「ファーウェイ」とは?

関連ニュース

【IT】中国通信機器ファーウェイ・ZTE 米制裁で打撃必至 - 04月18日(水)17:30  bizplus

米連邦通信委員会(FCC)が17日、米国内の通信会社に対し、安全保障上の観点から、外国企業からの通信機器の調達を禁止する方針を決めた。対象企業として念頭にあるのは、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)だ。いずれも中国を代表する大手企業で、事業は広く世界に広がる。ともに次世代の核となる高速通信技術「5G」の開発や、企業イメージに対する悪影響を免れず、経営へ… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29527820Y8A410C1000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

HUAWEI SIMロックフリースマートフォン『HUAWEI P10』ソフトウェアアップデート開始のお知らせ - 04月18日(水)11:00 

[華為技術日本株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/24671/184/resize/d24671-184-938383-1.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/24671/184/resize/d24671-184-793752-0.jpg ] ファーウェイ・ジャパンは、現在販売中のSIMロックフリ...
カテゴリー:

【米国】中国大手2社(ファーウェイ、ZTE)の通信機器 調達禁止へ 中国政府のスパイ活動に使用されることを警戒 - 04月18日(水)09:43  newsplus

 【ワシントン=鳳山太成】米連邦通信委員会(FCC)は17日、国内の通信会社に対し、安全保障上の懸念がある外国企業から通信機器を調達するのを禁じる方針を決めた。対象企業は今後詰めるが、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の中国大手2社を念頭に置く。中国政府のスパイ活動に使われることを警戒する。激しい貿易摩擦を抱える米中の新たな火種となりそうだ。  FCCが全会一致で決めた新規制は、全国に通信回線を普及する目的で設けられた同委員会の補助金を使う通信会社が、安保上の懸念がある外国企業の製品を...
»続きを読む
カテゴリー:

ファーウェイの5G製品 世界で初めて「EU通行証」を獲得 - 04月17日(火)15:50 

華為(ファーウェイ)がこのほど明らかにしたところによると、同社が年内に世界で商用化をスタートする予定の5GNR(第5世代移動通信向け無線方式、以下「5G」)製品が、世界で初めて5G製品として欧州連合(EU)のCEマーク(EUへの輸出に際して安全基準を満たしていることを証明するマーク)を取得した。 ...
カテゴリー:

【企業】大卒初任給“40万円”は普通の水準 気になる給料、日本の管理職は「中国よりずっと下」 - 04月15日(日)12:59  bizplus

アジア各国の給料相場がぐんぐん上がっている。最新の調査によれば、中国やシンガポールなどの管理職の給料は、日本企業の管理職よりはるかに高い。専門家は「この10年の間に日系企業の給与は低いというのが労働市場に定着してしまっている。給与で日系企業が優位性を持っている国はどこにもない」という--。 給与上昇、中国・インド毎年10% タイ・マレーシア毎年5% 2018年の春闘の賃上げ率は2.17%だった(3月22日、連合集計)。昨年同時期よりも若干のプラスとはいえ2%程度のアップにとどまっている。日本の給与は依然伸び悩...
»続きを読む
カテゴリー:

HUAWEI SIMロックフリースマートフォン『HUAWEI P10 Plus』ソフトウェアアップデート開始のお知らせ - 04月18日(水)11:00 

[華為技術日本株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/24671/185/resize/d24671-185-377197-0.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/24671/185/resize/d24671-185-906144-1.jpg ] ファーウェイ・ジャパンは、現在販売中のSIMロックフリ...
カテゴリー:

米国、中国製の機器調達を禁止へ 国内の通信会社に新規制 - 04月18日(水)10:39 

 【ワシントン=塩原永久】米連邦通信委員会(FCC)は17日、国内の通信会社が「安全保障上の懸念」がある企業から機器を調達することを禁止する方針を決めた。華為技術(ファーウェイ)などの中国メーカーの製品が調達禁止の対象となる公算が大きい。米中間の摩擦材料がまたひとつ増えることになる。
カテゴリー:

【米国】米、中国大手2社の通信機器 調達禁止へ - 04月18日(水)05:52  bizplus

【ワシントン=鳳山太成】米連邦通信委員会(FCC)は17日、国内の通信会社に対し、安全保障上の懸念がある外国企業から通信機器を調達するのを禁じる方針を決めた。対象企業は今後詰めるが、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の中国大手2社を念頭に置く。中国政府のスパイ活動に使われることを警戒する。激しい貿易摩擦を抱える米中の新たな火種となりそうだ。 FCCが全会一致で決めた新規制は、全国に通信回線を普及する目的で設けられた同委員会の補助金を使う通信会社が、安保上の懸念がある外国企業の製品を買う...
»続きを読む
カテゴリー:

中国は4億台の防犯カメラを稼働予定――「AIで防犯」の海外事情 - 04月16日(月)08:32 

 最近、にわかに注目を集めているのが「パブリックセーフティ」という言葉だ。AIやロボットなど最新テクノロジーで街の安全を守ろうという試みで、すでに海外では導入が進む。日本でも’20年の東京五輪を前に実証実験が始まっているが…… ◆安全性が格段に向上!? 海外での導入事例  昨今、世界ではAIやビッグデータなど最新テクノロジーを駆使して、犯罪・事故・テロを防止しつつ、街を災害や環境汚染などから守ろうという動きが広がっている。こうしたコンセプトは総称して「パブリックセーフティ」という言葉で定義され始めている。  パブリックセーフティは、防犯カメラ、IoT機器、センサーなどのハードウェアから収集されたビッグデータをAIが解析し、現場(人間)が対処するというものだ。データを集めるのに必要な回線やクラウドなど、高度な通信技術も欠かせない。  すでに海外では導入が進んでいる国が多いテクノロジーが、はたしてどう採用されているのだろうか? 国別に詳しく事例をみてみよう。 <アメリカ>犯罪多発都市のシカゴで大規模導入し成果も上々  数年前からシカゴ市の取り組みが話題だ。訪問者の保護を目的に市内のイベント発生状況をリアルタイムで把握するアプリ「WindyGrid」や、天候や経済状況、過去の犯罪データなど、さまざまな要因から犯罪を予測するシステム「Hunchlab」...more
カテゴリー:

Leica3眼カメラ搭載の最強スマホ「HUAWEI P20 Pro」の海外版がアキバに - ASCII新着ニュース - 04月14日(土)10:00 

3月末に発表された、国内未発売のファーウェイ製ハイエンドスマートフォン「HUAWEI P20 Pro」がアキバ店頭に初登場。未使用品で価格は12万4800円
カテゴリー:

もっと見る

「ファーウェイ」の画像

もっと見る

「ファーウェイ」の動画

Wikipedia

  • 転送 華為技術...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる