「ピカデリー」とは?

関連ニュース

「(500)日のサマー」監督が贈るNYへのラブレターは「さよなら、僕のマンハッタン」 - 01月18日(木)12:00 

 「(500)日のサマー」「gifted ギフテッド」のマーク・ウェブ監督がニューヨークを舞台に描いた青春ドラマ「The Only Living Boy in New York」の邦題が、「さよなら、僕のマンハッタン」に決定。4月14日から全国順次公開される。  1960~70年代にかけて人気を博したフォークデュオ「サイモン&ガーファンクル」の名曲のせて贈るニューヨークへのラブレター。映画の原題は、楽曲「ニューヨークの少年」にちなんでいる。ウェブ監督は、「(500)日のサマー」(09)で長編デビューする以前に脚本にほれ込み、約10年の年月を経て映画化を実現させた。   「(500)日のサマー」でジョセフ・ゴードン=レビット、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズでアンドリュー・ガーフィールドをスターダムに押し上げたウェブ監督が、念願の企画で主演に起用したのは新進俳優のカラム・ターナー。大ヒットシリーズ第2弾「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」で主人公の兄役に抜てきされた注目株だ。ウェブ監督は、「大人と少年の狭間にいる俳優を探す必要がありました。カラムはこの役柄をとてもよく理解していましたし、大人と少年の両面の存在感を持っていて完璧だと思いました」と起用の理由を語っている。  主人公トーマス(ターナー)は、大学卒業を機にアッパー・ウエストサイドの親元からロウア...more
カテゴリー:

土屋太鳳、「8年越しの花嫁」公開劇場にお忍び来場!生の声聞き自信新たに - 01月15日(月)15:30 

YouTube動画をきっかけに話題となり、書籍化もされた“奇跡の実話”を映画化した「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット御礼舞台挨拶が1月14日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、女優の土屋太鳳と...
カテゴリー:

土屋太鳳「ばれなかったです」主演作をお忍び観賞 - 01月14日(日)20:36 

 女優土屋太鳳(22)が14日、東京・丸の内ピカデリーで、映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(瀬々敬久監督)大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。  土屋は鮮やかな緑色の振り袖姿で登場した。「松竹さんの映画と言うことで、グリーンです」とほ…
カテゴリー:

丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭開催 「ビバップ」「キンプリ」など18作品を上映 - 01月14日(日)06:00 

 東京・丸の内ピカデリーで、1月12日から2月2日の3週間にわたり、全18作品の劇場アニメを“爆音上映”する「丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭」が開催される。  “爆音上映”は、音楽ライブ用の音響システムを使用することで、大迫力の音響で映画を楽しめる上映形態。「丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭」は、株式会社boid代表の樋口泰人氏を総合プロデュースに迎え、「アニメは“音”で、もっと楽しめる!」のコンセプトのもとに開催される。  上映ラインナップは、1983年公開の「劇場版 クラッシャージョウ」から、01年の人気作「COWBOY BEBOP 天国の扉」、湯浅政明監督が手がけた17年作品「夜明け告げるルーのうた」まで多岐にわたる。「劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning」「劇場版 TIGER & BUNNY The Rising」「KING OF PRISM by PrettyRhythm」「KING OF PRISM PRIDE the HERO」は“応援上映”、「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」は“チアリング上映”となり、声援をあげたり、ペンライトを振ったりすることができる。そのほか、「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」「映画 聲の形」「パプリカ」「ノーゲ...more
カテゴリー:

『グッド・ワイフ』リンダ・エモンド、『アバウト・レイ 16歳の決断』で変わり者を好演 - 01月12日(金)08:00 

『リトル・ミス・サンシャイン』と『サンシャイン・クリーニング』のチームが再び集結し製作した『アバウト・レイ 16歳の決断』が2月3日(土)より公開となる。『マレフィセント』のエル・ファニング、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』のナオミ・ワッツ、『グリフィン家のウエディングノート』のスーザン・サランドンと実力派が揃う本作で祖母ドリーの彼女フランシス役を、海外ドラマでも活躍しているリンダ・エモンドが演じる。【関連記事】『アバウト・レイ 16歳の決断』日本版予告編&ポスターが解禁!16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ)は、「突然、息子を育てることになるなんて...」と動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ"本当の自分"に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの"家族の秘密"が明らかに―。主人公レイの祖母ドリーと絶妙なコンビネーションで本作に笑いのスパイスを加えるフランシスを好演しているリンダは、大ヒットド...more
カテゴリー:

土屋太鳳、「8年越しの花嫁」公開劇場にお忍び来場!生の声聞き自信新たに - 01月15日(月)15:30 

 YouTube動画をきっかけに話題となり、書籍化もされた“奇跡の実話”を映画化した「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット御礼舞台挨拶が1月14日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、女優の土屋太鳳と瀬々敬久監督が、観客1人ひとりに大入り袋を手渡した。 ・「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット記念イベントの模様はこちら!  昨年12月16日に公開された本作は、観客動員170万人、興行収入21億円(1月14日時点)を突破。口コミが広がっていることから、リピーターも数多く来場しており、この日は10回以上見たという観客の姿も。華やかな緑色の着物姿で来場した土屋は、「明けましておめでとうございます。松竹さんの作品ですので、今日は緑を選んでみました」と挨拶すると、「今まで、完成披露イベントから(初日)公開まで、いろいろとご挨拶をさせていただきましたが、まさかこのうれしいタイミングで、もう1度この劇場でご挨拶できるなんて想像もしていなかったのでうれしいです。しかもお着物まで着させていただいて。本日はいらっしゃれなかった尚志さん役の佐藤健さんの分まで、瀬々組の代表としてしっかりと立ちたいと思います」と晴れやかに語った。  公開から約1カ月が経過し、家族や友人からの感想を聞く機会も増えたという土屋。「みんな何度も見てくれたり、Instagramやブログでもたくさんの方にコメントをしてもらいました...more
カテゴリー:

土屋太鳳、大ヒットに大喜び!関係者に幸せが訪れるハチハナ現象に「あやかって幸せになりたい」 - 01月14日(日)21:33 

この冬一番泣ける映画として口コミで話題が広がり、興行収入20億円突破するヒットを記録している“ハチハナ”こと『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が14日、東京・有楽町の丸の内ピカデリー2で開催。劇中で、結婚を間近に病に倒れた麻衣役を演じた土屋太鳳と、監督の瀬々敬久が登壇。 【写真を見る】元気一杯!艶やかな緑の晴れ着姿で“太鳳スマイル” 本作は2015年にYoutubeに投稿された、あるカップルの実話を映画化した感動のラブストーリー。病に倒れ意識不明に陥った花嫁の麻衣と、彼女の回復を祈りながら待ち続けた新郎の尚志に、8年の歳月を経て訪れる“奇跡”を描きだす。 艶やかな緑色の振袖姿で登場した土屋は「あけましておめでとうございます」と元気一杯に挨拶。「まさかもう一度ご挨拶ができるなんて想像していなかったので、とてもうれしいです」と笑顔でコメントすると、完成披露や初日にも披露してきた定番のフレーズで自己紹介した。 公開から1か月で様々な反響をもらったことを満面の笑みで振り返った土屋は、本作に関わったスタッフや関係者に結婚や出産などおめでたいことが続いていることを明らかにし「その幸せにあやかって私も将来幸せになれたらいいなと思います」と語った。 一方で今日から始まった大相撲の初場所が気になって仕方がないという瀬々監督は「土屋さんの晴れ着姿を見れたので、相撲を見ずに来...more
カテゴリー:

A・セイフライドが 最高の訃報記事を書く「あなたの旅立ち、綴ります」予告公開 - 01月14日(日)10:00 

 シャーリー・マクレーンとアマンダ・セイフライドの共演で、世代を超えて育まれる友情を描いたハートフルストーリー「あなたの旅立ち、綴ります」の予告編が、公開された。 ・【動画】「あなたの旅立ち、綴ります」予告編  ビジネスで成功した老婦人ハリエット・ローラー(マクレーン)は、自身の訃報記事を生前に用意しようと考える。新聞社の若手訃報記者アン・シャーマン(セイフライド)に執筆を依頼するが、わがままで自己中心的なローラーを良く言う人はおらず、出来上がった記事は理想とはほど遠い内容だった。それからローラーは“最高の訃報記事”のため、愛され、尊敬される人物になるよう奮闘。衝突ばかりだったシャーマンとの間にも友情が芽生え始める。マクレーンとセイフライドは、そろってプロデューサーを兼任。マーク・ペリントン監督がメガホンをとった。  予告編は、他人の気持ちを考えず、すべてを自分の思い通りにして暮らすローラーの様子からスタート。訃報記事のためローラーの知人を取材するシャーマンだったが、聞こえてくるのは悪口ばかりで、最終的には「彼女が死ぬのはいいことだわ」と言われてしまう始末。このことでローラーは自らの人生を見つめ直し、元夫と今も続く絆を確かめ合う。一方のシャーマンは、ローラーが過去に受けた仕打ちを元同僚から打ち明けられる。2人の互いへの印象は徐々に変わり、最後には目に涙を浮かべたシャーマンをロ...more
カテゴリー:

丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭開催 「ビバップ」「キンプリ」など18作品を上映 - 01月14日(日)06:00 

東京・丸の内ピカデリーで、1月12日から2月2日の3週間にわたり、全18作品の劇場アニメを“爆音上映”する「丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭」が開催される。“爆音上映”は、音楽ライブ...
カテゴリー:

注目映画紹介:「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」宮崎吾朗が吹き替え版… - 01月11日(木)18:30 

 中国の伝奇小説「西遊記」を基にした3DCG劇場版アニメ「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」(ティエン・シャオポン監督)が13日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開される。本来の力を封じられた…
カテゴリー:

もっと見る

「ピカデリー」の画像

もっと見る

「ピカデリー」の動画

Wikipedia

ピカデリー()は、ロンドンのメインストリートの名前。

; ピカデリーサーカスを由来に名付けられた日本の映画館。

; その他

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる