「フィリピン航空」とは?

関連ニュース

サプライス、サマーセール第3弾 3,000円クーポンを配布 - 07月18日(火)17:18 

エイチ・アイ・エス(H.I.S)の航空券予約サイト「Surprice(サプライス)」は、7月19日から25日まで、「SUMMER SALE 第3弾」として、3,000円割引クーポンを配布する。 日本発海外航空券、海外航空券+ホテルの予約の際に利用が可能。空席照会の後、予約便を選択後、決済ページで「クーポンを使用する」を選択し、クーポンID「NIKEHNFL73NEENXE」を入力すると、請求金額合計から3,000円が割り引かれる。日本航空(JAL)、フィリピン航空、ガルーダ・インドネシア航空および海外発航空券は対象外となる。 1回の予約で1つのクーポンのみ利用できるため、複数人での予約の場合は人数分に分けて購入した場合のほうがお得になる。予約完了後に利用することや、キャンセル料に充当することはできない。キャッシュバックとの併用は可能。クーポンは予告なく提供を終了することもある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

フィリピン航空、マニラ〜アブダビ線を運航再開 10月31日から週3便 - 07月14日(金)14:33 

フィリピン航空は、マニラ〜アブダビ線の運航を10月31日より再開すると発表した。7月8日より運休していた。 マニラ発、アブダビ発ともに火・木・土曜の週3便を運航する。機材はエアバスA330-200型機を使用する。 フィリピン航空のマニラを発着する中東路線は、ドバイとリヤドへ週7便、アンマンへ週5便、クウェートへ週3便、クウェートへ週4便を運航している。年末までに全路線で、ビジネスクラスとエコノミークラスを搭載した機材での運航を予定している。 ■ダイヤ PR656 マニラ(11:45)〜アブダビ(17:45)/火・木・土 PR657 アブダビ(19:30)〜マニラ(08:50+1)/火・木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

12月に那覇―マニラ便 比航空 半年運航、臨時便も - 07月15日(土)11:50 

 【東京】フィリピン航空が那覇とマニラを結ぶチャーター便を12月から半年間、運航することが14日分かった。11~13日、フィリピンを訪問していた下地幹郎衆院議員(維新)とフィリピンのツガデ運輸相、フィリピン航空役員が面談し決定した。9月には臨時便が1往復運航する。12月からは月2往復の運航が予定...
カテゴリー:

サプライス、海外航空券など対象の3,000円割引クーポンを配布中 あさってまで - 07月11日(火)12:12 

エイチ・アイ・エス(H.I.S)の航空券予約サイト「Surprice(サプライス)」は、あさって7月13日まで、「SUMMER SALE 第2弾」として、3,000円割引クーポンを配布している。 日本発海外航空券、海外航空券+ホテルの予約の際に利用が可能。空席照会の後、予約便を選択後、決済ページで「クーポンを使用する」を選択し、クーポンID「SU07T8UROZVMW9VK」を入力すると、請求金額合計から3,000円が割り引かれる。日本航空(JAL)、フィリピン航空、ガルーダ・インドネシア航空および海外発航空券は対象外となる。 1回の予約で1つのクーポンのみ利用できるため、複数人での予約の場合は人数分に分けて購入した場合のほうがお得になる。予約完了後に利用することや、キャンセル料に充当することはできない。キャッシュバックとの併用は可能。クーポンは予告なく提供を終了することもある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「フィリピン航空」の画像

もっと見る

「フィリピン航空」の動画

Wikipedia

フィリピン航空()は、フィリピン航空会社で、フィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアである。

概要

略称PAL。本社はパサイ市。マニラ首都圏内のパサイ市とパラニャーケ市に、またがるニノイ・アキノ国際空港がハブ(拠点)となっており、同航空便は第2ターミナル、子会社のPAL エクスプレス便は第3ターミナルからそれぞれ発着する(共同運航便(コードシェア便)を除く)。国内便もフィリピンでは国民の重要な交通手段になっている。

1941年3月に設立された、アジアでは最も長い歴史を持つ航空会社であり、フィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアである。1946年7月に太平洋横断便を開設しアジア初の国際線を開設する。翌1947年5月にはマドリード線を開設しアジアの航空会社で初めてヨーロッパ乗り入れを開始。1967年には社長兼会長のベニグノ・P・トダ・Jrが、国際航空運送協会 (IATA) 会長に選任される。1946年にIATAが創設されて以来アジア人が会長となるのは3...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる