「フィリピン航空」とは?

関連ニュース

フィリピン航空、マニラ〜アブダビ線を運休 7月8日から - 05月25日(木)20:51 

フィリピン航空は、マニラ〜アブダビ線を7月8日より一時的に運休すると発表した。運休期間は未定。 影響を受ける乗客へは、航空券代金の無手数料での払い戻しのほか、フィリピン航空のマニラ〜ドバイ線とドバイ〜アブダビ間のバスへの振替のいずれかを行う。詳細はフィリピン航空のホームページやコールセンター、旅行会社へ問い合わせるよう呼びかけている。 フィリピン航空は、マニラ〜アブダビ線を火・木・土曜の週3便をエアバスA330型機で運航している。同路線はエティハド航空も週17便を運航しており、出稼ぎ労働のフィリピン人の需要が高い。 ■ダイヤ PR656 マニラ(12:30)〜アブダビ(17:45)/火・木・土 PR657 アブダビ(19:30)〜マニラ(08:50+1)/火・木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

サプライス、1週間限定で航空券など一律3,000円引き あすから - 05月22日(月)18:35 

エイチ・アイ・エス(H.I.S)の航空券予約サイト「Surprice(サプライス)」は、あす5月23日から29日までの1週間限定で、「1WEEK SALE」として、3,000円割引クーポンを配布する。 日本発海外航空券、海外航空券+ホテルの予約時に利用が可能。空席照会の後、予約便を選択後、決済ページで「クーポンを使用する」を選択し、クーポンID「AX23JT6SR798V7HH」を入力する必要がある。日本航空(JAL)、フィリピン航空、海外発航空券は対象外となる。 1回の予約で1つのクーポンのみ利用できるため、複数人での予約の場合は人数分に分けて購入した場合のほうがお得になる。予約完了後に利用することや、キャンセル料に充当することはできない。キャッシュバックとの併用は可能。クーポンは予告なく提供を終了することもある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「フィリピン航空に機内エンタメが無い」はウソ フライト中に映画を楽しむには事前の準備を! - 05月24日(水)16:00 

「げっ、機内エンタメないじゃん。映画観られないじゃん」 「フィリピン航空だからね。仕方がないよ」 マニラ-東京間のフィリピン航空の機内(エコノミークラス)で耳にした会話です。しかし、実はフィリピン航空でも映画を始めとした機内エンタメを楽しむ方法があるんです。フライト前に必読のその方法を紹介します。 専用アプリが必要 機内エンタメを楽しむには、専用のアプリをインストールしておく必要があります。機内に持ち込むスマートフォンやタブレットから『myPAL Player』(iOS/Android)を検索してダウンロードしましょう。 事前の準備はこれで完了です。 続いて機内に搭乗したら、『myPAL Player』を起動するための専用Wi-Fiに接続します。「myPAL」というネットワーク名です。飛行中のみ利用ができ、無料で接続できます。こちらはアプリを使用するためのネットワークなので、ブラウザを開いたりすることはできません。通常の機内Wi-Fiは有料で提供されていました。 映画には日本語字幕が ネットワークに接続できたら、あとはアプリを開くだけで、映画やドラマ、音楽、マガジンなどを楽しむことができます。イヤホンとモバイルバッテリーを忘れないようにしましょう。 「myPAL」のネットワークに接続されていないと、「専用Wi-Fiに接続してください」と注意が表示されます。 マップで現在地...more
カテゴリー:

サプライス、1週間限定で航空券など一律3,000円引き あさってまで - 05月13日(土)17:20 

エイチ・アイ・エス(H.I.S)の航空券予約サイト「Surpr!ce(サプライス)」は、あさって5月15日までの1週間限定で、「1WEEK SALE」として、3,000円割引クーポンを配布している。 日本発海外航空券、海外航空券+ホテルの予約時に利用が可能。空席照会の後に予約便を選択し、決済ページで「クーポンを使用する」を選択し、クーポンID「GW09Y9LTBNGDJWWF」を入力する必要がある。日本航空(JAL)、フィリピン航空、海外発航空券は対象外となる。 1回の予約で1つのクーポンのみ利用できるため、複数人での予約の場合は人数分に分けて購入した場合のほうがお得になる。予約完了後に利用することや、キャンセル料に充当することはできない。キャッシュバックとの併用は可能。クーポンは予告なく提供を終了することもある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「フィリピン航空」の画像

もっと見る

「フィリピン航空」の動画

Wikipedia

フィリピン航空()は、フィリピン航空会社で、フィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアである。

概要

略称PAL。本社はパサイ市。マニラ首都圏内のパサイ市とパラニャーケ市に、またがるニノイ・アキノ国際空港がハブ(拠点)となっており、同航空便は第2ターミナル、子会社のPAL エクスプレス便は第3ターミナルからそれぞれ発着する(共同運航便(コードシェア便)を除く)。国内便もフィリピンでは国民の重要な交通手段になっている。

1941年3月に設立された、アジアでは最も長い歴史を持つ航空会社であり、フィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアである。1946年7月に太平洋横断便を開設しアジア初の国際線を開設する。翌1947年5月にはマドリード線を開設しアジアの航空会社で初めてヨーロッパ乗り入れを開始。1967年には社長兼会長のベニグノ・P・トダ・Jrが、国際航空運送協会 (IATA) 会長に選任される。1946年にIATAが創設されて以来アジア人が会長となるのは3...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる