「ファン」とは?

関連ニュース

名人戦:初防衛の佐藤名人就位式 450人が祝福 - 07月21日(金)19:32 

 第75期名人戦七番勝負(毎日新聞社・朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)で初防衛を果たした佐藤天彦(あまひこ)名人(29)の就位式が21日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で開かれ、ファンら約450人が祝福した。
カテゴリー:

「FF ブレイブエクスヴィアス」“ブレイブリー”シリーズとのコラボが実施 - 07月21日(金)18:39 

ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアスファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス配信元スクウェア・エニックス配信日2017/07/21<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>『フ…
カテゴリー:

ダイアモンド☆ユカイ、最愛の母・正子さんが死去 ファンから追悼のコメント多数 - 07月21日(金)18:14 

歌手のダイアモンド☆ユカイが、自身のブログで母の田所正子さんが亡くなったことを報告した。 21日に『俺の正子』と題してブログを更新。「ご報告です。母、田所正子が、昨日、平成29年7月20日 午後22時22分満90歳で天国へ旅立ちました。謹んでご報告申し上げます。なお、故人の遺志を尊重し、最後のお別れの場として、宜しければ、ご会葬頂きたいと思っております。」と報告した。 16日に更新したブログで、正子さんが12日の深夜に心臓発作で倒れ入院していることを明かし、入院中の正子さんの元を訪れ写真を公開するなど回復を願っていたが、20日に帰らぬ人となった。 ユカイは正子さんとのエピソードを度々ブログで紹介しており、“俺の正子”というブログテーマは40記事更新している。 コメント欄には、「お母様の旅立ちは胸が締めつけられるように痛いです…」「ユカイくんのお気持ちを思うと言葉がありません。」「こんなにファンから愛されるお母様の人柄は誰も忘れる事はないでしょう」などブログでも人気のあった正子さんへ追悼のコメントや、“マザコン”を公言しているユカイを気遣う声が寄せられている。 【関連記事】 ・俺の正子(ダイアモンド☆ユカイオフィシャルブログ) ・山口いづみ 海老蔵舞台観劇、勸玄くんの宙乗りに感動「本当にすごい」 ・梨衣名 築地の落とし物に驚愕「もずく」「肉だんご」「ブリ」 ・神田うの 娘に...more
カテゴリー:

PHANTOM of the PARADISEシリーズ|MEDICOM TOY - 07月21日(金)18:06 

MEDICOM TOY|メディコム・トイ PHANTOM of the PARADISEシリーズ 妖しくも刺激的な世界へようこそ! デ・パルマの傑作ロック・ ミュージカル『ファントム・オブ・パラダイス』 Text by ...続きを読む
カテゴリー:

やっと代表作ができる!? 武井咲が演じる悪女ぶりが意外に好評「黒革の手帖」 - 07月21日(金)18:05 

 武井咲主演のテレビ朝日『黒革の手帖』(毎週木曜21:00~)が、7月20日に15分拡大でスタートした。初回の平均視聴率は11.7%と2ケタにのり、好発進といえるだろう。  松本清張の小説が原作の今作は、武井演じる主人公・原口元子が、銀行から横領した1億8000万円を元手に、銀座の高級クラブのママとして夜の世界でのし上がっていくストーリー。『黒皮の手帖』といえば、これまで山本陽子(75)や大谷直子(67)、浅野ゆう子(56)が演じ、事務所の先輩である米倉涼子(41)の出世作となったドラマである。並々ならぬ大物女優たちが演じてきた“悪女”原口元子を、清楚なイメージが強い23歳の武井咲が演じきることができるのか、放送前から注目が集まっていた。  しかし、そんな心配は杞憂に終わったようだ。初回の放送が終わるやいなや、「今まで、武井咲ちゃんってどの役やってるの見ても『いい子ちゃん』って感じで同じに見えるなあって思ってたけど、今回の役めっちゃいいなぁ」「今日観るまでは、武井咲はまだ若いし、あんまり悪女の凄みは出ないだろうなぁと期待せずに観てるけど結構面白い。若い女優の武井咲が男性行員を追い込むシーンとか観ていてスカッとするわ」「セリフの抑揚や表情でちゃんと出せてる。何より居るだけで半端ない存在感。この役への向き合い方、意気込みを感じる」「黒革の手帖は彼女の代表作になる!間違いなく!!」と賞賛...more
カテゴリー:

『ガラスの仮面』美内すずえ、世界初の3DCGホログラフィック映像公演に感無量 - 07月21日(金)18:40 

 世界初の3DCGホログラフィック常設劇場「DMM VR TEATHER」(神奈川県横浜市)で21日、テレビアニメ『3ねんDぐみガラスの仮面』の最新オリジナル作品『3ねんDぐみガラスの仮面~とびだせ!私たちのVR(ヴィクトリーロード)~』のマスコミ試写会が行われ、上演後、囲み取材に応じた原作者の美内すずえが、臨場感あふれる映像に「今日はいい記念日になりました!」と感無量の様子を見せた。【関連】『3ねんDぐみガラスの仮面~とびだせ!私たちのVR(ヴィクトリーロード)~』囲み取材会フォトギャラリー 本作は、累計5000万部を超える大ヒット少女漫画『ガラスの仮面』連載開始40周年を記念して製作されたテレビアニメ『3ねんDぐみガラスの仮面』のDMM VR TEATHER用オリジナル作品。舞台初日まであと3日、主人公のマヤ、亜弓、桜小路は、妥協を許さない月影先生の指導のもと、未だに演目が決まらず大混乱!そんなぶっ飛んだ彼らが繰り広げるオリジナルストーリーが最新VR映像で躍動する。なお、DMM VR THEATERは、“Pepper’s Ghost”と呼ばれる演劇の演出方法を現代技術に置き換えて、裸眼でもホログラフィック映像を見ることが可能な世界で唯一の劇場。メインスクリーンと2つのサブスクリーン、天井やサイドの壁などもフルに使って、臨場感あふれるVR映像が楽しめる。 初めて本作の完成形を観た...more
カテゴリー:

美内すずえ「ガラスの仮面」パロディにノリノリ「全然OK!」 - 07月21日(金)18:30 

 美内すずえ氏による長寿少女漫画「ガラスの仮面」の連載40周年記念アニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」の新作「とびだせ! 私たちのVR(ヴィクトリーロード)」の試写会が7月21日、神奈川・横浜のライブホログラフィック専用劇場「DMM VR THEATER」で行われ、美内氏が上映後に取材に応じた。 ・【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら  美内氏が監修、「秘密結社 鷹の爪」のDLEがアニメーション制作を手がけた「3ねんDぐみガラスの仮面」は、漫画「ガラスの仮面」をギャグ満載の学園ドラマとしてアレンジしたショートアニメ。「ガラスの仮面ジェネレーション」からタイムスリップしてきた究極の芝居人・マヤ、亜弓、月影、桜小路、冷めた性格の速水が大暴れする姿をコミカルにつづった。  新作「とびだせ! 私たちのVR」は、舞台初日が3日後に迫るなか演目が決まらず、焦ったマヤらが試行錯誤する物語。ステージ上に映し出されたキャラクターが実際に存在しているかのように見える最新の映像演出「ライブホログラフィック」を駆使し、マヤらが繰り広げる騒動や珍行動を描く。  原作漫画「ガラスの仮面」は、登場人物の個性が強いため、その特徴をデフォルメしたパロディ作品が多数製作されている。美内氏は「私はパロディが好き。『ガラスの仮面』ってパロディになりやすい。いろんな人たちが漫画の中でパロディにし...more
カテゴリー:

【新宿】ゴールデン街の「欠損女子」バー人気、障害を「隠す」から「見せる」に - 07月21日(金)18:10 

http://www.afpbb.com/articles/-/3136550?act=all (リンク先に動画あり) 【7月21日 AFPBB News】200店舗以上の飲み屋がひしめく東京・新宿区の繁華街「新宿ゴールデン街(Golden Gai)」で、店舗の2階に続く狭い階段を登ると、白を貴重としたこじんまりとしたバーに行き着く。客と談笑しながらバーカウンターに立つ琴音(Kotone)さん(24)は、お酒のグラスを常に左手で運んでいる。彼女には右手がない。  2015年10月から不定期に開催しているバー「ブッシュドノエル(Kesson BAR buche de Noel)」は、身体の一部が欠損した女性...
»続きを読む
カテゴリー:

THE YELLOW MONKEY、東京ドーム2DAYS直前に全国8ヶ所ファンクラブイベント開催決定! - 07月21日(金)18:06 

>THE YELLOW MONKEY  2017年5月にデビュー25 周年を迎え、精力的な活動が続くTHE YELLOW MONKEY。 今秋にオフィシャルファンクラブ会員限定イベント「THE YELLOW MONKEY SUPER FC PARTY 2017 ‒DRASTIC HOLIDAY-」の開催が発表となった。 THE YELLOW MONKEY オフィシャルファンクラブは2016 年の再集結イヤ...
カテゴリー:

ネットシーン発のボーカリスト“KK”としても活躍中!シンガーソングライター・上北 健、初の公式ファンクラブ「ココロツドイ」をオープン! - 07月21日(金)18:05 

[株式会社SKIYAKI] [画像: https://prtimes.jp/i/17372/167/resize/d17372-167-783416-0.jpg ] シンガーソングライター・上北 健は、ネットシーン発のボーカリスト“KK”としても活躍する今話題のアーティストです。&ld...
カテゴリー:

もっと見る

「ファン」の画像

もっと見る

「ファン」の動画

Wikipedia

ファン()は、特定の人物や事象に対する支持者や愛好者のこと。「狂信者」を意味するファナティック()Oxford Dictionaries: Definition of fan in English の略。対義語で、特定の人物や事象に対する嫌悪者は「ヘイター」()という。

概要

古来日本語では贔屓(ひいき、贔負とも)といった。語源は「盛んに力を使う」「鼻息を荒くして働く」を意味する古中国語の「贔屭」(ひき)。日本ではこれに「重いものを下で支える」という意味が加わり、これが「特に目をかけて引き立てる」に転じた。

文明の発達にともなって、趣味に使える時間が増え、さまざまな分野のファンが出現し、さかんにファン活動を行うようになった。

ある人物、作品、あるいはロックグループなどのファンが特定の国、大きい物では世界全体などを巻き込んで地域全体に爆発的に拡大することがある。こうした現象はブームと呼ばれ、社会現象として扱われる。「フアン」と発音されることもある。

日本で"ファン"という言葉が使われるようになったのは、1920年(大正9年)に松竹映画事業に乗り出すため招聘したヘンリー・小谷がアメリカから持ち込んでからで、小谷の使う片仮名のおびただしい...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる