「フラスコ」とは?

関連ニュース

「ふりかけ」考案者は、熊本の薬剤師だった きっかけは「カルシウム不足」 - 05月11日(木)06:00 

文字通り上からふりかけるだけでご飯に味を追加する「ふりかけ」は、今や日本食、特に弁当やおにぎりを作る際には欠かせないアイテムになっている。魚系、のりたま、しそなどの定番ものに加え、餃子味、カレー味、タコライスにやきそば味も登場するなど、味の種類も極めて豊富だ。そんな和洋を飛び越えたバリエーションを獲得しているふりかけだが、その元祖は熊本県、それも薬剤師が考案したものだという。そんなふりかけのルーツである「御飯の友」を製造するフタバ(熊本市)に話を聞いてみた。 八角瓶にも一工夫ありフタバの担当者によると、熊本で薬剤師をしていた吉丸末吉さんが、いりこを丸ごと粉末にして味付けをした品を大正初期に考案したことが、ふりかけの元祖「御飯の友」の誕生だという。当時は食糧不足でカルシウムが不足していたため、薬剤師という立場と知識からそれを解消すべく、栄養補助食品として考案された。魚嫌いの人にも受け入れられるよう、魚の臭いを消すための工夫がなされている。 吉丸氏が考案したこの「御飯の友」の配合は現在まで受け継がれているため、現在も味わいのベースは変わらないという。 そんな「御飯の友」がふりかけのルーツと正式に認定されたのは1994年のこと。業界団体の全国ふりかけ協会がふりかけのルーツを調査した結果、大正初期に発売されたフタバの「御飯の友」が認定されたという。また、ルーツが定まったことで、吉丸氏の誕生...more
カテゴリー:

「フラスコ」の画像

もっと見る

「フラスコ」の動画

Wikipedia

フラスコ (、)は化学実験で使う口の小さい容器(試験管の一種)で、蒸留攪拌に用いる。

主としてガラスで出来ている。溶液を正確に計量するために用いるメスフラスコアルコールランプで加熱するのに適する丸底フラスコや、ナスフラスコ、机の上に固定しておくことができ、溶液の保存に便利な三角フラスコ平底フラスコ三ツ口フラスコセパラブルフラスコ、微生物培養時に通気を確保できる坂口フラスコバッフル付きフラスコなどがある。

透明(白色)が一般的であるが、遮光性が必要な操作の場合のためには褐色のものを用いる。

種類 三角フラスコ

三角フラスコ 三角フラスコの断面図 三角フラスコ(さんかくフラスコ、英語:Conical flask)またはエルレンマイヤーフラスコ (Erlenmeyer flask) は、胴が円錐型の形状で真っ直ぐな短い首のついたフラスコ。1861年にドイツの化学者エミー...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる