「フジテレビ」とは?

関連ニュース

【ドラマ】<貴族探偵>視聴率急落で現実味帯びるフジ月9消滅の日... - 04月30日(日)20:07 

「月9ドラマ」30周年を記念し制作した嵐・相葉雅紀主演のフジテレビ系「貴族探偵」が放送開始から僅か2回目で、平均視聴率8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と急落。「月9ドラマ」の打ち切り話が急激に再燃している。すでに局内にも諦めムードが漂い始めているという。 「初回の平均視聴率が11.8%だったことで上層部や編成関係者も皆、ひとまず安心していた。3クールぶりの2ケタ発進に皆、気をよくしていたんです。もしかしたら、このまま平均視聴率15%超えも夢ではないともみられていた。現場スタッフ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『やすらぎの郷』熟年の恋愛を40年後の沢尻エリカ、佐々木希、ベッキーらが演じたら… - 04月30日(日)16:38 

漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの“こじらせ系”クリエーター3人が、毒舌&妄想&本音トークを繰り広げる一風変わった文化的おしゃべりバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。4月29日の放送では、倉本聰脚本の話題のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列)の話題で盛り上がった。出演者の近況を報告する「久保みねヒャダ近況まとめ」で、久保による「やすらぎの郷って道の駅の話じゃないのか」というツイートを紹介。放送直後からツイッターなどでも話題になり、久保も気になっていた『やすらぎの郷』だったが、最初はNHKのドラマだと思っていたそう。また、そのタイトルから、「地元の美味しい野菜を直売する道の駅の話かな~って」と久保。実際は、主演の石坂浩二を筆頭に、加賀まりこや五月みどり、浅丘ルリ子、八千草薫など、昭和を代表する大スターたちが出演するシニア世代向けのドラマで、能町とヒャダインが「倉本聰先生が……」「やりたい放題だという噂ですね」「石坂浩二さんにあらゆる女が迫ってくるんですよね」と、内容の過激さを匂わせた。ドラマでは、石坂浩二の役に倉本聰自身が投影されている一方、石坂浩二としての“メタネタ”もふんだんに盛り込まれているようで、能町は、「“先生はどこかのなんとか鑑定団に出られてましたよね”みたいな、かなりえぐった...more
in English
カテゴリー:

【CM】石原さとみが「ビューン」「ビューン」連呼 “ぽってり”唇に目が釘付け - 04月30日(日)16:09 

トヨタ自動車の「プリウスPHV」のテレビCM「加速ビューン」編に出演する女優の石原さとみさん  トヨタ自動車が2月に全面改良して発売したプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」のテレビCMに女優の石原さとみさん(30)が出演中だ。  現在、放映中のCMは「加速ビューン」編。電気自動車(EV)としても68.2キロメートル走れるプリウスPHVの特徴を、試乗車の助手席に乗り込んだ風の石原さんがくるくる変わる表情で訴えるストーリーだ。  CMは、特徴的な“ぽってり”唇の前に人さ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【炎上】中川淳一郎「浅田真央の転倒パネル、抗議したのは右翼だけ」実際は「陰湿ないじめ」と非難殺到 - 04月30日(日)15:18 

(略) 話題になったのは、浅田氏の人気をナショナリズムとの関係で論じた人々だ。一例は、2017年4月28日に朝日新聞に 掲載された、精神科医の香山リカ氏へのインタビュー記事だ。香山氏は、浅田氏を「承認欲求満たした清涼剤」と形容した。 「彼女が国際的に高く評価されると、自分にも良いところがあると言われた気になり、鼻が高かった人も多かったかも知れません。 自分を褒めてほしい、大切に扱ってほしいと考える人が増えていると感じます。自己承認の欲求が強まり、自己愛が肥大しています」。 (略) 「浅田さん...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

いとうあさこ、男性に貢いでいた過去を赤裸々告白 - 04月30日(日)13:50 

 お笑い芸人のいとうあさこが30日の『ワイドナショー』(フジテレビ)に出演。男性に貢いでいた過去を告白した。
in English
カテゴリー:

上白石萌音、初のオリジナルソング「告白」を秦基博がプロデュース - 04月30日(日)19:00 

 映画「君の名は。」で声優を務めた上白石萌音の初のオリジナルソング「告白」を、「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌「ひまわりの約束」などで知られる秦基博がプロデュースしたことがわかった。同楽曲はフジテレビ系の情報番組「めざましテレビ アクア」の新テーマソングで、4月3日から番組内でオンエアされている。  2016年にカバーミニアルバム「chouchou」で歌手デビューを果たした上白石は、NHKの音楽番組「シブヤノオト」で秦と初共演。かねて秦のファンだったという上白石が、同アルバムを渡して挨拶したことから縁が深まり、今回のプロデュースへとつながったという。  「告白」は、上白石にとって初のオリジナルソングで、なおかつ秦が初めてプロデュースに挑戦した楽曲だ。秦が女性アーティストに詞を提供するのも、今回が初の試み。秦は、アレンジからレコーディング、ミックスに至るまで、総合的に監修を行い、自身もアコースティックギターでレコーディングに参加した。収録を終え「上白石さんのもつ透明感、清廉性、その凛とした歌声に導かれるように『告白』という曲ができました。終わりと始まり、少女と大人、いろんなものの間で揺れる一瞬のきらめきが歌の中に閉じ込められていると思います。ぜひ聴いてください」と手応えを語っている。  一方、上白石は、デモ音源を初めて聞いた時のことを「私は人を好きになっても、あま...more
in English
カテゴリー:

『やすらぎの郷』熟年恋愛を40年後の沢尻エリカ、佐々木希、ベッキーらが演じたら… - 04月30日(日)16:35 

漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの“こじらせ系”クリエーター3人が、毒舌&妄想&本音トークを繰り広げる一風変わった文化的おしゃべりバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。4月29日の放送では、倉本聰脚本の話題のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列)の話題で盛り上がった。出演者の近況を報告する「久保みねヒャダ近況まとめ」で、久保による「やすらぎの郷って道の駅の話じゃないのか」というツイートを紹介。放送直後からツイッターなどでも話題になり、久保も気になっていた『やすらぎの郷』だったが、最初はNHKのドラマだと思っていたそう。また、そのタイトルから、「地元の美味しい野菜を直売する道の駅の話かな~って」と久保。実際は、主演の石坂浩二を筆頭に、加賀まりこや五月みどり、浅丘ルリ子、八千草薫など、昭和を代表する大スターたちが出演するシニア世代向けのドラマで、能町とヒャダインが「倉本聰先生が……」「やりたい放題だという噂ですね」「石坂浩二さんにあらゆる女が迫ってくるんですよね」と、内容の過激さを匂わせた。ドラマでは、石坂浩二の役に倉本聰自身が投影されている一方、石坂浩二としての“メタネタ”もふんだんに盛り込まれているようで、能町は、「“先生はどこかのなんとか鑑定団に出られてましたよね”みたいな、かなりえぐった...more
in English
カテゴリー:

佐田真由美、愛情表現が爽やかにできる日本人は「舘ひろし」! - 04月30日(日)16:05 

 30日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ)に佐田真由美、長谷川潤、MINMIの3人が出演。恋愛から結婚、仕事まで語り合った。
in English
カテゴリー:

松本人志、元女優の高樹沙耶氏に「ミイラ取りがミイラになってるやんけ」 - 04月30日(日)14:49 

松本人志を始めとした芸能人がコメンテーターを務め、独自の視点で時事問題や芸能ニュースを取り上げるバラエティー「ワイドナショー」(フジテレビ系)。4月30日の放送では、元女優の高樹沙耶被告に有罪判決が出たことについて取り上げた。 【写真を見る】高樹沙耶の見え透いた言い訳に、松本人志もあきれ顔で… 高樹は、医療大麻の合法性を主張し、昨年は参院選にも出馬していたが、沖縄県石垣島の自宅に大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反の罪で逮捕された。 レギュラーである芸能リポーターの長谷川まさ子によると、判決後に記者会見が開かれたものの、ほとんど一方的な声明を読み上げられたような格好となり、「決してふざけた気持ちで大麻草に向き合ってきたわけではない」と涙ぐみ、「逮捕されたことをありがたく思っている」とまで発言していたとか。 さらに、「医療用大麻との関わりの第一線から退かせていただく」と言いながら、いまだに自身のブログでは医療用大麻に関する主張を続けているそう。 コメンテーターとして登場した、芸人のいとうあさこは「大麻を肯定する記事も否定する記事も公平に調べてみたが、そもそも逮捕されちゃダメでしょ」とあきれ顔。 また、元プロ野球選手の長嶋一茂は「逮捕されて感謝してるってことは、大麻中毒になってるってこと?」といぶかしんだ。 さらに、高樹が親知らずの抜歯の痛みを抑えるために大麻を使ったと言い訳してい...more
in English
カテゴリー:

松本人志、森三中・大島は「子ども生む前も後も体全部知ってる」 - 04月30日(日)13:38 

 30日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)では、女芸人たちの活躍ぶりについて討論。東野幸治や松本人志が、森三中・大島美幸絶賛する場面があった。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「フジテレビ」の画像

もっと見る

「フジテレビ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる