「フォース」とは?

関連ニュース

Rackspaceがセールスフォースのパートナー企業RelationEdgeを買収 - 05月21日(月)11:13 

Rackspaceは5月17日、RelationEdgeを買収することを発表した。RelationEdgeはSalesforce.comのコンサルティングパートナーで、Rackspaceは自社のITアズ・ア・サービスポートフォリオにSaaSの専門知識を加えることになる。
カテゴリー:

雨宮慶太監督、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を激賞「映画の枠を超えた新しいエンタメ」 - 05月18日(金)18:00 

 アイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)ら、最強ヒーローチーム「アベンジャーズ」が、最凶の敵・サノスと死闘を繰り広げる映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。オープニング3日間の興行収入があの『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を超えて、全米歴代映画史上No.1の大ヒットを記録中だ。見るものを圧倒する世界観や迫力ある映像、壮絶なアクションと見どころ満載の本作を、「新しい映像体験だった。気持ちのいい戸惑いがあった」と絶賛するのは、『牙狼‐GARO‐』シリーズで知られる雨宮慶太監督。自身も特撮ヒーローものを多数演出する雨宮監督に、映画監督ならではの視点で本作の魅力を語ってもらった。【写真】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』雨宮慶太監督インタビュー写真&場面写真 6つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーンを巡り、アベンジャーズとラスボス・サノスが人類の命運をかけたバトルを繰り広げる本作。「この作品の主役はアベンジャーズじゃなく、サノス」と雨宮監督は話す。 そして、「サノスは、ほかの映画で見るヴィランズのように深みを持たせるためだけに『宇宙のバランスをとる』と言っているわけではない。彼のその言葉は首尾一貫していて、昨日今日思いついたことではなく、彼の生き方や美学、哲...more
カテゴリー:

「デッドプール」がよいヒーローに? ベッカムに2年越しの謝罪も…門前払い - 05月18日(金)17:00 

「アベンジャーズ」などを生み出したマーベル史上最も過激(=やり過ぎ)なヒーローが帰って来る! 6月1日(金)から公開となる「デッドプール2」より、これまで見たことないデッドプールの特別映像が到着した。 【写真】そんな“俺ちゃん”がいよいよ来日へ! ライアン・レイノルズ主演で2016年に公開された「デッドプール」は、下ネタ満載で不適切発言の多い異色ヒーローものながら、全世界興収850億円を超える大ヒットとなった。 無責任なヒーロー、デップーこと、デッドプールは、日本では“俺ちゃん”としておなじみだ。 そんな俺ちゃんは「ベッカムの声、変だよな? ヘリウム吸ってるのかな」とサッカーの世界的スター、デビッド・ベッカムをイジり、反響を呼んだ。 今回の特別映像では「デッドプール2」で“よいヒーロー”になった?とうわさの俺ちゃんが、2年越しにベッカムに謝罪したい様子が映し出される。 ■ ベッカム、既読スルー! 問題のシーンを繰り返し見ているベッカムのもとに、俺ちゃんから「悪かった。ごめんね」とメールが届く。しかし、ベッカムは既読スルー。 すると、ベッカムの自宅にクッキーとミルク持参で訪れるが、無言で門前払いをくらってしまう。 諦めずにヘリウムガスを吸って声を変えて「また来ちゃった」とおどけて許しを請おうとしたり、「愛する人、許しておくれ~♪」とメキシコ音楽にのせて謝ったりするも、ベッカムの機嫌は...more
カテゴリー:

「デッドプール」ベッカムへの謝罪映像公開!でも本当に謝るべきことは… - 05月18日(金)17:00 

 世界的大ヒットを記録した「デッドプール」の続編「デッドプール2」の特別映像が、公開された。デッドプールが、映画の中でからかったデビッド・ベッカムに謝罪に行くという遊び心の利いた内容となる。 ・「デッドプール2」特別映像「ベッカムに謝罪!?」はこちら!  人体実験で驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまった元傭兵のウェイド・ウイルソン(レイノルズ)が、“無責任ヒーロー”デッドプールとして活躍する姿を描くアクションコメディの第2弾。続編では、未来からやってきた強敵ケーブル(ジョシュ・ブローリン)から謎の力を秘めた少年を守るため、ヒーロー集団「Xフォース」を結成する。「アトミック・ブロンド」のデビッド・リーチがメガホンをとり、日本から忽那汐里が参戦している。  前作で「ベッカムの声、変だよな? ヘリウム吸ってるのかな」と世界的スターをいじったデッドプールだったが、続編の公開を前にスマートフォンのショートメッセージで「悪かった。ゴメンね」と謝罪。その後、ベッカム邸に押しかけ、何度追い返されても山ほどの風船を持参したり、バンドを率いて「謝罪の歌」を披露したり、あの手この手でベッカムに取り入ろうとする。最終手段として、ワールドカップのチケットを献上し、仲直りのハグまでやってのける。  だが、ベッカムに許してもらい調子に乗ったのか、ハグをしたまま「抱き心地最高。...more
カテゴリー:

銀河一美しいミレニアム・ファルコン号をつくった日本人CGモデラーが抱き続ける夢 - 05月18日(金)14:00 

 「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」で、ミレニアム・ファルコン号などのCGモデリングを担当した、日本人CGモデラーの成田昌隆氏が4月に来日。本作でのこだわりや、インダストリアル・ライト&マジック(ILM)入社の秘話、これからの夢を聞いた。  本作は、人気キャラクター、ハン・ソロの知られざる過去を描くアナザーストーリー。シリーズ1作目「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」の10年前の物語だ。リード・モデラーとして参加した成田氏は、「今回の映画は、ハン・ソロのレガシーを描くことがメインなんですけど、同時にミレニアム・ファルコン号の歴史を語るという目的もありまして。どうして(ファンにおなじみの)こういう姿になったかというのが明らかになる」と解説する。影の主人公とも言える宇宙船ミレニアム・ファルコン号のCGモデリングに費やした期間は120日。パーツ数は5万にもおよぶというが、「外観で見えているのは4分の1くらいなんです」。ということは、内装を相当つくりこんだのか? 「まあ、その辺は詳しくはいえないんですけど(笑)」とはぐらかしながら期待をあおる。  そもそもCGモデリングとは、2Dのコンセプト画やデザイン画をもとに、コンピューター上で3Dの立体を造形する仕事。完全に分業化されており、着色や質感の付加、照明などは別のアーティストが担当...more
カテゴリー:

最速の開放感──オープンのウラカン ペルフォルマンテ - 05月19日(土)12:00 

ランボルギーニの社長兼CEO、ステファノ・ドメニカリ氏が、発表時に「ランボルギーニのDNAや革新、そして業界を牽引するスーパースポーツカーづくりに必要なすべてのアプローチが詰まっています」と評した『ウラカン ペルフォルマンテ』。フラッグシップモデル『アヴェンタドール』の弟分などと言われるが、その走行性能は折り紙付き。ニュルブルクリンクでは、量産車として史上最速のラップタイムとなる「6分52秒01」を叩き出している。その『ウラカン ペルフォルマンテ』に、オープンモデルが追加された。 オープンモデルなのに驚異的な速さのウラカン ペルフォルマンテ スパイダー ジュネーブモーターショー2018で公開された『ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー』。基本的なコンセプト、動力性能、テクノロジーは『ウラカン ペルフォルマンテ』に準じており、「ペルフォルマンテ(パフォーマンス)」志向のレース仕様車だ。 最大出力は4WDモデルある『ウラカン RWD スパイダー』より30hpもパワーアップしており、重量は『ウラカン スパイダー』よりも35kgの軽量化が図られている。 心臓部は、ランボルギーニ史上最もパワフルな V10エンジン。『ウラカン』と同じNA(自然吸気)の5.2L V10がベースで、最大出力640hp(470kW)/8000rpm、最大トルク600Nm/6500rpmへとチューンアップされ...more
カテゴリー:

デッドプール「変な声」発言をベッカムに謝罪 W杯予選敗退のあの国にもdisが飛び火!? - 05月18日(金)17:00 

マーベルの最凶ヒーロー“デッドプール”が、サッカー界のレジェンドと夢の共演。公開1週間で1700万回再生(公式のみ)を突破した特別映像の日本語字幕版が到着した。 デップーがベッカムにガチ謝罪/映画『デッドプール2』(YouTube) https://youtu.be/pKx4F8Vck1A 映像の中でデップーが訪問したのは、サッカー元イングランド代表デヴィッド・ベッカムの自宅。2016年公開の映画『デッドプール』で「ベッカムの声、変だよな? ヘリウム吸ってるのかな」と揶揄した気まずい相手に、2年越しのお詫びにやって来たようだ。 クッキーとミルクを用意して謝罪に訪れたが、無言で門前払いをくらうデップー。ヘリウムガスで声色を変えて「また来ちゃった」とおどけてみたり、「愛する人、許しておくれ~♪」とメキシカンのリズムで謝るも、ベッカムのイライラが募るばかり。 リーサルウェポンとして持参したのは、2018FIFAワールドカップの観戦チケット。イタリアvsオランダ戦という夢のカードだ。いや、どちらも予選で敗退してますから! なぜか憎しみを忘れて「もう怒ってないよ」とデップーの謝罪を聞き入れる男前のベッカムだったが、ここからまさかの反撃を開始。「君が謝るべきは、『グリーン・ランタン』、『ゴースト・エージェント/R.I.P.D』、『セルフレス/覚醒した記憶』、『ブレイド3』、『ザ・ブレイン』」...more
カテゴリー:

デッドプール、ベッカムに2年越しの謝罪 特別映像公開 - 05月18日(金)17:00 

 マーベル史上最も過激な異色ヒーロー映画『デッドプール』の続編『デッドプール2』(6月1日公開)の特別映像が17日、解禁された。ライアン・レイノルズ演じるデッドプールが、前作で元サッカー選手デヴィッド・ベッカム氏を“変な声”といじったことを反省し、2年越しに謝罪しようとする姿が収められている。 【動画】ベッカム氏に謝罪するデッドプール  続編では、強敵・ケーブルから少年を守るために立ち上がり、チーム・Xフォースを結成。ド派手なバトルを展開する。  到着した映像は、ベッカム氏が「ベッカムの声、変だよな? ヘリウム吸ってるのかな」といじられた問題のシーンを繰り返し観ている姿から始まる。デッドプールから「悪かった。ごめんね」とメールが入るが、相当ご立腹な様子で既読スルー。どうしても許してほしいデッドプールは、“ベッキンガム宮殿”とみられる自宅にクッキーとミルク持参で謝罪に訪れるが、無言で門前払いをくらってしまう。  その後も、諦めずにヘリウムガスを吸って自身も変声になって「また来ちゃった」とおどけて許しを請おうとしたり、マリアッチを従えて「愛する人、許しておくれ~♪」とメキシコ音楽にのせて謝るも、機嫌は直りそうもない。  しかし、6月14日に開幕する『FIFA ワールドカップ』でのイタリアvsオランダ戦という幻のチケットをプレゼントすると、2年間憎しみを抱き続けたベッカム氏も笑...more
カテゴリー:

デイジー・リドリーがおてんばウサギに大変身!あの野菜もライトセーバーに!? - 05月18日(金)15:00 

世界的ベストセラーの絵本をハリウッドで初めて実写映画化した『ピーターラビット』(公開中)。可愛らしいウサギたちと宿敵マクレガーとのバトルが繰り広げられる本作から特別映像が到着。ウサギの1匹・カトンテールの声優を務めたデイジー・リドリーのアフレコの様子をMovie Walker独占で紹介する! 【写真を見る】モフモフ感が可愛いピーターラビット率いるウサギたち。チャーミングだがみんな個性的! 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)で主人公レイ役に大抜擢され、トップスターの仲間入りを果たしたデイジーが、本作で演じているのはピーターの三つ子の妹たちの末っ子・カトンテール。「何をしでかすかわからないの。ちょっと変わっていて、でも素晴らしいの!」とデイジーが語るように、おてんばで我が道を行くタイプだ。 映像では口いっぱいに食べ物をくわえておどけてみたり、高いところから落ちても“へっちゃら”というような仕草を見せたりと、カトンテールのちょっとずれた行動の数々をピックアップ。畑でのバトルシーンでは雄たけびを上げて、キュウリをライトセーバーのように(!?)扱い、まるで戦士のような表情を見せるが、そんな姿に合わせるように、デイジーも戦士のような凛々しい眼差しでアフレコに挑んでいる様子が確認できる。 このキャラクターを作り上げる際に、アクティブなデイジーをイメージしたというウィル・グラック...more
カテゴリー:

劇団 新感線・いのうえひでのり、『アベンジャーズ』最新作に脱帽「やっぱり脚本がすごい」 - 05月18日(金)12:00 

 オープニング3日間の興行収入が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を超えて、全米の歴代映画史上No.1の大ヒットを記録した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、快進撃を続けている。日本演劇界でトップを走る劇団☆新感線の主宰・いのうえひでのりが同作を鑑賞。「よくできてる」「恐ろしい」と脱帽し、観客の言葉を奪うシーンの連続に「!!!!!(この後、どうするんだよ!)」と突っ込みつつ、クリエーターとして、観客のひとりとして感想を語った。【写真】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』いのうえひでのり インタビュー写真&場面写真 「『(スター・ウォーズ エピソード5)帝国の逆襲』の“アイム・ユア・ファーザー”以来の衝撃!」と興奮気味のいのうえ。そして「演出もすごいけど、やっぱり脚本がすごいんですよね。あれだけキャラクターを登場させて、ちゃんとまとめて、しかも、全部、引き立ててますからね。いやいや、恐ろしい」と感服。 続けて「世界観、約束事がそれぞれ違う作品を融合させてちゃんとドラマをしているから、お子様ランチに終わらない。」と評価し、神髄に原作コミックへのリスペクトがあると見る。「基がコミックであるというくくりを忘れていない。ドラマを描いてはいるけれど、シリアスに寄り過ぎない。そのバランスの取り方が上手いね。そしてそのドラマを成立させているのは、役者さんの力が大きい」と、役者の力...more
カテゴリー:

もっと見る

「フォース」の画像

もっと見る

「フォース」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる