「フラスコ」とは?

関連ニュース

【理科】水素発生の実験を終えて片付け中に悪ガキが火を近づけ三角フラスコ破裂 点火男子が4針縫う怪我、先生がごめんなさい・松江 - 09月30日(土)06:08  newsplus

理科実験中に生徒けが *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/4034386771.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 28日午後、松江市の中学校で、理科の実験中に三角フラスコが破裂して 破片などが飛び散り、1年生の生徒2人が腕や指にけがをしました。 2人とも手当てを受けて通常通り登校しているということです。 これは29日松江市教育委員会が会見を開いて明らかにしたものです。 それによりますと28日午後3時すぎ、松江市の鹿島中学校の理科室で、 水素...
»続きを読む
カテゴリー:

「フラスコ」の画像

もっと見る

「フラスコ」の動画

Wikipedia

フラスコ (、)は化学実験で使う口の小さい容器(試験管の一種)で、蒸留攪拌に用いる。

主としてガラスで出来ている。溶液を正確に計量するために用いるメスフラスコアルコールランプで加熱するのに適する丸底フラスコや、ナスフラスコ、机の上に固定しておくことができ、溶液の保存に便利な三角フラスコ平底フラスコ三ツ口フラスコセパラブルフラスコ、微生物培養時に通気を確保できる坂口フラスコバッフル付きフラスコなどがある。

透明(白色)が一般的であるが、遮光性が必要な操作の場合のためには褐色のものを用いる。

種類 三角フラスコ

三角フラスコ 三角フラスコの断面図 三角フラスコ(さんかくフラスコ、英語:Conical flask)またはエルレンマイヤーフラスコ (Erlenmeyer flask) は、胴が円錐型の形状で真っ直ぐな短い首のついたフラスコ。1861年にドイツの化学者エミール・エルレンマイヤーが考案した。「エルレン」や「マイヤ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる