12月15日(金)16:51 

 女優の内山理名と桜庭ななみが現地時間14日、マカオで開催された「マカオ国際映画祭」クロージングセレモニーに特別ゲストとして招待された。レッドカーペットでの撮影では、観客の声援と多くの報道陣からのフラッシュを浴びた。 【画像】大人の色気…シースルードレスでプレミアに参加した桜庭ななみ  胸元の大きく開いたシックなネイビーのロングドレスに身を包んだ内山は、レッドカーペットで中国語を披露すると、ナチュラルでスムーズ発音にどよめき。初の国際映画祭を経験し「いい刺激をたくさんいただけて、素晴らしい体験となりました。この高まっている気持ちを、次の仕事につなげ、近い将来に、自分の作品でまた国際映画祭に参加させていただきたいです」と意欲を語った。  2年連続の参加となった桜庭は、韓国語と北京語も得意なことから現地メディアからの質疑応答も通訳を介さずに対応。先月に北京で行われた香港・中国合作映画『マンハント』(ジョン・ウー監督)のプレミアでも、現地の言葉であいさつし現地の関係者からも絶賛されていたが、この日も流ちょうな北京語に「彼女こそアジアを代表する女優になることは確実」と評価されていた。  桜庭は「海外の映画祭で、あなたの映画を観ましたと言われたことが初めてだったので。インドやタイの方たちからも、そう言って頂いたことに感激しました」と喜び。フラッシュがなりやまず、なかなかその場から移動...more
カテゴリー:

もっと見る

「フラッシュ」の画像

もっと見る

「フラッシュ」の動画

Wikipedia

フラッシュ()

flash

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる