「ファン」とは?

関連ニュース

BIGBANG、スペシャルファンイベントを福岡からスタート - 05月27日(土)22:02 

 BIGBANGが本日27日の福岡ヤフオク!ドーム公演から、スペシャルファンイベント「BIGBANG SPECIAL EVENT 2017」をスタートさせた。
カテゴリー:

転生ヤムチャの二番煎じで転生シティーハンターが始まる。これは流石に糞つまらなさそう - 05月27日(土)20:46 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00010001-kaiyou-ent 『今日からCITY HUNTER』を描くのは、怒涛のパロディ麻雀漫画『3年B組一八先生』を手がけた錦ソクラさん。 錦さんは、同作で『シティーハンター』のパロディを描いたこともあり、今回の新連載で、いわば公式パロディともいえる作品が誕生することとなった。 転生したら『シティーハンター』の世界!? 『今日からCITY HUNTER』あらすじ 本作は『コミックゼノン』で連載されてきた『エンジェル・ハート』の最終回に伴い、発表されたもの。 『エンジェ...
»続きを読む
カテゴリー:

万能川柳:年間大賞を表彰 東京で強運者の集い - 05月27日(土)20:37 

 毎日新聞朝刊の人気コーナー「仲畑流万能川柳」の年間賞表彰式とファンの交流会を兼ねた「第22回仲畑流万能川柳強運者の集い」が27日、東京都千代田区の毎日新聞東京本社で開かれた。「十七も七十才も一度だけ」の句で年間大賞に選ばれた神奈川県平塚市の桐生泰宏さん(71)らが表彰された。
カテゴリー:

韓国ツアー参戦中のアン・シネ、トータル3アンダー18位で決勝Rへ - 05月27日(土)20:26 

韓国女子ツアー「E1チャリティオープン」の2日目。先週の「斗山マッチプレー選手権」から続けて参戦したセクシー・クイーンことアン・シネ(韓国)はイーブンパー43位からスタート。スコアを3つ伸ばし、トータル3アンダー18位タイで決勝ラウンドに進出している。 セクシーショット多数!アン・シネ特選フォトギャラリー トータル9アンダー単独首位にチョ・ジョンミン、2打差2位タイにキム・ジヨン、イ・ジヒョンが続いている。 昨年の日本ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」に出場したオ・ジヒョン(韓国)はスコアを3つ落とし、トータル2アンダー30位タイに後退。日本ツアーに参戦していた金ナリはトータル1アンダー40位タイ、ナ・ダエはこの日“78”の大叩きで、トータル6オーバー109位タイで予選落ちを喫している。 【関連リンク】 ・アン・シネに聞く18のコト BACK9「家庭的で優しい人がスキ!」 ・セクシークイーンの影響!?柏原明日架がミニスカで練習ラウンド ・「こんなに愛情を受けたことはあったかな…」アン・シネが一夜明け改めて日本のファンに感謝 ・アン・シネと回った青山加織「みんなお尻やおっぱい見てたと思う(笑)」
カテゴリー:

ミスト化粧水でカサカサ!? 夏でも「乾燥肌」を招くやりがちNG習慣3つ - 05月27日(土)20:00 

肌の乾燥といえば、冬に起こるトラブルと思われがち。しかし、実は季節を問わず肌は乾きます。その原因には、日ごろから無意識にやっているある行動があるかもしれません。 今回は美容ライターの筆者が、無意識にやりがちな“肌の乾燥を引き起こすNG習慣”を3つご紹介します。   1:熱いお湯で洗顔している 熱いお湯での洗顔は、必要な皮脂まで落としてしまいバリア機能が低下します。すると肌は乾燥、乾いた肌は外部刺激に弱いため、肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌するのです。 洗顔の際は32℃くらいの“ぬるま湯”がベスト。なぜならば、顔にある不要な皮脂は約30℃くらいで溶け始めるといわれているからです。   2:「あぶらとり紙」を使っている 顔のテカリは、実は“インナードライ”の可能性が。肌の内側がカサカサに乾燥しているため、潤いをキープしようとして皮脂をたくさん分泌してしまうのです。 なのに、あぶらとり紙で皮脂を奪うと、さらにお肌はカラカラに。また、皮脂と一緒にお肌の水分まで奪ってしまうことも。テカリをオフしたいなら、ティッシュで軽くおさえる程度がオススメです。 また、お化粧直しをするのであれば、あぶらとり紙は使わずに、皮脂が過剰に分泌している部分をメイクオフし、化粧水→乳液・クリームで保湿してからファンデーションをつけたりパウダーをはたきましょう。   3:「ミスト化粧水...more
カテゴリー:

ヴェトモン、ベーシックな"STAFF" Tシャツ発売 - 05月27日(土)21:00 

〈Vetements〉ファンはマストバイこのコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

『塔の上のラプンツェル』半年後の物語、『ラプンツェル あたらしい冒険』が6月10日放送! - 05月27日(土)20:45 

「塔の上のラプンツェル」(c) Disney. All rights reserved Photography Credit:Eric Charbonneau,Patrick Ecclesine, Jon Endow 世界中で大ヒットした映画『塔の上のラプンツェル』。幼い頃にさらわれ18年間塔の上に閉じ込められていたプリンセス・ラプンツェルが、憧れていた外の世界へ飛び出す冒険ファンタジーです。金色に輝く長い髪と、淡い紫のドレスに憧れる女の子は多いのではないでしょうか? そんな『塔の上のラプンツェル』の半年後を描いた長編アニメーション『ラプンツェル あたらしい冒険』が、全国のケーブルテレビおよび BS・CS 放送などで放送中のディズニー・チャンネルで、6月10日(土)に放送されます! 映画では、最後に結ばれたラプンツェルとユージーン(フリン)。あれから二人がどうなったのか、そして18年ぶりにお城へ戻ったラプンツェルがどうやって過ごしていくのか、気になる見どころ盛りだくさんですね。 『塔の上のラプンツェル』の新シリーズ、ディズニープリンセスファンの皆さん必見ですよ! また金色の長い髪が復活? 新しいキャラクターも登場 「ラプンツェル あたらしい冒険」(c) Disney 『ラプンツェル 新しい冒険』は、映画『塔の上のラプンツェル』の半年後を描く長編アニメーションです。 ...more
カテゴリー:

虹コン、初主演作は「すごい大変でした」 慣れない映画イベントに緊張しきり - 05月27日(土)20:35 

 アイドルグループ・虹のコンキスタドールが27日、都内で行われた主演映画『聖ゾンビ女学院』の初日舞台あいさつに出席した。 【画像】ステージに全員登場した虹のコンキスタドール  同作は、文明の99%が失われた世界で人類の未来を託された少女たちの姿を描く。声優、イラスト、コスプレ、振付師などさまざまなジャンルに挑むアイドルを育成するpixivの「つくドル!プロジェクト」から誕生した通称“虹コン”は、主演を務めた同作の主題歌「ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド」でメジャーデビューを飾っている。  慣れない映画イベントに奥村野乃花は「きのうのライブ会場と劇場の空気感が違って緊張してますが、きょうは女優なので明るく頑張ります」と初々しくあいさつ。鶴見萌も「映画の初日舞台あいさつはテレビでずっと見てきた。だからすごく新鮮なんですけど、それらしく振る舞えるようにします」とほほ笑んだ。  メンバーたちは、それぞれ本人役として出演。撮影秘話を聞かれた奥村だが「すごい大変でした。だからあんまり(撮影時のエピソードを)覚えてないんです」と、MC泣かせの発言で笑わせ、的場華鈴は「パンフレット(のキャラクター紹介)にかわいものを集めるのが好きと書いてあったけど当たってます。見破られてるなと思いました」と笑顔で話していた。  舞台あいさつにはそのほか、中村朱里、根本凪、大和明桜、岡田彩夢、清水理子...more
カテゴリー:

花澤香菜、スタッフの美貌絶賛に照れツッコミ「マスコミ用で言わないで!」 - 05月27日(土)20:22 

 声優の花澤香菜、瀬下寛之監督、吉平“Tady”直弘副監督、岩浪美和音響監督が27日、都内で行われたアニメーション映画『BLAME!』の舞台あいさつに出席した。 【画像】花澤香菜の美貌を絶賛したスタッフ陣  同作は、人類が違法居住者として駆除・抹殺される暗黒の未来を舞台にしたSFストーリー。この日のイベントでは、花澤演じる人気キャラクター・シボにスポットを当てた「シボ祭り」を展開。多くのファンが劇場に駆けつけ、花澤が「シボは好きですかー?」とマイクを向けると「はーい!」とノリノリ。  白いワンピース姿で登壇し、多くのフラッシュを浴びた花澤を見た岩浪氏は「一輪の白百合のようですね」と絶賛。しかし花澤は「さっきまでクリオネとか言ってたじゃないですか!」と明かし「マスコミ用で言わないでくださいよ!」と照れながらツッコミを入れていた。  “ゆる~い”雰囲気で進行したトークセッションから一転して、劇中カットをスクリーンに移しながらスタッフ陣が制作秘話を語り合う一コマも。クリエイターのさり気ないこだわりも垣間みえ、花澤は「なんかカッコいいおじさんたちだな~」と唸っていた。 【関連記事】 星野源×花澤香菜『夜は短し歩けよ乙女』 「ご縁」対談 (17年04月20日) アニメ『恋と嘘』メインキャストに花澤、牧野、逢坂が決定 (17年05月15日) 劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』 ロッチ...more
カテゴリー:

藤原竜也&伊藤英明に野村周平が猛ツッコミ!『22年目の告白』豪華キャスト集結 - 05月27日(土)20:00 

6月10日より、藤原竜也と伊藤英明の初共演作『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』が全国ロードショー公開される。その映画の完成と公開を記念して、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木においてジャパンプレミアイベントが開催された。会場には主演のふたりを始めとするキャスト陣と監督が登壇。ここでは、その様子を写真と動画でお伝えしよう。 ■レッドカーペットに超豪華キャストが! 本作は、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人を名乗る男・曾根崎(藤原竜也)と、事件を追い続けてきた刑事・牧村(伊藤英明)のせめぎ合いを描いたサスペンス映画。この日のイベントには、藤原と伊藤に加え、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩城滉一、仲村トオル、入江悠監督が出席し、会場に詰めかけたファンの歓声に応えながらレッドカーペットを歩いた。 藤原は「今日は(ほかの)出演者も来ていますので、みなさん楽しんで帰っていただければ」と挨拶し、伊藤も「この衝撃的な作品を楽しんで帰ってください」とコメント。伊藤の言葉にもあるように本作は衝撃的な展開が待ち受けているそうで、「ネタバレになるため言えないことばかりでコメントも気をつけなければいけない」ほどなのだとか。被害者遺族を演じる夏帆も「見どころや映画については多くを語れないのですが、ラストまで楽しめると思うので、ぜひ劇場で観ていただければ」と語った。 ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ファン」の画像

もっと見る

「ファン」の動画

Wikipedia

ファン()は、特定の対象に対する応援者、愛好者のこと。「狂信者」を意味するファナティック()Oxford Dictionaries: Definition of fan in English 。の略。

概要

古来日本語では贔屓(ひいき、贔負とも)といった。語源は「盛んに力を使う」「鼻息を荒くして働く」を意味する古中国語の「贔屭」(ひき)。日本ではこれに「重いものを下で支える」という意味が加わり、これが「特に目をかけて引き立てる」に転じた。

文明の発達にともなって、趣味に使える時間が増え、さまざまな分野のファンが出現し、さかんにファン活動を行うようになった。

ある人物、作品、あるいはロックグループなどのファンが特定の国、大きい物では世界全体などを巻き込んで地域全体に爆発的に拡大することがある。こうした現象はブームと呼ばれ、社会現象として扱われる。「フアン」と発音されることもある。

日本で"ファン"という言葉が使われるようになったのは、1920年(大正9年)に松竹映画事業に乗り出すため招聘したヘンリー・小谷がアメリカから持ち込んでからで、小谷の使う片仮名のおびただしい映画用語の一つであったと...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる