「ビートたけし」とは?

関連ニュース

【映画】<北野武監督>監督デビュー作の現場でキレた!「お前らに言われるほど素人じゃない」 - 12月15日(金)23:19  mnewsplus

映画監督の北野武ことタレントのビートたけし(70)が15日放送のテレビ東京系「たけしのニッポンのミカタ!」で、 監督デビュー作となった映画「その男、凶暴につき」の撮影現場でキレたことを打ち明けた。 MCを務めるTOKIO・国分太一(43)にデビュー作の話題を振られたたけしは「うーん…」と言いよどんでから、 「あの時はね、異業種監督ってのはね、あんまいなくて。ところが俺が急に漫才からパーッと来た時だからね、 『えーっ?たけしが映画撮るの?』って雰囲気があって、ちょっと嫌だったね。言うこと聞かなく...
»続きを読む
カテゴリー:

平野ノラ、荻野目洋子と初対面「バブルのバトンを頂いた」 - 12月15日(金)10:00 

 “バブル”ネタでおなじみのピン芸人・平野ノラが、21日放送のTBS系特番『ネプ&ローラの爆笑まとめ!2017』(後8:00)で歌手・荻野目洋子と初対面を果たすことがわかった。平野がネタでよく使用している荻野目の80年代大ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」でスペシャルコラボが実現する。 【写真】ピンクの電話がTBSで24年ぶりにコント  荻野目から曲を使用した理由を聞かれた平野は「ダントツでイントロから“ハッ”と気持ちを鷲づかみにして、誰が聞いてもノリノリで元気になれる曲。バブルのバトンをいただいた」と感謝しきり。しかも平野は、登場の出囃子にも荻野目の「六本木純情派」を使用していることから、“両刀使い”させていただいていると話した。  今年は平野のネタを盛り込んだ、大阪府立登美丘高等学校ダンス部による「ダンシング・ヒーロー」のパフォーマンスによって、改めて同曲と荻野目が脚光を浴びた。荻野目は「ノラさんがいなければ若い世代は私のことを知らなかった。この曲にも感謝しているし、曲を楽しんでくれた方々にも感謝している」とうれしそうに話した。  お笑いトリオ・ネプチューンとローラがMCを務め、8回目となる同番組には26組が出演。結成30周年のピンクの電話は24年ぶりに同局でネタを披露することが決定し、「久しぶりだったのでちょっと違和感あるかなと思いましたが、やってみると違和感なく、すご...more
カテゴリー:

ビートたけし、なりすましをまさかの“公認” - 12月14日(木)02:47 

タレントのビートたけし(70歳)が、12月13日に放送されたバラエティ番組「たけし&東野が叫ぶ『こんな世の中はイヤだ!』」(日本テレビ系)に出演。たけしのなりすましTwitterに、まさかの“公認”を与えた。
カテゴリー:

熊本地震で被災した高齢女性を追った特番「FNSドキュメンタリー大賞」受賞 - 12月13日(水)13:05 

「第26回FNSドキュメンタリー大賞」大賞に輝いた『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』(テレビ熊本制作)が、2018年1月3日(水)16時55分よりフジテレビ(関東ローカル)で放送されることがわかった。同大賞は、フジテレビの系列28局が番組制作能力の向上とその蓄積を図る趣旨のもと、ドキュメンタリー作品を制作して競い合うもの。『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』の舞台は、2016年4月14日、熊本地震で震度7を観測した熊本県の益城町。発生の2時間後、激震地に入ったカメラは、倒壊した家屋から脱出した佐々木君代さん(84歳)の「私が死ねばよかった」という声を拾う。その後、町の避難所に身を寄せたものの、地震から約1か月で佐々木さんは、全壊した自宅にテントを建てて暮らし始め「必ず、この地で家を再建する」と誓う。この一人暮らしの女性が、我が家を再建するまでの姿を綴ったドキュメンタリーだ。なお、各賞の受賞作は以下の通り。<大賞>テレビ熊本制作『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』<優秀賞>カンテレ制作『夢への扉“課題研究”~先生を超えて進め~』<特別賞>高知さんさんテレビ制作『「私はパーキンソン病です」~あるカリスマ社長の足跡、信念、そして“熱狂”』さくらんぼテレビ制作『45年目の序曲~山形交響楽団の挑戦』 関連リンク ...more
カテゴリー:

ビートたけし、若手芸人たちに強い期待「スーパースターが出てこないかな」 - 12月13日(水)11:55 

12月17日(日)19時から3時間半にわたり放送される『Cygames THE MANZAI 2017 プレミアマスターズ』(フジテレビ系)。この度、MCで最高顧問のビートたけしからコメントが到着し…
カテゴリー:

水道橋博士&酒井若菜、編集者同士の熱き対談が実現! - 12月15日(金)13:02 

BS12 トゥエルビにて放送中の「BOOKSTAND.TV」(毎週金曜深夜2:30-3:00)に酒井若菜が登場し、水道橋博士と対談を行う。 【写真を見る】酒井若菜、「次に『付き合って』って言われた人と、結婚しようかな」!? 酒井はもともと水道橋博士が編集長を務めるメールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」にて執筆を行っていたが、ことし自身の手で新たに「marble」を立ち上げた。そんな“編集長”同士の熱い対談が、「BOOKSTAND.TV」内のコーナー「メルマ旬報.TV」にて12月15日(金)と22日(金)の2週にわたって放送される。 収録を終えた2人に、メルマガに込める思いや、来年の展望を聞いた。 ■ 活字への“偏愛”は2人の共通点 ──メルマガの編集長同士、熱い思いをたっぷりと話していらっしゃいましたが、まだまだ語り足りない、というところでしょうか? 酒井若菜:そうですね。私は博士さんに対してのリスペクトが、かなり強いんです。(自身が執筆した)「酒井若菜と8人の男たち」(キノブックス)は博士さんの「藝人春秋」(文藝春秋)のオマージュですし、「marble」も「──メルマ旬報」の女性版という感じです。いつも博士さんの背中を見ながら「次は何をされるんだろう?」と考えているので(笑)、直接質問してご教示いただけたのはうれしかったですね。 ──「バックナンバーは無料にしたい」というトピッ...more
カテゴリー:

「多才」だと思う芸能人ランキング 3位又吉直樹 - 12月15日(金)07:30 

芸能界には、本業以外のところで意外な趣味や特技を持つ人が多数。聞いて驚くような資格や特技を持つ人も少なくありません。 そこで今回は、多才だとおもう芸能人について探ってみました。 1位 タモリ 2位 ビートたけし 3位 又吉直樹 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「タモリ」! お笑いタレント、司会者として活躍し続けているタモリ。タモリといえば2014年に放送を終了した『笑っていいとも!』(フジテレビ系)にて長年司会を務めてきたことが記憶に新しいところ。 そんなタモリは多趣味で有名。料理の腕前はかなりのもので、時間と手間をかけて作る“タモリカレー”はネットでも「おいしすぎる」と話題になっています。船舶免許を持っていることも有名な話。その他、鉄道、アマチュア無線、古地図、ダム…など多くの趣味を持ち、それらに造詣が深いことでも知られています。 また、イグアナをはじめとした動物のものまねも得意としています。司会、タレント、俳優などマルチに活躍し、多趣味で多くの特技を持つタモリが1位となりました。 2位は「ビートたけし」! お笑い芸人の誰もが尊敬するお笑い界のレジェンド・ビートたけし。タケちゃんマン、鬼瓦権造をはじめとした数々の人気キャラクターを生み出し、長きに渡りお茶の間を笑顔にしてきました。 お笑いだけでなく俳優、映画監督としての活躍も目覚ましく、今までに18本もの映画...more
カテゴリー:

熊本地震で被災した高齢女性を追った特番「FNSドキュメンタリー大賞」受賞 - 12月13日(水)13:06 

「第26回FNSドキュメンタリー大賞」大賞に輝いた『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』(テレビ熊本制作)が、2018年1月3日(水)16時55分よりフジテレビ(関東ローカル)で放送されることがわかった。同大賞は、フジテレビの系列28局が番組制作能力の向上とその蓄積を図る趣旨のもと、ドキュメンタリー作品を制作して競い合うもの。『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』の舞台は、2016年4月14日、熊本地震で震度7を観測した熊本県の益城町。発生の2時間後、激震地に入ったカメラは、倒壊した家屋から脱出した佐々木君代さん(84歳)の「私が死ねばよかった」という声を拾う。その後、町の避難所に身を寄せたものの、地震から約1か月で佐々木さんは、全壊した自宅にテントを建てて暮らし始め「必ず、この地で家を再建する」と誓う。この一人暮らしの女性が、我が家を再建するまでの姿を綴ったドキュメンタリーだ。なお、各賞の受賞作は以下の通り。<大賞>テレビ熊本制作『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』<優秀賞>カンテレ制作『夢への扉“課題研究”~先生を超えて進め~』<特別賞>高知さんさんテレビ制作『「私はパーキンソン病です」~あるカリスマ社長の足跡、信念、そして“熱狂”』さくらんぼテレビ制作『45年目の序曲~山形交響楽団の挑戦』 関連リンク ...more
カテゴリー:

北野映画を面でとらえる - 12月13日(水)12:00 

2017年は北野武監督の最新作『アウトレイジ完結編』が話題作のひとつとなりました。この映画は、これまで3作続いてきた『アウトレイジ』を終わらせるための映画だと監督自身が述べています。さらに、自身の監督作である『ソナチネ』を彷彿とさせるシーンが続いたことも、コアなファンを歓喜させました。 小見出し北野映画をとらえる北野映画は、多くの切り口の映画が作られてきており、その中でも監督の北野武、そして俳優として画面に登場する役者としてのビートたけしの姿がせめぎあうものでした。そんな北野映画を面でとらえる本が『映画監督、北野武。』(フィルムアート社)です。北野武自身のインタビューはもちろんのこと、出演俳優や、映画プロデューサー、さらに多くの映画評論家、研究者の寄稿によって成り立っています。 小見出し海外からの見立てもさらに本書では多くの海外の研究者の寄稿もあります。北野映画は海外ではどういったふうにとらえられているのか、そういった視点も得られます。北野映画は有名人の監督作ということで、公開のたびに話題になりますが、それをあらためてふりかえるといったことがあまり行われてきませんでした。さらに、映画史の中に、北野映画を位置づける行為も進んでいないといえるでしょう。その点でいえば本書は先駆的な一冊に仕上がっているといえます。元記事をビーカイブで確認!■関連記事北野映画の特徴とは?北野映画はなぜ暴力的...more
カテゴリー:

ビートたけし、若手芸人たちに強い期待「スーパースターが出てこないかな」 - 12月13日(水)11:55 

12月17日(日)19時から3時間半にわたり放送される『Cygames THE MANZAI 2017 プレミアマスターズ』(フジテレビ系)。この度、MCで最高顧問のビートたけしからコメントが到着した。同大会は、昨年に引き続き、人気・実力を兼ね備えた漫才師のオールスターが一同に集う“日本で一番豪華な漫才の祭典”。たけしのほかナインティナインがMCを務める。出演する面々は、人気・実力を兼ね備えた漫才の名手(マスター)たちの中から、「THE MANZAI実行委員会」が初出場となるテンダラーを含む約20組を選出。その漫才師たち「THE MANZAIマスター」がバトルを展開する。今月3日に行われた『M-1グランプリ2017』で、見事4094組の頂点となったとろサーモンも緊急参戦する。さらに、「THE MANZAIマスター」たちを脅かす実力を秘めた、2017年注目を浴びた若手漫才師たちにも出場のチャンスが。9日に放送された『Cygames THE MANZAI 2017 プレマスターズ』で漫才を披露した14組から、「THE MANZAI実行委員会」が“若手勝ち抜き枠”として3組を決定。その3組は『Cygames THE MANZAI 2017 プレミアマスターズ』の放送で発表される。今回の『THE MANZAI』について、たけしは「毎回毎回、芸人の腕が上がってて、若手の人がもうベテランになっ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ビートたけし」の画像

もっと見る

「ビートたけし」の動画

Wikipedia

ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本お笑いタレントコメディアン司会者映画監督漫才師俳優脚本家である。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が極めて高い。

東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。

概要

1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒッ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる