「フィリピン航空」とは?

関連ニュース

【大雪】成田空港閉鎖で国際便が羽田に着陸 [1月22日 21時40分] - 01月22日(月)22:03  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180122/k10011298081000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 1月22日 21時40分 国土交通省によりますと、成田空港の2本の滑走路が雪の影響でいずれも閉鎖している影響で、マニラ発成田行きのフィリピン航空432便が午後8時半ごろ、燃料不足のため行き先を変更し、羽田空港に緊急着陸しました。 その後、午後9時ごろにはセブ発成田行きのフィリピン航空436便も羽田空港に緊急着陸しました。 羽田空港も午後9時20分から4本ある滑走路のうちの1本を閉鎖して除雪作業を行...
»続きを読む
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、名古屋/中部〜マニラ線を期間運休 2月8日から3月2日まで - 01月20日(土)19:51 

ジェットスター・ジャパンは、2月8日から3月2日まで、名古屋/中部〜マニラ線を期間運休する。 現在は、名古屋/中部発はは月・水・金・日曜、マニラ発は月・火・木・土曜の週4便を、エコノミークラス180席を配置したエアバスA320型機を使用して運航している。名古屋/中部〜マニラ線はジェットスター・ジャパンのほか、フィリピン航空とセブパシフィック航空も運航している。 一方で、2月13日から25日までは、通常は名古屋/中部発は火・木・土曜、台北/桃園発は水・金・日曜の週3便を運航している名古屋/中部〜台北/桃園線をデイリー運航する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

サプライス、先着3,000組限定で3,000円割引 1月19日まで期間延長 - 01月17日(水)07:37 

エイチ・アイ・エス(H.I.S)の航空券予約サイト「Surprice(サプライス)」は、日本発海外航空券または海外航空券+ホテルの予約時に使える3,000円割引クーポンを先着3,000組限定で1月19日まで延長して配布している。 クーポンコードは「SNYUT29ERGYLU2VN」。予約時に決済ページで「クーポンを使用する」を選択し、各クーポンIDを入力すると適用できる。 キャッシュバック対象商品の場合、キャッシュバック後の金額が対象。航空券の場合は、燃油諸税等を加算する前の航空券のみの金額が対象となる。また、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、ガルーダ・インドネシア航空、フィリピン航空、エミレーツ航空、キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空および海外発航空券は対象外。1回の予約で1つのクーポンのみ利用できるため、複数人での予約の場合は人数分に分けて購入した場合のほうがお得になる。予約完了後に利用することや、キャンセル料に充当することはできない。キャンペーンは予告なく終了する場合もある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

フィリピン・エアアジア、大阪/関西〜マニラ線に今年下期にも就航へ NNA.ASIA報じる - 01月09日(火)11:29 

フィリピン・エアアジアは、大阪/関西〜マニラ線に就航する意向であることがわかった。NNA.ASIAが報じた。 2015年冬スケジュールにも東京/羽田への就航を計画すると報じられていたものの、発着枠の割当を得られていない。NNA.ASIAの記事によれば、大阪/関西〜マニラ線は今年下期の就航を予定しているという。 大阪/関西〜マニラ線は、ジェットスター・ジャパン、ジェットスター・アジア、フィリピン航空、セブパシフィック航空の4社が運航している。大阪/関西へのエアアジアグループの乗り入れは、エアアジアX、タイ・エアアジアXに次いで3社目となるとみられる。 フィリピン・エアアジアは2010年に設立。2012年に運航を開始し、2016年1月には同じフィリピンの格安航空会社(LCC)であったゼスト・エアウェイズと経営統合を行い事業を拡大した。エアバスA320型機を16機保有し、セブやダバオなどフィリピン国内やクアラルンプールなどへ路線を展開している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、名古屋/中部〜マニラ線を期間運休 2月8日から3月2日まで - 01月20日(土)19:51 

ジェットスター・ジャパンは、2月8日から3月2日まで、名古屋/中部〜マニラ線を期間運休する。 現在は、名古屋/中部発はは月・水・金・日曜、マニラ発は月・火・木・土曜の週4便を、エコノミークラス180席を配置したエアバスA320型機を使用して運航している。名古屋/中部〜マニラ線はジェットスター・ジャパンのほか、フィリピン航空とセブパシフィック航空も運航している。 一方で、2月13日から25日までは、通常は名古屋/中部発は火・木・土曜、台北/桃園発は水・金・日曜の週3便を運航している名古屋/中部〜台北/桃園線をデイリー運航する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

サプライス、先着3,000組限定で3,000円割引 1月19日まで期間延長 - 01月17日(水)07:37 

エイチ・アイ・エス(H.I.S)の航空券予約サイト「Surprice(サプライス)」は、日本発海外航空券または海外航空券+ホテルの予約時に使える3,000円割引クーポンを先着3,000組限定で1月19日まで延長して配布している。 クーポンコードは「SNYUT29ERGYLU2VN」。予約時に決済ページで「クーポンを使用する」を選択し、各クーポンIDを入力すると適用できる。 キャッシュバック対象商品の場合、キャッシュバック後の金額が対象。航空券の場合は、燃油諸税等を加算する前の航空券のみの金額が対象となる。また、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、ガルーダ・インドネシア航空、フィリピン航空、エミレーツ航空、キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空および海外発航空券は対象外。1回の予約で1つのクーポンのみ利用できるため、複数人での予約の場合は人数分に分けて購入した場合のほうがお得になる。予約完了後に利用することや、キャンセル料に充当することはできない。キャンペーンは予告なく終了する場合もある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

フィリピン・エアアジア、大阪/関西〜マニラ線に今年下期にも就航へ NNA.ASIA報じる - 01月09日(火)11:29 

フィリピン・エアアジアは、大阪/関西〜マニラ線に就航する意向であることがわかった。NNA.ASIAが報じた。 2015年冬スケジュールにも東京/羽田への就航を計画すると報じられていたものの、発着枠の割当を得られていない。NNA.ASIAの記事によれば、大阪/関西〜マニラ線は今年下期の就航を予定しているという。 大阪/関西〜マニラ線は、ジェットスター・ジャパン、ジェットスター・アジア、フィリピン航空、セブパシフィック航空の4社が運航している。大阪/関西へのエアアジアグループの乗り入れは、エアアジアX、タイ・エアアジアXに次いで3社目となるとみられる。 フィリピン・エアアジアは2010年に設立。2012年に運航を開始し、2016年1月には同じフィリピンの格安航空会社(LCC)であったゼスト・エアウェイズと経営統合を行い事業を拡大した。エアバスA320型機を16機保有し、セブやダバオなどフィリピン国内やクアラルンプールなどへ路線を展開している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「フィリピン航空」の画像

もっと見る

「フィリピン航空」の動画

Wikipedia

フィリピン航空()は、フィリピン航空会社で、フィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアである。

概要

略称PAL。本社はパサイ市。マニラ首都圏内のパサイ市とパラニャーケ市に、またがるニノイ・アキノ国際空港がハブ(拠点)となっており、同航空便は第2ターミナル、子会社のPAL エクスプレス便は第3ターミナルからそれぞれ発着する(共同運航便(コードシェア便)を除く)。国内便もフィリピンでは国民の重要な交通手段になっている。

1941年3月に設立された、アジアでは最も長い歴史を持つ航空会社であり、フィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアである。1946年7月に太平洋横断便を開設しアジア初の国際線を開設する。翌1947年5月にはマドリード線を開設しアジアの航空会社で初めてヨーロッパ乗り入れを開始。1967年には社長兼会長のベニグノ・P・トダ・Jrが、国際航空運送協会 (IATA) 会長に選任される。1946年にIATAが創設されて以来アジア人が会長となるのは3...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる