「ファンド」とは?

関連ニュース

AIヘッジファンド運用へ 野村OBら、収益3分の2貢献期待 - 12月18日(月)05:00 

 野村証券の初代外国為替部長を務めた大柿敦郎氏と、JPモルガンの為替オプショントレーダーだったダミアン・ロー氏が、人工知能(AI)を使ったヘッジファンドを来年1月にも始める。日本国内外の投資家から7500万ドル(約83億円)を目標に集め、運用する予定という。
カテゴリー:

黒田電気へのTOB成立 アジア系ファンドが筆頭株主に - 12月16日(土)19:00 

 電子部品商社の黒田電気(東証1部)は16日、アジア系投資ファンドMBKパートナーズによる株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。MBK側は22日付で黒田電気の発行済み株式数の68・31%(議…
カテゴリー:

バフェット理論は実証されず AI分析、運用リターンは下回る - 12月16日(土)05:00 

 ロンドンのヘッジファンド会社、ウィントンは人工知能(AI)をウォーレン・バフェット氏に挑戦させた。大規模な企業買収は通常、買い手企業の株価を下落させるという同氏の持論が正しいかどうか検証した。1960年代以降の約9000の案件についてデータを集め分析したところ、買収が株主価値を損なうという説は証明されなかった。
カテゴリー:

ソフトバンクの有利子負債が15兆円に - 12月15日(金)13:46  news

孫氏の目的は、巨額の有利子負債を抱えるスプリントを連結対象から切り離すことにあった。 身軽になって10兆円の投資ファンドに全力投球するためだ。 ところが、スプリントとTモバイルUSの経営統合は破談した。ソフトバンクは15兆円近くの連結有利子負債を抱えたままだ。 孫氏には大きな誤算となった。 http://biz-journal.jp/2017/12/post_21705.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

1口1万円から投資できる「TATERU Funding」 新商品のキャピタル重視型ファンド第4号、2017年12月20日から出資募集開始 ~福岡市西区にIoTアパートを建築~ - 12月15日(金)13:00 

[インベスターズクラウド] アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)は、不動産投資型クラウドファンデ...
カテゴリー:

黒田電気へのTOB成立 アジア系投資ファンド - 12月16日(土)19:25 

 電子部品商社の黒田電気は16日、アジア系投資ファンド「MBKパートナーズ」の関連会社による株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。議決権ベースで株式の約68%の応募があり、成立要件を満たした。黒田電気は上場廃止となる見通しで、MBKパートナーズ傘下で事業拡大を図る。
カテゴリー:

個人投資家なおやん:国内不動産の好況を受ける有望銘柄【FISCOソーシャルレポーター】 - 12月16日(土)11:08 

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家なおやん氏(ブログ「ヘッジファンドディレクターの国際金融ビジネス日誌」を運営)が執筆したコメントです。
カテゴリー:

邀ウ繧キ繧ァ繝シ繝ォ讌ュ逡後∈縺ョ謚戊ウ?カ壹¥縲∵眠縺溘↑雉??隱ソ驕斐?莉慕オ?∩繧ゆココ豌 - 12月15日(金)17:44 

[ヒューストン 14日 ロイター] - 米国のシェールオイル業界への投資が続き、生産は2020年代半ばまで増え続ける見通しだ。背景には資金調達の容易さがある。 投資家やアドバイザー、企業幹部など10人以上に取材したところ、ヘッジファンドやプライベートエクイティ(PE)会社はシェールオイル会社に対し、新たな手法を含めさまざまな資金調達手段を提供している。 調査会社プレキンのデータによると、今年第
カテゴリー:

徳島県 『とくしま経済飛躍ファンド(地域資源活用枠、農商工連携枠)』の助成金申請サポート開始 - 12月15日(金)13:00 

中小企業を支援する株式会社リブウェル(大阪市北区、代表取締役 牧野谷輝)は、12月11日に平成30年度の1次募集の公募が開始された徳島県 『とくしま経済飛躍ファンド(地域資源活用枠、農商工連携枠)』の助成金申請サポートを開始致します。 徳島県 『とくしま経済飛躍ファンド(地域資源活用枠、農商工連携枠)』とは、ベンチャー企業や中小企業、中小企業者と農林漁業者の連携体等が行う本県の農林水産物と中小企業の有する優れた技術を活かした新商品・技術開発や販路開拓等の取り組みに対して助成するものです。
カテゴリー:

EduLabグループ、EdTechに特化した米国ファンド「GSV Acceleration Fund」に日本企業として初の投資参加 - 12月15日(金)10:08 

[株式会社EduLab] 投資の背景 世界のEdTech市場規模は年々拡大し、2020年までに2,520億米ドルに達すると予想されています。これに合わせ市場に参入するスタートアップ企業も急増し、グローバルにおけるユニコーン企業が立ち上が...
カテゴリー:

もっと見る

「ファンド」の画像

もっと見る

「ファンド」の動画

Wikipedia

ファンド

  • - アートクレイ社の製品。粉状にした石でできた材料(石粉粘土)。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる