「ファミレス」とは?

関連ニュース

馬鹿 「いつもありがとうございますって店員に言われたからもうあの店行くのやめる」 ← 自意識過剰かよ - 05月24日(水)13:09 

【投稿!オレンジ広場】マニュアルではない女性店員の言葉 小池ファーストは終わりに  与党の政治姿勢も問うべきだ  ■マニュアルではない女性店員の言葉  コンビニやファミレスでの接客用語のおかしさ、不自然さは以前から指摘されている。そんなおり、 居酒屋の昼定食を食べ終えて、とても印象に残る言葉を聞いた。  空腹だったことに加え、食べ物を粗末にするのは罰当たりなことと思っているから、ご飯を一粒も残さず、 付け合わせの野菜も味噌汁もキレイに食べ終えた。  器をさげにきた若い女性店員さん、それを見...
»続きを読む
カテゴリー:

東京に「ご当地焼き鳥」が続々と集まる理由 居酒屋不況の中で気を吐くジャンルの新潮流 | 外食 | 東洋経済オンライン - 05月24日(水)06:00 

少子高齢化、人口減、若者のアルコール離れ、飲酒運転の厳罰化、ファミレスやファストフードで広がる「ち…
カテゴリー:

高橋克典 5日で4kg減、ファスティングでの体重変化のグラフ公開 - 05月22日(月)18:42 

俳優の高橋克典(52)が自身のブログにて、ファスティングの効果を表すグラフを公開した。 ファスティングとは一定期間断食をするダイエット。内臓を休めることで、体の調子を取り戻す効果も期待できるとされる。 高橋は自身のブログで、 「最初が5/8。確か前の晩ファミレスに行った後に70kgに達して、慌てて次の日から準備食へ。」 「前の晩の食の自分の状態に嫌気がさして、トレーナーと相談。準備食1日で、5/9からファスティング開始。」 と説明し、5月8日から19日までの体重変化をグラフで公開した。 8日朝に69.25キロだった体重は順調に減り続け、ファスティングを終了した13日には計測後、65.1キロになったことを報告。さらに 「回復食をきっちり守って、 終了後も暴飲暴食はしてないので、 少しずつ体重&体脂肪は落ちてます」 といい、終了から6日たった19日には64.95キロ。高橋自身は 「ま、目的は体重減じゃなくて腹回りなんだけど。腹回りさえ落ちてくれりゃ体重なんてどうでもイイんすけどね。苦笑」 としているが、これを見たファンからは、 「体重が順調よく減るのうらやましいです~ 克典さんの努力の賜物ですね」 「腹周り全然 私から見ても気にならないよ~。全体的に克典さんは身体締まってますよ!」 「克典さん、この数値を叩き出せる のは、流石です! 短期間で羨ましい。」 などたく...more
カテゴリー:

『METROCK2017』東京&大阪で8万人熱狂 関ジャニ初参戦で10曲熱演  - 05月22日(月)13:29 

 東京・新木場の若洲公園にて20日、21日の2日間に渡って都内唯一の野外ロックフェス『METROCK2017』(METROPOLITAN ROCK FESTIVAL/通称・メトロック)が開催された。最終日には関ジャニ∞で野外フェスに初参戦したほか、キュウソネコカミ、KANA-BOON、Suchmos、WANIMAら旬のバンドが登場。サカナクションがトリを飾り、先週13・14日に行われた大阪会場と合わせて各4万人、合計8万人の音楽ファンを魅了した。 『METROCK 2017 TOKYO』タイムテーブル  最大で2万人を収容できるステージ「WINDMILL FIELD」ではトップバッターを務めたのはキュウソネコカミ。大歓声で迎え入れられるとテレビ朝日系『ミュージックステーション』のテーマソングで登場し、「2回目、出たい!」と絶叫しながら「Mega Shake it!」から始まり黄色いビート板の『筋斗雲』に乗って客席を泳ぐなど大暴れ。続くKANA-BOONも新曲「バトンロード」を披露して観客一体となって踊り狂い、前半戦とは思えないほどの盛り上がりをみせた。  同イベント3回目の出演にして初の「WINDMILL FIELD」進出となる女性3人組バンドSHISHAMOは、「好き好き!」「明日も」などさわやかな胸キュンソングで観客を悶えさせ、唯一無二の歌姫・Coccoはヒット曲「強く儚...more
カテゴリー:

サンドウィッチマン、飽きられない秘密は「流行語をあえて作らない」 - 05月21日(日)14:11 

阿川佐和子が、毎回各界で活躍する著名人とトークを展開する『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)。5月20日は、お笑いコンビのサンドウィッチマンがネタ作りの秘密を公開した。お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしは、共に宮城県仙台市出身。高校のラグビー部で出会い、お互いに「面白い奴」と“笑いの才能”を認め合っていたという。高校卒業後、伊達が父親のコネ(?)で福祉関係の仕事に就いたため、一度は別々の道に進んだものの、24歳の時にコンビを結成。長い下積み時代を経て、33歳の時に「M-1グランプリ」で優勝し大ブレイクを果たした。現在は、テレビやラジオなどのレギュラーが9本。売れっ子になるとネタをやらなくなる芸人もいるが、伊達は「ネタを評価されて世に出させてもらったので、やり続けたい」と意欲を見せ、富澤も「ネタをやっている時が一番楽しい」と自分たちの原点への熱い思いを語った。サンドウィッチマンのネタ作りは、主に富澤が担当。まずは設定を決めてどんなやりとりが面白いか考えるという。富澤は「ファミレスだったら何があるかなって考えながら、ちょっとずつ(会話を)ズラしてボケていく」と流れを説明。一方の伊達は「ここいらないとか、これ面白くない」と、修正ポイントを伝えるらしいのだが富澤いわく「いつも完成間近に言ってくる。怒りはしないけど“こいつ作ってないくせに”とは思...more
カテゴリー:

【外食産業喫煙調査】アイコス、VAPE、吸えますか? 飲食チェーンに聞いてみた - 05月24日(水)10:12 

電気式加熱型たばこと呼ばれる新しいたばこに、ブームの兆しがある。いつでもどこでも利用できる、本物のたばこの味がする、 匂いや煙が少なく回りに迷惑をおよぼすこともない、など愛煙家だけでなく嫌煙家にとってもありがたいたばこだが、実際にお店などで利用することはできるのか? 大手飲食チェーンに話を聞いてみた。 (中略) 大手飲食チェーンに聞いてみた結果 調査したのは牛丼店(吉野家、松屋、すき屋)、ファミレス(ガスト、ジョナサン、ロイヤルホスト、サイゼリヤ、デニーズ)、コーヒーショップ (スターバック...
»続きを読む
カテゴリー:

おぎやはぎもドン引き! 「フードコートで見かけたブス」に共感の声 - 05月23日(火)17:00 

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)ショッピングモールや大型施設にあるフードコートといえば、多くの人が利用する場所だ。それだけに、かなり非常識な人を見かけることも少なくない。22日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で語られた「フードコートで見かけたブス」が話題に。■フードコートに見かけたブスあるある番組では「フードコートで見かけた驚きのブス」について街頭インタビュー。混み合っているフードコートの6人席に荷物を置いて、たった2人で陣取っていたブスや、机に置いてある布巾で食べ終わった口を拭くブスなどがあがった。中には食事をするスペースにも関わらず、化粧をはじめるというブスも。また、うどんの麺が見えなくなるほど天かすを入れるブスや、飲み物を注文せず、持参したコーヒーフレッシュで生クリームができるか実験をしているブスや、公共の場にも関わらずキスをしてイチャついているブスがいた、という声もあがる。そして、混雑しがちなフードコートならではのブスも。子供がまだ食事をしているのに、席が空くのをじっと近くで待ちながら「早くどけよ」という視線を送るブスもいるようだ。■スタジオからもブスの目撃談がスタジオからは「フードコートにはブスが多くて、ブスほどクレームを入れてくる」という意見が。これには他の女性陣らも納得の声があがった。また、自身が経験したエピソードを語る女性も。「さんざん...more
カテゴリー:

関ジャニ∞、野外フェス初参戦の反響 爪あとと今後への期待を残す【コラム】 - 05月22日(月)16:19 

 人気グループ・関ジャニ∞が21日、東京・若洲公園で開催された音楽イベント『METROCK2017』(METROPOLITAN ROCK FESTIVAL/通称・メトロック)で自身初となる野外ロックフェスに挑戦した。チケット完売後に急きょ発表された関ジャニ初参戦は、彼らのファンだけでなく、フェス常連客にも大きな驚きを与えた。彼らは音楽ファンからどのように迎え入れられ、どのようなパフォーマンスで応じたのか。そこには確かな爪あとを残し、今後のグループとしての成長を期待させる7人の姿があった。 【写真】キュウソ、KANA-BOON、Suchmosら旬のバンドが大集結  「完全アウェイ」と言われていた今回のフェス参戦だったが、当日の会場では「関ジャニ」というワードがあちらこちらから耳に届き、いい意味で“台風の目”となっているように感じられた。開演時間の午後5時50分には最大2万人収容できる会場の後方まで人があふれる大盛況ぶり。確かに前方には関ジャニのライブグッズを身につけた既存ファンも多く見られたが、それも一握りで、男性客も想像以上に多かった。  メンバーがステージに現れると黄色い声援が巻き起こったが、村上信五(Key)は冒頭で「きょうのきょうだけは、純粋にみんなに音楽を届けに来た」と宣言。定番曲「ズッコケ男道」で心を鷲づかみにすると、観客は一気に縦ノリに。峯田和伸(「言ったじゃない...more
カテゴリー:

まさかのスピンオフが実現! 『THE超人様』作者・石原まこちんが語る「田園調布、キン肉マンの聖地説」 - 05月21日(日)15:00 

2011年の復活から約5年半にわたって大きな盛り上がりを見せ続けた『キン肉マン』新章・完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)編が、5月15日の更新でシリーズ最終回を迎え、その更新直後はツイッターでもトレンドワード1位に「キン肉マン」がランクインするなど大きな話題を呼んだ。  現在、ゆでたまご先生は6月中旬の新シリーズ再開に向けて鋭意準備中とのことで『キン肉マン』の連載自体は約1ヵ月の休載となるが、その間も「週プレNEWS」では様々な企画を予定!  その第1弾として、なんとあのファミレスを舞台にしたゆる~い四コマギャグ『THE3名様』で人気を博した石原まこちん先生が『キン肉マン』とまさかのコラボ! スピンオフ漫画『THE 超人様』が5月22日、29日の2週にわたり掲載されることに!  そこで早速、まこちん先生に突撃インタビュー。幼少期から大ファンだったというが、今回のスピンオフ執筆の経緯やその意気込みについて聞いてみた! *** ―今回のスピンオフ『THE 超人様』はどういういきさつで執筆されることに?  石原まこちん先生(以下、石原) 去年の末に「週プレNEWS」の編集長・Kさんと話す機会があったんですよ。その時から「何か仕事し...more
カテゴリー:

サンドウィッチマン、飽きられない秘密は「流行語をあえて作らない」 - 05月21日(日)14:10 

阿川佐和子が、毎回各界で活躍する著名人とトークを展開する『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)。5月20日は、お笑いコンビのサンドウィッチマンがネタ作りの秘密を公開した。お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしは、共に宮城県仙台市出身。高校のラグビー部で出会い、お互いに「面白い奴」と“笑いの才能”を認め合っていたという。高校卒業後、伊達が父親のコネ(?)で福祉関係の仕事に就いたため、一度は別々の道に進んだものの、24歳の時にコンビを結成。長い下積み時代を経て、33歳の時に「M-1グランプリ」で優勝し大ブレイクを果たした。現在は、テレビやラジオなどのレギュラーが9本。売れっ子になるとネタをやらなくなる芸人もいるが、伊達は「ネタを評価されて世に出させてもらったので、やり続けたい」と意欲を見せ、富澤も「ネタをやっている時が一番楽しい」と自分たちの原点への熱い思いを語った。サンドウィッチマンのネタ作りは、主に富澤が担当。まずは設定を決めてどんなやりとりが面白いか考えるという。富澤は「ファミレスだったら何があるかなって考えながら、ちょっとずつ(会話を)ズラしてボケていく」と流れを説明。一方の伊達は「ここいらないとか、これ面白くない」と、修正ポイントを伝えるらしいのだが富澤いわく「いつも完成間近に言ってくる。怒りはしないけど“こいつ作ってないくせに”とは思...more
カテゴリー:

もっと見る

「ファミレス」の画像

もっと見る

「ファミレス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる