「フィリピン航空」とは?

関連ニュース

サプライス、最大3,000円割引クーポンの配布期間を延長 20日まで - 11月12日(日)12:15 

エイチ・アイ・エス(H.I.S)の航空券予約サイト「Surprice(サプライス)」は、「1 WEEK SALE」を11月20日まで延長し、日本発海外航空券または海外航空券+ホテルの予約時に使える最大3,000円割引クーポンを配布している。 クーポンは4種類で、購入代金15万円以上で利用できる3,000円クーポンは「ANGSW98XM5Z7XTXF」、購入金額10万円以上で利用できる2,000円クーポンは「SONCZ5H6QU8FXWGH」、購入金額5万円以上で利用できる1,000円クーポンは「NYKSHPVN7QNJL2EW」、購入金額49,999円以下で利用できる500円クーポンは「OMIABV9QM6PQHNZM」。予約時に決済ページで「クーポンを使用する」を選択し、各クーポンIDを入力すると適用できる。 キャッシュバック対象商品の場合、キャッシュバック後の金額が対象。航空券の場合は、燃油諸税等を加算する前の航空券のみの金額が対象となる。また、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、ガルーダ・インドネシア航空、フィリピン航空、エミレーツ航空、キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空および海外発航空券は対象外。1回の予約で1つのクーポンのみ利用できるため、複数人での予約の場合は人数分に分けて購入した場合のほうがお得になる。予約完了後に利用することや、キャンセル料に充当するこ...more
カテゴリー:

フィリピン航空、最大70%オフの「アルティメット・シート・セール」開催中 - 11月10日(金)11:26 

フィリピン航空は11月6日から19日まで、「アルティメット・シート・セール」を開催している。 東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡発着東南アジア各地行きが対象となっており、エコノミークラスの往復運賃は、マニラ行きは26,100円から、シンガポール・バンコク・ホーチミン・ジャカルタ・デンパサール行きは27,500円から、セブ行きは29,500円から。ビジネスクラスの往復運賃は、マニラ行きは86,300円から、セブ行きは72,100円から。 搭乗期間は2018年1月16日から9月30日まで。燃油サーチャージ、諸税別。払い戻しはできない。変更手数料10,000円と差額を支払うことで変更はできる。運賃が同額のチケットへの変更はできない。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

フィリピン航空、最大70%オフの「アルティメット・シート・セール」開催中 - 11月10日(金)11:26 

フィリピン航空は11月6日から19日まで、「アルティメット・シート・セール」を開催している。 東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡発着東南アジア各地行きが対象となっており、エコノミークラスの往復運賃は、マニラ行きは26,100円から、シンガポール・バンコク・ホーチミン・ジャカルタ・デンパサール行きは27,500円から、セブ行きは29,500円から。ビジネスクラスの往復運賃は、マニラ行きは86,300円から、セブ行きは72,100円から。 搭乗期間は2018年1月16日から9月30日まで。燃油サーチャージ、諸税別。払い戻しはできない。変更手数料10,000円と差額を支払うことで変更はできる。運賃が同額のチケットへの変更はできない。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「フィリピン航空」の画像

もっと見る

「フィリピン航空」の動画

Wikipedia

フィリピン航空()は、フィリピン航空会社で、フィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアである。

概要

略称PAL。本社はパサイ市。マニラ首都圏内のパサイ市とパラニャーケ市に、またがるニノイ・アキノ国際空港がハブ(拠点)となっており、同航空便は第2ターミナル、子会社のPAL エクスプレス便は第3ターミナルからそれぞれ発着する(共同運航便(コードシェア便)を除く)。国内便もフィリピンでは国民の重要な交通手段になっている。

1941年3月に設立された、アジアでは最も長い歴史を持つ航空会社であり、フィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアである。1946年7月に太平洋横断便を開設しアジア初の国際線を開設する。翌1947年5月にはマドリード線を開設しアジアの航空会社で初めてヨーロッパ乗り入れを開始。1967年には社長兼会長のベニグノ・P・トダ・Jrが、国際航空運送協会 (IATA) 会長に選任される。1946年にIATAが創設されて以来アジア人が会長となるのは3...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる