「ファミリーヒストリー」とは?

関連ニュース

ノーベル賞学者・山中伸弥「やってることが僕と一緒」町工場経営の祖父らの軌跡 - 10月10日(火)12:42 

2012年にiPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥氏が、10月11日に放送される『ファミリーヒストリー』(NHK総合、毎週水曜22:25~)に出演することがわかった。同番組は、著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめるドキュメンタリー。ヒトの皮膚などの体細胞に初期化因子を導入して作製するiPS細胞。それは、再生医療や新薬開発の可能性を大きく切り開いた夢の万能細胞だ。現在、山中氏は、京都大学で多くの研究員を率い、その実用化に向けて取り組んでいる。そんな山中氏が「知りたい」というのは、大阪で町工場を営んでいた祖父と父のこと。今回の取材で見つかった昭和初期の手記などから、困難を乗り越えた歳月が明らかになる。そして、謎だった母の生い立ちについても取材を進めていく。大分の原野へ開拓に入った厳しい暮らし、家族を支えた姿が浮かび上がる……。 関連リンク 京都大学 iPS細胞研究所 CiRA(サイラ)HP 『ファミリーヒストリー』公式サイト 池上彰と有働由美子アナが初共演、世界のプリンセスを徹底解説
カテゴリー:

ノーベル賞学者・山中伸弥「やってることが僕と一緒」町工場経営の祖父らの軌跡 - 10月10日(火)12:30 

2012年にiPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥氏が、10月11日に放送される『ファミリーヒストリー』(NHK総合、毎週水曜22:25~)に出演することがわかった。同番組は、著名人の家族の…
カテゴリー:

「おはよう、たけしで すみません。」怒涛の5日間を総括してみた、ドタキャン事件は事故かそれとも演出か - 10月08日(日)09:00 

のう10月7日より北野武監督の最新作「アウトレイジ 最終章」の公開が始まった。それに合わせて、先週月曜から金曜までの5日間、テレビ東京の朝7時半から30分間の枠(8月にアニメ「けものフレンズ」の再放送をやっていた時間帯だ!)で「おはよう、たけしで すみません。」という生番組が放送された。「おはよう、たけしで すみません。」は、ニュースをネタにしたフリートーク番組。たけしのフリートークをテレビで聞くのはかなり久々のような気がする。それも連日朝からの生放送とは。往年のたけしの深夜のトーク番組「北野ファンクラブ」も生ではなく収録で、危ない発言には音がかぶせられるなどしていたのに……。いくら最近攻めているテレ東とはいえ、無謀すぎるのではないか。しかも相手役を務めるのは、以前から犬猿の仲といわれてきた水道橋博士(浅草キッド)と太田光(爆笑問題)という。これはきっと何か起こるに違いない! と思っていたら、案の定、“事件”が起こったことはすでに周知のとおり。この記事では、5日間の放送をまとめて、ざっくりと振り返ってみたい。ただ、芸人の生放送での発言は、その場の空気に合わせて、話を誇張したり、ときにわざと過激な表現を用いたりすることもある。だから、たとえ忠実に文字起こししても、発言時のニュアンスから遠ざかってしまうものだ。今回の番組も、本来なら視聴した人の記憶にとどめるのが一番のはずである。しかし...more
カテゴリー:

ノーベル賞学者・山中伸弥「やってることが僕と一緒」町工場経営の祖父らの軌跡 - 10月10日(火)12:30 

2012年にiPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥氏が、10月11日に放送される『ファミリーヒストリー』(NHK総合、毎週水曜22:25~)に出演することがわかった。同番組は、著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめるドキュメンタリー。ヒトの皮膚などの体細胞に初期化因子を導入して作製するiPS細胞。それは、再生医療や新薬開発の可能性を大きく切り開いた夢の万能細胞だ。現在、山中氏は、京都大学で多くの研究員を率い、その実用化に向けて取り組んでいる。そんな山中氏が「知りたい」というのは、大阪で町工場を営んでいた祖父と父のこと。今回の取材で見つかった昭和初期の手記などから、困難を乗り越えた歳月が明らかになる。そして、謎だった母の生い立ちについても取材を進めていく。大分の原野へ開拓に入った厳しい暮らし、家族を支えた姿が浮かび上がる……。 関連リンク 京都大学 iPS細胞研究所 CiRA(サイラ)HP 『ファミリーヒストリー』公式サイト 池上彰と有働由美子アナが初共演、世界のプリンセスを徹底解説
カテゴリー:

「アウトレイジ 最終章」バカヤローコノヤローの最高のグルーヴ「子を失った父」大友が因縁に終止符を打つ - 10月09日(月)10:00 

3作通して見れば、ある時代遅れのヤクザの、そして子を失い続けた父親の戦いの物語だった。『アウトレイジ 最終章』(公式サイト)はそんな印象をもたらす、『アウトレイジ』シリーズのフィナーレである。帰ってきたヤクザ映画、『アウトレイジ』シリーズかつては日本映画の主要コンテンツでありながら、近年めっきりとその数を減らしていたヤクザ映画。2010年に公開された北野武監督作品『アウトレイジ』はそんな時代遅れのコンテンツが復権したような興奮があった。相互不信に満ちたヤクザたちの群像劇はまるで昔の東映実録路線が復活したかのよう。次に誰が殺られるのかという緊張感と悪い冗談のような暴力描写、バカヤローコノヤローという大量の罵倒によって生み出されるグルーヴ感に筆者も大興奮した。いわば主人公不在の群像劇だった『アウトレイジ』の後、ビートたけし演じる大友が主役として立ち上がってきたのが第二作『アウトレイジ ビヨンド』である。前作で死んだはずの男が実は生きていた、という展開も昔のヤクザ映画みたいないい加減さでいいじゃないですか、と余裕をこいていたらビックリ、『ビヨンド』は完全に大友の映画だった。関東と関西の巨大組織が全面抗争に突入するという派手な筋書きながら、最終的には大友が因縁にどう落とし前をつけるかが鍵となった『ビヨンド』には、さながら実録→任侠と、ヤクザ映画の歴史を遡行していくような印象があった。で、『...more
カテゴリー:

「ファミリーヒストリー」の画像

もっと見る

「ファミリーヒストリー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる