「フィリピン」とは?

関連ニュース

ドゥテルテ大統領が施政方針演説、戒厳令の正当性強調 - 07月25日(火)03:17 

 フィリピンのドゥテルテ大統領は24日、就任1年の施政方針演説を行い、南部ミンダナオ島に出した戒厳令の正当性を改めて強調しました。
カテゴリー:

ドゥテルテ氏「麻薬戦争続ける」 施政方針で米国批判も - 07月24日(月)21:09 

 フィリピンのドゥテルテ大統領は24日、就任2年目の施政方針演説を行い、昨年6月末の就任以来多くの死者を出している麻薬犯罪撲滅作戦について「国際社会や国内の批判があろうと戦いはやめない」と述べた。正当…
カテゴリー:

【社会】 “平成の三大未解決事件“ 3人が射殺されたスーパーナンペイ事件から間もなく22年 - 07月24日(月)19:22 

日本を震撼させた「八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件」が未解決のまま、22年が経過しようとしている。 今、事件現場となった東京都八王子市にあったスーパーナンペイ大和田店の跡地には当時を偲ばせるものは何一つ残っていない。 あるのは、情報提供を求める立て看板だけだ。  AbemaTV『AbemaPrime』では、発生当時からこの事件を追い続けてきた所太郎氏と、事件を振り返った。 1995年7月30日。住宅街の中にある小ぶりなこの地域密着型スーパーで、パート従業員の稲垣則子さん(当時47)、 そして高校2年生のアルバイト・前田...
»続きを読む
カテゴリー:

雑貨店で「地下銀行」、不正送金容疑で男女5人逮捕 - 07月24日(月)13:02 

 無免許で海外に不正送金する「地下銀行」を営んだとして、千葉県警は24日、県内に住むフィリピン国籍の40~50代の男女5人を銀行法違反(無免許営業)の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。県警…
カテゴリー:

ISが拠点を中東からアジアへ?――激戦のフィリピン・ミンダナオ島に日本人が初潜入! - 07月24日(月)10:00 

日本人にとっても身近な東南アジアの島国フィリピンで、中東の過激派組織「イスラム国(IS)」に忠誠を誓うテロリストたちが市民を人質にとり、国軍と激戦を繰り広げている。 中東での拠点を失いつつあるISは、アジアへ活路を見出しているのだろうか? 戒厳令が敷かれたミンダナオ島の戦地に初めて入った日本人が、その真相を探る―。 * * * 「ダダダダダダダダ」 1kmほど先に見える市街地のほうから機関銃の連射音が聞こえる。銃弾が「ヒュン、ヒュン」と空気を切り裂き、「バーン」という迫撃砲による爆音も轟(とどろ)く。その方向を望遠レンズでのぞいてみると、市街地に建ち並ぶ家々や建物は、屋根が穴だらけになって破壊され、無残な姿をさらけ出していた。唯一、人質がいるとされるモスクだけが空爆や砲弾の直撃を免れ、原形をとどめていた。 7月12日午前11時。私はフィリピン南部ミンダナオ島マラウィの交戦現場付近に入り、フィリピンの報道陣とともに、民家の屋上から固唾(かたず)をのんでこの光景を見守っていた。防弾チョッキが重く肩にのし掛かり、額の汗がヘルメットににじむ。激しい銃撃戦が、朝からもうかれこれ2時間以上も続いていた。 ISに忠誠を誓う武装集団「マウテグル...more
カテゴリー:

今日の歴史(7月25日) - 07月25日(火)00:00 

1949年:オランダが大韓民国を承認 1950年:英国、トルコ、フィリピンなどが朝鮮戦争への地上軍派遣を決定 1954年:李承晩(イ・スンマン)大統領が米国訪問 1955年:米軍極東地上軍司令部と第8軍司令部の東京からソウルへの移転が決定 1968年:文化公報部発足 1975年:民防衛基本法公布 1983年:古里原子力発電所2号機が商業運転開始 2001年:フランス政府と、同国所蔵の外奎章閣図書297冊と国内古文書の交換で合意 ※外奎章閣は朝鮮王朝時代に王室関連の文書・図書を保管していた図書
カテゴリー:

雑貨店が地下銀行…海外不正送金で5人逮捕 7/24 19:38更新 - 07月24日(月)19:38 

千葉県内の雑貨店で海外に不正な手口で資金を送るいわゆる「地下銀行」を営んでいたとしてフィリピン人の男女5人が逮捕された。
カテゴリー:

「地下銀行」運営 フィリピン人の男ら5人逮捕 - 07月24日(月)18:42 

「地下銀行」運営 フィリピン人の男ら5人逮捕
カテゴリー:

大学生とホームレス、お金ではなくランチが生んだ「一期一会」 - 07月24日(月)12:01 

たまたま飲みの席で盛り上がった知らない人との会話や、旅先で隣り合わせた旅行者の体験談、そうしたものが、後々忘れられない記憶となるようなことって意外と多いんじゃないでしょうか。ゆえに、人は「一期一会」を大切にする。フィリピンの大学生Faye Aresさんも、まさに同じような出会いをし、Facebookでその体験を紹介。これが大きな反響を呼ぶことに。「Win-Win」を生んだホームレスとの有意義な時間ある日、ショッピングモールに買い物に訪れたFayeさん。ランチを選んでいたところ、ホームレスの男性が力なく歩み寄ってきたそうです。伸び放題の無精髭、襟元のよれたTシャツ姿の彼はこう口を開きました。「すみません…怒らないでください。お金が欲しいというわけではないですが、お腹が空いてどうにもならなくて…。何か食べるものをいただきたいのです」貧相な見た目からは想像できないほどの流暢な英語に、一瞬Fayeさんは驚いたと言います。懇願を受け入れたとき、男性の目には涙が浮かんでいたようで。こうして2人分の食事代金を支払ったFayeさん、一緒に席に着き男性の話を聞いてまたびっくり。なんでも、男性はむかし経済学を学びフィリピン大学では教壇に立った経歴の持ち主。セブに移り住みビジネスを始めたものの、事業が上手くいかずに破産、やがて路頭に迷うことに。数奇な自分の運命をただとうとうと...more
カテゴリー:

フィリピンの分譲マンション事業に初参画 - 07月24日(月)09:00 

The Arton完成予想パース  三井不動産(株)と三井不動産レジデンシャル(株)は24日、両社の共同出資会社を通じてフィリピン共和国の分譲場宅事業に参画すると発表した。
カテゴリー:

もっと見る

「フィリピン」の画像

もっと見る

「フィリピン」の動画

Wikipedia

、日本と同じく軍事的、経済的、政治的にアメリカとの関係が深い。フィリピンは植民地から独立したが、アメリカが介入した朝鮮戦争ベトナム戦争にも参戦し、現在行われている対テロ戦争にも参戦、反対世論が多かったイラク戦争(武装勢力によるフィリピン人拉致事件でフィリピン軍はイラクから全面撤退した)に同調し、東南アジア条約機構米比相互防衛条約を結んでいる。 一方で、かつてクラーク基地にあった在比米軍の軍人によるでは、米兵容疑者に対し、最高裁判所で最高刑となる終身刑を確定し、容疑者の身柄の引渡しにおいて米国と外交問題になった。他にも問題になった。

クラーク空軍基地は1991年4月に近くのピナトゥボ火山が噴火し、火山灰の降灰により基地の大部分が使用不可能となり、アメリカ政府は同基地の放棄を決定した。また、スービック海軍基地は米海軍のアジア最大の国外基地だったため維持を希望したが、フィリピン政府に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる