「ビートたけし」とは?

関連ニュース

高田文夫氏&松村邦洋「心臓止まった」ネタで大爆笑 - 03月24日(金)19:58 

 放送作家高田文夫氏(68)とお笑い芸人松村邦洋(49)が24日、東京・八重洲ブックセンターで100人を集めトークショーを行った。高田氏が「TOKYO芸能帖 1981年のビートたけし」と文庫版「誰も書けなかった『笑芸論』 森繁久彌からビ…
in English
カテゴリー:

「攻殻機動隊」押井守監督は「ゴースト・イン・ザ・シェル」をどう見た?撮影現場訪問映像公開 - 03月24日(金)18:00 

 士郎正宗氏によるSF漫画のアニメ版「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」で知られる押井守監督が、同じ原作を実写化した「ゴースト・イン・ザ・シェル」について語る特別映像が、公開された。 ・「ゴースト・イン・ザ・シェル」押井守 特別映像はこちら!  脳とわずかな記憶を残して全身が機械化された捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、捜査組織“公安9課”の仲間とサイバーテロ事件を捜査するさまをスリリングに描く。ビートたけし、泉原豊、桃井かおり、福島リラ、山本花織ら、日本人キャストが多数出演している。  撮影現場を訪れた押井監督は、「ルパート(・サンダース監督)は彼のバージョンの物語を作っている。スカーレット・ヨハンソンの素子(本作では少佐)を、1本通して最後まで見てみたい。僕が想像した以上に、役になっていると思います。間違いなく今まで作られた“攻殻”の中で、1番ゴージャスな作品になると思います」と太鼓判を押している。中でもヨハンソンの存在感に圧倒されたそうで「少佐には凶暴で、好戦的な側面もあるが、不安にさいなまれてもいる。彼女はまったくの人間でもなければ、まったくのロボットでもない。スカーレットはそれを目で表現することができる。彼女は僕が描いたキャラクターとかなり近い。この役は彼女のための役で、他の誰も演じることができなかっただろう」と賛辞を送っている。  香港...more
in English
カテゴリー:

『ワイルド・スピード』シリーズ初の試み 劇中車の来日決定  - 03月24日(金)15:00 

 人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(4月28日公開)の公開を記念し、実際に撮影で使用された劇中車の“来日”が決定した。 『ワイルド・スピード ICE BREAK』ロング版本予告映像  主人公のドミニク(ヴィン・ディーゼル)、ブライアン(ポール・ウォーカー)と共にシリーズの“もうひとりの主役”として活躍し続けてきた劇中車“ワイスピカー”。同企画はシリーズ初の試みとなり、世界で唯一日本だけで実現する。  日本に来る劇中車は、ドミニクがシリーズ1作目から乗り続けている主役車ダッジ・チャージャーを、最新作の舞台のひとつであるアイスランドの氷河チェイス用にフルカスタムしたダッジ・アイス・チャージャー。撮影では実際にディーゼルが運転し、巨大潜水艦との氷河チェイスや爆破シーンといった激しい撮影を生き抜いたモンスターカーであり、その価値は数億円に上る。  同車は、『ワイルド・スピード』仕様にフルカスタムされた巨大トラック(10トン)に乗せ、全国ツアーを敢行。5月中旬までの約1か月半の期間をかけて日本全国を縦断し、全国30ヶ所以上の都市で展示予定。 【関連記事】 DCコミックスのヒーローが日本の低予算アニメ「鷹の爪」と格差コラボ (17年03月22日) 【動画】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編、スタローンの出演確定...more
in English
カテゴリー:

吉田羊、ビートたけしと親子役で共演 満島ひかりは山田孝之の妻役に - 03月24日(金)06:04 

吉田羊と満島ひかりが、4月12日(水)放送の「テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』」(テレビ東京系列、21:00~)に出演することがわかった。本作は、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説(新潮文庫刊)を、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋で30年ぶりにドラマ化。脱獄阻止のエキスパートであり、監獄の守り神として絶対的自信を持つ看守部長・浦田進(ビートたけし)と、緻密な計画と大胆な行動力、そして無尽蔵の体力を武器に、犯罪史上未曾有の脱獄を繰り返した無期懲役囚・佐久間清太郎(山田孝之)との奇妙な共生関係を通して、「命とは何か」「生きるとは何か」そして、「人と人の絆とは何か」を描く、究極の脱獄&追跡エンターテインメントとなっている。吉田が演じるのは、浦田の娘・浦田美代子。母と兄妹が関東大震災で死亡し、自らも大けがを負う。当時、浦田が家庭より仕事を優先し、家族を助けに帰って来なかった事に対して今でも複雑な思いを抱いているという役どころだ。たけしとの共演に、吉田は「予てより、たけしさんとお芝居でご一緒できたらいいなと思っており、今回、しかも親子役でそれが叶い本当に嬉しかったです」と喜びを述べ、さらに「現場では初共演による空気感が、この父娘の微妙で繊細な関係に重なり不思議としっくりきたのを覚えています。たけしさんが全身で放たれる孤独、後悔、情熱、慈愛、また山田さんが作り上げた生き写しのような...more
in English
カテゴリー:

吉田羊、念願かないビートたけしと初共演 ドラマ『破獄』満島ひかりも出演 - 03月24日(金)06:00 

 女優の吉田羊と満島ひかりが、テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』(4月12日 後9:00)に出演することが23日、わかった。読売文学賞を受賞した吉村昭氏の同名小説(新潮文庫)を、脚本・池端俊策氏、監督・深川栄洋氏らの手で32年ぶりに映像化。タレントのビートたけしが3年ぶりにドラマの主演を務め、史上最悪の脱獄犯を山田孝之が演じる。 登場人物のほとんどが男性キャスト  吉田が演じるのは、完全無欠の刑務所の看守・浦田進(たけし)の娘、浦田美代子。ナレーションも兼務する。「かねてより、たけしさんとお芝居でご一緒できたらいいな」と願っていたという吉田は、親子役でそれがかない、「本当にうれしかったです。現場では、初共演による空気感が、この父娘の微妙で繊細な関係に重なり不思議としっくりきた」と手ごたえを語った。「たけしさんが全身で放たれる孤独、後悔、情熱、慈愛、また山田さんが作り上げた生き写しのような佐久間は見応えという言葉では足りないくらいです。どうぞ静かに、じっくりとご覧いただけたらうれしいです」とメッセージを寄せた。  一方、満島は脱獄犯・佐久間清太郎(山田)を愛する妻、佐久間光を演じる。貧しい家に生まれ、17歳の時に遊郭に売られ、19歳の時に出会った佐久間と結婚、子どもも授かった。家を守り、無期刑囚となった佐久間をずっと待ち続けている役どころ。満島の迫真の演技で視聴者を引...more
in English
カテゴリー:

山田孝之&石井杏奈、河瀬直美監督の短編で初共演!三代目JSBの名曲を映画化 - 03月24日(金)18:00 

 山田孝之と石井杏奈(E-girls)が、河瀬直美監督による短編映画「パラレルワールド」で初共演していることがわかった。本作は、米アカデミー賞公認の短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」がタッグを組んだプロジェクト「シネマファイターズ」の第1弾作品。「三代目J Soul Brothers」の楽曲「Unfair World」を原作とした、ラブストーリーだ。 ・【フォトギャラリー】「パラレルワールド」場面写真と撮影風景  「シネマファイターズ」は、EXILE HIROがエグゼクティブプロデューサー、俳優の別所哲也が企画&プロデュースを務める映画プロジェクトで、EXILEや三代目 J Soul Brothersなど多数のアーティストの楽曲を手がけた作詞家・小竹正人の世界観を映像化する。本作を含む6作品の製作が決まっており、いずれも「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2017」でプレミア上映される。  映画は、2015年9月に発売された三代目 J Soul Brothersのシングル「Unfair World」を原作に、主人公・徹(山田)の15年前の恋を、現在と過去を交錯させて描く。徹が15年前に思いを寄せていた女性・真矢役の石井は、原作楽曲のミュージックビデオにも出演しており「凄く思い入れのある曲で、温かく、守られ...more
in English
カテゴリー:

【芸能】ゲス川谷が電撃復帰!大手「田辺エージェンシー」と5月契約 - 03月24日(金)16:35 

東スポWeb 3/23(木) 11:02配信  昨年12月から活動を自粛していたバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)が “電撃復帰”することが分かった。4月上旬に大手芸能プロ「田辺エージェンシー」グループと契約を 締結することが内定。一部では、復帰は2018年という話も出ていたが、そもそも川谷本人は 当初から休むつもりなどまったくなかったという。ベッキー(33)との“ゲス不倫”、昨秋には 当時未成年だった新恋人との飲酒問題を経ての復帰が、また話題になりそうだ。  一昨年リリースの「私以外私じゃ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】吉田羊、念願かないビートたけしと初共演 ドラマ『破獄』満島ひかりも出演 - 03月24日(金)06:55 

 女優の吉田羊と満島ひかりが、テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』(4月12日 後9:00)に出演することが23日、わかった。読売文学賞を受賞した吉村昭氏の同名小説(新潮文庫)を、脚本・池端俊策氏、監督・深川栄洋氏らの手で32年ぶりに映像化。タレントのビートたけしが3年ぶりにドラマの主演を務め、史上最悪の脱獄犯を山田孝之が演じる。  吉田が演じるのは、完全無欠の刑務所の看守・浦田進(たけし)の娘、浦田美代子。ナレーションも兼務する。「かねてより、たけしさんとお芝居でご一緒できたらいいな」と願ってい...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

たけし久々の主演ドラマ「破獄」追加キャストに吉田羊&満島ひかり - 03月24日(金)06:00 

4月15日(水)に放送される、ビートたけし主演「テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』」(テレビ東京系ほか)の追加キャストが判明した。 【写真を見る】満島ひかりも「破獄」に出演する/(C)テレビ東京 同ドラマは、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説(新潮文庫刊)が原作で、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋によって30年ぶりにドラマ化。すでに“監獄の守り神”として絶対的自信を持つ看守・浦田進をビートたけしが、また浦田と対決する脱獄犯・佐久間清太郎を山田孝之が演じる。 今回発表されたのは、ドラマを彩る2人の女優陣。看守・浦田(ビートたけし)の娘・浦田美代子役と作品のナレーションを吉田羊、脱獄犯・佐久間(山田)の妻・佐久間光役に満島ひかりの出演が決定した。 ■吉田羊コメント かねてより、たけしさんとお芝居でご一緒できたらいいなと思っており、今回、しかも親子役でそれが叶い本当に嬉しかったです。 現場では、初共演による空気感が、この父娘の微妙で繊細な関係に重なり不思議としっくりきたのを覚えています。たけしさんが全身で放たれる孤独、後悔、情熱、慈愛、また山田さんが作り上げた生き写しのような佐久間は見応えという言葉では足りないくらいです。 どうぞ静かに、じっくりとご覧頂けたら嬉しいです。 【関連記事】 ・神木隆之介&芳根京子の爽やかコンビが“今を輝く人”の代表に ・たけし主演ドラマ「破獄」に...more
in English
カテゴリー:

吉田羊&満島ひかり、ビートたけし×山田孝之の火花散る「破獄」に出演! - 03月24日(金)06:00 

女優の吉田羊と満島ひかりが、ビートたけし主演で吉村昭氏の傑作小説をスペシャルドラマ化する「破獄」に出演していることがわかった。吉田はたけし演じる浦田進の娘・浦田美代子役とナレーション、満島は山田...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ビートたけし」の画像

もっと見る

「ビートたけし」の動画

Wikipedia

ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本コメディアンタレント映画監督俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が極めて高い。

東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。

概要

1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、一般人、芸能人(特に後輩芸人)問わず未だに発言や行動に多大な影響力をもつ人物の一人。 1990年代頃より司会業や映画監督業が中心で、中には20年以上続く...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる