「フラスコ」とは?

関連ニュース

お部屋にオシャレをプラスしたい女子におすすめ♡お花を飾れるアートキャンバスがステキ♪ - 12月14日(木)09:45 

お部屋にオシャレが足りない!と感じている人にピッタリな、一輪の花を挿すだけでインテリアアートが出来上がる“アートキャンバス”が登場しました☆ 生け花×インテリアアートが融合 部屋にお花を飾りたいという気持ちはあるけれど、手間がかかったり、お金がかかったり、置く場所がなかったり…と、いろいろな理由であきらめている人は多いはず。 特に一人暮らしの人にとって、気軽に花を楽しむというのは意外とハードルが高いものです。 そんなお花好きにはもちろん、部屋にオシャレをプラスしたいと思っている女子にピッタリの「生け花」と「インテリアアート」が融合した『IKEBANA』が登場♪ クラウドファンディングMakuakeにて、プロジェクトがスタートしました。 キャンバスに花を挿すだけの簡単アート! 『IKEBANA』は、花瓶部分を精巧なCGで表現し、ベルギー産キャンバスに特殊印刷したもの。 1枚1枚職人の手によって丁寧に作られているといいます☆ キャンバスの裏には、強化ガラスを使ったガラス管がセット! 表側から花をガラス管に挿すだけで、ちょっとしたアート作品が完成します! キャンバスは、付属の紐とトンネル金具を取り付けて壁のフックなどに掛けるだけ。 壁に立てかけて置くだけでもオシャレです♡ それこそ、一輪だけでも“絵になる”ので、結婚式やパーティーなどでもらった花...more
カテゴリー:

【かいぼり】池の水を抜く前にザリガニ展 「生態系に悪影響」 井の頭公園 - 12月12日(火)10:29  newsplus

井の頭公園(東京都武蔵野、三鷹市)で今月下旬から外来生物の駆除などを目的に井の頭池の水を抜く「かいぼり」が行われるのを前に、アメリカザリガニを特集した企画展が、園内の井の頭自然文化園水生物館で開かれている。  同館は「身近で子供に人気の生き物だが、生態系に悪影響をもたらす外来生物。正しい知識を持ってほしい」としている。  同館によると、アメリカザリガニは1927年、米国から食用ウシガエルのエサとして日本国内に持ち込まれた。その後、各地の水田、池、沼などに定着。日本在来の水草や水生昆虫などを食...
»続きを読む
カテゴリー:

井の頭公園でザリガニ大量繁殖! 水抜きでも退治難しく...絶滅危惧の水草食い荒らす - 12月13日(水)11:00 

東京都立公園「井の頭恩賜公園」の池にアメリカザリガニが大量に繁殖し、絶滅危惧種の水草「イノカシラフラスコモ」を食い荒らす被害が続いている。公園では、2017年12月下旬から水抜きの「かいぼり」を行うが、それでも生き残ってしまうというのだ。400匹以上のアメリカザリガニが捕れた日もザリガニは、水草などを食い荒らすため、生態系に悪影響を与えることが分かってきている。環境省からは、緊急対策外来種に指定され、駆除対象になっている。井の頭公園でも、定期的に駆除が行われており、2017年は園内の池の1つで、なんと400匹以上のアメリカザリガニが捕れた日もあったという。 井の頭池の「かいぼり」は、外来種の駆除などを目的に、2013年度と15年度に行われ、外来魚など3万匹近くを捕獲した。17年度は、3回目となる。井の頭自然文化園水生物館の担当者にJタウンネットが12月12日に話を聞いたところによると、井の頭池の外来種としては、ブルーギルとアメリカザリガニで多くを占めるという。かいぼりでは、18年1月下旬から3月上旬まで、池底に天日に晒す「池干し」を行うが、それでもザリガニを駆除するのは難しいそうだ。「ザリガニは、冬の間は穴に入って冬眠状態になります。十数センチも掘って湿り気のあるところにおり、池は湧水もあるため、池干ししても生き残ってしまいます。自然度の高い池で、地下のたまり水などもあり、外来種を...more
カテゴリー:

「フラスコ」の画像

もっと見る

「フラスコ」の動画

Wikipedia

フラスコ (、)は化学実験で使う口の小さい容器(試験管の一種)で、蒸留攪拌に用いる。

主としてガラスで出来ている。溶液を正確に計量するために用いるメスフラスコアルコールランプで加熱するのに適する丸底フラスコや、ナスフラスコ、机の上に固定しておくことができ、溶液の保存に便利な三角フラスコ平底フラスコ三ツ口フラスコセパラブルフラスコ、微生物培養時に通気を確保できる坂口フラスコバッフル付きフラスコなどがある。

透明(白色)が一般的であるが、遮光性が必要な操作の場合のためには褐色のものを用いる。

種類 三角フラスコ

三角フラスコ 三角フラスコの断面図 三角フラスコ(さんかくフラスコ、英語:Conical flask)またはエルレンマイヤーフラスコ (Erlenmeyer flask) は、胴が円錐型の形状で真っ直ぐな短い首のついたフラスコ。1861年にドイツの化学者エミール・エルレンマイヤーが考案した。「エルレン」や「マイヤ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる