「フィリピン」とは?

関連ニュース

南海トラフ大地震が台湾M6.4でいよいよ最終段階に入った! - 02月20日(火)11:59  news

 2月6日、台湾東部の花蓮県をM6.4、最大震度7(現地基準)の地震が襲い、死者17人、けが人280人の被害が出た(11日時点)。 台湾では一昨年にもM6.6規模が発生(台湾南部地震)して117人の死者が出るなど、度々巨大地震が襲うことで知られているが、 専門家の間では“今回の地震は日本での南海トラフ巨大地震の前触れではないか”との声が上がっている。  そもそも台湾と日本はプレートの境界付近に位置し、活断層が複雑に入り組む点で非常に似ており、地震大国でもある。 また、日本で1923年に南関東を震源とした関東地震(M8.2=諸説あ...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】なまず天丼・天ぷらトムヤムうどん…てんや海外展開加速 - 02月20日(火)06:51  newsplus

 ロイヤルホールディングス(福岡市)は、傘下の天丼チェーン「てんや」の海外展開を加速させる。2017年末時点の18店から、20年末には50店超をめざす。黒須康宏社長は19日の決算説明会で、「世界的に天ぷらの文化は広がっているが、天丼チェーンはなかなかない」と話し、海外でまだまだ伸びるとの期待を示した。  18~20年の新しい中期経営計画に盛り込んだ。てんやは13年から海外へ進出し、タイ、インドネシア、フィリピンの3カ国にフランチャイズ(FC)で計18店(昨年末時点)がある。20年までに、アジア...
»続きを読む
カテゴリー:

「イスラム国」に勧誘か エジプト人逮捕 フィリピン - 02月20日(火)00:05 

「イスラム国」に勧誘か エジプト人逮捕 フィリピン
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本発着フィリピン線でセール 片道6,500円 - 02月19日(月)22:13 

セブパシフィック航空は2月19日から25日まで、日本発着マニラ・セブ行き全路線を対象にセールを開催している。 対象路線と各片道運賃は、福岡~マニラ線は6,500円、名古屋/中部・大阪/関西~マニラ線は11,500円、東京/成田〜マニラ・セブ線は12,500円。いずれも燃油サーチャージなし、諸税込みの総額。搭乗期間は3月15日から6月30日まで。販売席数には限りがあり、完売次第終了となる。 セブパシフィック航空は、フィリピン最大の格安航空会社(LCC)。東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡~マニラ線と東京/成田~セブ線を運航している。機材はエアバスA330型機とエアバスA320型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

シルクエアー、ランカウイ・プカンバル・カリボ〜シンガポール線をスクートへ移管 - 02月19日(月)12:06 

シルクエアーは、ランカウイ、プカンバル、カリボとシンガポールを結ぶ3路線をスクートに移管すると発表した。 シンガポール〜ランカウイ線は4月8日、シンガポール〜プカンバル線は5月30日、シンガポール〜カリボ線は6月28日から、スクートでの運航を開始する。シルクエアーではそれぞれ週3便を運航している。 スクートはすでに、タイガーエアとの合併によってシンガポール〜ランカウイ線を週3便、シンガポール〜カリボ線を週4便運航している。プカンバルへの乗り入れは初めてとなり、航空券の販売は政府認可取得後の2018年第1四半期内を予定している。 スクートは、2月にクアンタン、6月にベルリンへ就航することをすでに発表しており、18カ国の66都市にネットワークを拡大する。シルクエアーは引き続き、マレーシアはコタキナバル、クアラルンプール、ペナンの3都市、インドネシアはバリクパパン、バンドン、デンパサール、ロンボク、マカッサル、マナド、メダン、スマラン、スラバヤ、ジョグジャカルタの10都市、フィリピンはセブ、ダバオの2都市へのネットワークを維持する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

虐待か無職か─フィリピン人出稼ぎ労働者に突き付けられる究極の選択 - 02月20日(火)10:07 

【2月20日 AFP】クウェートでメイドとして働いていたフィリピン人女性が殺害された事件をきっかけに、同国で家事労働をしていた多数の女性たちがフィリピンの首都マニラに相次いで帰国している。≫続きを読む
カテゴリー:

日本語教育で日比に有意義な人材育成 ミンダナオ大学 友好の懸け橋に - 02月20日(火)05:00 

フィリピン南部ミンダナオ島ダバオにある大学が、日本とフィリピンの懸け橋になっている。地元日系人会が運営し、特色は日本語教育。明治以来、日本人が多く移住した土地だ…
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本発着フィリピン線でセール 片道6,500円 - 02月19日(月)22:13 

セブパシフィック航空は2月19日から25日まで、日本発着マニラ・セブ行き全路線を対象にセールを開催している。 対象路線と各片道運賃は、福岡~マニラ線は6,500円、名古屋/中部・大阪/関西~マニラ線は11,500円、東京/成田〜マニラ・セブ線は12,500円。いずれも燃油サーチャージなし、諸税込みの総額。搭乗期間は3月15日から6月30日まで。販売席数には限りがあり、完売次第終了となる。 セブパシフィック航空は、フィリピン最大の格安航空会社(LCC)。東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡~マニラ線と東京/成田~セブ線を運航している。機材はエアバスA330型機とエアバスA320型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

シルクエアー、ランカウイ・プカンバル・カリボ〜シンガポール線をスクートへ移管 - 02月19日(月)12:06 

シルクエアーは、ランカウイ、プカンバル、カリボとシンガポールを結ぶ3路線をスクートに移管すると発表した。 シンガポール〜ランカウイ線は4月8日、シンガポール〜プカンバル線は5月30日、シンガポール〜カリボ線は6月28日から、スクートでの運航を開始する。シルクエアーではそれぞれ週3便を運航している。 スクートはすでに、タイガーエアとの合併によってシンガポール〜ランカウイ線を週3便、シンガポール〜カリボ線を週4便運航している。プカンバルへの乗り入れは初めてとなり、航空券の販売は政府認可取得後の2018年第1四半期内を予定している。 スクートは、2月にクアンタン、6月にベルリンへ就航することをすでに発表しており、18カ国の66都市にネットワークを拡大する。シルクエアーは引き続き、マレーシアはコタキナバル、クアラルンプール、ペナンの3都市、インドネシアはバリクパパン、バンドン、デンパサール、ロンボク、マカッサル、マナド、メダン、スマラン、スラバヤ、ジョグジャカルタの10都市、フィリピンはセブ、ダバオの2都市へのネットワークを維持する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

デュシット インターナショナル/レストランとホスピタリティ教育事業で評価を得て2018年も好調な滑り出し - 02月19日(月)12:00 

タイ屈指のホテル・不動産開発企業 デュシット インターナショナル傘下のデュシタニ マニラ(フィリピン)並びにデュシタニカレッジ(タイ)は、2018年を堅調に滑り出しました。 大規模なリノベーション経て1か月前にリニューアルオープンしたデュシタニ マニラは、同市で活躍するデザイナー マニー・サムソン氏の監修のもと活気溢れる空間に生まれ変わりました。中でもデュシタニ マニラの人気レストラン「ベンジャロン」は、CNNトラベルが選ぶ「世界で最も話題となっているニューレストラン14選」(14 Hot New Global Restaurants)で第三位にランクインしています。
カテゴリー:

もっと見る

「フィリピン」の画像

もっと見る

「フィリピン」の動画

Wikipedia

、日本と同じく軍事的、経済的、政治的にアメリカとの関係が深い。フィリピンは植民地から独立したが、アメリカが介入した朝鮮戦争ベトナム戦争にも参戦し、現在行われている対テロ戦争にも参戦、反対世論が多かったイラク戦争(武装勢力によるフィリピン人拉致事件でフィリピン軍はイラクから全面撤退した)に同調し、東南アジア条約機構米比相互防衛条約を結んでいる。 一方で、かつてクラーク基地にあった在比米軍の軍人によるでは、米兵容疑者に対し、最高裁判所で最高刑となる終身刑を確定し、容疑者の身柄の引渡しにおいて米国と外交問題になった。他にも問題になった。

クラーク空軍基地は1991年4月に近くのピナトゥボ火山が噴火し、火山灰の降灰により基地の大部分が使用不可能となり、アメリカ政府は同基地の放棄を決定した。また、スービック海軍基地は米海軍のアジア最大の国外基地だったため維持を希望したが、フィリピン政府に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる