「ピクセル」とは?

関連ニュース

FOMA初の「VGA+液晶」搭載 地域限定色もあったハイスペックケータイ「N903i」(懐かしのケータイ) - ITmedia Mobile - 10月22日(日)11:12 

FOMA初の「VGA+液晶」搭載 地域限定色もあったハイスペックケータイ「N903i」(懐かしのケータイ) - ITmedia MobileITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのNEC製ケータイ「FOMA N903i」です。 N903iはFOMAケータイとしては初めてVGA+(480×690ピクセル)の高解像度液晶を採用しました。従来のQVGA(240×320ピクセル)液晶に比べ、ピクセル数が4倍以上になったことで、903iシリーズの共通機能となったGPSナビゲ...
カテゴリー:

+Style、背面に写真などを表示できるケース「InkCase i7 Plus」を発売 - 10月19日(木)20:05 

InkCase i7 Plus ソフトバンク株式会社は、消費者参加型プラットフォーム「+Style」の「ショッピング」で、iPhoneの背面に写真や電子書籍などを表示できるケース「InkCase i7 Plus」を発売した。 同製品は、iPhoneの背面で予定の確認や読書ができるiPhone7 Plus/iPhone8 Plus対応のケース。本体を立ち上げて確認する必要がなく、iPhone本体のバッテリー消費も抑えられる。テキストファイル形式とEPUB形式の両方に対応しており、対応コンテンツを専用アプリに保存することで背面に表示できる。カレンダーや時計などの基本アプリのほか、記事やWebサイトを保存してあとで閲覧できるアプリ「Pocket」にも対応している。ディスプレイのサイズは5.2インチで、解像度は540×960ピクセル。防塵防水対応となっている。 ソフトバンク株式会社価格:16340円(税込)URL:https://plusstyle.jp/shopping/item?id=2352017/10/19 ■関連記事 バンダイ、デジモンの歴代ゲーム機を敷き詰めた総柄デザインのスマホケースを発売 (2017.10.17) GRAMAS COLORS、iPhoneX/8用のガラスハイブリッドケースを発売 (2017.10.16) ...more
カテゴリー:

【クリスマスコフレ2017】非売品のマリオがデザインされたミニトートが手に入るのはこのキットだけ - 10月18日(水)12:00 

クリスマスコフレ2017│TOP 【発売日】別┃【ブランド】別┃【アイテム】別 ■【クリスマスコフレ2017】シュウ ウエムラ ホリデー ファンデーション キット(¥8,000~) 【セット内容】●好きなファンデーション現品とメイクアップベース現品を各ひとつ購入+●アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル(50ml)、●シュウ ウエムラ パーフェクター オイル(5ml)●ミニトート(非売品)※写真は購入イメージ。(c)1985 Nintendo 2017年冬、シュウ ウエムラとスーパーマリオブラザーズが贈るのは、ビューティとゲームの垣根を超えたクリスマスにぴったりのコラボレーション! ピクセルデザインのマリオとその仲間たちが、人気アイテムをカラフルで遊び心あるメイクアイテムに変身させちゃいました。ファンデーションとメイクアップベースを購入予定なら、非売品のミニトートがついてくるキットがおすすめ。ミニトートの中は、ビビッドなピンクカラーです。 [2017年11月1日(水)限定発売]※10月25日から予約スタート ※価格はすべて税抜きです。 [TAG]shu uemura(シュウ ウエムラ)/キット(メイクアップ) shu uemura(シュウ ウエムラ) http://www.shuuemura.jp/     【画像一覧】クリスマスコフレ20...more
カテゴリー:

【スマホ】Huaweiが「Mate 10」「Mate 10 Pro」を発表 Proは日本でも発売予定 - 10月17日(火)00:17  bizplus

中国Huaweiは10月16日(ドイツ時間)、Androidスマートフォン「HUAWEI Mate 10」「HUAWEI Mate 10 Pro」を発表した。11月から順次発売予定で、想定販売価格はMate 10が699ユーロ(約9万2000円)から、Mate 10 Proが799ユーロ(約10万6000円)からとなる。  Mate 10 Proについては、日本がFirst-wave Launch Market(最初期発売市場)に含まれているため、早い時期の発売が期待できる。  両機種は本体でAI処理を行えるNPU(Neural-Network Processing Unit)HiSilicon製プロセッサ「Kirin 970」(CPU部は2.36GHz×4コア+1.8GHz×4...
»続きを読む
カテゴリー:

【the360.life】 【激安の真実】メーカーが言わない格安4Kテレビの落とし穴 - 10月13日(金)23:26 

【the360.life】 【激安の真実】メーカーが言わない格安4Kテレビの落とし穴「RGBW」という言葉、聞いたことありますか? 一般に薄型テレビでは光の三原色と同じ「RGB」パネルを用いて映像を表示していますが、一部の4Kテレビで、「RGB」に白い「W」のサブピクセルを加えた「RGBW」といわれるパネルを採用しているタイプがあります。ネット上では「疑似4K」「なんちゃって4K」などと噂されていますが、「RGBW」は本当に4Kの画質規準を満たしているのか、検証してみました。 4...
カテゴリー:

ピクセルカンパニーズのフィスコ二期業績予想 - 10月21日(土)21:56 

※この業績予想は2017年10月12日に執筆されたものです。
カテゴリー:

ドコモの“2画面スマホ”復活 「M Z-01K」2018年1月発売 - ITmedia NEWS - 10月18日(水)15:45 

ドコモの“2画面スマホ”復活 「M Z-01K」2018年1月発売 - ITmedia NEWSNTTドコモは10月18日、2つのディスプレイを搭載する折り畳み型スマートフォン「 M Z-01K 」(ZTE製)を2018年1月以降に発売すると発表した。ドコモの“2画面スマホ”は、2013年発売の「MEDIAS W」以来、約4年ぶり。 Android 7.1(8.0対応予定)に、約5.2インチのフルHD(1080×1920ピクセル)液晶ディスプレイを2つ搭載。Androidのマルチウィンドウ機...
カテゴリー:

2画面スマホ「M Z-01K」登場 ドコモ発のグローバルモデル - ITmedia Mobile - 10月18日(水)11:45 

2画面スマホ「M Z-01K」登場 ドコモ発のグローバルモデル - ITmedia Mobileドコモから再び、2画面Androidスマートフォンが登場する。ZTEとのタッグにより開発されたこの機種は、米国やヨーロッパでも「Axon M」として発売される。 Z-01Kの最大の特徴は、5.2型フルHD(1080×1920ピクセル)液晶を2枚搭載している点にある。動画を見ながらSNSを利用したり、地図を見ながら店舗情報を確認したりと、「2つの画面を同時に見たいというニーズが確実に存在することがユ...
カテゴリー:

キヤノン「PowerShot G1X Mark Ⅲ」ハンズオン:コンデジ市場のゲームチェンジャー - 10月16日(月)18:20 

Photo: ささきたかし(ギズモード・ジャパン) 普通のコンデジではありません。キヤノンから「PowerShot G1X Mark Ⅲ」が発表されました。発売は11月下旬の予定。2014年3月に発売されたPowerShot G1X Mark Ⅱの後継機です。価格はキヤノン オンラインショップで13万7700円(税込)です。最大の特徴としては、キヤノン初のAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラという点。しかも、キヤノンのハイエンドミラーレスカメラEOS M5と比較しても、遜色ない高い性能を持っています。そして、とにかく軽い。今回触ってみて感じたのは、PowerShot G1X Mark Ⅲはまさに「コンデジ市場のゲームチェンジャー」です。これからコンデジを買おうと思っているすべての人に、「あと1ヶ月ちょっと待って! PowerShot G1X Mark Ⅲを触ってから決めて!」と言いたいくらいの好印象。ということで、まずはPowerShot G1X Mark Ⅲの特長と前モデルの性能比較です。G1 X Mark Ⅲの特長と前モデルG1 X Mark Ⅱとの違い(左:PowerShot G1 X Mark Ⅲ │ 右:PowerShot G1 X Mark Ⅱ) 画素数:2...more
カテゴリー:

ウェアラブルカメラ「FrontRow」レビュー:毎日を記録したい奇特な人にとっては魅力的。でもカメラは微妙 - 10月13日(金)19:05 

Image: Alex Cranz/Gizmodo US ウェアラブルカメラで自分の生活を自己監視してみたらどうなる?FrontRowは、『SNS時代に「再発明」されたウェアラブルカメラ』と銘打ってアメリカで発売された、古いようで新しいウェアラブルデバイスです。日本では未発売の製品ですが、このようなカテゴリーの製品は実際に使い勝手がいいのかどうかは気になるところ。米GizmodoのMelanie Ehrenkranz記者による実機レビューをお届けします。感想は…、一般人の日常を低クオリティのカメラで捉えたタイムラプスはそんなに面白くない、ということのようです。 Image: Gizmodo US FrontRowざっくりレビュー価格:400ドル(約4万4000円)これは何か?:ネックレスのように着けるカメラ良いところ:ハードウェアは良い感じダメなところ:カメラが微妙「日常の瞬間を記録する系」ハードウェアは、ことごとくうまくいっていません。Googleグラスは失敗を認め、Snapchatの10秒撮影できるサングラスデバイス「Spectacles」やG...more
カテゴリー:

もっと見る

「ピクセル」の画像

もっと見る

「ピクセル」の動画

Wikipedia

ピクセル()または画素(がそ)とは、コンピュータで画像を扱うときの、色情報(色調や階調)を持つ最小単位、最小要素。しばしばピクセルと同一の言葉として使われるドットとは、後者が単なる物理的な点情報であることで区別される。例えばディスプレイにおいて320×240ピクセルの画像を100%表示すれば320×240ドットとなるが、200%表示ならば640×480ドットとなる。

ピクセルは、一般的に「写真の要素」を意味する英語の「」からの造語、または「写真の細胞」を意味する英語の「」からの造語とされるhttp://panda.ecs.cst.nihon-u.ac.jp/oyl/CG/yougo/yougo_ha.htmlha_gyou。

ピクセルの拡大図の例 コンピュータでは連続的な値を扱えない為、画像を扱うにも量子化する必要がある。例えば、640×480ピクセルの画像は、横640個、縦480個の点を並べて表現されていることを示す。ディスプレイなどのデバイスにおいては、一般的なラスタディスプレイでは、ピクセルを単位として画像を表示する。

アスペクト比

画像におけるアスペクト比は、1画面の縦と横の比を意味する(画面アスペクト比を参照)。同様に、画素におけるアスペクト比...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる