「ピエール瀧」とは?

関連ニュース

「陸王」8話。表情が読めないサイボーグ修造の登場で視聴率爆上げ - 12月17日(日)10:00 

池井戸潤原作、役所広司主演の日曜劇場『陸王』。先週放送の第8話の視聴率は3%近く跳ね上がって17.5%。ひょっとして松岡修造効果!?宮沢(役所広司)の思いつきでランニングシューズ「陸王」を開発したこはぜ屋だったが、シューズづくりに欠かせないソール「シルクレイ」の製造装置が壊れてしまった。復旧にかかる費用は1億円。製品が作れないから利益は出ず、チーム「陸王」として契約した飯山(寺尾聰)や村野(市川右團次)らの人件費がかさむばかり。銀行からも見放され、老舗の零細企業であるこはぜ屋の命運は付きかけていた。何より宮沢の心が折れかけていた。「チーム『陸王』は解散だ……!」1億円、会社売却……課題山積み!「俺に雇われ社長になれっていうのか? 親父や爺さんが必死で守り抜いたこのこはぜ屋を他人に売り渡して、俺はどんな顔して墓に手合わせりゃいいんだよ?」「このこはぜ屋を、他人に渡すくらいなら、元の足袋屋に戻ったほうがマシだ!」いつも親身な坂本ちゃん(風間俊介)の提案は、こはぜ屋の売却だった。世界的アウトドア企業のFelixが「シルクレイ」に興味を持っているという。このFelixの社長が松岡修造演じる御園丈治というわけだ。しかし、宮沢は坂本ちゃんを矢継ぎ早に罵倒する。宮沢の頭には会社を売るなんて考えは一ミリもない。「親父」も「爺さん」も「墓」も経営にはまったく関係ないのだが、宮沢の中では大きな存在を占...more
カテゴリー:

役所広司「老舗足袋業者」と松岡修造「外資メーカー社長」は手を組むのか? - 12月15日(金)17:20 

役所広司主演の連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)第9話が、12月17日に25分拡大で放送。今回は、老舗足袋業者「こはぜ屋」の社長・宮沢(役所)が、「こばせ屋」を買収しようとしているアメリカのアパレルメーカー「フェリックス」の御園社長(松岡修造)と交流を深める。本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所が、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じているほか、その息子・大地役に山﨑賢人、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人役に竹内涼真、陸王にぴったりのソール素材「シルクレイ」の特許を持つ飯山役に寺尾聰といった豪華出演者が出演している。陸王製造の心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、最大のピンチに追い込まれたこはぜ屋。そんなときに降って湧いた、米国企業「フェリックス」御園社長(松岡修造)からの買収案に悩む宮沢だが、こはぜ屋の従業員たちの間でも意見が分かれていた。「こはぜ屋が人の手に渡ってもいいのか?」と大地が心配すると、あけみ(阿川佐和子)は「買収には断固反対」と泣きながら訴える。従業員の士気は下がる一方で、日々の足袋造りにも影響が出始めてしまう。陸王の供給がストップしてしまった茂木は、「アトラ...more
カテゴリー:

役所広司「老舗足袋業者」と松岡修造「外資メーカー社長」は手を組むのか? - 12月17日(日)06:00 

役所広司主演の連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)第9話が、12月17日に25分拡大で放送。今回は、老舗足袋業者「こはぜ屋」の社長・宮沢(役所)が、「こばせ屋」を買収しようとしているアメリカのアパレルメーカー「フェリックス」の御園社長(松岡修造)と交流を深める。本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所が、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じているほか、その息子・大地役に山﨑賢人、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人役に竹内涼真、陸王にぴったりのソール素材「シルクレイ」の特許を持つ飯山役に寺尾聰といった豪華出演者が出演している。陸王製造の心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、最大のピンチに追い込まれたこはぜ屋。そんなときに降って湧いた、米国企業「フェリックス」御園社長(松岡修造)からの買収案に悩む宮沢だが、こはぜ屋の従業員たちの間でも意見が分かれていた。「こはぜ屋が人の手に渡ってもいいのか?」と大地が心配すると、あけみ(阿川佐和子)は「買収には断固反対」と泣きながら訴える。従業員の士気は下がる一方で、日々の足袋造りにも影響が出始めてしまう。陸王の供給がストップしてしまった茂木は、「アトラ...more
カテゴリー:

90年代リバイバルは来ている? - 12月14日(木)12:00 

2017年は90年代がリバリバルしたといわれています。春先に小沢健二が久しぶりに復活をとげ、秋には安室奈美恵が引退を発表しました。いずれも90年代に活躍していたミュージシャンです。小沢健二は長い沈黙の時間がありましたが、安室は今も第一線で活躍を続けています。 20年の節目 さらに、書籍の世界では大澤聡編纂による『1990年代論』(河出書房新社)が刊行され話題となりました。なぜ2017年に90年代のリバイバルというべきものが集中したのでしょうか。その原因としては、20年の節目であるということがいえるでしょう。20年前といえば1997年です。この年は、神戸で酒鬼薔薇聖斗を名乗る14歳の少年が連続児童殺傷事件を起こしました。さらに、夏には『新世紀エヴァンゲリオン』の劇場版が公開され話題となりました。酒鬼薔薇事件では、送りつけられた犯行声明文に共感を寄せる少年少女が現れ、『劇場版エヴァンゲリオン』も0点か100点の映画だと物議を醸し出しました。こうしたエポックメイキングな年から20年を経たことが、2017年に90年代をふりかえらせるきっかけとなったのかもしれません。 どうつなげてゆく? 90年代の空気は分断されることなく現在に続いています。萌芽的な存在だったネットワーク環境がここまで日常にとけこむと誰が思ったでしょうか。私たちは、90年代との連続性と、非連続性を知覚すべき時に来ているの...more
カテゴリー:

「ピエール瀧」の画像

もっと見る

「ピエール瀧」の動画

Wikipedia

ピエール瀧(ピエールたき、本名:瀧 正則〈たき まさのり〉、1967年4月8日 - )は、日本のミュージシャン、マルチタレント俳優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型はAB型。愛称は「瀧」。ISBN 4796真人間な仕事の時は「ピエールさん」と呼ばれることも多い。

略歴

静岡県静岡市葵区出身。

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる