「フェイクニュース」とは?

関連ニュース

【米国務省】北朝鮮政権が重大な人権侵害と指摘…核・ミサイル開発の問題とともに追及していく方針 - 04月21日(土)10:54  newsplus

アメリカ国務省は、世界の人権状況に関する報告書で北朝鮮の政権が重大な人権侵害を行っていると指摘し、北朝鮮に対し、核・ミサイル開発の問題とともに人権問題も追及していく立場を示しました。 アメリカ国務省は20日、去年1年間の世界各国の人権状況をまとめた報告書を発表し、北朝鮮、中国、ロシア、それにイランの4か国を、市民の人権を日々侵害している不安定勢力だと非難しました。 このうち北朝鮮については、去年、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏が暗殺されたほか、国内...
»続きを読む
カテゴリー:

コラム【アナリスト夜話】:待ったなしのフェイクニュース対策(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那) - 04月18日(水)10:25 

先週EUで、フェイクニュースに関わる初の自主ルール案が策定されました。
カテゴリー:

フェイクニュースがあなたを狙い撃ち…ネット工作の怖い未来 - 04月17日(火)15:51 

 フェイスブックで大量の個人情報の流出が明らかになり、アメリカだけでなく、世界が揺れている。流出した情報は、トランプ政権の誕生に寄与した選挙コンサルティング会社に渡っていたからだ。世界中で今、SNSなどネットを利用した政治工作が盛んになっている。  各国政府がネット上の情報操作を加速させているが、未来には何が待っているのか。IT問題に詳しい経営コンサルタントのクロサカタツヤ氏はこう予測する。 「政治家や選挙コンサルティング会社が、SNS上にコンテンツをばら撒いて情報操作を行うということは以前からありましたが、大規模に世論操作を試みるのはここ最近のこと。ケンブリッジ・アナリティカ(以下、CA)の問題が取り沙汰された背景には、SNSの社会における位置づけが変化してきたことが挙げられます」  まず昨今話題となっているフェイクニュースについては、「インターネット以前から存在していた」と、クロサカ氏は説く。それが、ネットの登場とともに掲示板で拡散するようになり、次の段階では、いわゆる“工作員”と呼ばれる意図を持った人々によって量産されるフェーズに入った。その後、人間が手を動かさずとも、プログラミングするだけで文章を作成・流通し続けるボットのような技術が生まれ、現在ではその情報操作の舞台がSNSに移ってきているのだという。  では今後、ネット上ではどのようなテクノロジー...more
カテゴリー:

【ネトウヨにならない方法】歴史学者に聞いた「フェイクニュース」防衛術 - 04月16日(月)16:50  news

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180412-00000055-sasahi-soci ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロボットが面接って…。話題のAI面接に、就活生のホンネは? - 04月16日(月)08:52 

 ついに、就職面接でもAIを用いたサービス「SHaiN(シャイン)」が登場し、ペッパーが面接をするなど、時代は近未来化の様を見せる。しかし、主役である学生の半数はAIによる面接には否定的な反応だ。 ◆AI採用の実用化の現実性は? 《AIによる面接に対する学生の反応》 とてもよい 6% 少しよい 15% どちらともいえない 30% あまりよくない 33% まったくよいと思わない 16% 引用:リクルートキャリア「就職プロセス調査」  実際にAIに携わる人のなかには、昨今のブームに懐疑的な目を向ける人も多い。2月に『誤解だらけの人工知能』を上梓した、数学者の田中潤氏に話を聞いた。 「最近は特に『採用にAIが!』といったニュースを目にしますが、現場にいる身からすると、ほとんどがフェイクニュースの域を出ていませんね。世界のAI大手企業でも不可能な要求が、日本のAIベンチャーに要求されているのです。機械との対話による面接は現状、とても実用レベルには達していません。確かに、採用にAIを用い始めている企業は多少はありますが、現段階では、就活生からデータを集め、それを未来のAI採用に向けて蓄積しているところ、これが正しい認識でしょう。本当に使えるようになるには、データの蓄積だけでも少なくともあと3年はかかります」  とはいえ、「AIに関心を持つ企業は増加傾...more
カテゴリー:

騙される被害者が急増中!在宅ワーク詐欺に引っかかるな! - 04月20日(金)07:00 

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行でっす! ライター業と求人広告のライティングをやっている私の元には、多くの求人案件の依頼があります。 様々な大手サイトとかですね、定期的にお手本になるような面白い原稿がないかなぁ……とちらほらチェックしているんですが、最近増えてますね~、在宅ワークの仕事が……。 昔でいえば、子育て中の主婦の方なんかがやる“内職”なんですが、このお仕事、詐欺が多いのも事実。 今回は気を付けなければいけない“在宅ワーク詐欺”について、警鐘を鳴らしたいと思います! お給料プラスαがミソ 売り手市場になっている求人広告の世界では、無料の求人媒体も登場しました。広告主も情報が多いので助かる、探す側も非常にありがたいことだと思うのですが、大手の求人広告では、一定の審査基準を設けています。その基準がない求人媒体では、一般的な求人広告の掲載基準を満たしていない悪質なクライアントも存在します。 家事や育児に追われる主婦の方は、特に注意しなければいけないのは、在宅でもできる、稼げるという甘い言葉の誘い文句です。 【主婦にピッタリ! 1日3~4時間の在宅ワークで、毎月3万円~最大10万円まで稼げます! 今月ちょっと足りないな……を脱出しましょう!】 ガッツリ稼げるというよりも、「旦那さんのお給料に“プラスα”で稼げますよ」という方が実は逆に怪しかったりするん...more
カテゴリー:

フェイクニュースがあなたを狙い撃ち…ネット工作の怖い未来 - 04月17日(火)15:51 

 フェイスブックで大量の個人情報の流出が明らかになり、アメリカだけでなく、世界が揺れている。流出した情報は、トランプ政権の誕生に寄与した選挙コンサルティング会社に渡っていたからだ。世界中で今、SNSなどネットを利用した政 […]
カテゴリー:

議論の抜本的修正訴え=放送改革で見解-新聞協会 - 04月16日(月)21:13 

 日本新聞協会メディア開発委員会は16日、政府の規制改革推進会議が示した放送制度改革の論点について、「規制緩和による成長戦略とメディアの存在の在り方についての議論を混在させた」と批判し、「議論の方向性の抜本的修正を求める」とする見解を発表した。 同委は、推進会議が示した論点に関し、「国民生活に重大な影響を及ぼす懸念が極めて強い」と指摘。通信と放送の融合をめぐる議論について「放送の社会的役割を減衰させ、国民・視聴者の権利や利益を大きく損なう危険性を内包している」と訴えた。 政治的公平性を規定した放送法4条をめぐっては「撤廃した場合、政治的に偏向した放送局や低俗な番組、事実に基づかないフェイクニュースなどが増加する」とその必要性を強調した。 【時事通信社】
カテゴリー:

てづくりチャートにみる「日常生活あるある」 - 04月16日(月)10:00 

Michelle Rialさんは、チャートをこよなく愛するデザイナー。ところが彼女、ある日首を痛めてしまい、コンピューターでイラストを描くのが困難に……!でも真のクリエイティブは、そんな事故が起きたってくじけやしません。アメリカの16代目の大統領、エイブラハム・リンカーンが残した言葉のとおり「When there's a will, there's a way (意志あるところには道が開ける)」。彼女は、それぞれのチャートに紐づく日用品を使い、日常のあるあるを元気にチャート化してくれました。なかでもウンと頷けるものを勝手にピックアップしちゃいました。〜誰でも共感できる編〜過去に使った傘たちの円グラフ。上から時計回りに:1)ただのゴミ2)必要以上にデカイ3)崩壊寸前4)どこかにある5)リアーナ 6)意図的じゃない窃盗品7)白カビ臭がする8)保つには安上がりすぎる的を得ていますね。コーヒーあるある。X軸は、カップの数。青い線は効率性、赤い線は不安の度合い。左に書かれているのは(つまり最初に感じるのは)「自信たっぷりの天才よ!」。右に書かれているのは(つまり次第に感じるのは)「アレ、パニックを起こしそう」。眠気を吹き飛ばしたいとき、コーヒーに思いっきり頼っちゃう私は、めちゃくちゃ共感。夏から冬にかけて、思うこと。上から順に:1)暑すぎる2)葉っぱが色...more
カテゴリー:

【分析】フェイクニュース、誰が拡散? 14年総選挙ではツイートの8割がボットで中でも安倍政権支持の内容が多く拡散される★2 - 04月15日(日)23:50  newsplus

 フェイクニュースは、ネット上でどのように拡散しているのでしょう? 私たちの目には見えないネットの裏側。でもデータをたどることで、背後にいる存在や目的が徐々にわかってくるようです。そしてその拡散には、人間だけではなく、「ボット」と呼ばれる自動プログラムも大きく関わっていました。 プログラムが自動的に拡散  ネット上をフェイクニュースがどのように広がるのか――英オックスフォード大学オックスフォード・インターネット研究所のフィリップ・ハワード教授は「コンピューテーショナル(コンピューターによる)・...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「フェイクニュース」の画像

もっと見る

「フェイクニュース」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる