「フェイクニュース」とは?

関連ニュース

ハイブリッド弁護士のお悩み相談「事故物件の告知義務はどこまで?」 - 11月20日(月)06:00 

本誌のドキュメンタリーページ『シリーズ人間』に登場し、「あのキレイだけど押しの強い弁護士はナニモノ?」と、巷をにぎわせた仲岡しゅん弁護士。その正体は、男性として生まれ、数年前に女性に「トランス」した男と女のハイブリッド弁護士!大阪生まれ、大阪育ちの若き闘士は、悪を許さぬ正義感と、美貌に似つかぬ義理人情を盾にして、法律を武器に日々奮闘中。そんなハイブリッド弁護士がトラブルをシュッと解決! 【今回の相談】「経営しているアパートで、お年寄りが孤独死。発見が遅れ、いわゆる“事故物件”になりました。事故のあとに1人でも住めば告知義務がなくなる“業界ルール”で、アルバイトを1カ月間、その部屋に住まわせています。その後は家賃も下げず、事故の件も明かさずに募集をするつもりですが、法的にOKですよね?」(60代男性・賃貸物件オーナー) 【回答】「そんな小手先の対策を取らず、正直に告知してはいかが? それが、貴方のためです」(仲岡しゅん) 今回は、巷で話題になっている「事故物件」についてのご相談。いわゆる「事故物件」を法的な言い方で表現しますと、「心理的瑕疵がある物件」となります。では、「心理的瑕疵」とは何でしょうか。 一般の方にはなじみの薄い「瑕疵」という言葉は、そのモノが本来備えているべき機能や品質を備えていないことをいいます。平たく言えば、...more
カテゴリー:

【NMB48】 “ネット炎上”がテーマ 新曲「ワロタピーポー」が大反響!「頭から離れない」「NMBにしか出来ない曲」 - 11月17日(金)19:32  mnewsplus

15日放送の「ベストヒット歌謡祭2017」(日本テレビ系)で、NMB48が初披露した17thシングル「ワロタピーポー」が大反響を呼んでいる。 16人の選抜メンバーも発表され、白間美瑠(20)がセンターを務めているる。 10thシングル「らしくない」では矢倉楓子(20)とWセンターを担当、8月に発売された3rdアルバム「難波愛~今、思うこと~」のリード曲「まさかシンガポール」ではセンター経験がある白間だが、シングル表題曲の単独センターは今回が初めて。 満を持して大役を務めることとなった。 白間...
»続きを読む
カテゴリー:

【報道】バノン前首席戦略官「お前らは日本のCNNに違いない。そうだよな?」「それはお前の意見だろ」 NHKのインタビュー中に激怒 - 11月17日(金)12:02  mnewsplus

NHKがバノン前首席戦略官をインタビューした際に、事実を誤認した発言を行ってしまい、 痛烈な言葉を浴びせかけられていたことが分かった。発端はNHK記者が独自見解の発言をしたこと。 記者が「北朝鮮問題は膠着しているが…」と質問しようとしたとき、バノン前首席戦略官の表情が変わる。 記者を指をさして「それはお前の意見だろ」。アメリカでも相手に指をさすのは失礼とされるので相当怒っていると思われる。 NHKがつけた字幕「NHKは日本のCNNか?」は間違い。 正確には「You must be CNN of Japan. right?(お前らは日本の...
»続きを読む
カテゴリー:

「SNSで社員に全生活を配信させちゃう会社」が舞台の映画『ザ・サークル』監督インタビュー:「『ずっと働きたい』と主人公が思えるような会社を目指しました」 - 11月16日(木)20:30 

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved. 社会派っぽさとSFっぽさが絶妙に融合。2017年11月10日に公開された映画『ザ・サークル』は、「行きすぎたSNSが暴走を始める」というキャッチコピーがなんとも今風。何が起こるかと言えば、ひとりの若い女性が自らの全生活をSNSで配信、予想もしなかったトラブルに見舞われてしまいます。そんなの見えてる地雷な感じがしますが、彼女だって理由なくそんなことをするわけではありません。巨大SNS「サークル」の運営会社に勤めている彼女は、広報活動の一環として自らの生活を公開するんです。あくまでお仕事。彼女の勤めるサークル社は、一言で言うならGoogle(グーグル)みたいにデバイスも作るFacebook。SNS(Webサービス)を運営しつつも、それに紐付くスマートフォンなんかも作っています。サークル社は新製品として、どこからでもSNSに写真や動画をアップできる小型カメラを発表、主人公のメイはその広報担当に抜擢され、新製品を使ってできるPRとして自分の生活をSNSで配信するという設定です。四六時中SNSに配信する主人公はすぐに膨大なフォロワーを獲得。しかし、オフィシャルな行動だけでなく、家族や友だちとの大切な会話も見知らぬフォロワーた...more
カテゴリー:

”インターネットのデマ被害者”四天王といえば 沖縄、辻元、JASRACとあとひとつは? - 11月14日(火)12:26  news

フェイクニュース 被害者スマイリーキクチさんに聞く https://mainichi.jp/articles/20171114/k00/00m/040/024000c 「フェイクニュース」の温床の一つとみられるトレンドブログの一端が、管理人への取材で浮かんだ。ネット上でうわさや臆測が駆け巡る状況をどう見るか。 殺人事件に関与したというネット上への事実無根の書き込みで、20年近くバッシングを受けた経験を持つお笑い芸人、スマイリーキクチさん(45)に聞いた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

国連がなぜ日本を総叩き?反日ロビーが横行する”言ったもん勝ち”の人権理事会 - 11月19日(日)17:37  liveplus

 国連人権理事会は16日、「日本の人権状況」についての報告書を公表した。報告書は各国から出た勧告をまとめたもので、中国の「歴史を直視し、慰安婦に対して誠実に謝罪し、補償を行うべきだ」とする要求をそのまま記載し、韓国の「次世代に歴史的真実を伝える努力をすべきだ」の要求も盛り込まれている。北朝鮮からも同様の指摘があった他、日本の報道について、放送局の政治的公平性などに言及する米国やオーストラリアの勧告もあった。  各国の勧告や意見をそのまま並べただけで何の法的拘束力もないとはいえ、日本はひどい火だる...
»続きを読む
カテゴリー:

インターネット時代の幕開けを告げた「iNTERNET magazine」が1号限定で復刻 - 11月17日(金)13:21 

株式会社インプレスR&Dは、インターネット時代の幕開けを告げたかつての人気雑誌「iNTERNET magazine」の1号限定復刻版「iNTERNET magazine Reboot」を11月16日に発売した。A4変型判/208P/1,750(税抜)。 「iNTERNET magazine」は1994年にインプレスが創刊し、日本の一般社会へのインターネット普及に貢献してきた人気雑誌である。この度、インプレスグループは、25周年の記念事業として同雑誌を1号限定で復刻。「iNTERNET magazine Reboot(インターネットマガジンリブート)」の名称で発売することとなった。紙面では、これから拡大するであろうインターネット新世紀の新しいトレンドを、技術・社会・ビジネスなどの観点から幅広く取り上げている。AI、仮想通貨、ブロックチェーンなど、いま注目を集めるデジタルテクノロジーのビジネス活用最前線を紹介。また、FinTechやAgriTechなどに代表されるデジタルによる産業変革「x-Tech」のレポートや、世界中で問題となっているフェイクニュースなどのメディアクライシスに関する記事、スタートアップ支援が盛んな世界の都市ガイドなど。 ブロックチェーンを使った電力ネットワークの出現 このほかにも、インターネットを作り上げてきた偉人たちが、これからのインターネットを語るインタ...more
カテゴリー:

「流行語大賞」候補30語、女性が選ぶとホントに流行ったのはコレ! - 11月17日(金)08:47 

 毎年注目を集めている「流行語大賞」。今年も11月9日、2017年に流行した言葉を決める「2017 ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞候補30語が発表されました。  しかしながら、毎年のように物議を醸しだすのが「本当にそれ流行してたっけ!?」と思うような言葉のノミネート。今年の候補30語はどうだったのでしょうか。  女子SPA!編集部では、30~49歳の女性たちに「あなたが流行したと感じるのはどの言葉?」を聞いてみました(※)。 =========== 「2017年流行語大賞」ノミネート30語のうち、あなたが今年流行したと感じる言葉をを下から選んでください(複数回答) 16位 炎上◯◯ 5% 15位 空前絶後の 7% 13位 プレミアムフライデー 7.5% 13位 ハンドスピナー 7.5% 12位 けものフレンズ 8% 11位 ◯◯ファースト 9.5% 10位 藤井フィーバー 10.5% 9位 ワンオペ育児 12% 8位 ユーチューバー 14.5% ===========  16位の「炎上◯◯」。去年の時点ですでによく聞く言葉でしたが、今年は芸能界だけでなく政界や不祥事もたんまり。炎上の激しさがパワーアップした感はありますね。  意外に低かったのがサンシャイン池崎「空前絶後の」の15位! ただ、全国的に大注目されたのが去年の大晦日の「絶対に笑ってはい...more
カテゴリー:

モーリー・ロバートソン×プチ鹿島――「ショーンK発言」と「前原質問」の真意 - 11月15日(水)06:00 

各メディアに引っ張りだこの国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソン氏が、右からでも左からでもなく「ニュースを立体視する知性」を詰め込んだ最新刊『挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け』。 その発売を記念して、TVやラジオでお馴染みな切れ味抜群の時事芸人・プチ鹿島氏をゲストに招き、新宿・歌舞伎町の「週プレ酒場」で行なわれたトークライブの模様をお送りします。異様にかみ合う、ふたりのマシンガン時事放談! * * * 鹿島 モーリーさん、最近忙しそうですね。TVに出まくってるし、ネットニュースでも見ますよ。この前も関西のTV番組で『ユアタイム』についてディスったみたいなネット記事が出てましたね。 モーリー あれはですね…番組の構成上、そこに“舞台”が用意されていたので、ネタとして面白くなるようにやるしかないと思ってフルスロットルで話したんですよ。「ショーンKさんは英語が喋れないんですか」って聞かれたから、「喋れませんね」と確かに言いました。ただ、それだけじゃなく相当長い尺で話したんです。そうしたら、見事にそこだけが抜き出されて、それがネットニュースの見出しに(笑)。 鹿島 そりゃ、なりますよ(笑)。でも真相は違うと。 モーリー ネ...more
カテゴリー:

【社会】フェイクニュースをまき散らすトレンドブログが後を絶たないのはなぜか ブログ管理人が内幕語る[毎日新聞] - 11月14日(火)07:44  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000050-mai-soci  神奈川県座間市で9人の遺体が見つかった事件で、話題性の高い情報を載せているトレンドブログに「父親も共犯?」など事実無根の見出しや投稿を載せた管理人が、匿名を条件に毎日新聞の取材に応じた。動機を「収益目的と世間のニュースやその裏を追いたい気持ち」と説明。ブログは個人で運営し、収入は多い月で10万円台後半になるという。「フェイクニュース」生成の現場を追った。【大村健一/統合デジタル取材センター】  ◇閲覧増やすため見出し過激に  ト...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「フェイクニュース」の画像

もっと見る

「フェイクニュース」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる