「ビートたけし」とは?

関連ニュース

ブラマヨ小杉、女性との目撃証言 吉田敬&村上信五が徹底追及 - 08月18日(金)17:00 

 人気グループ・関ジャニ∞の村上信五とお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬が、20日に放送される『村上マヨネーズのツッコませて頂きます! 真夏の1時間SP』(深0:30※関西ローカル)に出演。普段は面と向かって聞きにくいことをウソ発見器の力を借りて聞き出す『ウソ発見器お貸しします』企画では、歌山県の白浜でのロケの最中に小杉の“宗右衛門町の女”との目撃情報が飛び出したことを発端に、スタジオにもウソ発見器が登場して吉田と村上による鋭い質問で小杉を追い詰める。 【写真】川崎希&アレク夫妻も登場  収録終了後、村上は「『村上マヨネーズ』のスペシャルというよりも、小杉スペシャルやないですかね(笑)。コスピー(小杉)の良い所がふんだんに出てるスペシャルになったと思います!」と自信を込め、吉田も「僕ももちろん全員に見てほしいんですけど、特に小杉の嫁に見てほしいです。今回はもう小杉の奥さんさえ見てくれたらそれでいい(笑)」と力説。思わぬ口撃を受けた小杉だったが「絶対に見てほしいです! 面白くないところ1秒もないので、マジです!!」と身を削って挑んだSPをアピールした。  このほか、互いの愛を確かめるため、答えられて当たり前のクイズに挑戦する『当たり前クイズ』では芸能人編として、千鳥とアレク&川崎希夫妻が参加。またスペシャルということで、村上が出題して小杉が答えることに。すっかり...more
カテゴリー:

水道橋博士、代役騒動から爆笑問題との確執語る - 08月18日(金)10:23 

 浅草キッドの水道橋博士(54)が、爆笑問題との確執について語った。  水道橋博士は17日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演。爆笑問題との確執が生じた1990年10月26日放送の「ビートたけしのオ…
カテゴリー:

永山則夫とは誰か? - 08月16日(水)18:00 

2017年からさかのぼること20年前、1997年に一人の死刑囚の刑が執行されました。永山則夫、48歳でした。 4人の殺人 永山則夫は、北海道の網走市に生まれ、幼い頃に、母親に捨てられ小さい兄弟だけで一冬を過ごします。その後、青森県で中学卒業までを過ごし、集団就職で上京します。職業を点々とする中で、新宿のジャズ喫茶に勤務し、その店は若き日のビートたけしが働いていたことでも知られます。永山は、横須賀の米軍住宅にしのびこみ拳銃を手に入れ、それをもとに4名の殺人事件を起こします。逮捕後、拘置所の中で文字を覚え、自分の犯罪は貧困から起こったとして数多くの文章、小説を出版します。その一番始まりにあったものが『無知の涙』でした。現在は河出文庫から刊行されています。ノートの余白を埋め尽くすように漢字の練習がなされており、勤勉ぶりがうかがえます。 何を訴えるのか 永山は裁判を経る中で、一時的に死刑から無期懲役へ減刑されます。当時の裁判長は、永山の劣悪な生育環境を考慮し、さらに獄中結婚をしたことも判決に影響したといわれています。しかし、その後1990年に死刑が確定し、1997年に執行されます。永山事件は、高度経済成長期の中でおこったものであり、彼の言葉からは時代のにおいも感じさせます。今、あらためて読み返してみる意義はあるでしょう。元記事をビーカイブで確認!■関連記事独眼龍の誕生激務な広告マンの心...more
カテゴリー:

剛力彩芽、坂本龍馬の妻役で“薩長同盟”を操る?『27時間テレビ』ドラマで主演 - 08月16日(水)14:59 

女優の剛力彩芽が、フジテレビ系列で9月9日(土)~10日(日)にかけて放送される『FNS27時間テレビ』内の幕末ドラマ『私たちの薩長同盟』で主演を務めることがわかった。31年目を迎える今年の『27時間テレビ』は、総合司会のビートたけしと共にキャプテン・村上信五が進行を担当。“にほんのれきし”をテーマに、バラエティー、ドラマ、情報、スポーツ、アニメと多岐にわたるジャンルで作り上げていく。『私たちの薩長同盟』は、バカリズムが脚本を担当し、番組内にある3本のドラマの大トリを飾る作品となる。剛力が演じるのは、幕末のキーマンと言われる坂本龍馬(桐山照史・ジャニーズWEST)の妻・お龍。ドラマでは、龍馬、薩摩藩の西郷隆盛(佐藤隆太)、桂小五郎(浜野謙太)という3人の大傑が締結したと言われている幕末で最も重要な事件を、“薩長同盟の立役者は彼らの妻たちだった”という“ひょっとして”をバカリズムならではの視点で描いた物語。川栄李奈は、西郷の婚約者・糸子、藤井美菜は桂小五郎の妻・幾松を演じ“女子の力”によって舞台裏から時代を整えていく。剛力は「初日から現場が楽しくて、この空気感はやばいな、面白くなるのは間違いないなと思いました」と振り返り、「ここまで強いお龍さんはあまりなかったと思うのですが、かわいい着物に負けない、印象的なお龍さんになれたらと思います」、「刀裁きもあるので、気合を入れてカッコイイシー...more
カテゴリー:

『ゴースト・イン・ザ・シェル』S・ヨハンソン、華麗なワイヤーアクションの裏側公開 - 08月16日(水)12:00 

 士郎正宗によるSF漫画『攻殻機動隊』を基に、スカーレット・ヨハンソンを主演に迎えてハリウッドで実写化された映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』。8月23日にブルーレイ&DVDの発売を迎える本作から、スカーレットが挑んだ華麗なワイヤーアクションの裏側を明かす特別映像が解禁となった。【関連】『ゴースト・イン・ザ・シェル』フォトギャラリー 脳以外が全身義体の捜査官・少佐(スカーレット)が率いるエリート捜査組織「公安9課」と、脳をハックする脅威のサイバーテロリストが繰り広げる激闘を描いた本作。キャストには、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、ビートたけしらも名を連ねている。 公開されたのは、サイバー犯罪が行われている可能性がある高層ビルの一室に、光学迷彩スーツを纏った少佐が窓を破って登場してから、敵を一掃するまでの一連のアクションシーンの撮影風景を収めたメイキング映像。スカーレット演じる少佐の激しくも鮮やかな銃撃戦と、人間離れしたアクションの裏側に迫ったものだ。監督のルパート・サンダースは映像の中で、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でもスタントを担当したチーフ・スタントコーディネーターのガイ・ノリスについて「彼のワイヤーワークは重力を感じさせない。武道家チームを率いてアクションの振付もしたんだ」と仕事ぶりを高く評価する。 一方のガイは「登場人物の中でも少佐は足が速く跳躍力・戦...more
カテゴリー:

ベッキー『久保みねヒャダ』で新生ベッキーソング披露「すっごく楽しかったです!」 - 08月18日(金)15:44 

 タレントのベッキーが、19日放送のフジテレビ系バラエティー番組『久保みねヒャダこじらせナイト』(毎週土曜 深1:45)に先週から2週にわたってゲスト出演。MCのヒャダインからヒット曲のすき間を狙った「いまだ無いテーマの歌」=すき間ソングを作って歌ってもらいたいという提案を受け、今週の放送ではその楽曲の制作過程と完成した曲を披露。演歌とメタルをミックスした「演歌メタル」な“新生ベッキーソング”で新たな魅力を発揮する。 ベッキーのテレビ出演歴  漫画家・久保ミツロウ、エッセイストの能町みね子、音楽プロデューサーのヒャダインという3人のクリエイターが、そのユニークすぎる感性を存分に発揮し、妄想&本音トークを自由にゆるく繰り広げる同番組。歌手でもあるベッキーに“すき間ソング”を「歌ってもらおう」というヒャダインに、能町が「いろいろあった人が歌うからこそいいんだ」と演歌を提案。久保が「メロディックなメタルがいい」と意見がぶつかったかのように見えたが、その結果、両者をミックスした『演歌メタル』を制作することで4人の方向性が一致した。  また、能町はこの歌のために衝撃の新名義を、ベッキーに命名し、4人は即興の作詞作曲する共同作業をスタート。歌詞は、これまでベッキーが自らに課してきた「ベッキールール」との決別と、イメージを覆した新たなベッキー像を表現したものに。自らも積極的に意見を出しなが...more
カテゴリー:

関ジャニ∞が4日連続東京ドーム公演を完走、史上初の記録に驚き - 08月17日(木)04:00 

 人気グループ・関ジャニ∞が16日、5年連続通算6度目となる5大ドームツアー『関ジャニ’sエイターテインメント ジャム』、4日間の東京ドーム公演最終日を迎えた。関ジャニ∞は、昨年12月から1月まで冬ドームツアーを展開。この夏は7月から9月まで夏ドームツアーを開催しており、総動員数は140万人。約10ヶ月で二度の5大ドームツアーを行ったアーティストは、日本で史上初となった。 【オリコン】最新作も好調、関ジャニ∞のアルバム売上ランキング  史上初の記録、そして140万人を動員したことについて、村上信五は「皆さんが来てくださったからこそ」と感謝のコメント。渋谷すばるは「信じられへん。200人くらいがめっちゃ来ているようなイメージ」と冗談を飛ばし、会場の笑いを誘った。また、関ジャニ∞として行ったドーム公演が計100回を超えたことを横山裕が報告すると、大倉忠義は「延べ500万人くらい(動員)? “関ジャニ区”ができるくらいや」とあらためて驚きを見せた。  6月に発売したアルバム『ジャム』を引っさげて行われた今回のツアーは、関ジャニ∞にとって初の2部構成。前半は、シンガー・ソングライターの高橋優が提供した「象」や、「侍歌(さむらいソング)」、「NOROSHI」など、より進化した演奏力が冴えるバンド曲を披露。錦戸亮主演の日本テレビ系ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』主題歌である「奇跡の人」...more
カテゴリー:

剛力彩芽、桐山照史、川栄李奈、『27時間テレビ』バカリズム脚本ドラマに出演 - 08月16日(水)17:40 

 長編特別番組『FNS27時間テレビ』が31年目を迎える今年、“にほんのれきし”をテーマとして『FNS27時間テレビ にほんのれきし』となり、番組内で放送される3本のドラマの大トリとしてバカリズム脚本の幕末ドラマ『私たちの薩長同盟』を放送することが決定。主演に剛力彩芽を迎え、桐山照史、川栄李奈、佐藤隆太、浜野健太、藤井美菜らが出演することが発表された。【関連】ドラマ『私たちの薩長同盟』キャスト&場面写真フォトギャラリー 同作は、“薩長同盟の立役者は彼らの妻たちだった”という斬新な発想を描いた“バカリズム流薩長同盟”。時代は幕末、禁門の変を終え乱世に突入していた日本で、幕末のキーマンといわれる坂本龍馬は薩摩藩の西郷隆盛と京都の料亭で会うことに。 長州征伐の気運が高まる中、密談の中でこれからの動向を悩んでいた西郷と龍馬だったが、そんな中部屋に入ってきたのは、おニューのかんざしにウキウキなお龍が登場、女子ノリのお龍に面食らう龍馬と西郷だったが、お龍は「幕府はいまフランスともズブズブでしょ。長州をつぶしたあとは薩摩をつぶしにかかると思うんですよね。もういっそのこと同盟組んじゃえば?」と歯に衣着せぬ一言。そんな一幕にさらに西郷のいいなずけの糸子が登場し、「ねえ、今日このあとご飯どうする?」と女子トーク。こうして男たちに代わって、女たちが女子トークで歴史の一場面を塗り替えていくのだった…。 同...more
カテゴリー:

剛力彩芽、坂本龍馬の妻役で薩長同盟を操る?『27時間テレビ』ドラマで主演 - 08月16日(水)14:30 

女優の剛力彩芽が、フジテレビ系列で9月9日(土)~10日(日)にかけて放送される『FNS27時間テレビ』内の幕末ドラマ『私たちの薩長同盟』で主演を務めることがわかった。31年目を迎える今年の『27時間テレビ』は、総合司会のビートたけしと共にキャプテン・村上信五が進行を担当。“にほんのれきし”をテーマに、バラエティー、ドラマ、情報、スポーツ、アニメと多岐にわたるジャンルで作り上げていく。『私たちの薩長同盟』は、バカリズムが脚本を担当し、番組内にある3本のドラマの大トリを飾る作品となる。剛力が演じるのは、幕末のキーマンと言われる坂本龍馬(桐山照史・ジャニーズWEST)の妻・お龍。ドラマでは、龍馬、薩摩藩の西郷隆盛(佐藤隆太)、桂小五郎(浜野謙太)という3人の大傑が締結したと言われている幕末で最も重要な事件を、“薩長同盟の立役者は彼らの妻たちだった”という“ひょっとして”をバカリズムならではの視点で描いた物語。川栄李奈は、西郷の婚約者・糸子、藤井美菜は桂小五郎の妻・幾松を演じ“女子の力”によって舞台裏から時代を整えていく。剛力は「初日から現場が楽しくて、この空気感はやばいな、面白くなるのは間違いないなと思いました」と振り返り、「ここまで強いお龍さんはあまりなかったと思うのですが、かわいい着物に負けない、印象的なお龍さんになれたらと思います」、「刀裁きもあるので、気合を入れてカッコイイシー...more
カテゴリー:

出川、ダチョウ倶楽部・肥後の「これで本当の仲間だ」に嬉し涙こらえた - 08月16日(水)09:48 

8月15日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)に、出川哲朗が出演。芸歴32年、バラエティー番組で数々の奇跡を起こしてきた出川が、“リアクション芸人”となるきっかけとなったお笑い番組「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!(日本テレビ系/89年~96年)で、肥後克広(ダチョウ倶楽部)と忘れられない思い出を語った。 【写真を見る】29歳の頃、車のボンネットに張り付けられ大型バスに激突していた出川哲朗(写真左) トレンディエンジェルの2人が、出川の数々の伝説を紹介していくコーナーでは、29歳の出川が「お笑いウルトラクイズ!!」で車のボンネットに張り付けられて大型バスに激突するカースタントや、逆バンジーで海に激突するVTRをが放送された。 「事故映像だよね」「ケガとかすごかったのでは?」と司会のヒロミと後藤輝基(フットボールアワー)に聞かれると「ケガすると出番がなくなるから黙ってやってた。(カースタント)の後は、車降りて4~5歩したら乗ってた車が爆発したの。バーンて爆発したらスタッフが『哲ちゃん乗ってたらおいしかったのに、ワッハハハ』で終わり」と、当時のスタッフの過激さを指摘。 出川は忘れられない思い出として、このロケで初めて活躍した出川に肥後が「哲ちゃん良かったな。これで本当の仲間だよろしく」と声をかけてくれたエピソードを披露。 「俺もう泣きそうになって。そしたら竜(上島竜...more
カテゴリー:

もっと見る

「ビートたけし」の画像

もっと見る

「ビートたけし」の動画

Wikipedia

ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本お笑いタレントコメディアン司会者映画監督漫才師俳優脚本家である。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が極めて高い。

東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。

概要

1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒッ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる