「ファン」とは?

関連ニュース

男子テニス界に新風、新設レーバー・カップがファンの心つかむ - 09月25日(月)16:43 

【9月25日 AFP】白と金のスポンサーロゴに囲まれた見慣れない黒のコート――。≫続きを読む
カテゴリー:

再現度高過ぎ!高杉真宙×葉山奨之の『セトウツミ』ビジュアルが解禁 - 09月25日(月)16:06 

テレビ東京系列にて10月13日よりスタートする新ドラマ『セトウツミ』(毎週金曜24:52~)のビジュアルが解禁。さらに、追加キャストも発表された。「別冊少年チャンピオン」にて大人気連載中で、2016年に映画化もされた『セトウツミ』を、高杉真宙と葉山奨之のW主演でテレビドラマ化する本作。関西に住む2人の男子高校生・瀬戸(葉山)と内海(高杉)が放課後に河原でまったりと“喋るだけ”の青春物語だ。映画版からキャストを一新し、新しいエピソードもたっぷりと盛り込まれているだけでなく、映画には登場しなかったハツ美ちゃん、田中君、馬場君、ゴリラ先生など、原作でも人気の多彩なキャラクターも大活躍する。今回出演が発表されたのは、田中君役の森永悠希と、ハツ美ちゃん役の片山友希。田中君こと田中真二は、瀬戸と内海の同級生。左右対称の名前とセンター分けの髪型から「公平そう」という理由で瀬戸と内海の対決の審判を務める。そしてハツ美ちゃんは、瀬戸に告白してきた高校1年生。瀬戸の前だと緊張して上手く喋れず、内海ごしに話しかける。それ以外の相手に対しては饒舌かつ毒舌という役どころだ。出演が決まり、森永は「映画化もされて愛されている作品に携われることを嬉しく思っています。“ドラマもやるんだ~!”と最初に聞いた時からわくわくしました」と喜びをあらわにし、演じる役については「個性的なキャラクターなので、どういう感じがいいの...more
カテゴリー:

ノクトの性能についても言及!『ディシディア ファイナルファンタジー NT』間P&鯨岡Dプチインタビュー【TGS 2017】 - 09月25日(月)16:00 

2017年9月21日~24日に千葉・幕張で開催された“東京ゲームショウ2017”(21日、22日はビジネスデイ)。プレイステーション4で2018年1月11日に発売予定の『ディシディア ファイナルファンタジー NT』について、プロデューサーの間一朗氏と、ディレクターの鯨岡氏にお話をうかがった。
カテゴリー:

リトグリ×アクアパーク品川 昼夜で異なるイルカショーやオリジナルグッズも - 09月25日(月)15:54 

「アクアパーク品川」は、10月7日(土)から11月12日(日)までの期間、女性ボーカルグループ「Little Glee Monster(リトルグリーンモンスター)」とのタイアップイベント「AQUA GROOOOOVE!!!!!(アクア グルーヴ)」を開催する。 【写真を見る】昼夜で異なる“イルカパフォーマンスの枠を超えたエンターテインメント”が楽しめる 「Little Glee Monster(リトルグリーンモンスター)」(通称:リトグリ)は、力強い歌声と高度なアカペラをも歌いこなす透き通ったハーモニーが武器の女性ボーカルグループ。昨年につづきコラボ第2弾となる今回は、“進化しつづける”というテーマでコンテンツを展開する。リトグリの楽曲を使用した昼夜異なるドルフィンパフォーマンスや、館内でのリトグリ公認の水槽エリア、さらにアトラクション2機種のBGMがリトグリの楽曲となるなど、リトグリの音楽と海の世界が融合した「最先端アートエンターテインメント」を楽しむことができる。ファン必見のオリジナルグッズも販売されるのでぜひ足を運んでみて。 ■ “イルカパフォーマンスの枠を超えたエンターテインメント” “感動+新感覚”をテーマに、昼夜で異なる2つのパフォーマンスをリトグリの楽曲と共に楽しむことができる。昼は、自然光が降りそそぎ、明るく解放的な雰囲気で、手拍子や簡単なダンスを一緒にする“参加型...more
カテゴリー:

松本人志、芸能人の不倫に厳しい風潮に持論 「約束が違う!」と嘆く - 09月25日(月)15:00 

©sirabee.com芸能人の不倫が相次ぐ昨今。性の乱れに呆れる人が多い一方で、「芸能人の不倫に厳しすぎる」といった声もあがっている。こういった芸能界の不倫報道について、24日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 特別版』(日本テレビ系)で、ダウンタウン・松本人志(54)の発言が話題を呼んでいる。■浜田、ヒロミに「離婚してくれ」番組では、「絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP」との企画を放送。松本は、昨今の芸能界の不倫をバッシングする風潮に「窮屈じゃないですか、芸能界が」とチクリ。自身が結婚した8年前は、今ほど不倫や女遊びに厳しくなかったとし、「聞いてないもん、約束が違う!」と嘆いた。また、子供が成人しているダウンタウン・浜田雅功(54)やヒロミ(52)に、「離婚してくれへん? 離婚して無茶苦茶やってよ!」と訴えた松本。浜田やヒロミのような大物芸人が行動すれば、世間の風潮はまた変わると主張し、「何にも叩かれることはないねんで? 離婚さえしとけば」と発言した。これらの発言を受けてうなずく浜田に、松本は「じゃあ生電話しよ、嫁に」とボケて笑いを誘った。■「昔のおおらかな時代に戻ってほしい」の声も松本の発言を受け、ネット民からは同情の声があがった。・ワイドナショーでも不倫報道に辟易してる節があるからな・今は色々厳しすぎてみんなストレス溜まっ...more
カテゴリー:

新作ゲームの情報もちらり! クリエイターとファンの交流会 “Jスタとあそぼう:リアル” - 09月25日(月)16:20 

東京ゲームショウ2017開催期間中の9月23日、SIE JAPAN Studio(以下、Jスタ)とファンの交流会“Jスタとあそぼう:リアル”が開催された。ファンにはたまらないイベントの様子をリポート。
カテゴリー:

リアルに痛そう… 広瀬すず、事務所先輩の勝地涼を殴る? - 09月25日(月)16:00 

(写真はInstagramのスクリーンショット)女優の広瀬すず(19)は、事務所の先輩俳優・勝地涼(31)に「パンチを食らわせている」画像をインスタグラムにアップし話題になっている。■本当に「痛そう」に見える勝地涼問題の写真は、2017年9月23日にアップされたもの。「わたしの躍動感。事務所の先輩なんだから、いつもお世話になってるんだから、少しは気をつかいなさい。と、自分に言いたいくらい。見てごらんなさいよ、勝地さんの顔。舞台お疲れ様です!」というコメントが添えられており、「パンチする演技をしている」写真ながら、頬を凹ませ顔を歪めた勝地は本当に「痛そう」に見える。■広瀬すずと勝地涼の友情は有名?広瀬と勝地が仲が良い友人同士だということは、ネットニュースなどで度々報じられている。コメント欄にも、・2人のこの感じとっても好き 私も勝地さんの舞台見に行きたいな・ナイスストレート!!など、2人の写真をおもしろがる声が見られた。 わたしの躍動感。 事務所の先輩なんだから、いつもお世話になってるんだから、少しは気をつかいなさい。と、自分に言いたいくらい。見てごらんなさいよ、勝地さんの顔。舞台お疲れ様です!#ともだちのおもうと #宇宙船ドリーム号A post shared by 広瀬すず (@suzu.hirose.official) on Sep 23, 2017 at 4:39am PDT■...more
カテゴリー:

超一流のセレブ体験ができる、新感覚のサプライズサービスをリリース!プレゼントキャンペーン(10万円分)も、同時開催! - 09月25日(月)16:00 

[デス・ペレイト株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/28130/2/resize/d28130-2-733558-0.jpg ] まるで超一流セレブのように、ボディーガードに警護される中、カメラマンや記者達に待ち構えられ、ファン達の歓声が浴びるサプライズサー...
カテゴリー:

カナミックネットワーク、パナソニック、学研ココファンがサ高住でIoT連携による介護サービス向上のプロジェクトを開始 - 09月25日(月)15:50 

[パナソニック] 株式会社カナミックネットワーク(本社 東京都渋谷区、代表取締役社長 山本拓真、以下、カナミックネットワーク)とパナソニック株式会社(本社 大阪府門真市、代表取締役社長 津賀一宏、以下、パナソニック)、...
カテゴリー:

【KNTV】L(INFINITE )の初ソロファンミを11月日本初放送! - 09月25日(月)15:00 

[株式会社デジタルアドベンチャー] 韓流No.1チャンネルKNTVではいよいよ10月より日本初放送がスタートする 『君主~仮面の主人~』(原題)での熱演で俳優としての評価を高めたL(INFINITE)が 9月に行った初ソロファンミーティングの模様を11月に...
カテゴリー:

もっと見る

「ファン」の画像

もっと見る

「ファン」の動画

Wikipedia

ファン()は、特定の人物や事象に対する支持者や愛好者のこと。「狂信者」を意味するファナティック()Oxford Dictionaries: Definition of fan in English の略。対義語で、特定の人物や事象に対する嫌悪者は「ヘイター」()という。

概要

古来日本語では贔屓(ひいき、贔負とも)といった。語源は「盛んに力を使う」「鼻息を荒くして働く」を意味する古中国語の「贔屭」(ひき)。日本ではこれに「重いものを下で支える」という意味が加わり、これが「特に目をかけて引き立てる」に転じた。

文明の発達にともなって、趣味に使える時間が増え、さまざまな分野のファンが出現し、さかんにファン活動を行うようになった。

ある人物、作品、あるいはロックグループなどのファンが特定の国、大きい物では世界全体などを巻き込んで地域全体に爆発的に拡大することがある。こうした現象はブームと呼ばれ、社会現象として扱われる。「フアン」と発音されることもある。

日本で"ファン"という言葉が使われるようになったのは、1920年(大正9年)に松竹映画事業に乗り出すため招聘したヘンリー・小谷がアメリカから持ち込んでからで、小谷の使う片仮名のおびただしい...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる