「フジテレビ系列」とは?

関連ニュース

3000円の「宝石のパフェ」に大行列!SNS女子が大興奮する美しさ - 10月17日(火)16:04 

パティシエールの岩柳麻子さん40歳を、10月17日放送の『セブンルール』(カンテレ/フジテレビ系列、毎週火曜23:19~)にて特集。彼女の7つのルール=“セブンルール”に迫る。 現在、岩柳さんが生…
カテゴリー:

3000円の「宝石のパフェ」に大行列!SNS女子が大興奮する美しさ - 10月17日(火)15:47 

パティシエールの岩柳麻子さん40歳を、10月17日放送の『セブンルール』(カンテレ/フジテレビ系列、毎週火曜23:19~)にて特集。彼女の7つのルール=“セブンルール”に迫る。現在、岩柳さんが生み出す独創的で芸術品のようなスイーツを目当てに、東京・等々力のパティスリーには、わざわざ長野や兵庫からも女性たちが押し寄せる。中でもスイーツ女子の心を奪っているのは、「宝石のパフェ」。色鮮やかな旬のフルーツが競演するこの一杯、お値段はなんと3000円。その美しさから女性誌の表紙を飾ったほどで、店には行列が絶えず、写真に収めたパフェをSNSにこぞってアップしている。そんな人気パティシエールとして活躍する岩柳さんだが、スイーツ作りに関しては全て独学だという。元々はデザイン系の専門学校で学び染色家を目指していたが、このままでは生活していけないと気付き、将来の目標を見失った。そんな時、幼き日の祖母との記憶を思い出し、祖母のようにお菓子を作って人を喜ばせる道を模索。調理師学校に通うお金はなかったため、スーパーで買ったお菓子を真似して作るなど、イチから独学で技術を習得し続けた。「師匠がいなくてちゃんと教えてもらってないから何でもありなんですよ」と話す岩柳さん。独創的なスイーツで人気を集めるパティシエールとなるには並々ならぬ覚悟があった。夫は、店の設計や内装も手掛ける建築家だが、実家は山梨県のフルーツ農園...more
カテゴリー:

高橋一生「ラブロマンスは?」と聞かれ「人間ですからね…」とニヤリ - 10月17日(火)05:00 

篠原涼子主演で、10月23日よりスタートする新ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)のファンミーティングが開催され、篠原をはじめ、高橋一生、前田…
カテゴリー:

高橋一生「ラブロマンスは?」と聞かれ「人間ですからね…」とニヤリ - 10月16日(月)21:15 

篠原涼子主演で、10月23日よりスタートする新ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)のファンミーティングが開催され、篠原をはじめ、高橋一生、前田敦子、斉藤司(トレンディエンジェル)、石田ゆり子が登壇した。ドラマは、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子が、声なき市民と向き合いながら、市政にはびこる悪や社会で起きている問題を、一般の女性目線でぶった斬る、痛快かつ爽快な市政エンターテインメント。篠原は「学歴もなく資格もない主婦が、お金欲しさに政治に入っていくのですが、入ってみたらとんでもないところだったというところからスタートする、とても爽快でスッキリする作品になっています」と役柄とドラマを紹介。この日のイベントはファンミーティングということで、集まったファンからの質問にキャスト陣が答えていくことに。「撮影中に気付いたウラの顔はありましたか?」という質問が篠原に飛ぶと、篠原は「一生さんが意外にスイーツ男子だった」と暴露。すると高橋は「甘いものは毎日食べているほど大好き」と認め、撮影の合間にも食べており、断トツでチョコレートが好きだと告白した。そんな高橋が演じるのは、智子のライバル市議会議員・藤堂誠。高橋は「二面性のある人間」と語り、影のある役を演じることについて「(そのことは)意識しないことが重要で、素晴らしい台本に沿って作った...more
カテゴリー:

緒形拳の孫・敦『陸王』でついにテレビ初出演「全力で挑戦するのみ」 - 10月16日(月)14:00 

緒形拳の孫であり、緒形直人の息子である緒形敦が、TBSの連続ドラマ『陸王』(毎週日曜21:00~、 ※10月29日放送の第2話は15分拡大)でテレビ初出演、また俳優デビューを果たした。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じている。敦の祖父にあたる緒形拳は、俳優としてNHK大河ドラマ『太閤記』(1965年)や『峠の群像』(1982年)で主演を務め、TBSでも東芝日曜劇場や大型時代劇『徳川家康』(1988年)など数々のテレビドラマや映画で活躍。また父の緒形直人もNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)で主演を務め、ほかにもフジテレビ系列の『北の国から』シリーズやTBS日曜劇場『南極大陸』(2011年)など、俳優として数々のドラマや映画で存在感を放っている。そんな祖父や父を持つ敦が演じるのは、宮沢の息子・大地(山﨑賢人)の同級生・広樹だ。大地が心を許せる友人の一人で、大地同様、自身も就職活動で苦労する身。しかし、老舗足袋屋の息子であることに反発し、就職活動を続けるものの上手く行かない大地を気に掛けていると...more
カテゴリー:

3000円の「宝石のパフェ」に大行列!SNS女子が大興奮する美しさ - 10月17日(火)16:04 

パティシエールの岩柳麻子さん40歳を、10月17日放送の『セブンルール』(カンテレ/フジテレビ系列、毎週火曜23:19~)にて特集。彼女の7つのルール=“セブンルール”に迫る。現在、岩柳さんが生み出す独創的で芸術品のようなスイーツを目当てに、東京・等々力のパティスリーには、わざわざ長野や兵庫からも女性たちが押し寄せる。中でもスイーツ女子の心を奪っているのは、「宝石のパフェ」。色鮮やかな旬のフルーツが競演するこの一杯、お値段はなんと3000円。その美しさから女性誌の表紙を飾ったほどで、店には行列が絶えず、写真に収めたパフェをSNSにこぞってアップしている。そんな人気パティシエールとして活躍する岩柳さんだが、スイーツ作りに関しては全て独学だという。元々はデザイン系の専門学校で学び染色家を目指していたが、このままでは生活していけないと気付き、将来の目標を見失った。そんな時、幼き日の祖母との記憶を思い出し、祖母のようにお菓子を作って人を喜ばせる道を模索。調理師学校に通うお金はなかったため、スーパーで買ったお菓子を真似して作るなど、イチから独学で技術を習得し続けた。「師匠がいなくてちゃんと教えてもらってないから何でもありなんですよ」と話す岩柳さん。独創的なスイーツで人気を集めるパティシエールとなるには並々ならぬ覚悟があった。夫は、店の設計や内装も手掛ける建築家だが、実家は山梨県のフルーツ農園...more
カテゴリー:

【テレビ映画】窪田正孝、浜辺美波ら出演『エイプリルフールズ』10月17日放送! - 10月17日(火)14:01 

映画『エイプリルフールズ』絶賛販売レンタル中! 新垣結衣&瑛太のW主演『ミックス。』の10月21日(土)公開を記念して、10月21日(土)21:00よりフジテレビ系列「土曜プレミアム」にて、同じく脚本・古沢良太×監督・石川淳一の「リーガルハイ」タッグが贈る『エイプリルフールズ』が放送! 映画レビューアプリ...
カテゴリー:

高橋一生「ラブロマンスは?」と聞かれ「人間ですからね…」とニヤリ - 10月17日(火)05:00 

篠原涼子主演で、10月23日よりスタートする新ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)のファンミーティングが開催され、篠原をはじめ、高橋一生、前田敦子、斉藤司(トレンディエンジェル)、石田ゆり子が登壇した。ドラマは、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子が、声なき市民と向き合いながら、市政にはびこる悪や社会で起きている問題を、一般の女性目線でぶった斬る、痛快かつ爽快な市政エンターテインメント。篠原は「学歴もなく資格もない主婦が、お金欲しさに政治に入っていくのですが、入ってみたらとんでもないところだったというところからスタートする、とても爽快でスッキリする作品になっています」と役柄とドラマを紹介。この日のイベントはファンミーティングということで、集まったファンからの質問にキャスト陣が答えていくことに。「撮影中に気付いたウラの顔はありましたか?」という質問が篠原に飛ぶと、篠原は「一生さんが意外にスイーツ男子だった」と暴露。すると高橋は「甘いものは毎日食べているほど大好き」と認め、撮影の合間にも食べており、断トツでチョコレートが好きだと告白した。そんな高橋が演じるのは、智子のライバル市議会議員・藤堂誠。高橋は「二面性のある人間」と語り、影のある役を演じることについて「(そのことは)意識しないことが重要で、素晴らしい台本に沿って作った...more
カテゴリー:

緒形拳の孫・敦『陸王』でついにテレビ初出演「全力で挑戦するのみ」 - 10月16日(月)14:05 

緒形拳の孫であり、緒形直人の息子である緒形敦が、TBSの連続ドラマ『陸王』(毎週日曜21:00~、 ※10月29日放送の第2話は15分拡大)でテレビ初出演、また俳優デビューを果たした。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じている。敦の祖父にあたる緒形拳は、俳優としてNHK大河ドラマ『太閤記』(1965年)や『峠の群像』(1982年)で主演を務め、TBSでも東芝日曜劇場や大型時代劇『徳川家康』(1988年)など数々のテレビドラマや映画で活躍。また父の緒形直人もNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)で主演を務め、ほかにもフジテレビ系列の『北の国から』シリーズやTBS日曜劇場『南極大陸』(2011年)など、俳優として数々のドラマや映画で存在感を放っている。そんな祖父や父を持つ敦が演じるのは、宮沢の息子・大地(山﨑賢人)の同級生・広樹だ。大地が心を許せる友人の一人で、大地同様、自身も就職活動で苦労する身。しかし、老舗足袋屋の息子であることに反発し、就職活動を続けるものの上手く行かない大地を気に掛けていると...more
カテゴリー:

『妖怪ウォッチ』ブームの影で抱えた焦燥感…アニメ主題歌でブレイク、重本ことりのその後 - 10月15日(日)15:52 

 重本ことりの初の自叙伝『黒い小鳥』(鉄人社・刊)が発売された。  と言っても、彼女の名を知る人はけっして多くないかもしれない。しかし、彼女がリーダーを務めていた5人組ボーカル&ダンスユニット・Dream5の人気アニメ『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマ曲『ようかい体操第一』を、まったく聴いたことがないという人はおそらく少数派だろう。  Dream5は社会現象にもなった『妖怪ウォッチ』の人気を追い風に、2014年に『ようかい体操第一』『ダン・ダン ドゥビ・ズバー!』『ようかい体操第二』がヒット。同年には紅白出場も果たしている。  しかし2016年春のメンバーの脱退を機にグループとしての活動が見られなくなり解散。リーダーだった重本ことりも所属事務所だったエイベックスとの専属契約を昨年12月に終了していた。  今回発売された『黒いことり』ではそんな重本ことりが、幼少期の頃からの両親との関係や、Dream5で活躍していた時の心情などを赤裸々に告白。その半生とジバニャン人気の影で抱えていた孤独が素直な言葉で綴られている。  10月11日に福家書店新宿サブナード店で開催された出版記念イベントで彼女は、『妖怪ウォッチ』の楽曲について、「当時はやっぱり素直に喜べない部分もあったけど、『妖怪ウォッチ』のおかげで知ってくれた人も増えたのでそういう面では単純にとてもありがたかったし、やれてよ...more
カテゴリー:

もっと見る

「フジテレビ系列」の画像

もっと見る

「フジテレビ系列」の動画

Wikipedia

フジテレビ系列(フジテレビけいれつ)とはフジテレビジョンキー局とする放送事業者のネットワークである。

概要

フジテレビ系列には、2つのネットワークが存在している。一つは フジニュースネットワーク(Fuji News Network、FNN)であり、もう一つはフジネットワーク(Fuji Network System、FNS)である。前者はニュース番組を、後者はそれ以外の放送番組の供給をそれぞれ目的としている。

加盟全局がTV単営となっており、FNN/FNS系列局にラテ兼営局は存在しないなお、フジテレビジョン(CX)、東海テレビ放送(THK)ではラジオ局を関連会社に持っている。。

フジテレビ系列の一覧 地上波 衛星放送
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる